2017年8月17日木曜日

昨晩16日水曜は米国7月のFOMC議事録が公表されて ドル安
今夜17日木曜は欧州7月ECB理事会の議事録が公表されて ユーロ安(つまりドル高)

目まぐるしいことこの上ない。

そこそこボラティリティがあるので、変にストップを置いておくと
ストップに引っかかりまくって儲けられない時期。
そう8/13から水星の逆行期にはいっているのよね。
この時期は方向が見極めにくく、テクニカルポイントはオーバーシュートしやすい
(騙しが多く発生する)ため、あまり右往左往しないことが肝要です。

昨晩のドル安の背景

①ドル下落、FOMC議事要旨で利上げ先送り観測
https://jp.reuters.com/article/ny-forex-idJPKCN1AW2OD

9月にも着手するとみられるバランスシート縮小に関しては反対意見も。
7月会合後の声明で「比較的早期に」開始するとされており、
マーケットには9月にも着手するとの思惑が出ていたバランスシート縮小ですが
反対意見があったことでトーンダウン、
また、インフレが目標の2%に届かない状況が続くことに関して
メンバーが長時間協議していたことが確認され、
年内の追加利上げに懐疑的な見方がさらに強まった形、、、、。

②トランプ米大統領、2つの諮問会議を解散 企業幹部ら相次ぎ辞任
http://www.bbc.com/japanese/40957609

トランプ大統領はツイッターで、
「製造業評議会と戦略・政策フォーラムにいる経営者たちに圧力をかけるよりも、
両方終わらせることにした」とツイート。。。

白人至上主義などを掲げるグループと、これに抗議するグループが衝突した事件を
めぐる批判が強まって、メンバーの辞任が相次いだことで解散に追い込まれた、
ということですが、こんなニュースばかりで、今後の政策運営が停滞するとの懸念が
再々再浮上。ドルを買い難い地合です。

ドル円相場は110.90円台まで戻っていたのに 109.60円台まで下落。
ユーロドルは1.1681㌦まで下がっていたのに、1.1781㌦まで上昇。

FOMC議事録前に、すでにトランプネタで下がり出していましたね。
私はドルが再度下げてくれば買い増しのスタンスでしたので、ポジション動かさず。
ドル円は109.94円で買い増しています。(以前の買値は109.90円)

そして、今日17日になって、今度はユーロ主導でのドル高に。

②ECB理事会、ユーロのオーバーシュートを懸念=議事要旨
https://jp.reuters.com/article/ecb-policy-minutes-idJPKCN1AX1CT

「ユーロのオーバーシュートに対する懸念が浮上」
つまり「ユーロ高に懸念」が出ていたことがマーケットではクローズアップされて
ハト派的内容だとして、ユーロ下落につながったということ。

私は、米朝にらみ合いが長期化する中で、そう遠くない先には有事もあり得るとの思惑が
銅価格やバルチック海運指数を押し上げている可能性があるので、
最終的にはドル高になるんじゃないか、と思っていたのですが
ジャクソンホールでドラギ総裁が緩和縮小について講演しないとか、
ユーロ高に懸念が出始めているとか、
意外とユーロが下がる材料が出ていることでのドル高になっていますね・・・。

ドルはむしろ、金融政策面、トランプ政権の両輪から買い難い展開とな(;´・ω・)

結果オーライですね。。。

今夜17日木曜発表の米指標

7月米鉱工業生産(前月比) 0.2%(予想 0.3%・前回 0.4%)
 7月米設備稼働率 76.7%(予想 76.7%・前回 76.6%)
 8月米フィラデルフィア連銀景況指数 18.9(予想 18.0・前回 19.5)
 7月米景気先行指標総合指数 0.3%(予想 0.3%・前回 0.6%)

 鉱工業生産に反応しているのかな、、、またしてもドル安気味です。
 またしてもドル円109.70円台まで下落中。あれ~損が出てる~
 はぁ~ホント、ドル弱いよなぁ((+_+))
 苦しい展開を強いられています。

 108.50割れまで持つことにします。
 ユーロドルは1.1850㌦を超えて上昇したらロスカット。
 こちらはポジション増やしていませんがコストは1.1758㌦。

 チャート的に弱いのでポンド円を141.88円でショートしています。
 ドル円が仮に損切りになっても、ポンド円でカバーできるかな、と。
ヘッジですね(;´・ω・)

 ※16日発表の7月の英小売売上高は前月比0.3%上昇で市場予想を上回りましたが
 ポンド上昇は一時的に終わっています。
  
 今夜は23:18現在ダウが112ドル安。
 日経平均CFDは105円安の19624円。

※追記  ゲイリー・コーン氏辞任の噂が、ドル売り、米株売りの背景というニュースも。
     トランプ政権におけるNEC・国家経済会議委員長、経済担当大統領補佐官。
     元ゴールドマン・サックスの社長兼共同COOで、今夜はゴールドマンの株も下落とな。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






今日16日は閑散商い。

これまで日本株市場、東証1部の売買代金が14日連続で2兆円を超えてたんだけど
今日16日は1.87兆円で2兆円を割り込み心停止状態。
引けにかけて若干売られて 24円安となったもののホント小動きの1日でした。
19729.28円。
19350円 19500円 19750円で買った日経平均CFDは継続のまま。

ドル円相場も110円60~70銭台での膠着の様相。。。
109.90円でのロングは継続中です…。

今日はドル円というより、ユーロに材料がありました。

ECB総裁、ジャクソンホールで政策の手掛かり示さず=関係筋
https://jp.reuters.com/article/ecb-policy-draghi-idJPKCN1AW0SP

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる米カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムでの25日の講演で、金融政策に関する新たなメッセージは打ち出さない。関係筋が明らかにした。

この報道を受けてユーロが売られる展開。
それほど大きく下落してはいませんが、頭は確実に重くなってきた。
有事への警戒が続くなら、ドルの買戻しがあるのではないか、
ドルインデックスの反騰を予想していましたが、ドルというより
ユーロに材料が出てドル上昇となった形💦 結果オーライです。
ユーロドル1.1758ドルショートは継続中。

少し後悔しているのが、クロス円が上昇してきたこと。
特に豪ドル円とカナダ円。キウイ円もかな…。

ドル高来るかな、、、と思っていた割には豪ドルとかカナダドルとか
強くて、下げそうなのはユーロだけ、、、という状態なのよね。
う~む。ドルインデックスはユーロの比率が大きいので上がるとは思うけど。

結局過度なリスクは修正されつつある、ということか??
それとも、豪ドル、カナダなどの資源関連が戻っているというのは
有事への備えでコモディティ(特に銅や石炭)が上がっているせいなのか。



※昨日ご紹介したバルチック海運指数も続伸中。
有事への備えという噂はさもありなん、なのかも。

まあ、欲を出さずに。。

今夜は7月FOMC議事録が発表されます。

7月のFOMC議事録、注目すべき5つのポイント
http://jp.wsj.com/articles/SB12693694846184613889904583333301944830078

ドル円が下がれば(108円を割らなければ)また買い増す所存。
ユーロも動いちゃうかな・・・。

************************************

◆日本株・日経平均

4~6月期の決算発表を終えた1582社のうち、3割近くにあたる417社が最高益を記録。

112社が通期の業績見通しを上方修正。
それと、週明け14日の急落での日経平均のろうそく足は捨て子線に見えます。



ということで、日経平均、ここから売る理由はないと思うのよねぇ。

昨日のブログで日経平均がレンジを下方ブレイクした際に
クレディスイスが1400億モルガンが800億などなど
4000億ほどの先物ショートが作られたという記事を紹介しましたが、
どうも、クレディスイスは15日の日経平均大幅高でもポジション継続のままのようです。

Twitter にこそく(市況民)さんからの情報。
https://twitter.com/nicosokufx

8/15 日経上昇
Cスイスが買い戻したのではと言われていたが、買い戻してなかった
注目!

日経平均が再下落すればクレスイ勝利ですが、
しかし、日経平均が上がり出すとこのショート、買い戻さざるを得ない、、、
つまり踏み上げ相場に発展する可能性も。


あ、今夜もダウは上昇していて、ホント、全然下がらないです💦
押し目待ちに押し目なしよねぇ。。。


これだけ上がった後だから、深い押し目があるとみんなが待ち構えていて
だから下がる前に上がっちゃうって感じ・・・。
ダウはなかなか買えずにおります。。。



◆為替市場

外債投資 1年ぶり高水準 7月回復、4.4兆円買い越し
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGF10H0K_W7A810C1EAF000/

7月は発行から満期までの期間が1年超の中長期債の買越額が約4兆4千億円となり、1年ぶりの高水準。~生命保険会社などが投資に前向きになった。地銀などはまだ外債投資を控えているとみられ、今後はさらに拡大する可能性がある。

銀行などの預金取扱機関は15年9月以来の水準となる3兆347億円の買い越し。5月以降、1000億円台だった生保の買い越しも、6780億円と16年10月以来の水準に膨らんだ。

ということで、日本の機関投資家らの外債投資も積極的です。
地銀などがまだ控えめだそうで、彼らも出てくれ場さらに円売り要因。。
基本的には運用難に苦しむ日本の機関投資家らの外債買いは円売り要因ですが、、、。
ただし、為替市場でヘッジかけちゃっていると円安の材料でもなんでもなくなっちゃう。
どの程度オープンにしているんでしょうねぇ。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2017年8月16日水曜日

有事勃発への緊張がちょっと緩んだだけで、、、
随分な踏み上げ相場を演じましたね。

※北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、グアムへのミサイル発射計画について
何らかの決定を下す前にもう少し米国の行動を注視する姿勢を示した、
と伝わったことがきっかけと報じられています。

日経平均は216.21円高の19753.31円。

こんなニュースも。
株、先物4000億円の売り「失敗」 北朝鮮リスク緩和で買い戻し
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL15HD5_V10C17A8000000/

~証券会社別の先物手口と1日当たりの売買高加重平均価格(VWAP)から計算すると、9日はクレディ・スイス証券が約1400億円を売り越した。10日はモルガン・スタンレーMUFG証券が800億円、14日はUBS証券が960億円、モルガン・スタンレーMUFG証券が800億円をそれぞれ売り越した。合わせて4000億円に上る。

これらすべてが今日買い戻されたとは書かれていませんが、

日経平均先物の9日のVWAPは1万9775円、10日は1万9726円、14日は1万9531円。
~VWAPは先物売買の「平均コスト」に相当する。
VWAPの水準よりも株価指数先物が上昇すると評価損が出ることになる。


ということですので、今日の上昇でかなり切らされていることは想像できますね。

私は昨日ユーロ円ショートを作っていましたが、これをコスト(ほぼ同値)で
買戻し、途転ユーロ円を124.50円、ドル円109.90円、カナダ円を86.42円でロング。

これを、デイトレで豪ドル円86.64円 カナダ円86.65円 ユーロ円129.79円で手仕舞い、
今度はユーロドル1.1758ドルでショート。ドル円ロングのみ残す、というデイトレを。

クロス円ロングは、「リスク後退」によるショートの買戻しに乗ろうという
反射的なポジションでしたが、どうも、その後の値動きを見ていると全般ドル高。

中長期では有事想定というのは「ドル高」を誘発するのかもしれません。
有事のドル買いといいますよね。
景気のいい米国から、世界中に投資されていた資産がリスク回避で
米国に還流するレパトリが引き起こされればドル高でしょ。

まだそういう動きが出ているという確信はありませんが、、、

そうそう、バルチック海運指数が11日続伸で、4カ月ぶり高水準というニュース。
鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表す
バルチック海運指数ですが8月に入ってから急上昇。

これに関してTwitterである方が
「 各国が、有事に備える在庫買い付けと、業界での噂です。」と教えてくださいました。

鍵アカウントなので、ここで教えてくださった方のご紹介は控えますが、
なるほど、そういうこともあるかもしれません。

※バルチック海運指数



そして今夜の通貨通貨インデックス一覧




ドルが反転し、ユーロが下落を開始するように見えないでもない。

そもそもドルインデックスはかなり重要なポイントに差し掛かっていました。

※ドルインデックス週足

92.65レベルを割り込むとさらにドル安が加速する、、、というサポートで反発中。

短期的にはドルの巻き返しにかけたドル円ロング、ユーロドルショートがいいかな、、、
と思っています。

足元で随分と後退してしまった米国の年内利上げですが
まだ、年内利上げできないと決めつけるのは時期尚早。

NY連銀ダドリー総裁:年内もう1回の利上げをなお支持
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-14/OUOVGFSYF01S01

何かをきっかけに年内もう一度の利上げ機運が高まれば
ドルは大きく反転上昇していくと思われます。

※7月米小売売上高 前月比0.6%増(予想0.3%増上回る)
 自動車を除いた数値 0.5%増(予想0.3%増上回る)
 
※8月米NY連銀製造業景気指数 +25.2(予想+10.1上回る)

今夜発表の指標は支えになっています。
次のイベントはジャクソンホールかな???
ひょっとすると、ドラギ総裁が緩和縮小に慎重なスタンスを示して
ユーロ高の是正という形でやってくるのかもしれませんが。

北朝鮮問題は解決を見たわけではありませんので
まだまだ荒れるかもしれませんが。。。
水星も13日から逆行中です💦
****************
NOTE

7月英消費者物価指数(CPI)前月比0.1%低下(予想変わらずを下回る内容)
前年同月比+2.6%上昇(予想+2.7%を下回る)
ポンド売り。

7月英小売物価指数(RPI)は前月比+0.2%(予想+0.1%を上回る)
前年同月比+3.6%(予想+3.5%を上回る)
こちらは良い内容も、今夜は総じてドルが強くポンド売りのまま。

*********************
RBAオーストラリア準備銀行は15日、8月の理事会の議事要旨を公表

インフレ率上昇や雇用に関し前向きな見通しを示す。

国内経済は数年間、「潜在成長率を上回る」成長をみせる兆しがある。
過去最高の水準にある家計債務や豪ドル高が見通しに対するリスクと指摘。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2017年8月15日火曜日



11日㈮、108円台まで下落したドル円相場、週明け14日に比較的底堅く
109.79円まで上昇したのですが、NY時間に入って伸び悩んでいます。
というか、109.50円割れまで落ちてきていますね。

夕刻まではドル円とクロス円が堅調に値を戻す展開だったため、
ユーロ円を129.40円台でロングしたのですが、
思うように高値追いの展開とならなかったため、129.30円でユーロ円ロングをカット、
途転ショートを作っています。

ユーロ円はクロス円の中でも下落が小さく、先高観が強いため
押し目買いで上を狙えると思ったのですが、逆に下落が小さかった分、
本格的な調整局面では下げ幅が大きくなるリスクもあるかもしれません。

足元ではECBの緩和縮小思惑からユーロ強気が多く
ユーロクロスはしっかりとした値動きですよね。。。
だからこそ、崩れた時は大きいかな、、、という気もするのですがどうかな💦

同時にドル円109.07円で作ったドル円ロングを109.58円で手仕舞いました。

もう一度下値を模索する値動きがありそう、、、と感じたためですが、
今夜はダウが反発しており、米株高なのにクロス円全般が弱いという謎展開。

やはり、北朝鮮問題を材料に考えるなら円高ということになってしまうのか・・・

現実には何も起こらないという指摘もありますが、
なんでも決めつけるのは良くありません。
2016年は英国がEUを離脱する選択をしましたし、
トランプ大統領が勝利するとのシナリオも大方の想定外でした。
その後、ドルが猛烈に上昇するという展開も含めて。

気になるのが韓国のインデックスが下落に転じていること。
7月下旬から急激に下げだしました。

※KOSPI


また、CDS(クレジットデフォルトスワップ)が急上昇しています。


韓国CDSが急上昇、中国を4年ぶりに上回る 北朝鮮リスク警戒
2017/08/14 15:07 日経速報ニュース

 国や企業の債務不履行(デフォルト)リスクを取引するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で韓国の保証料率が急上昇している。11日には中国の水準を約4年3カ月ぶりに上回った。北朝鮮の核とミサイル問題を巡り緊張が高まるなか、リスクに最も敏感な金融派生商品(デリバティブ)とされるCDSの反応が目立つ。


有事想定のリスク回避が始まっているとみることもできますが、
それにしても米株が強いんですよね(;'∀')
今夜ダウは反発しています。何と現在0:00時点で150ドルもの上昇。

※ダウ平均


リスクって何ですか?!何か起こってるんですか?
って声が聞こえてきそうな強いチャート。。。。

それなのに、今夜は総じてクロス円が弱い謎展開。
チャートを見ていると、5日移動平均線が綺麗に上昇を阻みました。
短期線がこれだけ強く効いているということは、まだまだ下落余地がある、
ということになります・・・。

ドル円はもう一度108円を探る展開かもね(;'∀')

※ドル円、クロス円日足チャート一覧 水色の細いラインが5日SMA




108円を再びトライしても、なおそこではじかれて上昇する強さがあるようなら
再度ドル円ロングを作りたいと思います。

有事想定で仕掛けられたショートは、何もなければ買い戻され
これがのちに大きな上昇のエネルギーとなりますしね。
中長期では日経平均、ドル円クロス円の買い場探しの相場だと思っていますが、
今はちょっとこまめに手仕舞ってテイクプロフィット、ですね。

現在はユーロ円129.28円ショートのみ、です。短期トレードです。

日経平均CFDはロング継続。こちらは中長期目線。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2017年8月13日日曜日


去年2016年2月11日を彷彿とさせる値動きでしたね、、、8月11日山の日の円高。

去年も祝日の日本市場が休場となる中での円高加速でしたが
山の日となった11日祝日の円高、日本勢が休みの時はこういうパターンが多いわね。

ドル円相場は108.71円まで下落。
いよいよレンジ下限に到達です。
ここで下げ止まらないと、105円方向への円高リスクとなります。

※ドル円日足チャート



レンジ下限はサポートする可能性にかけて
先週末は109.07円でドル円を軽めロング。

それまで持っていたクロス円ショートは全て買戻しました。
キウイ円81.70円S→ 79.59円
豪ドル円87.60円S→ 86.04円
カナダ円88.05円S→ 85.92円

※クロス円日足チャート一覧



クロス円、下落がきつくなるのでは。。。。と思っていましたが
良く下げましたねぇ、、、
キウイ円は直近上昇幅に対し半値以上下げています。
豪ドル円は綺麗に半値で下げ止まり。
カナダ円は半値押しまでまだ値幅が足りない、、、
と、まだ下げ止まったとは言い難い部分も残りますが、
そろそろ、買い戻して反発に備えます。

今はドル円ロングと、
日経平均CFDを19750円から19500円、19350円と買い下がり中。
(安値は19296円まであったようです)
最悪4月のフランス大統領選で窓開け上昇した18600円台、
このギャップを埋める可能性も想定しないといけないかな💦

なんてったって、今回のリスクは有事想定ですので、
最終的には上がるにしても、一時的には酷い下落があるかも・・・。
と、これ以上リスクを取るまいと思っていますが(;'∀')
18000円台まで突っ込んで来たら、そこでまた拾います。

その時はドル円も105円割れの可能性がありますが、
108円ロングは108円割れで損切りし、
105円近辺から買い下がるというイメージかな。

ドル円が108円台示現ですので、テクニカル的には反発すると思っているのですが
有事勃発となれば、その限りではありませんものね。

北朝鮮と米国、トランプ大統領の応戦と有事の現実味に関しては
予想しません。専門家ではありませんし、予想しても意味がありません。

相場がここからどう動いたら、どう対処するか。
これを決めておくだけです。

テクニカル的にはそろそろ反発局面と見て、ドル円と日経を買ってしまっていますが、
ドル円は108円割れたら撤退、日経は証拠金厚めですので、18000円台まであれば
むしろラッキーという感じで拾い集めるだけのことですね。
この時のために日経レンジ相場ではポジション作らずに我慢していたのですから、
この機会にコツコツ拾えればと思っています。


丁度今週がお盆明けの週に該当しますので、そろそろあく抜け期待と
行きたいところですが週明けにダメ押しの円高があるかもしれません。
株式市場でも投げが相当でるでしょう。
連休に入る前の日経平均の終値は19729円です。。。。
500円くらいは下落する可能性がありますね。

※株価インデックス一覧


S&P500の下落が大きくなっていますが、日経平均は例のごとく最も影響大きく、、、
今回の場合有事勃発となれば地政学的にも売られやすいということもあるでしょうか。

VIX指数も久方ぶりの急騰となっています。

※通貨インデックス一覧


通貨インデックスを見ると、ユーロが再上昇。
ドルが再下落の様相に。ドルの揺り戻氏は終わってしまったのか。

◆年内利上げは・・・

ドル下落に拍車をかけたのが週末の米CPI7月消費者物価指数。

前月比 +0.1% (予想+0.2%) 予想を下回りました・・・

前年同月比は+1.7%上昇(予想+1.8%)

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアCPIは4カ月連続で前月比0.1%上昇で
それほど悲観する内容だったとは思いませんが、
センチメントが悪かった、ということなんでしょう。
過敏に反応しました・・ただ、NYクローズではドル円相場は行って来いで
それほどドル売りとなった印象はないのですが、
ユーロの上昇が大きく、トレンドはやはり、ユーロなのかもしれません。
8月ジャクソンホールでのドラギ総裁の発言に注目ですね(;^_^A

米国年内利上げ思惑は後退したまま、ということでしょう。

今週の主な予定は 日本GDP速報にFOMC議事録、米小売売上高
http://klug-fx.jp/fxnews/detail.php?id=384968 クルークFXさんから

14日(月)
NZ小売売上高(第2四半期)
日本GDP速報値(第2四半期)
中国小売売上高(7月)
中国鉱工業生産(7月)

15日(火)
独GDP速報値(第2四半期)
英小売物価指数(7月)
英消費者物価指数(7月)
英生産者物価指数(7月)
米小売売上高(7月)
米NY連銀製造業景況指数(8月)

16日(水)
米住宅着工件数(7月)
米住宅建設許可件数(7月)
米週間原油在庫統計
米FOMC議事録(7月25-26日分)

17日(木)
NZ生産者物価指数(第2四半期)
日本通関ベース貿易収支(7月)
豪雇用統計(7月)
ECB議事録
米鉱工業生産(7月)
米景気先行指数(7月)
米新規失業保険申請件数(12日までの週)
ダラス連銀総裁、講演

18日(金)
米ミシガン大学消費者信頼感指数 速報
ダラス連銀総裁、講演
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







2017年8月10日木曜日

昨日夜から今日の東京時間にかけてのニュースは北朝鮮問題。

トランプ米大統領が記者団に対し、北朝鮮が米国をこれ以上脅かせば
「世界がこれまで目にしたことのないような炎と怒りに直面することになる」
などと、けん制発言を行った後、
北朝鮮がグアムへのミサイル攻撃を慎重に検討している、などと報じられ、
昨日は米株市場も若干の下落、東京市場では過敏に反応して
日経平均が▼257円19738円 
ドル円相場はリスクオフの様相で円高へ109.56円まで下落してました。

これまで日経平均が膠着していただけに、これだけの値幅が出るのが
久しぶりで、しかも8月お盆前、、、ということもあって
総悲観の様相となりましたが、このリスクオフムード続くでしょうか。

有事リスクでドル買いなんでしょうか、ユーロドルでユーロが売られ、
ユーロクロスが下落し始めたため、昨晩ブログを書いた後ですが
ユーロドルとユーロ円をショートしてみたのですが、
翌日となる今夜8月10日NY時間戻り基調を強めていますので
買戻しました。ユーロ円は130.03円を129.23円で買い戻し。
ユーロドルは1.1761ドルSを1.1741で、、、あまり大きな値幅は取れませんでした。

今夜の足元のユーロ戻りは一時的なもので、再下落もあるかもしれませんが、
下げ方が期待と違ったので止めておきます。。。
どうもユーロは買い意欲が強い感じね。。。
ジャクソンホール会合近くまでは崩れないのかもしれません。
ユーロはこの相場にはあまり関係ない、ということかな。

米株だって今夜も50ドル程度安く、昨日の33ドル安に続いて2日連続下落に
なりそうですが、連日の史上最高値更新の相場ですもの、
この程度の下落は不思議ではありません。
むしろリスクオフで売られているという印象はゼロ。
それならもっと急激に崩れます。。。

つまり、北朝鮮有事に反応しているのは日本市場だけ、、、なのかもしれません。
それでもドル円はレンジの下限108円台までは到達していませんので
あまり悲観的になり過ぎないことです。

まあ、日経平均がこれまでのレンジを下に放れた印象なので
嫌なことは嫌ですが、、、、

ということで、クロス円ショート
キウイ円81.70円S 豪ドル円87.60円S カナダ円88.05Sは継続していますが、

日経平均CFDの指値注文が19750円でヒットしちゃってます💦
ここから18000円台までは少しづつ買い下がりかな。。。
そこまで下げないように思いますが、
また安くなれば少しづつ買い増していこうかと思っています。

ドル円のほうは、、、買いスタートは108円台から、、、でしょうか。

8月~9月中は地合いが悪く下がる相場かもしれませんが
買いのチャンス到来と考えて、リスク小さめに買い集めるスタンス。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2017年8月8日火曜日


 今週はドルの反騰があるんじゃないか、、、という見立てをしていましたが
8/8火曜日現在、まだ力強いドル反騰はありません((+_+))

この辺りでドルが反発しないと、さらなるドル安が加速する可能性があるレベルで、、、

※ドルインデックス 週足 黄色いラインが下値2015年からの安値レベルに到達


せっかく7月の米雇用統計が力強いものとなっても
FRB高官らからの慎重な発言で米金利上昇につながらず。
今週もユーロ買いはそこそこ旺盛で、ドル売り基調は継続しています。

※米10年、長期債利回り


でも、金利は下げ止まって反発しそうなムードもあり、
足元で金利との相関が強いドル円を積極的に売れるかというとそうでもない。
金利はなかなか上がらないにしても下落トレンドではないですからね。

ドル円相場は雇用統計の後111円台を回復も、8/8欧州時間に110.20円台まで弱含み。
ではなぜこんなにドル円が冴えないか、、、というと、クロス円が下げているから、、
なのかもしれません。クロス円相場を見ると、東芝のディールという特殊要因で
大きくさげたスイス円はじめ、ポンド円、キウイ円、カナダ円、そして足元では
豪ドル円も下落基調に入ったように見えますね。



ユーロ円はじめコモディティカレンシーが7月にかけて勢いよく上昇したことで
クロス円がドル円の下落を支えてきましたが、
今度はクロス円の下落がドル円の上値を抑えてしまっているようです。

カナダ円ショートが効いてきました。

ドル円は今週の安値で拾いたいと思っているので、そのタイミングまで
ショートを引っ張ろうかと思っています。

ドル円が動く(一段安となる可能性がある)と思われるのが
今週発表される米PPIとCPIでしょうか。

ユーロ円はユーロが強く崩れませんね。
ユーロクロスが強いので、ユーロポンドロングもうまく利が乗ってきました。
このポジションは継続します。

そうそう、今週は10日木曜にRBNZニュージーランド準備銀行が政策金利を発表します。
今回の利上げの予想はありません。あまり注目されていませんが
キウイ高を嫌うウィーラー総裁が通貨高をけん制する発言が出るかもしれません。
そうなればキウイドル、キウイ円が下落する可能性も。

今からそのリスクを織り込む動きでキウイや連れて動きやすい豪ドルが下げているのかも
しれませんね。6/27のECBフォーラムでにわかに高まった世界同時金融政策タカ派転換との
期待を織り込むトレードはすでに終わってしまったようです…。

ということで、81.70円でキウイ円を
87.60円で豪ドルをショートしています。

クロス円のチャート並べてみて、こりゃ下落トレンドだわ、と素直について行くことに。

ドル主体でトレードを考えているとうまく乗れないセンチメントです…。
今はユーロ主体、そしてクロス円。
IMMポジションで見る円ショートはクロス円になっている可能性。
これが整理されているのかもしれません。結構クロス円は大きな下落になるかも(; ・`д・´)
それでもドル円は108円どころで止まってレンジじゃないかなぁと思っているのですが。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







円は来月にも対ドル100円へ、際立つ割安さと円売り投機-野村AM
 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-08-07/OU9S5T6K50XS01

運用資産が約44兆円に上る野村アセットマネジメントの予想。

・1985年と2002年に続き、
今年初めから大きな波動の3度目の下落局面に入りつつある

・ターゲットは~95円から100円程度も
先行き米国で利上げ打ち止め観測が浮上すれば、
90円程度も「あり得ない話ではない」

・IMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組で
円の売越幅は先月18日時点で12万6919枚と約3年半ぶりの高水準。
3カ月足らずで10万枚超も増えた。

(ただ8月1日までの1週間では円の売り越しが12万1489枚から
 11万2196枚に減少~109円台方向に下落した局面で、
 上の水準で仕込んだロングが売られたのではないか)

ということで、積みあがった通貨先物市場でのファンドポジションを
警戒する向きが多いようですね。

円売りドル買いポジションが作られる過程で、
それほど円安ドル高が進まなかった事へは若干のリスクを感じますが、、

この先の推測として、このロングポジションの解消が警戒されている
わけですが、先週109円まで落ちた際も、下値は固かった。
それでも、下値が固いのはなぜか。

ロイター記事によると・・・。

財務省によれば日本の投資家は、7月2日から7月29日までの4週間で約4兆円相当の外国中長期債をネットで購入している。

通常、機関投資家は為替スワップ等で為替ヘッジをして外国債投資に臨むため、ベーシスには上昇圧力が生じやすいが、最近はベーシスの上昇が観測されない。

これは、最近の外債投資が、ドル調達を中心とする金融機関が中心だった可能性と、生保や年金などの円投投資家が、ヘッジ比率を大幅に落として、外債投資に臨んだ可能性を示唆している。

ということで、為替市場でヘッジ(円買い)することなく
外債投資を行っているということで、こうした買いが下値を支えているものと思われます。

こうした実需の買いが
(こうしたポジションはいずれどこかで解消されるのですが、


通貨先物ほど短期ではない)下値を固めているんでしょう。。。

まあ、いろいろ検証したところで今は結局レンジ(;´・ω・)

今夜の要人発言。

カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁
米経済は非常に力強い、賃金は急速な上昇を見せていない

ブラード・セントルイス連銀総裁
金利は現行水準に据え置くのが最善
9月のバランスシート縮小開始については賛同

どちらのハト派的で、ドル金利上昇につながらず、
これが材料となって、今夜のダウも高いです~たまや~


ただ、通貨インデックス一覧を見ると
少しドルの巻き返しの兆候はあります。

※通貨インデックス


ドルインデックスだけ抜き出してみると、
ここを割ったらさらにドル安加速、という重要なサポートで反発。



一定の揺り戻しが来るなら38.2%程度のドルの戻りがあっても
いいんじゃないか、、、なんて、テクニカル的には期待するんだけど。

それでいうならば、ユーロも同様ですね。
ただ、ユーロドルは長いレンジ相場の上値を抜けているので
強気が多い。あまり下げないとの指摘が大勢。

※ユーロドル でももし下げるなら38.2%はこんな水準。。。



キウイ円、カナダ円、ポンド円などクロス円が弱く
こちらからのアシストもない状態ですので、今は様子見。

今週は米インフレ指標PPIやCPIが発表されるので
これらの指標で大きく下げる局面があれば買い出動したいかな。

カナダ円ショートだけは継続中。

**************************************

今日新たに作ったのがユーロポンドの買い。0.90319ドルL

全般ユーロが強いので、ユーロドルや、ユーロ円という選択肢も
勿論あるんですが、ドルが巻き返す可能性を見ているので
ユーロドルでは買いたくない。そしてこの記事。

英、5兆円超支払いの用意 EU離脱清算金で報道

英国の欧州連合(EU)の離脱交渉で重要論点となっているEUへの
未払い分担金の清算について、
EUは最大1千億ユーロを要求するとされている中で
英国が最大400億ユーロ(約5兆2千億円)を支払う用意があると報じた。
(サンデーテレグラフ報道)


まだ決着はついていないものの、英国からEUに多額の未払い分担金の
支払いが将来起きることが見込まれる状況で、
その金額がどのくらいになるか、ってお話。

その場合、ポンド売りのユーロ買いよね。
この記事だと、5兆円程度の支払いの用意はあるようで。

どのような形の支払い形態になるかわからないのですが
思惑だけでも動きそう、、ということで、

2016年10月の高値0.9155ドルを抜けると青天井。
現在そこに迫る上昇を見せています。

*****************

NOTE

南ア・ランドが上昇。

南アの下院がズマ大統領の不信任投票を非公開で明日実施すると発表。
辞任を要求する声が強まっている模様。
国民から人気のあるゴーダン財務相を解任したズマ大統領、
解任以降ランドが急落、南ア経済は混乱していましたが
ズマ大統領辞任となれば、ランドは一段高??

この場合、短期的にプラチナ高にもなりそうですが、
需給からはプラチナは吹いたところは売りたいですね。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2017年8月7日月曜日

さすがに今週はドルが巻き返すんじゃないかな、、、と思います。

今は、ドル金利が動かず(むしろ低下圧力が強い印象)
ECBの緩和終了へと市場の関心がシフトしており
ユーロドル、ユーロ円などユーロクロスの値動きが派手。

取引の主体もユーロを軸にしたものが主流で、
ユーロドルの上昇は、ドルがテーマではなくユーロがテーマ。

このテーマは、6月27日のECBフォー^ラムでドラギ総裁が
デフレからリフレ圧力が強まっている、として
緩和終了を匂わせる発言をしたところからスタートしており、
まだ始まったばかり。長期的にユーロ主軸の相場は続くと思います。

ただし、それにしてもユーロは短期的に上がり過ぎていますね。
一度ユーロにも調整があってもいい、、、ような。

ですから決してここでドルが大底をつけて、
ここからドル高GOGOというわけじゃないですが💦
ドル巻き返しのいくつかの兆候が…。

①米7月雇用統計

NFP:非農業部門雇用者数 20.9万人(予想18万人)
失業率 4.3% 前回4.4から低下




平均時給 0.3% 前回0.2%から上昇

労働参加率も上昇、失業率も再び低下、平均時給上昇しており
力強い米労働市場が示された格好。

結果を受けて一気にドル買いとなりました。ドル円は111.04円まで高値示現。


②NEC:国家経済会議議長のゲーリー・コーン氏が減税案を秋に法案提出すると発言

このニュースに関しましては
志摩力男氏の有料メルマガに詳しく、週末の配信が非常に参考になりました。
http://fx-on.com/rikio/

以下、志摩氏の有料メルマガから情報を引用させいていただいています。

コーン氏は減税の規模をOECDの平均23%以下にしたいと目処を示しました。
トランプ氏は15%と主張していますので、それには及ばずとも現在は35%。
現在の税率からはかなりの減税が期待されますね。

現在米企業が海外に滞留させている資金はおよそ300兆円規模。
その殆どは欧州だそうですが9割は既にドルの形で預金されているため、
HIA減税のインパクトは30兆円程度とかなり小さく試算されてます。
それでも、これが米国に還流するとなればそれなりにユーロドル相場での
ドル高の影響は出てくるものと思われます。

志摩氏も書いていますが、問題はその「実現性」。

減税するにしてもその財源がどこから出てくるのか? 
など問題山積ですが、
ただ市場は、いないと思っていた幽霊に出くわしたように
腰を抜かしてしまった、と書かれています。

これが先週の雇用統計と共にドル高を誘引したと言えそうですね。
どこまで材料視されるかわかりませんが、
あまりに足元でトランプ期待の剥落によるドル安が進み過ぎたので
これをきっかけにした揺り戻しがあるかも・・・・。

③7月末~8月初旬
 スイス円の急落がドル円はじめクロス円の円高を誘引した

スイス円の急落の背景は東芝にあったようです。

東芝傘下のスイス企業「ランディス・ギア」が7/21にIPO
上場によって東芝は持ち分60%の全てを放出することを発表。
売却金額は1617億円。株式の譲渡日は25日。
スイスフランは26日から急落しています。

これは、ユーロスイスの急騰という形で、
そして、ユーロ円の急落という形で、影響が出ています。







東芝がランディスギア上場益で円とユーロを調達した、
ってことでしょうか・・・。

ドルスイスでは動きがあまり大きくありませんでしたが
同じ日から若干ドル高スイス安ですので、多少のドル調達も
あったかもしれません。

これが26日から出ていたようですが、8月1日にはすべての
通貨ペアで天井というか、スイス売りが一段落しているようですので
全て出切ったんじゃないか、と推測できます。

つまり、スイス円主導で他通貨が上昇するという
東芝による需給という特殊要因での値動きは一段落したものと
思われる、ということです。

というのは、スイス円が急落することで、ドル円も下落しちゃうんですね。
クロス円が主導してドル円が円高となることもあります。
2016年はポンド円が下落する圧力がドル円相場の頭を抑えたように。

※ドル円とスイス円比較チャート 青いラインがスイス円


同じような動きでしょ。
ということで、東芝によるドル円下落という特殊要因が消えたなら
一度は揺り戻しのドル円上昇があってもいいと思われる、ということです。
レジスタンスラインもかろうじて回復しています。

④今週は米インフレ指標に注目

雇用統計が良かったことでのドル金利上昇が続くかどうか。
今週のインフレ指標が良ければその勢いが加速する可能性も。

★10日 PPI生産者物価指数 予想 前年比 +2.3%

   (前回6月は 前年比+1.9% 前月比+0.1%)


★11日 CPI消費者物価指数 予想 前年比+1.8%
   
    (前回は予想下回る+1.6%)

予想より悪ければドル売りですが…。

米議会が夏休みでヘルスケア法案など重要案件が9月以降に先送り。
8月24~26日のジャクソンホール会合まで重要な政治イベントがありません。
材料がない中で、特殊要因がなければドル金利や欧州金利に
反応しやすい冴えないレンジ取引が続きそうですが、
シーズナルアノマリーとしては、8月の円高確率が高く
お盆時期に向けて円高を予想する向きが多いのが現状。

過去27年、円安は8回、円高が19回、円高確率およそ71%。

経験則から8月は円高になりやすい月ですね(;´・ω・)

ちなみに8月1日の始値は110.24円
これよりも円高で終わる?!

北朝鮮問題とか、有事リスクも楽観できませんし
中国への経済制裁リスクだってあるかもしれません。
予断を許さない中ですが、短期的にはドルの巻き返し期待の週。
ドル指数は、7月もマイナスとなっていて、5カ月連続で下げ続けています。
2011年以来の継続的な下げ・・・・。年内どこかで大きく反転すると思いますが。。。
まずは短期的戻り期待。
 【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







2017年8月4日金曜日

何で円高になるんでしょうねぇ・・・・

ドル安が続いているので、円高圧力が強いのは致し方ないのですが
クロス円まで崩れてきて、全面円高っぽい相場に。

(これまでドル安なので、ユーロ、ポンド、豪ドルなどの
ドルストレートが高く、これに支えられてユーロ円,
ポンド円、豪ドル円などのクロス円も強かったのですが、、、、)

※通貨インデックス一覧


ドル安は相変わらず。
そして、今日は円高が顕著でした。

特に下落が目立つのが
豪ドル円、カナダ円、キウイ円など資源関連とスイス円ですね。

先般、ユーロスイスでユーロの急騰、、、即ちスイスの急落が
あった影響かと思います。

スイス高のトレンドが決壊し、あらゆる通貨ペアに対してスイス安が進行。
これもひょっとしたらドル円、クロス円全般の下落を
けん引しているのかもしれません。。。

そして、オセアニア、、というか中国を貿易相手国にしているような
資源関連通貨が弱いという印象。

これって、北朝鮮問題絡みで米国が中国に厳しい制裁を加える
可能性を警戒しているのか、それがなくても貿易摩擦解消のために
米国が何らかの手を打つというような思惑が強まっていることが
影響しているのかもしれません。

トランプ大統領、中国の貿易慣行への対応を近く決定=米当局者
 http://jp.reuters.com/article/trump-china-trade-idJPKBN1AI03K

私の考えすぎかもしれませんが、、、、

ということで、カナダ円15分足が綺麗に200SMAに頭を抑えられて
下落している格好となっていたので
88.05円でカナダ円ショートしてみました。

今のところ、これは上手く行っています・・・・
***********************


しかし。今日はポンド円でロスカットがかかりました。

ああ、今日はスーパーサーズデーだったんだっけ・・・。
うっかりしていました。しかし、何の政策変更もないのに
こんなにポンドが売られますかね。。。。(; ・`д・´)

今日はどちらかというとポンドが買われていたんです。

☆7月の英非製造業PMI 53.8(予想53.6 前回6月53.4)やや上回る

しかし、その後のBOE金融政策発表でポンドが暴落しました。

★金利据え置き6名。利上げ主張2名。結果6対2

ええと、、、
フォーブス委員が退任しちゃったことで利上げ主張が
サンダーズ委員とマカファティー委員の2名だけとなった、、、
というのが売り要因なのね。

なんだか市場には利上げ主張が増えるという期待があった模様で
先にポンドが買われていたことが失望売りを大きくしたようです。
この失望の下落に巻き込まれ盛大に損切りとなりました(´;ω;`)

英中四半期インフレ報告では、
2017・2018年成長見通しや
2018・2019年賃金見通しなどが引き下げられました。

これも利上げ思惑の後退でポンド売りの要因よね。

146.02円のロングは146.80円台まで上昇したのに
146円割れで損切り。利食い損ねました・・・

トレイリングストップ使って逆指値水準引き上げておくべきでした。

ユーロ円130.93円ロングも131.30円台まで上昇したものの
ポンド安につられたか、それとも全般の円高につられたか
イマイチ上値を伸ばすことができずに130.90円割れで撤退。

大きな損ではないものの、欧州通貨買いがいいんじゃないか?
っていう私の見通しが外れる結果。

カナダ円ショートは今のところうまくいってるんだけど
豪ドル円ショートにしておいた方が値幅が取れたかな。。。

カナダ円は上げ幅に対して38.2%押しを形成するなら
86.30円くらいまでは下がる可能性。
半値押しなら85.30円となります。。。

米国が中国へどんな圧力をかけるか、ここがポイントかしらね。

********************************

しかし、そもそも、ドル金利が上昇しなくてドル安が止まらない。

今夜発表の7月ISM非製造業景気指数は53.9と昨年8月以来の低水準。

新規受注が低下したことが全体を圧迫した模様。
雇用も前回55.8から53.6へ低下していて
明日の雇用統計に向け不安が芽生える内容でした。

明日の雇用統計が期待値に届かなければ、さらにドル安が進んで
ドル円相場がさらに円高へ…・なんてシナリオは否定できず。

そうなれば、カナダ円ショートもさらに下落するかな。
短期的には売り目線。ドル円はここから売りたくないですので
カナダ円💦やっぱり8月は円高アノマリーが重しかな。


6月のECBフォーラム、そして7/7の日銀の指値オペ以降、
ファンド筋が円キャリートレードで円ショートを積み上げてきましたが、
足元ではその円ショートを買い戻しているような値動きです。

どの程度通貨先物市場での円ショートが整理されたかワカリマセンが
足元のドル円、クロス円の下落を見ると今週は随分減ったんじゃないかな。

まずは108円、ドル円のレンジ下限が近いので、ここがサポートできるかどうか、です。
このレベルでは買ってみてもいいと思うんですけどねぇ・・・。



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2017年8月3日木曜日



ダウ平均は22000ドル台に乗せて史上最高値更新が続く日々。

アップルの決算が予想を上回ったということでダウ構成銘柄である
アップルが窓開けでの大幅上昇となってダウは高値更新ですが
ドル円は冴えませんねぇ。。。

東京時間では日経平均が2万円大台を回復したことを好感し
ユーロ円が131円台に乗せるなど、リスクテイク相場。

※ユーロ円とダウ



ドル円よりユーロ円のほうがダウとの相関が高いですね、今。


ユーロに連れ高となったドル円は110円台後半まで上昇するも、
ADP雇用指数発表後、瞬間上振れした後は盛大に利食いが入っている模様。
再び110.20円台に落とされています・・・。

※ADP雇用指数

7月米ADP雇用統計 17.8万人(予想 19.0万人・前回 15.8万人)
前回6月が15.8万人から19.1万人に上方修正

米株とドル円、まったく相関性がなくなってしまっています。
いつまでこんな状態が続くのかしら…。

※通貨インデックス一覧



ドル安は続くよどこまでも・・・
ユーロ高も続くね、どこまでも・・・

ということで、ユーロドルのロングのパフォーマンスがいい。
ポンドも強いのでポンドドルもいいでしょう。

足元では円インデックスも強いので、円高気味。
クロス円ロングは厳しい状況にある中で、
カナダやキウイが崩れてきていますので
カナダ円ロングは逃げておいて正解かな・・・。

という状況なんですが、ここからさらにドル売りでいいのか
悩ましいところですよね。

どうもユーロとポンドが強いので、欧州通貨買いがいいかな、
という気がしてきて、
チャート的に行けそうなポンド円を先ほど軽めにロング。
コストは146.02円。
直近高値を超えてきたユーロ円も押し目を拾う形で
130.93円でロングしています。

カナダ円はむしろショートなんじゃないか、という形。

ここからは、クロス円でも、通貨ペアによって値動きは
バラバラになるかもしれません。

何故ドルストレートにせずクロス円での欧州通貨買いにしたか、
というと、昨日のブログにも載せましたが、あまりにも
ドルインデックスが下げ過ぎていて、
先週発表のIMM通貨先物ポジションで投機家らのポジションを
確認すると、7/25時点の最新データーで
ドルインデックスが売り越しに転じているのね。

このままドルショートが積みあがって売り越し幅が増えて行くのかも
しれませんが、一度緩戻しがあるかもしれない、、、と思って。

ドルに揺り戻しの上昇があれば、ユーロドルやポンドドルは
下がってしまいますが、ドル円は上昇。
その時はクロス円も上昇すると思われるため、
クロス円での欧州通貨買いとしました。

考え過ぎかな・・・?!

今週末は雇用統計ですので、ここであまり振るわない数字が
出れば、さらにドル安加速となると思いますが、
いい数字が出れば、ドルの巻き返しがある可能性も。

ということで、ドルストレートは避けておきます。。。

*****************

NOTE

◆NZ4-6月期 雇用指標 
失業率は予想通りの4.8%と前回数値を下回ったものの、
就業者数が前期比で-0.2%と予想0.7%から下振れでキウイ売り
4-6月期CPIも鈍化傾向であったため、NZ準備銀行(RBNZ)が
利上げに踏み切るのは2019年前半にずれ込むとの見方が浮上。

ちょっとキウイはチャート的にも足元弱い形です


◆豪・6月住宅建設許可件数(前月比)+10.9%(予想+1.0% 前回▼5.6%)
いい数字が出た割には豪ドル上がらず。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2017年8月2日水曜日

このチャートは、NYダウ(青ダイン)とドルインデックス(ろうそく足)。

今年の4月くらいまでは比較的順相関で、ドル高、ダウ高だったんだけど
ここ3か月は、「ドル安、ダウ高」という完全なる逆相関。

しかし、ここまでワニの口みたいに逆相関になりますかねぇΣ(゚Д゚)

さすがにこれが閉じる(ダウ下落、ドル高)という相場が
そう遠くない先に起こるような気がします。
あまりにこれまでの教科書的な値動きと異なっていますよね。

何が起きているかというと、単純に、これまで米国は4回利上げをしてFFレートは1%、
いわゆる正常化ラインになんとか到達。(1%は正常化と呼べないという指摘もありますが)

ゼロ金利から脱却したことで、ここから先は、引き締め感が強まると思われますが
足元のインフレ指標の弱さから、年内の利上げ思惑が後退しており
金利上昇の警戒がなくなったことで、ドルへの資金流入がストップした半面、
債券利回りが上昇しないなら、益回り的に妙味がある株式市場に安心して
資金を置いておける、、、ということですね。

この流れは、今週末の雇用統計くらいまでは続くのかもしれません。

ドル安なので、ドル円相場では円高圧力が強く、さすがにクロス円相場も息切れ。

今夜は7月の米国各社の自動車販売台数が発表されているのですが予想以上の減少と
なったことを嫌気して米国債利回りが低下、ドル円も下落で一位j110円を割り込みました。

110円割れから買い下がろうと思っていたんだけど、
下げ方がじわじわと少しづつなのでセリングクライマックス感がなくて
ここで下げ止まったという気がしません・・・
急落と急反騰があれば、底入れ感が出るんだけど、、、

ということで、ドル円が弱く、クロス円もそれにつれて弱含みの展開を強いられているので
今日は豪ドル円と、カナダ円ロングを損切りました・・・。

高値圏で小さな揉みあい相場を形成していたのですが
どうやら、一度下方向へと落ちないことには上昇できないというようなセンチメントです。

傷が深くなる前に撤退。
現在為替はノーポジ。

ユーロとかポンドを買っているのが正解でした。

円安もテーマになり得るとおもっていましたが、
円キャリーよりもドル安が市場の熱きテーマとなっているようです。

ただ、上記チャートを見ると、ドル安も随分加熱気味のような気がします。。。

今週末の7月分の雇用統計の数字が出たら反転するんじゃないか、、、
ってな気もしますが、
それまでに幾日かこのドル安、円高の圧力に耐えるのは精神衛生上悪い(笑)ので
一度頭を冷やす意味で、ポジションカット。

気になるのはダウ高でもナスダック総合指数が弱くでFANG株は売られています。
典型的な天井のチャート形状にも見えるナスダック指数ですが、、、、
そう思って売ると踏まれる、という相場ですので、安易に売ることもできませんね。

ナスダック安でもダウ高ってのは、米国の産業の構造的な変化でしょうか。
8~9月はアノマリー的にもあまり株高にはなりにくい(円高になりやすい)月でもありますので
やはり、無理にリスクポジションを抱えないでおこうと思っています。

*******************************

今日はRBAオーストラリア準備銀行が、予想通り政策金利を現行の1.50%に据え置気を発表。

声明で
「低水準の政策金利が豪経済を引き続き支えている」
「米ドル安を反映して最近の豪ドルは上昇している」
「為替の上昇が現在の見通しよりも経済活動やインフレを鈍化させると予想」

などの文言が追加され、やはり豪ドル売りとなりましたが、
結局買戻しが入り、崩落というほどの相場ではありません。

ただ、なんとなく気持ちが悪い相場なので、ポジションは落としました・・・。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






2017年8月1日火曜日

先週末のNYダウは33ドル高で3日連続史上最高値更新も
週明け7月31日月曜の日経平均は19925.18円▼34.66円

米株高にも日本株が振るわない理由は
ドル円相場が110円前半へとじりじり円高となったせいね。

米国市場は、FRBによる年内利上げの思惑が後退していることで
低金利政策が継続するとの安心感から、株高となっていますが、
金利がなかなか上がらないという状況が継続するなら、ドル安よね、
ということで、為替市場ではドル円相場が冴えません。
北朝鮮問題が一層緊張を高める事態に発展していることも上値を抑えています。

レンジよ、レンジ。 じり高で円高気味ですが、レンジの範囲内の小動き…。

日経平均の7月の月間変動幅はたったの 344円ですって。

1987年以降、過去30年間で最低のボラティリティ。

これだけ値動きが収縮していると、投資家のフラストレーションも溜まりに溜まって
エネルギーを充電しまくっていますので
相場は放れたほうに大きく動く可能性が日に日に膨らんでいます。

で、今はどちらかというと、下落リスク、暴落を警戒するムードが強くて
それに対してのヘッジの動きがチラホラと出始めている、という相場。

こうやって、次のリスクに備え始めると、リスクが遠ざかっていくものよね。
このレンジは更にさらに長期化してしまうか、
あるいは、ショートでヘッジした向きのほうが多くなって、
それがあまりに偏り過ぎてしまった場合は、逆に猛烈に上昇する可能性もある。。。

と思っているんだけど、まあ、足元に積極的に買う材料が見当たらず
何がきっかけで上昇開始となるかは見当もつきません・・・・。
あるいは何か起きて、一度猛烈に下がってからの急反騰、、、ってことかも。

どちらにしても、あまりレバレッジを高くして上がるか下がるか賭けに出る、
というような取引はしないことです。レンジを抜けてからの参戦でも
十分間に合うくらい、次の動きは大きくなると思いますので。。。

日経平均やドル円が膠着する中で、やはり現在の為替市場の主役はユーロか。

NY時間に入ってユーロが一段高となっています。

今日は7月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値が発表され
前年同月比で1.3%上昇、予想通りの結果だったのですが
未加工食品・エネルギー除くコア指数は前年比1.3%上昇で、
前月の1.2%や予想の1.1%を上回ったことが、材料視されているのかもしれません。
これは2013年8月以来の高水準ということで、
やはり、今のマーケットのけん引役はユーロ。。。。

ということで、ユーロ円も上昇していることが、クロス円の下落を
かろうじて防いでくれているような恰好。。。

豪ドル円とカナダ円のロングを持ってるんだけど
高値圏でのレンジ相場に入っちゃって、いつ崩れるかハラハラする日々…。
一回手仕舞ってしまった方が楽・・・・と、ここのところ毎日思ってるだけど💦
高値圏のレンジ下限をブレイクしてから損切りします。
ユーロ円が直近高値を抜けて高値圏のレンジを上方ブレイクすれば
クロス円も上に引っ張られ可能性があるので・・・・忍耐。


ただ、心配なのは明日8/1は13:30~豪中央銀行RBA理事会があるのよね・・・。

政策金利の変更はない見込みですが、同時に公表される声明で、
改めて利上げを否定されると崩れること必至・・・。

ロウRBA総裁は先週26日に行った講演で
「他の中央銀行の金融政策にRBAが歩調を合わせる必要はない」と述べて
市場に蔓延する利上げ期待に水をかけました。
「豪ドルが少し下落すればもっと良い」とも。
あからさまな通貨安誘導発言じゃないか、と思いますが💦
こうした内容が声明文に盛り込まれたら、豪ドルは一度大き目の調整が入ることも
仕方ないでしょう。明日はロスカットかかるかな。。。

ただ、最大の輸出先である中国の経済指標は比較的好調で、
7月の鉄鋼業購買担当者景気指数(PMI)は54.9、昨年4月以来の高水準。
鉄鉱石価格は上昇を続けています。

基調は強いので、下がったところは買いなおすトレードになるかな。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社