2008年4月30日水曜日

今日はラジオNIKKEI/たんぱプランニングから発売されるレイモンド・メリマン氏の『メリマン~波乱の2008年後半を読む!』特別番組とカセットダウンロードコンテンツの収録がありました。
2008年も折り返し地点へとさしかかろうとしていますが、今年前半は日経平均12000円割れ、ドル円相場も95円75銭と100円割れの円高ドル安の大波乱。金相場は1021ドルの高値をつけ、WTI原油価格も史上最高値更新120ドルを目指す動きが継続しています。

世界的に著名な占星学者であり、独自のサイクル理論を用いて相場予測をするサイクル・アナリストであるレイモンドメリマン氏の最新独占インタビューを交えての収録。今年は電話でのインタヴューとなりましたが、昨年の収録時にはメリマン氏と直接お話させていただきました!ですから写真は昨年のもの(笑)左から皆川氏、私、メリマン氏





メリマン氏は毎年、年末に発売となる「フォーキャスト」のなかで「重要変化日」を発表しているのですが、この重要変化日とされる日は相場の転換ポイントとなるんです。
昨年末に発売された「フォーキャスト2008」で示した日経平均の重要変化日とその実際のマーケットの転換点をすりあわせてみると、、、、毎度の事ながら、その的中率の高さに驚かされます。



メリマン氏が「フォーキャスト2008」で示した
 日経平均の重要変化日
  ラジオNIKKEIサイト ←クリック


(他にもアメリカのダウ平均・T-bondから原油・金・穀物、そしてドル円・ユーロドルと株価、商品、為替とあらゆるマーケットをズバリ予測しています)



2008年前半のマーケットを振り返っていただいたほか、2008年後半のマーケットはどうなるのか、メリマン氏の最新独占インタヴューを受けて、マーケットエコノミスト皆川弘之さんに詳しい解説をいただきました。果たして日経平均のが11691円の安値、そしてドル円相場95円75銭を付けた3月17日が底だったのか?この先年末までこの回復地合が継続するのか否か、、、気になりますよね。もちろん、お答えいただいています。何より驚いたのが、原油相場と大統領選挙の行方、、、、前代未聞の事態も想定されているようです。原油価格についてもにわかには信じがたいシナリオなんですが、、、間違いではないのか?とでディレクターがメリマン氏に再度確認を取り直したくらいですもの。必聴ですよ。

特別番組『メリマン~波乱の2008年後半を読む!』は5月5日にラジオNIKKEIにて放送されますので聞いてくださいね。(再放送もあります)

さて、キウイ円のショートポジションは見事利益確定となりました。81.50の売りは80.15でクローズ!!この出口も我ながら良くできたと思っています。現在81.70まで戻ってしまっていますものね。

GWは円高圧力が強まる?などというアノマリーもありますが、実際過去10年間での傾向をみると、円高が7回、円安が3回。やはり、円高傾向が強まるようですね。昨日29日火曜の動きはまさにGWアノマリーによる円高到来か?!と色めき立つような大きな動きとなりましたが、今日は一転円安ですねぇ?!

ADP雇用者数が+1.0万人となり、市場予想の▲6万人よりかなり強い結果だったことや第1四半期の米GDP速報値も前期比年率+0.6%とこちらも強い結果であったことでドル円でドル上昇、つれてクロス円も買われる展開、、というところでしょうか?にしましても、今晩はFOMC控えているだけに、ここからの買いというのは何か思惑でもあるのかしら?といろいろ頭をひねってみましたが、よくわかりません。単純にいい数字を受けて買われているだけかも、、、、。104.90手前まで上昇してきていますが、やはり105円というのはかなり大きな抵抗でしょうから、まさに正念場にさしかかっている感じですね。FOMCの結果がでる朝方まで起きてはいられません。ここから一勝負賭けに出るつもりはないので、今日はノーポジションでおやすみなさい。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社