2018年11月21日水曜日

20日火曜の米株式市場ではNYダウが551ドル安と大幅続落。

アップルを中心とした主要ハイテク株の売りが止まらないのですが、
昨日はエネルギーセクターや小売りも安かった。。。
S&Pエネルギー指数.SPNYは3.3%安。
原油安のせいね。

※WTI原油 20ドル台からの上昇の半値押しまで下げそうな勢い


う~む、OPECは12月総会で減産するでしょうし、
売られすぎのように思いますが
相場は行き過ぎるモノ。。。怖いわね。

おまけに小売指数.SPXRTも2.7%下落ということで
今週末23日のブラックフライデーを皮切りにスタートする
クリスマス商戦に懸念が広がった模様。

※ダウ平均日足 200SMAを再度割り込んだ、、、


チャートは良くありません、、、、。

私のダウロング、日経ロングはロスカットです(´・ω:;.:...

10月下落の波乱が沈静化しないうちに飛び込んだのが失敗。

急落後って、3か月くらい乱高下するものです。
そのリバウンドを狙ったのですが、トレーディングは難しい(;´・ω・)

VIXショックの時も、急落後もみあい乱高下は3か月程度続きました。

それを考えると10月3日スタートの下落ですから
1月初旬までは、新たなトレンドは発生しないことに。

買い目線で見ていましたが、原油がこのまま立ち直らないと
新たなトレンドは下落かもしれません。。。

米国は今や原油生産世界一の国であり輸出国でもあります。
今回の原油安は、サウジが絡む政治的色合いが強いとの指摘もありますが
原油安にしてしまうと、産油国だけではなく米国も失速します。
早急に下落を止める手立てが必要かと思われますけど。
OPEC総会では日量140万バレル程度の減産が協議されていると
報道されていても下げ止まらない相場。
センチメントが悪すぎます・・・。

リスクオフの様相が強まったため、
ドル買いが強まる結果に。

※通貨インデックス一覧


リスクオフ相場が続くとドル買い優勢となりますね。
はたして12月利上げはあるんでしょうか。

その前に11月30日~12月1日にアルゼンチンG20も注目ね。

ダウ、日経はロスカットでポジションなくなりました。
ただ、来週から再来週にかけては中間配当支払いが本格化するため
配当の再投資需要が見込める、ということで日本株は少し戻るかもしれません。
来週、リバウンド狙いでもう一度入るかも。。。(懲りない)

NZドル/ドルロングは継続。

NZドル/円ショート、カナダ円ショートも継続です。
リスクオフセンチメントが続くなら、円高圧力が強まるはず、、、ですが
ドル高が強まったせいでドル円は意外としっかり…。
今の相場、円が主体ではなくドルが主体で動いているということね。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2018年11月20日火曜日

今日の一番のびっくりネタは日産のゴーン会長の逮捕ね。

自らの報酬を過小申告で金商法違反容疑だそうですが
何が驚きって特捜が動いてるってことです。
東京地検特捜部は米国の意、というのは暗黙のなんとやらです。

表向きの容疑とは別に政治的な裏がありそうですね。
日産、三菱、ルノー連合で自動車販売シェアは世界第2位ですが、
フランス政府がルノー株の15%を持つ筆頭株主であることも
関係ないわけではなさそう。
日産の生産拠点をフランスに移す話もあったようですし。
自動車というのは今後の日米通商交渉の第重要項目。
旨味をフランスに持っていかれるわけには・・・

フランス、マクロン大統領は欧州連合軍創設構想など
トランプ政権に喧嘩を売るようなことをして米国を激怒させていますが
米国に喧嘩売るような真似をするから…

などといろいろに憶測が広がっております。

今夜の米株下落はそのせいではないと思いたいですが、
ダウが400ドルも安い。

せっかく、米金利上昇圧力低下で株式市場が息を吹き返すか、と
期待したところでしたが、再びのリスクはやはり政治絡みのようです。

17-18日開催のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会談では、
前代未聞、共同宣言が出されませんでした。

中国が米国の自国第一主義や保護主義を批判、
米国も中国の貿易慣行は不公正と批判し、両国は激しく対立したのです。

議長国のパプアニューギニアは中国から巨額の投資を受けており
中国に強く出れないという側面があり、
これもAPECがまとまらない一因とみられています。

中国が圧力をかけたとの報道も。

APEC交渉中に中国が“圧力”行動 否定するもパプア側は「あった」
https://www.fnn.jp/posts/00405804CX

パプアニューギニアが中国に抑え込まれると地政学的に西側諸国にとっての脅威。
アジア(日本)にとっての南沙諸島のようなものです。

米国はこうした中国の投資(融資)による支配を非難しているワケです。

中国をけん制するために日米豪が手を組む話も出てきました。

日米豪NZ、送配電網整備でパプアニューギニアに協力-中国をけん制
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-19/PIFJF36JIJUV01

ということで、今月末のG20での米中首脳会談への
楽観的な見方は後退しちゃいました。

これが今夜の米株下落の背景とみられます。

週明け月曜、日経平均は上がったんだけどなぁ(;´д`)トホホ

日産のゴーン会長の件も、米国に敵対する国は許さないという
米国の意が裏にあるんじゃないかという気がしないでもないですね。
それこそ自動車産業は米国との交渉のカードです。
フランスに持っていかれるなど日米ともに看過できないと。
全ては憶測の域を出ないのですが
エミン・ユルマズ氏,@yurumazu 
渡邊哲也氏@daitojimari のtweetは興味深いですよ。

それと今夜発表された住宅指標が弱いことも、センチメント悪化の一因かな。

米11月NAHB住宅市場指数:60(予想:67、10月:68)
米住宅市場のピークアウト感が改めて認識される結果に。
ということで米債利回りはさらに低下。

※米国債利回り2年と10年


そもそも、先週のクラリダFRB副議長発言から
FOMCの利上げが慎重になるとの見方が広まり金利は低下傾向。

これはドル安をもたらします。

これまで株価下落でも底堅かったドル/円相場ですが
これは米金利が高止まりしていたことに支えられていました。
米金利が高く、日本勢が旺盛に外債投資を継続していたためですが
金利が低下してくるとこの動きが鈍るリスクに。

ドル円は110円割れまであるかもしれません。

ドル円が下落するとクロス円にも波及します。

ということで、NZドル/円ロングは手仕舞い、途転ショートに。
NZドル/円77.04円L⇒77.28円手仕舞い 77.13円S。
NZドル/ドル0.67643ドル⇒継続。

ついでにカナダ/円もショートしています。
原油安に加え、カナダのトルドー首相も米国好戦的ですし、、💦
カナダ/円 85.51円S

日経CFD22029円 ダウ25132ドルロングは、継続。
金利低下を評価して再上昇の可能性もあるかな。。。と。

リスクはG20 。米中関係悪化は株の一段安をもたらします。
でもそれが今年最後の安値で、来年に向けては
いい買い場になるんじゃないか、と思っているのですが、、、、(;´・ω・)

※ビットコインが、割ってはいけない節目を割り込んだこともネガティブ。


昨年のバブル的上昇から見れば至極当然か。
NVIDIA株の下落も、グラフィックスカードの売上が
マイニングの低迷によって在庫過多となった影響が大きいとされていますので
ビットコイン相場下落の影響は大きかったとみられます。

※NVIDIA


米株、ハイテクセクターは当面だめですね。
クオリティー株に資金がシフトしていくのでしょう。

人気ブログランキングへ


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2018年11月18日日曜日

週末11月16日金曜日、ドルが急に軟化し始めました。

まあブレグジットに絡んでメイ政権が混乱に陥っているポンドは抜きにしても、、、
先週末にかけてドル独歩安じゃないですか(゚Д゚;)

※通貨インデックス一覧

背景として指摘されているのがこのニュース。

ドル下落、FRB副議長がハト派的発言
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-16/PIB01C6JTSE901

パウエル議長も先週FRBが来年直面する課題の一つとして
海外需要の鈍化を指摘していましたが、
要するに利上げサイクルも終盤に近いだろう
という観測が市場に広まりつつあるということね。

FRBは来年3回の利上げを見込むというのがコンセンサスですが
どうも市場が懐疑的になってきたようです。
CMEフェドウォッチでは12月利上げ織り込みも65%まで下がってきています。

利上げに確信的なマーケットでは90%を超える織り込みとなりますので
65%とは何とも心許ない。
12月FOMCが近づくにつれて利上げ織り込みが低下してきています。
これ、株価次第では12月利上げないんじゃないの・・・・?!

仮に年内12月に利上げはあったとしても、来年はどうでしょうか。
FOMCのコンセンサスでは来年3回の利上げですが、
そんなに上げちゃうと、株式市場が持たないと思われます。

というようなことを織り込み始めて米国債に資金逃避が始まったのか、
米国債利回りは低下中。

これがドル安をもたらしています。

※米10年債、2年債利回り どちらも仲良く低下してきました。。。


ということで、ドル/円相場が下がれば、日経平均はよろしくない。。

ただ、米国株は金利低下で少し買い戻されるかもしれません。

先週、日経平均とダウを買ったのですが、
今週ドル円が下落するようなら
日経平均は仕切ってダウロングのみにします。

ダウもリバウンド狙いなのであまり執着せず、ですね💦

ただ、このニュースは一時的な株の買い戻しを誘いそうな気もします。

中国が貿易合意を希望、追加関税見送りも=トランプ米大統領
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-idJPKCN1NL2FW

中国が貿易合意を求めており、
同国に追加関税を課す必要がなくなる可能性があるとの認識を示した。

中国側の回答に含まれた142項目について「非常に整っている」とした上で、
「主要な4─5項目が漏れている」と指摘し、これらの回答に期待感を示した。


トランプ大統領の発言は話半分で聞いておいた方がいいんですが(笑)

金利低下でいったんは米株反発するんじゃないかしら。
本格的下落はその後です、、、多分。(ポジショントーク)

※今週は22日は米国感謝祭(ThanksgivingDay)で祝日。
 23日は日本が勤労感謝の日で祝日。短い週となります。
 23日金曜日米国はブラックフライデー。
 この日からクリスマス商戦がスタートします。


-------------------------------------------------

さて目下のかく乱要因は英国ブレグジットですね。

13日にはメイ首相がEU離脱協定案について閣内合意を取り付けた、
との報道でポンド買いも
14日になってラーブEU離脱担当相など4閣僚の辞任でポンド急落。

離脱協定案において閣外協力をしていた北アイルランドの地域政党DUPが、
反対の意向を示したということもポンドネガティブ要因のようです。

メイ首相率いる保守党は第1党ですが過半数に満たないため
DUPの協力がなければ法案成立が極めて困難な状況。

16日には英紙デーリー・テレグラフがメイ首相の不信任投票の実施を求める
議員の書簡が実施に必要な48人分集まったとの報道が。

となると、20日にも投票が行われる可能性があるということです。

25日にEU離脱協定案の承認を行うEU首脳会合が開催されるはずでしたが
開催できるかどうか危うい状況となりました。

ポンドには手を出すべからず、、、ですね。

ここからはドル売りスタンス。
現在はNZドル/ドル、キウイ円ロングですが
ユーロ/ドルのロングも考えたいと思っております。

ポンドドルは、まだまだ様子見。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2018年11月16日金曜日

ポンドに手を出さずにおいてよかった、、、というような値動き。

EUとのブレグジット合意を巡って、英国メイ首相のブレグジット案は
14日臨時閣議で合意案が承認されたとして、ポンドが上昇する局面があったのですが
15日、これに反発する閣僚らが次々に辞任を表明、なんと6名も辞めちゃった。

最もインパクトが大きかったのがラーブEU離脱担当相。
離脱担当のラーブさんが閣僚から離脱しちゃった、、と
面白いことを言っている場合ではありません。

おかげでポンドは今年最大の下落。。。

あ、日経新聞もこんなこと言ってます。
反メイで混迷・・・。

英ポンド急落 EU離脱交渉「反メイ」で混迷
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3783430016112018000000/?n_cid=SNSTW002

メイ首相への不信任動議の動きも本格化しているようですので
最悪の場合、解散総選挙まで行っちゃって、
ブレグジットは合意なきまま期限を迎えるリスクも高まりつつあります。

国民投票でブレグジットが決まった時は、英国の問題が
世界の株式市場にもそこそこのインパクトを与えました。

が。

その後日米の株価は下げ止まって、
11月の米大統領選でのトランプ大統領誕生で
大きく上昇することとなります。

ブレグジットが決まったところが底だったのよね。

今回もそんな感じかなぁ、、、って気がしていて、
今すでにメイ政権の解散総選挙リスクまで出ているのに、
昨日のダウは下がらなかった。今日16日の日経は安いけど、、、

ということで、悪材料は随分と折り込まれたので
一旦株価は反発するんじゃないかという気がしまして
日経CFDを22029円で ダウを25132ドルでロングしています。
短期的な戻り期待です。

原油もさすがにやりすぎで戻りそうですし。

NZドル/円、NZドル/ドルロングは継続。

ユーロはポンドが急落したおかげでユーロポンドが急騰しており
底堅いんです、、、ユーロ/ドル相場はロスカットです(´;ω;`)

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2018年11月15日木曜日


今夜11/15水曜も米株は軟調、日経平均も小幅高でした。
まだ本格的な買いは戻ってきていません。

※米株3指標と日経平均


おかげで、株から逃げ出した資金は米国債に流入しているようで
米長期債利回りは下落傾向。

※米10年債利回り


ということで、必ずしも金利と相関するわけではないですが
ドルが少しばかり軟調です。
ドル/円相場もそろそろ短期的にはトップアウトかしらね。

※ドル円


ドルが軟調なのは米債利回りだけのせいじゃないですね。
英国とEUがブレグジット草案で合意との報道がポンドの買戻しを誘い、
ユーロも底堅さを見せています。
欧州通貨の逆襲始まる・・・・?!ってとこまではまだ言い過ぎですけどね。
相対的に足下ではドル高が一服しています。

ブレグジット草案については英国の臨時閣議で承認されるか否かが
ここからの焦点。英国内にはメイ首相の離脱案に対する閣僚の反発から
閣僚の辞任が相次いでいるという状態ですので、まだ油断はできません。

イタリアは期限だった13日に2019年の予算案を再提出しましたが
成長率や赤字の見通しは修正せず、欧州委員会との対決姿勢を明らかに。

こうなると最終的にはGDPの5%の罰金が科せられることになりますが
これを試算するに日本円で1兆円もの支払い義務が生じる・・・・
払えないというか、多分払わないでしょうね。
それじゃEUの規律って何なんだ、ってことになりかねないわけで
ユーロ圏にとってはイタリアの問題は頭痛の種。

この状態でユーロが積極的に買えるとは思わないので
ユーロドルショートはまだじっと継続しています。

1.13ドル節目割れでもっと勢いよく下がるかと思ったんだけどねぇ、、、
戻り局面ではあっさり1.13ドルを回復しちゃう・・・。む~(-ω-)

テクニカル的に強いNZドル/ドル、NZドル/円をロングしましたが
これはうまくいってます。何故キウイが強いのかはよくわかりません。
11/7に発表された雇用統計で第3四半期の失業率は3.9%で、
市場予想の4.4%から大きく改善したことは評価できるのですが、、、。

※NZドル/ドル NZドル/円



欧州通貨、キウイが強いということで、ドル高一服。
ここからドル安が来るんじゃないかって思っているのですが
だとするとユーロショートの整合性が取れないので、
まだはっきり確信がありわけじゃないんだけどね。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2018年11月14日水曜日

WTI原油は史上最長記録、12営業日連続安。

※WTI原油日足


下げ方が尋常じゃないのが気になりますね。

昨日OPECの月報(毎月公表されるもの)が発表され
2019年の需要見通しを引き下げました。
これが更なる弱気を加速させたようです。

一方でIEA国際エネルギー機関は13日公表の
2018年版の「エネルギー展望」で
各国政府が計画中の政策を実行すると想定した場合、
原油価格は2025年に1バレル=88ドルになるとの見通しを示しているのですが、、、

原油価格は2017年夏まで40ドル台に沈んでいたため、
投資不足状態が続いていたんですよね。

本来必要な生産プロジェクトの半分程度しか進められていない状況で
このままいくと2025年には深刻な供給不足になる、というものですが、
これは随分と先の話。

足下では需給の緩みがテーマです。

バルチック海運指数も足下急低下中で、マーケットの空気は良くありません。

※バルチック海運指数


米株も日本株も戻りを売られて2番底を探りに行くような展開です。

※米株3指標と日経平均


そして今日はこんなニュースも。

GEの社債、警告のサイン発信-CDS市場で保証コスト急上昇
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-13/PI56EU6KLVRD01

GEは、組成時から唯一残っていたダウ平均構成銘柄だったのですが
業績が悪く6月26日にダウを追い出されしいます。
(代わりにドラッグストア大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスが加わった)

だから、ダウを見るうえで懸念材料となるものではないのですが、
これまで米株上昇をけん引してきたハイテクセクターが崩れ始め、
米国の工業セクターの雄であったGEの倒産リスクが
高まる事態にまで追い込まれているとは。

ひょっとしたら、足下のドル高は有事想定のレパトリもあるのかな、
という気もしますが、欧州、英国が弱いせいでのドル高を言われれば
それも間違いではないので、はっきりとは分かりません。

これが12月決算のファンドの解約に伴う45日ルールの15日までの売りなら
いいのですが、、、。

もしそうであれば、今日あたりの安値は拾ってみるのもあり、
ということになります。

昨日は英国とEUがブレグジット草案で合意したとの報道で
ポンドが吹き上がる局面もあり(これが怖くてポンドには手を出せなかった)

今日14日にかメイ首相は閣僚を招集して草案を示すということで
ちゃぶ台返しがない限り、ポンドは買戻しのチャネル入りかと思うのですが
まだポンドは怖くて手を出さずにおります💦

英国とEUがブレグジット草案で合意:英政界はこうみる
https://jp.reuters.com/article/britain-eu-reaction-idJPKCN1NJ0AC
米株も原油もトップアウトしたようなチャート形状なので
長期的には良くないと思うのですが、
原油などは短期的にはやや売られすぎですので
サウジの減産などが材料視されて反発する局面ではないかと思います。
原油は長期的には投資不足ですので、50ドルを割るようなところまで
売られたら絶好の買い場かと。現在55ドルですが、、、。

45日ルール設定の15日を明日に控えていること、
原油に反発の期待もあること、(61.8%下落で止まっている)
そして、一度諦めたNZドル/ドルが強いこと、
ブレグジット合意が近そうなこと、

ということを勘案すると、今週後半から
短期的な戻り相場がありそうです。
短期的な、ですが。

一度撤退したキウイが強いので再エントリーしました。

NZドル/円77.04円 
NZドル/ドル0.67643ドル

ドルストレートとクロス円どっちがいいのかわかんないのでどちらも。
ドル円が底堅いのでNZドル/円も意外と行けそうです。
右側がNZドル/円ですが、200EMAも超えています。

ユーロ/ドル相場ショートは継続です。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2018年11月13日火曜日

中間選挙明けの米株の大幅反発は、
中間選挙前の売りの買い戻しにすぎなかったのか。。。

今夜も米株は軟調。
特にNasdaq総合指数が弱いですね。

※米株3指標と日経平均


FAANG株はやっぱりだめそう・・・。
Appleも大きく下げそうね。

※米ハイテク株

今年はヘッジファンドの運用成績が悪いみたいですが、
12月決算のファンドの解約申し入れの期限は11月15日。
今週は解約も多い可能性があるでしょうか。

ヘッジファンド、業界審判の日が迫る-成績悪化で償還請求に身構え
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-11-12/PI2FBS6KLVR601

投資家は今年既に111億ドル(約1兆2650億円)相当を引き揚げている。10月の不調で年初来の成績がマイナスに転じた今、償還請求はさらに増えるだろう。

ヘッジファンド・リサーチによると、10月のヘッジファンド業界成績はマイナス3%、年初来では1.7%のマイナス。

今週は解約の売りに警戒が必要かもしれません。

15日を過ぎて相場が戻るようなら
季節性を信じて買ってみるのもありかと思いますが
まずは今週の値動きを静観。

*******************

今日は全面ドル高です。
欧州通貨が崩れましたね、、、ユーロとポンド。

※ユーロドル


1.1300ドルを割り込んでしまいました。
かなりのバリアオプションがあったようですが
3度目の正直であっさり割り込んでストップを巻き込み
1.1240ドルまで下落しています。
ロングは撤退しておいてよかったですが、途転すればよかった(タラれば)

やはり13日期限のイタリア財政計画修正案への警戒でしょうか。
コンテ伊首相は、今日は予算に関する閣議を開催する予定はないと言明。
トリア経済・財務相は修正する考えはないとハッキリ言明。

ということで、こりゃだめだ、という反応でしょうね。

中間選挙を終えて、米金利が下がりドル安になる、、という
シナリオは間違いでしたね。
今夜はベテランズデーで米債券市場は休場ですが、
どうも金利は上昇基調を強めそうです。

そもそもFRBのバランスシート縮小で、米債の買い手である
FRBの存在が小さくなっていく中で、ロシアなども米債持ち高を
大きく減らしています。それなのに、米国は減税で米債発行が
増えているんですよね。。。

それでも日本の機関投資家が積極的に買いますし
米債は利回りも魅力ですので、買い手は常に存在します。
ということで、米債暴落金利急騰は考えにくいですが
トレンドはやはり金利上昇を止められない流れにありますね。

米金利高でのドル高、イタリアやドイツの先行き不安などからの
ユーロ売りがユーロ/ドル相場の下落をさらに加速させていくかも
しれません。IMM先物ポジションを見てもユーロショートって
まだそれほど積み上がっていないんです。

まだまだ売り余地は残されているとみることもできますね。。。

※IMM通貨先物ポジションユーロ/ドル相場

遅ればせながら、重要な節目割れということで
1.1270ドルでユーロドルをショートしました。。。。

--------------------------------------

下がったら買おうか悩んでいたポンドも今日は大きく下落。
下げ足が速いので買う気になれず。

英インディペンデント電子版が11日夜、
メイ首相は12日に予定されていた緊急の閣僚会議を見送ったと報じたようで
先週までに開催されると期待されていた閣僚会議は開催できず。

英サンデー・タイムズは、ブレグジット問題を巡り残留派の英閣僚4人が
間もなく辞任すると報じています。
9日、ボリス・ジョンソン前外相の弟の運輸副大臣
ジョー・ジョンソン氏が辞任したばかり。

メイ政権が全く機能していません。

ハードブレグジットの可能性が出てきた?!

ポンドはブレグジット関連のニュースに乱高下しやすいのと
チャート的にはレンジ内に叩き落されたところで
安値割れというchartではないので、売りは見送ります。

NZドル/ドルの0.6719ドルロングは今日0.6725ドルで仕切りました。
損失ではないですが、、、、う~ん。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2018年11月11日日曜日

再びドル高です💦
やっぱ、金利の影響は大きいですね。
先週の11月FOMCでは予想通り政策金利は据え置き。
声明では「更なる漸進的な利上げを想定」との見解を繰り返しており、
12月利上げがあることを確認するものとなりましたので、金利が再上昇。
これに連れてドルが上昇となりました。

ただし、週末金利が大きく下げていますね。

12日は米退役軍人の日(ベテランズデー)で債券市場が休場なんです。
連休前のポジション調整でしょうか?!

それとも、3.25%はなかなか超えられない壁であり
レジスタンスとなっている(テクニカル的に)ということでしょうか。

※米10年利回り


あるいは、株式市場の反落を嫌気して債券買いが入ったということでしょうか。

※米株3指標と日経平均


ダウ・S&P500は200EMAの上に顔を出してその状態をキープできていますが
Nasdaqは再び200EMAの下に、日経平均もそうですね。

戻り高値を確認したってことなんでしょうか。
中間選挙が波乱なく通貨してリスクオン相場再開、
ッてなムードでしたが、急落前の高値を超えない限り
2番天井をつけて再下落のリスクってあるのよね。。

炭鉱のカナリアとされる指標群もよくありません。

※左上ラッセル2000 右上 上海総合
 左下SOX指数(半導体)右下 WTI原油


てか、原油の下落、まずくない?!

原油下落の材料はイラン制裁の形骸化とか、需給の緩みとか
いくつかあるんですが、
ちょっと下げ方が速いのが気になります。

先週のリスクオンのような米株高は、中間選挙前に
ショートした向きの買い戻しだっただけなのかも。

季節要因的には株は秋の安値を買って来年の5月までに売れば
利益が乗る確率が高いことで知られていますので
それに逆らって戻り売りしてもいいものかどうか、悩ましいので
株価インデックスは様子見のままです💦

-------------------------------

ユーロドルロング、週末切りました。
なんでしょう、再下落です・・・・。

中間選挙後は、ドル売りが優勢になったことから
ユーロドル、かなり上がっていたんですけどねぇ、、、
やっぱダメか。

イタリアの2019年財政計画修正案提出期限は13日火曜です。

これが今週のユーロの波乱材料かと思いますが
イタリアはすでに再提出しない姿勢を明らかにしていますので
期限が来て再提出しなかったという事実があっても
それほど下がらないと思うんですが、
テクニカル的には 1.1300を割り込むととんでもない大きな
変形ヘッドアンドショルダー完成となるので注意が必要です。

1.1300を割ったら、やはり売らなきゃいけないんでしょう…。

-------------------------------------

さて、逆三尊から大きく上昇の可能性を秘めたポンド円ですが、、、
レンジブレイク失敗。

※ポンド円


メイ首相、週内に臨時閣議も-EU離脱交渉
http://www.news-digest.co.uk/news/news/uk-news/18285-2018-11-08.html

メイ首相が数日内にも臨時閣議を招集し、欧州連合(EU)離脱交渉の
合意案を諮る可能性があると報じた。

 月内に臨時EU首脳会議を開いて離脱合意を実現させるには、
週内の閣内一致がタイムリミットだという情報がある。

ということで、先週までには臨時閣議が開かれて
離脱合意が確認されるとの期待もあったことで
先週ポンドが上がっていたわけですが、
日曜夜になっても情報がありませんので、開催されていないのかな?!

それよりも、週末金曜はポンドが大きく下がりましたね。

抜けたら買おうかと思っていましたが、
やっぱりレンジ上限で頭を叩かれたか、、、
これがレンジ下限を目指すのか、
それとも、いい押し目なのかを確認する週となりそうね。

何故ポンドがさがったかって、メイ首相の求心力の低下。

9日金曜、ジョー・ジョンソン運輸担当閣外相が辞任。

EU残留の是非を問う2度目の国民投票の実施を要求しています。

7月以降、メイ首相の離脱方針に反発して辞職する閣僚級が相次いでいるのですが、
こういうニュースはやはりポンド売りですね。

ただ、最悪のシナリオである「合意なき離脱」とならない限り、
時間的にブレグジット合意のタイムリミットは迫っているわけで、
それに向けて動かざるを得ないと思うのですが、、、。

今週、買うかどうか考えます。

*************************

NZドル/ドル0.6719ドルロングだけ継続です・・・。
今週下がるようならコスト割れとならないうちに手仕舞います。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







2018年11月8日木曜日

なんかめっちゃリスクオンなんですが、10月の波乱はただの調整だった、、
なんて展開もあるんでしょうか。

確かに株式市場の季節アノマリーとしては 今時期に買って
来年の5月前に売れば、勝率はめちゃ高いってのがありますけど、、、

この季節性を無視して戻り売り戦略をとるのは危険かも、、。

だって、米株、主要3指標は軒並み200EMAを回復しちゃってます。

日経だけがちょっと重いかな。

※米3指標と日経平均


テクニカルの悪化を売りの材料にはできなくなってきた、
というくらいの猛烈な戻りを見せていますので
戻り売り一択と決めつけるのはやめようかと思ったり、、、悩みますね。

考え方としては
上院:共和党、下院:民主党というのは予想通りで
波乱がなかったということですがねじれ議会になるということが
経済にどのような影響をもたらすか。

①トランプ大統領の政策がねじれによって通りにくくなる

 ⇒中間層減税など財政出動を要する政策も難しくなるため 
  金利の急騰リスクが後退でドル安

 ⇒金利急騰リスク後退なら、株式市場にはポジティブ

②ねじれによって国内政策が通りにくなるため議会の手続きを前提としない
 外交や通商分野で成果を狙う可能性
 
※早速トランプ大統領は7日、
 「日本は何百万台もの車を送り込んでくるのに、米国の車は買わない」と
 日本に不満を表明しています。

※すでにムニューシン財務長官は10/13、
日本にも為替条項要求の可能性を排除しない考えを表明していますね、、、。

 ⇒基本的には日本株安、円高リスクですが、、、、
  現在のところ、昨日の米株高受けての反応が大きいようです。

ただし、米金利については、中間選挙受けて一時的に低下するも
すぐに切り返してきており、
市場の焦点はすでにFRBの利上げに移っているとも。

今夜11月FOMCですが、議長会見がないため注目度は低く
市場の関心は12月の利上げ。現状では75%程度の利上げ織り込みです。

本当に確実に利上げでしょう、、、という時には90%を超えるので
意外と市場は慎重な印象ですが、つまり、12月利上げ織り込みが
微妙なレベルであるということは、ここから利上げ織り込みが高まる過程で
ドル高となる可能性がある、ということ。
利上げ実施時直後には出尽くしでまた下がるんでしょうけどね。

ということで、株高を受け、12月利上げの可能性を織り込み始める過程での
ドル高再開の可能性もあるので、ユーロ/ドル相場は、もみもみ。。。
(ユーロドルロング継続ですがユーロ円の方がパフォーマンス良かったわね。)

ということもあって通貨インデックスを見るとドルは気迷い症状、
ハッキリとトレンドがあるのはオセアニア通貨ですね。

※通貨インデックス一覧


今朝NZの中央銀行、RBNZは政策金利据え置きを発表。

声明要旨での注目点は
前回9月時点の「次のOCRの動きは上げも下げもある。」が削除、
新たに「いかなる将来のOCR変更のタイミングや方向性はデータに
依存していることである。」が追加されています。

これをどう受け止めるかは難しいのですけれど、、

6月のGDP上昇は一時的要因によるものである。
引き続き拡大を続けていることを示す企業調査をみると、
最近では軟化する兆候を示唆している。

というような記述もあり、慎重な姿勢が垣間見えるものでした。
NZドルの上昇を歓迎しないということなのかもしれませんが、
まあ、マーケットにはあまり反応がありませんでした。

NZドル/ドルロング継続。
NZドル/円も買いたいのですが、押し目待ちに押し目なし。

ブレグジット交渉で合意期待が高まりつつあるポンドが強いですね。

特にポンド円。
149.70円台というのが長く戻り高値としてレジスタンスとなっていましたが
ここを抜けると逆三尊形成となります。

※ポンド円


今年の下落チャネルはすでに上抜けているとみられますので
黄色の点線の逆三尊のネックラインを超えると
ヘッドからネックラインまでの値幅分上昇すると仮定することが可能。
となると、159円くらいまで10円抜けます!

4度目のレジスタンストライなので、今回その可能性もありそう。

ポンド円ロングも機を見て考えたいと思います。

2018年11月7日水曜日

中間選挙結果はコンセンサス通りで波乱なし、でしょうか。


【米中間選挙】 民主党が下院を奪還 トランプ政権に打撃
https://www.bbc.com/japanese/46119857

中間選挙で与党が負けねじれ議会となるっていうのがそもそも珍しくないですし
株式市場の楽観は事前に大幅下落を強いられて吹き飛んでいましたので
ここからさらに選挙結果を受けて下落するという流れにはならないと思います。

ただ、10月の急落で株式市場は上昇トレンドから下落トレンドに転換しており
コンセンサス通りで波乱なしだから、株が上がるというものでもなさそう。

※日経平均 200EMAが上値を抑えてうわ髭が。。。
 
為替市場では、ドル安が進行しています。

※通貨インデックス一覧
 
トランプ大統領が中間選挙前に掲げた「中間層向け10%減税」も
やりにくくなるでしょうし、大盤振る舞いもやりにくくなるとの見方から
米金利上昇圧力が低下するとの思惑でしょうか。

※米10年債利回り 短期的にWトップの可能性も?
 
民主党は民主党で、1兆ドル規模のインフラ計画を発表していますので
その点では金利が急低下するということでもないと思っていますが
金利の急騰の懸念は後退した、というところでしょう。

その意味では、米株市場にとってはポジティブかもしれません。
今夜の米株がどう動くか、、、意外と上がるんじゃないかって気もします。

米株は金利上昇ピッチが緩むため安心感から買い、
日本株はねじれ議会となったために、トランプ大統領が外交で点数稼ぎ強化に
動く可能性があるため、日米通商問題リスクが再燃する、との指摘も。

その意味では米株高、日本株安ということかもしれません。

為替市場は、全般ドル安、、、かな。

今朝発表されたNZの7-9月雇用統計を受けてNZドルが大幅高ですね。

雇用者数 前年比+2.8%(予想+2.0%)
失業率 3.9%(予想4.4%)
平均時給 前期比+1.4%(前期+0.2%、予想+0.8%)

先日のブログでオセアニア通貨動向には注目していましたが
キウイがテクニカル的に好転。



※NZドル/ドル





※NZドル/円



ドル安だぁ~と思って、
NZドル/ドルを0.6719ドルでロング参戦したのですが
NZドル/円の方が200EMAを上回ってチャート的には強い形ですね。
NZドル/円も押し目を拾おうかと考えています。

NZドル/ドルは200EMAでたたかれるリスクにも注意しながら。

今週は 8日木曜、明日金融政策会合がありますので、
もし下落があればロング参戦。

ドル安になってきたので、1.1360ドルのユーロ/ドルロングもなんとか利益に。


ん~ユーロ上昇力弱いですね。途転するならポンドだったか。
こうして俯瞰してみるとユーロ/ドル相場、決していいチャートではありません💦
あまり粘らないほうがいいかなぁ。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2018年11月6日火曜日

オセアニア通貨が地味にしっかりです。

※左上段 豪ドルドル 左下段 豪ドル円 右上段 キウイドル 右下段 キウイ円


今週は豪州が11/6、ニュージーランドが11/8に
金融政策会合が予定されていますので、
ポジション調整の可能性が大きいのですが
ひょっとすると「資源関連」の巻戻しの芽もあるかも、、、?!

というのは、まず、中国です。

今日は財新/マークイット発表の
10月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)が
50.8と9月53.1から大きく低下,
2017年9月以来1年1カ月ぶりの低水準となっており
中国の失速を示すものでしたが、
意外と上海株は底堅くなってきています。

今日はこれが好感されたかな。

中国の習近平国家主席、輸入関税引き下げと市場開放を約束
https://jp.reuters.com/article/xi-tariff-idJPKCN1NA05P


中国は9月にも、海外から輸入する機械類や紙製品等1,585品目の税率を
11月1日から引き下げることを決定しています。

2017年12月(対象187品目)2018年7月(対象1,449品目)にも
関税の引き下げを行っており、直近1年間で今回の発表を含めると
4度目の引き下げを発表したことになります。

米国が関税引き上げで保護主義を強めるのに対して
中国は関税引き下げで自由貿易を守る姿勢を世界に示すことが
目的かと思われますが、関税はダイレクトに中国国内企業や家計の
インフレをもたらしますので、国内支援の一環じゃないか、という気もします。
インフレは体制不満に直結しますからね・・・

目的がなんにせよ、マーケットにネガティブな材料ではありませんので
中国上海総合指数は上がりはしませんでしたが下げ止まりを見せています。

また、先月 31 日に中国共産党は中央政治局会議で
『弱い分野を対象とするインフラ投資の強化』を図る方針を発表しています。

①主要プロジェクトに対する準備強化
②予備作業と建設スピードの促進
③建設中のプロジェクトの円滑な進捗
④地方政府が発行した特別債券と事業計画管理の強化
⑤建設中及び主要プロジェクトに対する財政支援の強化
⑥正常な融資プラットフォーム(融資平台)を通じた資金需要に対する保証
⑦民間投資の積極化
⑧官民連携(PPP)の積極化
⑨『放管服(行政簡素化と権限委譲、監督管理の強化、サービスの最適化)』に向けた投資強化、
⑩隠れた債務リスクと地方政府の財務リスクの抑制及び解決

という 10 項目が示されています。

重点セクターとして

①貧困対策、
②鉄道、
③道路及び水運、
④空港、
⑤水資源管理、
⑥エネルギー、
⑦農村、
⑧環境保護、
⑨社会生活、

といった分野を挙げ、
商業銀行に対して融資拡大を要請する方針が掲げられたようです。

第一生命経済研究所 調査研究本部 経済調査部 レポート参照
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/macro/2018/nishi181105china.pdf

この指針について、上記レポートでは

短期的には中国景気の下支えに繋がると期待される一方、
過去には過剰投資を背景とする過剰債務が足下の金融市場のシステミックリスク懸念の
遠因となったことを勘案すれば、中長期的な課題解決の『先送り』に繋がる可能性も
くすぶる。


と分析しています。

確かに過剰在庫が問題となる中、更なる投資で支えようというんですから
一時的にしのいでも、もっと問題が深刻化するだけかと思いますが、、、
インフラ関連投資を強化となれば、
足下ではコモディティ市況も注目しておかねば。ですね。

銅がちょっと動意づいてきたようにも見えますし
プラチナが逆三尊形成にも見えます。
ロシア銘柄のパラジウムはとっくに値を飛ばしていますし、
非鉄金属銘柄が反発しそうなムード。

これも中国を材料に売られ過ぎたアセットの買い戻しかなぁ、、、なんて。

※銅価格日足 まだ本格上昇ではありませんが、、、


※プラチナ日足 謎に強い。独自要因には買い材料不在も上昇してきた・・・


短期的には中国関連アセットは下げ止まりを見せるかも。
11月下旬の米中首脳会談への期待もありますしね。

ということで。
資源関連反発の思惑でオセアニア通貨が買い戻されているのかなぁ、、、
という気がしないでもない。

それから中間選挙後、米国のインフラ投資事業が動き出す可能性も
先取しはじめたかもしれません。

トランプ政権は、10年間で1.5兆ドルのインフラ投資計画ですが
民主党の上院議員は3月、10年間で1兆ドルのインフラ投資案を発表しており
民主党もインフラ投資には前向きなんです。

つまり、中間選挙結果がどうあれ、米国のインフラ計画がいよいよ動き出す
可能性が大きいと思われ、コモディティ市況を大きく動かすと
考えることもできます。

次々と公約を実現してきたトランプ政権、インフラ計画だけが
具体的になっていませんものね。

ただ、財源を巡って、金利が上昇し株価下落となるとコモディティだけが

上がるということはないと思いますので、米金利には注意が必要ですが、、、。

ということで、コモディティ市況とオセアニア通貨、
まだ、トレンド転換というほど強くなっていませんが、
ここからの動きに注目です。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









2018年11月5日月曜日

今週は中間選挙。

2年前の大統領選も英国ブレグジットも事前予想というのがいかにあてに
ならないかを思い知らされていますので、結果を決め打ちしないことです。

一応、現状のコンセンサスですが、、、

①上院:共和党 下院:共和党 
      ⇒リスクオン再開の可能性

②上院:共和党 下院:民主党 
      ⇒事前予想最有力シナリオ、
                   すでに織り込み済みにつき波乱なし?!

③上院:民主党 下院:民主党 
      ⇒可能性最も低い最悪のシナリオか?!リスクオフへ。

ですが、結果を予想しても意味がありません。
結果が出たらその結果によって
どういうポジションを取るのか準備しておくことが肝要。

私は、結果はどうあれ株価が猛烈に上昇するようなら高値を売ろうかと。。。
逆に、猛烈に下がるようなら安値を買おうと思っていますが、
その時のセンチメント他ニュース材料等で戦略を変えるかも知れません。

今のところは逆張りを考えているということですが
日本時間の反応が正しいとは限らないので、
欧州時間から全く逆方向に動くリスクにも留意でしょうか。

【イラン制裁再開】

中間選挙前日、5日月曜はイラン制裁再開ですが
米政府が制裁再発動後も日本を一時的にイラン産原油の禁輸措置から除外し、
限定的規模での輸入を認める方針を決めたようです。

ポンペオ米国務長官は2日、禁輸措置からの除外対象は8カ国・地域になると
電話会見で表明しており、日本だけではありません。
米政府は明日5日に対象の8カ国・地域を公表するそうですが、
これが原油の一段安をもたらしています。

イラン産原油日量100万バレルが供給不足となるリスクがある、
というのがコンセンサスでしたが、闇輸出も盛んなようで
原油関係者はこれを幽霊船と呼んでいるようです。
GPSを切ってしまうと、把握できないんですよね。
おそらく制裁が形骸化していることは米国とて承知でしょうけれど
中間選挙対策?ガソリン価格が下がれば下がるほど消費者にとってはありがたい、
というところに焦点を当てれば、足下原油価格とガソリン価格が下落していることは
プラスです。ただし、原油価格が一段安となればエネルギーセクター株の下落が
米株全体のセンチメントを冷やすリスクにもなりますので
塩梅は難しいところですが。

【11月FOMC】

11月7-8日の米FOMCでは、金融政策の据え置き予想ですが
先週末発表された10月の雇用統計が非常に強い内容でしたので
金利引き上げはなくても、声明はタカ派的となるかもしれません。
10月の株価の急落で一部に12月利上げに慎重意見が出てきましたが
FEDメンバーのスタンスがタカ派であれば、金利が一段と上昇するかも。。。

その場合はドル高かなぁ、、、ユーロ買っちゃったけど。

【10月米雇用統計】

非農業部門雇用者数 前月比+25.0万人(予想+19.0万人) 
          前月を13.4万人→11.8万人に修正
10月失業率 3.7%(予想3.7%)
10月平均時給 前年比+3.1%(予想+3.1%) 前月比+0.2%(予想+0.2%)

おかげで米金利は再上昇、これが週末のドル高をもたらしました。

※米10年債利回り


【米中貿易摩擦】

11月30日-12月1日のG20首脳会議が開催されますが
その前後に開催が予定される米中首脳会談に注目があつまっていますが、
トランプ大統領は1日にTwitterで、中国の習国家主席と電話会談を行い
長時間にわたり多岐にわたる議題を協議、
「良い議論ができた」ことを明らかにしました。

これを受けて米中貿易摩擦への懸念が後退、、、ということになるんでしょうか、
マーケットはリスクオン気味に動き、株に買い戻しが入る局面も。

トランプ大統領はちょっと前には、米中首脳会談が決裂した場合、
全中国輸入品に追加関税を賦課すると発言していたのですが、
これも中間選挙前にマーケットが崩れ過ぎぬよう
パフォーマンスなんでしょうか。。。

【Apple決算】

FAANG株が軒並みベアマーケット入りしている中、高止まりのApple株。
先週の決算が注目されましたが、収入629億ドルで
アナリストの予測615.7億ドルを上回る内容.
で、1株あたり利益2.91ドルも2.78ドルを超え
対前年比で収入は20%のアップと申し分ない内容に見えますが、
決算発表後の時間外取引の株価は7%下落しました。
10~12月期の売上高見通しが市場予想に届かず、
というのが失望された模様。
クリスマス商戦への期待が低いということですからね。
それと、今後の決算発表で iPhone、iPad、Mac販売台数を
公表することを止めるというのも、ややサプライズでしたが、
売られる決算内容ではなかったように思います。
1000億ドルの自社株買戻しプログラムを新たに発表していますし、、、。

チャートの形、あんまりよくないですよね。

※Apple日足


ただし、ほかのハイテク銘柄よりはマシですが。
FAANG株で200EMAの上に位置しているのはアップルだけ。

※FAANGなどIT関連株一覧



ということで、週末までの米3指標と日経平均のチャート確認。
ダウだけ200EMAを回復していますね。

※米3指標と日経平均


VIXショックの時、NasdaqはVIXショック前の高値を更新してから
2番底の下落を開始しました。
ダウは61.8%よりも戻り高値が上でしたね。

戻り高値が結構「高い」んですね。米株の場合。
日経平均は半値戻りで綺麗に止まって、再下落で2番底。

ですから、中間選挙の結果を受け、
そのまま落ちていくということがなかった場合、
一度大きく戻りを入れてから、市場の安心感を誘った後に再下落、
というシナリオもないわけじゃない。

どんな可能性も否定しないで置かねば、、と思っております。
つまり、短期的には買うかもしれないということです…。
まだわかんないけど。

-----------------------------------------

為替市場、週末は米金利上昇でドル高再開ですが
なぜか円安も大きかったですね。

※通貨インデックス一覧


ということで、ドル円が意外と強い。。。

※ドル円 一目均衡表の雲が支えてドーンと上がる可能性も?!


ポジションは、途転したユーロドルロングのままです。
ドル円のチャートが上がりそうで、なんだかドル高になりそうな気も
してきたんですが💦

ユーロに関しては欧州委員会がイタリア予算の修正案を11月中旬までに
提出するように求めていますがイタリアの連立政権は応じる様子がなく、、、
ユーロネガティブ材料にみえますが、下がりきらないのでいったん反発するかな、と。
*******************************************
 
【オセアニア通貨】

11月6日 RBA 豪州中央銀行 金融政策会合 
       ⇒政策金利1.5%は据え置き予想
        先週発表の7-9月期CPI消費者物価指数は
        インフレ目標を下回っています。
※豪ドルドル、豪ドル円日足


豪ドルドルも豪ドル円も綺麗に下落トレンド継続中なので、
200EMAにぶつかっている豪ドル円などはいったん売りでもよさそうですが、、
200EMAを超えてくるようなら、そろそろ底打ちのようにも見えます。

11月8日 RBNZ NZ中銀金融政策
       ⇒政策金利1.75%は据え置き予想
        7日に7-9月期雇用統計が発表になるので、結果に注目。
        ※前回4-6月期:失業率4.5%、雇用者数増減+0.5%

※キウイドル、キウイ円日足


豪ドルとよく見たチャートですが、キウイ円は下値が4回もほぼ同値で
止まっているのよね。完全なボックス相場。
今ボックスの上限に到達しているので、今週はここで反落するか、、、
もし、終値で76円台回復なら、キウイ円底入れ上昇かもしれません。

***********************

【英国ブレグジット交渉】

先週は長くショートで利益が膨らんでいたポンドを慌てて買い戻す羽目に。
ブレグジット交渉関連のニュースにボラが大きいですね。

ラーブ英EU離脱相が
「EUとの合意が近い」「11月21日がその時期になる」 と表明していますが
「離脱後も金融サービス分野でのアクセス継続が可能となる」
との見通し報道がポンドを押し上げました。
合意成立の期待感が高まって来ているということかしらね。

私のようにショートを買い戻した向きによる急上昇だったと思われます。

しかし、懸念はブレグジット交渉ではなく英国内メイ政権。
離脱強硬派が合意内容に納得できないということになると
議会承認は難しく、メイ政権が揺るぎます。
このままポンドがドンドコ上昇していくとは思えませんが、、、

※ポンドドル 200EMAの下に位置しています。。。


チャートからは売りに見えますねぇ。。
もう一回売ろうかな、、、とか考えています。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社