2019年4月23日火曜日

今日月曜は欧州市場がイースターマンデーで休場。

そのせいでしょうか、22日月曜の東京株式市場、
日経平均は17.34円高の22217.90円、
東証1部の売買代金は1兆6263億円にとどまり、今年最低。

グッドフライデーとイースターマンデーで欧米市場が休みでしたし、、(;´Д`)

10連休前なので、
どうしてもポジション整理を警戒してしまう今週のマーケット、
24~25日は日銀の金融政策決定会合があるんですよねぇ。

今回は経済・物価情勢の展望(展望リポート)を公表するのですが
フォワードガイダンスが変更されるのでは?
という思惑が一部にあるようで…。

「次は追加緩和」が半数弱、今会合で指針の修正予想も-日銀サーベイ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-21/PQ6VQC6JIJUO01


日本銀行の次の一手は追加緩和との見方が一段と増えており、エコノミストの半数弱に達した。金融政策決定会合でフォワードガイダンス(政策金利の指針)を見直すとの見方も少数ながら出ている。

ポイント

◆現在のフォワードガイダンスは消費増税という特定時点のイベントにひも付けているため、遅かれ早かれ見直しは必須。

◆「現行のフォワードガイダンスは消費税率引き上げの影響を見極めることができる時期まで有効なので、理屈的には10月を過ぎても変える必要はない」が
「7月から10月には緩和方向の印象をやや強める微修正が行われるのではないか」

◆「展望リポートで成長率とインフレの見通しをかなり引き下げることに伴い、緩和の継続期間を『少なくとも2020年中』に延ばす」(のでは?)

◆「先行き追加緩和が必要になったときは、フォワードガイダンスをより明確に緩和方向に強化しつつ、10年金利のターゲットは変えずに変動幅を0.4%に拡大して、国債買い入れをやや増額するかもしれない」


※日銀は2018年7月会合でフォワードガイダンスを導入。
長期金利の変動許容レンジをそれまでの0%を挟み上限0.1%から2倍に拡大。
レンジ拡大は従来金融引き締め方向の手段と位置付けられてきたが、
最近は追加緩和手段とみる向きも増えているとか。

そうそう、マイナス金利の先輩、スイスも深堀に言及していますし。
  
 スイス中銀、マイナス金利の深堀り可能─総裁=現地紙
   http://bit.ly/2IzZqIe

どこもかしこも緩和合戦ね。
最弱通貨競争ですので、現状でも高金利の米ドルが
選好される相場になっているのですが、
今週もし日銀が動けば円安進行かなぁ、、、。つまりドル円上昇。

連休前なのでドルロングしたくないんですが。
(IMM通貨先物ポジションを見てもドルロングは積み上がり中)


ということで、積み上がるユーロショートが買戻しのサイクルに入りそうなので
ユーロドルロングがいいかな、と思いユーロ/ドル相場を軽めにロングしてみました。

※IMM通貨先物ポジション ユーロ/ドル相場


10万枚まで積み上がったユーロショートが折り返して減少のトレンドに?!

※ユーロドル日足


コストは1.1244ドル。

24日㈬のドイツの 4月 Ifo 景況感指数(17:00)には注意しながら。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








  

2019年4月22日月曜日

さて、今週末から10連休です。

先週の日経平均の強さはその影響とみる向きも。

市場の話題はNT倍率。
NT倍率=日経平均÷TOPIX

つまりこの数値が高いほど TOPIXより日経平均の方が高いということ。
これが1992年以降27年ぶりの数値まで上昇しているのです。

※NT倍率

先週の日本株は日経平均は強いのに市場全体の勢いがなく
保有する株は決して上がっていないという投資家の方が多かったんじゃないかな。

何故先週は日経平均が強かったのか。

日経平均の寄与度が高いファーストリティリングが11連騰していたり
ソフトバンクが史上最高値を更新したりしていたからですね。
ソフトバンクは自社株買いが株価を押し上げているようですが
ファーストリテイリングの上昇はいったい何でしょう?!

これは、連休前で逆日歩が上昇してきているため、と指摘されています。

逆日歩というのは、信用取引で株を借りて売る場合のコスト
信用売りというのは、ない物を売るわけですから借り入れのコストがかかります。
しかも、ファストリは日銀のETF買いの影響で浮動株が極めて少ない。
これを「品薄株」と呼ぶのですが、品薄のものを借りる時はコストが高くなります。
つまり逆日歩が上昇していくということね。

連休を控え、品薄株の貸し手はさらに減少します。
新規で空売りするのは難しくなってくるだけでなく、
もともと空売りしていた向きにも打撃です。
逆日歩が上がれば、ファストリのショートコストは上昇しますので
空売り勢は買戻しに動きます。買い戻されれば価格は上昇しますね。
キャピタルロスも出るし、コストは上がるしで踏み上げ相場の様相に。

というのが浮動株の少ない株の連休前の値動きの特徴のようです…。
これが今週も続くのか、一定の整理がついたのかはわかりませんが、
今週は、現物株を連休前に整理したいという動きも出るでしょうから
どちらの力が優勢となるかに注目。

2~3銘柄が日経平均を押し上げているという状況は
どこかで是正されるんじゃないか、として警戒する声もありますが、
私も10連休前に保有している個別株は
コストのいい数銘柄を残して、あとは全部綺麗に手仕舞うつもりです。

もし、株式市場に調整が来れば
上値が重いドル円も調整局面入りするだろうと思っています。
投機筋のポジションはドルロングが増えてきています。

※IMM通貨先物ポジション

ネットロングは8.7万枚程度にまで積み上がってきました。
(10万枚に到達すると警戒が強まるかな。)
ドルロングが大きい状態ということですので、
ボラティリティが上昇する場合は、整理される方向、
つまり円高のリスクがあるということですので、この点には注意が必要。

ということで、リスクポジションは落としておいた方がいいですね。

先週豪ドル円ロングは撤退してノーポジですが、
アクティブにトレードするならドル円ショートでもいいかもしれません。


ドルインデックス、コモディティ市況からもドル高一服じゃないか、と思われる
傾向が出ています。

まずこれがドルインデックス



レンジ高値圏。
よほどの材料がなければこの高値をブレイクするとは思えません。
やっぱり利上げするとか、ね。

そして、これが原油のチャート。

個別の材料でみれば
イランに対する経済制裁の猶予が5月2日に切れることが意識されています。
イラン産原油輸入を禁じるとする米国の制裁ですが
11月中間選挙前に、原油高は選挙に不利とみたのか米国は
同盟国に180日の猶予を与えていましたが、この期限が切れます。
ポンペオ国務長官が22日に正式に発表する見込みで、原油一段高。
イランの輸出量は日量100万バレルと世界の需要の1%を占めていますので
影響は小さくありません。
このまま原油高が続くとは思いませんが、トレンドはきれいですね。

原油高は金融面で考察すれば、株高、ドル安です。
つまり、ドルは安くなるんじゃないかと。

これが金相場からも見えてくるのですが


200EMAとフィボナッチの38.2%で下げ止まったゴールド。
これが反発上昇するなら、ドル安が来るはずです。
このサポートを割り込むなら、ドル高がきます。

どちらに出るか?!というキワのところに位置しています。

状況的に判断するなら、ドル安、金反発じゃないかなぁ。。。

ということで、ドル円ショートか、ユーロ/ドル相場ロングもいいかもしれません。

今日は欧州は―スターマンデーで休場。
NYは開きますがまだ商い薄いかもしれません。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】










■4/22(月)
イースターマンデー欧州休場
米 3月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)/
米 3月中古住宅販売件数(23:00)
安倍首相、欧州 4 カ国と米国・カナダを訪問

■23(火)
米 2月 FHFA 住宅価格指数(22:00)/
米 3月新築住宅販売件数(23:00)

■24(水)
日銀金融政策決定会合(~25日)
3月企業向けサービス価格指数(8:50)

ロ朝首脳会談の可能性(ウラジオストク)/
独 4月 Ifo 景況感指数(17:00)


■25(木)
黒田日銀総裁会見
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)

中国の経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議(~27日
米 3月耐久財受注(21:30)

●休場:豪、NZ

■26(金)
3月失業率・有効求人倍率(8:30)
3月鉱工業生産(8:50)
米 1-3月期 GDP(21:30)

■27(土)
2019 年に限り 10 連休となるゴールデンウィーク開始

■28(日)
スペイン総選挙投開票

■30(火)
中国 4月製造業 PMI
ユーロ圏 1-3月期 GDP(18:00)
FOMC(~5/1)
米 2月 S&P コアロジック CS 住宅価格指数(22:00)
米 4月シカゴ購買部協会景気指数(22:45)/
米 3月中古住宅販売仮契約(23:00)
米 4月 CB 消費者信頼感指数(23:00)

■5/1(水) 天皇の即位の日
米 4月 ADP 雇用統計(21:15)
米 4月 ISM 製造業景況指数(23:00)
米 3月建設支
メーデー・レーバーデーにより欧州・アジア主要市場が休場

■2(木)
英国金融政策発表
米国のイラン産原油に対する禁輸適用除外

■3(金)
米 4月雇用統計(21:30)
米 4月 ISM 非製造業景況指数(23:00)

2019年4月18日木曜日

中国、減税とバラマキの効果が出てきたんでしょうか。

2018年10月~所得減税
19年1月~中小企業向け減税(減税規模は1.5兆元前後)
19年1~3月でインフラ投資4.4%増。
      鉄道投資額は8500億元規模と過去最高。
4月~増値税(付加価値税)の減税スタート。

テコ入れ策の効果が出るにはちょっと早すぎる気がしないでもないですが💦

中国1-3月期GDP⭕️
結果:6.4%
予想:6.3%
前回:6.4%

中国3月小売売上高⭕
結果:8.7%
予想:8.4%
前回:8.2%

🇨中国3月鉱工業生産⭕️約4年半ぶり高い伸び
結果:8.5%
予想:5.9%
前回:5.3%

GDPは前回10-12月期比横ばいですが、予想を上回る結果。
小売売上高や鉱工業生産は前回を大きく上回り予想を超えてきました。

この数字が本当なら、、、(特に鉱工業生産)
中国の景気減速懸念は払しょくされたとみてもいいのでは・・・・?!

ということで、上海総合指数はこの上昇。

※上海総合


日経平均も小幅ではありますが、上昇して取引終了。

※日経平均 17日㈬ +56.3 22278円


フィラデルフィア半導体指数のSOXはこの急騰です。ちょいやりすぎ・・・


リスクオン相場ですねぇ・・・。

米中貿易協議は一体いつになったら
トップ会談が実現するのか不透明なままですが
マーケットは悲観疲れとなっているんでしょうか。
ブレグジットが半年延期になったことはこのリスク選好相場の
きっかけになったようにも思います。

日米の貿易協議の初会合は終了したものの
出来るだけ早期の合意を目指すというコメントは出ましたが
具体的な中身はよくわかりません・・・・。

できるだけ早期の合意を目指す、日米貿易交渉初会合終了-茂木再生相
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-16/PQ2RM26KLVR601

農産品関税下げ、TPP水準まで 日米閣僚が大筋一致
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43848540X10C19A4MM8000/

少なくとも現時点で、対米貿易交渉がマーケットで悪材料視されている
ということはありません。
中国もそうですが、そもそも長期化するもので
直ぐに答えが出るとは思わない方がいいようね。

しかし日本の10連休を控えたこの時期にリスクオン相場って~💦
日本勢は慎重にならざるを得ませんので置いてきぼり感満載です。

個人が手じまい売りでポジション調整する中
海外勢が拾っている印象。
積極的に買えない時期ですが
海外勢のショートカバーが日本の株を支えているようです。

連休前だからと言ってショートポジションを作ると踏み上げられそうね。

リスクオン相場なので為替市場では円安基調が強いのですが
ボラティリティは低く、何をどうトレードしたらいいものか難しい。

今日、はっきりとした材料が出たのはNZドル。

NZの第1四半期CPIが 前期比+0.1%に留まり
市場予想の+0.3%、中央銀行予想の+0.2%を下回りました。

前年比では+1.5% 中銀目標の2%、市場予想の1.7%を下まわり
NZ売りが加速しました。

インフレの兆候が見られないことから
5月8日の政策会合での利下げの思惑が急上昇した格好です。

そもそも3月27日の金融政策会合で
金融政策スタンスを“中立”から“緩和方向”へシフトしており
「政策金利の次の方向性は下向きの可能性が高い」と利下げを
示唆していましたので、それほど驚きはないのですが、
年内2回くらい利下げするというのが市場のコンセンサス。

そうなると現在1.75%のNZの金利は1.25%まで下がることとなり
現在の豪州の政策金利である1.5%を下回る可能性がある、
ということで、豪ドル/NZドルのロング、すなわちNZドルショートが
妙味あり、と元インターバンクディーラーの西原宏一氏は見ています。
http://www.ck-capital.jp/

※AUD/NZD 確かに200EMAを勢いよく突破してきました。


中国の指標も好転してきて中国に立ち直りの兆候があるほか、
マーケット全体がリスクオンなら、シンプルに
豪ドル円ロングでもいいんじゃないの?!と思っています。

テクニカル的にも80円の抵抗を突破していますしね。

※豪ドル円


ということで、先ほど豪ドル円を80.23円でロングしてみました。
オージーキウイにするなら、NZドル/円を同時に売ればいいのですが
それはちょっとやめとく・・・。

それから、豪州も5月7日にRBA金融政策会合があるため
NZに負けじとハト派化するリスクがありますので
その点には気を付けておかないと、ですね。

それから、中国と言えば昨日の日本電産の永守会長の言葉は
刻んでおきたいかな。

今年1月、
中国事業の想定を超える逆風で18年11月12月の業績悪化を
「ガタンガタンと落ち込んだ。尋常じゃない変化が起きた」
と述べた日本電産の永守会長が

オムロンの100%子会社で車載電装部品を手掛ける
カーエレクトロニクス会社を買収したことを発表した際に
中国について
「長期で中国を見ている、とんでもないマーケットになる」と語りました。

とんでもないマーケットになる?

中国はすでにとんでもないマーケットなんですが、
さらに、ということでしょうか。

日電産会長、中国「とんでもないマーケットになる」
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL16HJX_W9A410C1000000/

NOTE
 
動かぬ「ドル円相場」、日本企業 貿易から投資へ 両替需要が退潮
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43845360X10C19A4EN2000/?n_cid=SNSTW002

不動産向け融資、バブル期並みの過熱サイン-日銀
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-17/PQ32L56S972801?utm_content=japan&utm_source=twitter&utm_campaign=socialflow-organic&cmpid%3D=socialflow-twitter-japan&utm_medium=social

 人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年4月17日水曜日

日米通商交渉2日目、、、ですが、
マーケットは全く意識していないようね。

16日火曜、日経平均は 22221.66(+ 52.55)
堅調推移。

15日月曜に大きく窓開け上昇した日経平均、窓埋めすることなく続伸となりました。
今日は上海総合指数も大きく上昇しており、
原油も下値固さを見せていますのでリスクオン継続という感じ。

15日月曜のNY市場ではゴールドマンサックスの1-3月期決算が
20%の減収、ほぼすべての主要業務で減収となったことで同社株が売られたことが
米株市場全体を軟調にさせたようですが
日本株はその悪い流れを引き継ぐことなく堅調推移となりました。

日経平均がしっかりした推移となっている背景の一つとして
日経平均の寄与度の高いファーストリテイルングが強い相場展開となっている
ことが指摘されていますが、ファストリの需給は信用売り残が32万株で
買い残16万株を上回る好取組状況であるだけでなく
「逆日歩」がかかっていることが注目されているようです。
この逆日歩、休日も請求されますので10連休を控えて
売り方の買戻しが入りやすい状況だというのですが、これが日経平均を
押し上げる一因となっているかもしれませんね。

また、米長期金利も上昇していますので、ドルがもっと上がってもいいのですが
ドル/円相場は111円台後半から112円台でのもみ合いに終始。
膠着しちゃってます・・・・。

ドル建てゴールドが200EMAにタッチするまでに下落しているので
(教科書的には米金利高、金安ですので不思議はない動き)
ここで下げ止まった反発するならば、米金利上昇一服するのでは
と考えることもできますが、
現在の米長期金利上昇はドル高につながっていないので
為替市場にはあまり大きなインパクトはないのかもしれません。


しかし、ドル円相場は円高リスクが随分薄れました。

本日2日目の協議に入る日米貿易交渉における「為替条項」の行方を警戒するなら
もっと円高となっていいんじゃないかと思うのですが、そうはなっていません。

足下ではブレグジットが半年延期になって安心感が出てきたとはいえ、
米中貿易協議や日米通商交渉、そして10連休を控えた時期である、、、
というリスクシナリオが点在しているにもかかわらず
大きな円高進行とはなっていません。
何故でしょう・・・・

こんなレポートがあります。

シティグループの高島修氏は
90年代終盤や2000年代半ばに比べ、目下、
円キャリー・トレードは少ないと指摘。4月15日レポ。

2000年代に円建てローンが人気となった韓国やハンガリーなどの新興国で
当時に比べ一段と金利水準が下がったことや
ユーロ圏を筆頭に、世界中で日本以外にも超低金利国・地域(つまりキャリー通貨)
が増えていることなどから
海外での円建て住宅ローンでの円キャリーは過去ほど大きくないため
過去、リスクオフ時に経験したような円高マグマは不足している・・・。

大倉キャプテンも近年ドル円の需給は構造的な変化があるようだと
お話しされていますが、これだけ日米金利差が広がっているにもかかわらず
円キャリ―は膨らんでいないことも、円高警戒が薄い一因でしょう。

まだモヤっとしてるので(^^;
ポジションは作っていません、様子見です・・・・
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年4月15日月曜日

日経平均株価が3日連続高、298円高の22169円と連日で年初来高値を更新。
昨年12月4日以来、約4カ月ぶりに22000円台乗せです。

ドル/円相場は15日欧州時間に111.80円台まで小幅に軟化するも
NY時間に発表された4月米NY連銀製造業景気指数は10.1と予想を上回り、
昨年12月以来の水準を記録したことで、再び112円台乗せとなっています。

米・4月NY連銀製造業景気指数:10.1(予想:8.0、3月:3.7)

3月の3.7と約2年ぶりの低水準に落ち込んでいたため、
いい数字が出た安心感は大きい。

※ただし、昨年11月までは15~20のレンジで推移していたものが
一桁に落ち込み、ようやく10の大台回復した程度ですので
水準は切り下がったままではあります。

今日から日米通商協議が始まりますが先週13日、
ムニューシン米財務長官が「為替条項」について話し合う意向を示しており
これを警戒する声もありますが、現在マーケットは無風。。。。

VIX指数も低位安定ですが、気になるのが投機筋のVIX指数ショートが
差引16.4万枚にも膨れ上がっており
VIX急騰の引金となった17年10月の17.4万枚に迫るところまで来ています。
つまり、このショートが巻き返されればVIX急騰、
リスクオフ相場がやってくる?!

最高値に迫る米株、恐怖指数が半年ぶり低水準 VIX先物はショート拡大
https://www.quick.co.jp/6/article/20421

 
さらに気になるのが、上海総合指数が、前引け1.12%高から
大引けでは0.34%安まで失速して引けたこと。
中国と経済的に結びつきが強い豪ドルには上値抑制の一因となると思われます。

豪ドル円はレンジを上方ブレイクしたので押し目買い狙いでしたが
上海総合に調整が来るようなら考えを改めないと、、、。

※豪ドル円


レンジはブレイクしたもののEMA200に頭を抑えられています。

ということで、無理にポジション作ることもないかな、、、とまだ様子見。


NOTE

債券市場に潜むリスク、2兆ドルの損失がトレーダー襲う可能性も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-15/PPZF2O6K50XS01

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







2019年4月14日日曜日

4月12日金曜、ドル円相場は上昇を続け112円台へ。
クロス円も軒並み高です。

※ドル円、クロス円


ユーロ円の上昇が大きく見えますね。

日本株市場でも値がさ株に買いが入って日経平均も堅調。
NY市場でも株高は継続。
米銀大手JPモルガン・チェースの第1四半期の決算発表で
利益が予想を上回ったことで、企業決算が株式相場に悪影響を及ぼす懸念が
和らいだことがダウは過去最高値付近まで上昇と解説されていますが
VIXも一段安ですので全般リスクオンですね。

※上段 ダウ、日経、米10年債、上海総合
 下段 金、原油、VIX 韓国
 
10年債利回りが上昇していますので、
長期債が売られ株式に資金移動しているのかもしれません。
これは素直にリスクオンと考えてもいいのでしょうか?!

中国の3月貿易統計でドル建て輸出が前年比14.2%増加で
5カ月ぶりの高水準となり景気減速への懸念が緩和したことも好材料。

ブレグジット期限が半年先延ばしになったことも
心理好転につながっているのかもしれません。

しかし、、、、米金利が上昇しているからドル高になっているわけありません。
ドル円は大きく上昇しましたが、これはむしろ円売りによるものとみられます。

※通貨インデックス一覧


ドル、あがってないじゃない。
円が売られているんです。

こんなニュースもある中で何故円売りが優勢なのでしょうか…。

日本に為替条項要求へ 米財務長官、貿易交渉で明言
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43724560U9A410C1000000/
日米が15日から始める貿易協定交渉で「為替も議題となり、協定には通貨切り下げを自制する為替条項を含めることになる」と述べた。



金曜夜、豊商事WEBセミナーで大倉たかしキャプテンに伺ったのですが
三菱UFJ銀行が先月、独DVBバンクから航空機ファイナンス関連事業を
買収することで合意したと発表したのですが、
貸出債権56億ユーロとその他事業基盤を年内譲渡完了するとのこと。
これが、市場に出ているためのユーロ円主導でのクロス円上昇との指摘が。

つまり、日本企業がドイツの会社を買うM&Aに伴う実需。
ユーロ買い円売りが出ているということね。

これがどの程度為替市場を通じてユーロ調達が必要なのかも
先週末にどの程度のユーロ買いが出たのかもわからないのですが
もしこれが事実なら、このユーロ買いが止まれば、
ユーロ円上昇の勢いも止まってしまうってことです。

しかも、リスクを取るにはカレンダー的にも控えたい時期ですが。。。

動き出した10連休トレード
投資家、荒れ相場を警戒
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43712090T10C19A4000000/

10連休を2週間後に控えた今、この相場に乗っていいものか…💦

米市場に関しては、債券売り株買いなので
素直にリスク選好相場なのかもしれませんが、
日本市場は連休リスクもありますし、
M&A玉が為替相場をけん引しているのだとしたら注意が必要だと
思うのですが、逆にみんなが警戒を強めているが故に上がり出したんでしょうか。
ポジションはまだ作っていません・・・・。情けない😞

テクニカル的に言えば、豪ドル円が
長期レンジ相場を上方ブレイクしているので、豪ドル円がトレンドと
なる可能性もあるのかな、、、と思っていたり。
今週は豪ドル円を押し目買いしてみようかと考えています。
素直に流れに乗るしかないような、、、。

今週は15日~日米通商交渉スタート。
これを警戒する声が大きいのですが、理由はどうあれその前に
ドル円は大きく上昇しているのが事実です。
ただ、ドル円はレンジをブレイクしていませんので
レンジを抜けた豪ドル円狙いで。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年4月12日金曜日

ゴールポストは10月31日に動きました。

英離脱、10月31日まで延期 EU首脳会議
「合意なき離脱」ひとまず回避
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43600800R10C19A4MM0000/

EUは英国のEU離脱期限を10月31日まで再延期することで合意。
6月に英国の離脱に向けた進展状況を検証する。

会議後記者会見でユンケル欧州委員長は
「離脱協定案の再交渉はできない」
「英国は欧州議会選挙に参加する可能性が高い」などの見解を示しています。

つまり全然ブレグジットできないじゃん、、、って状態ですね。
5月23~26日に行われる欧州議会選挙って5年に1度です。
これに英国も参加するんですか・・・?!

ブレグジットをなかったことにす2回目の国民投票想定…って
気がしないでもないですが、
まあ、ひとまず昨日のEU首脳会議で
12日英国の合意なきEU離脱はなくなりました。
英議会が離脱協定案を承認すれば、
10月を待たず速やかに離脱できるそうですが
今の英国に半年伸びたから決められるとは思えませんね。

離脱案を英議会で承認できないまま欧州議会選に参加しなければ、
6月1日で「合意なき離脱」に陥るリスクは残る。

ということになりましたので、5月中に英議会がブレグジット案を承認するか、
欧州議会選に参加するか、どちらかです。多分後者なんでしょうね。

とありますので、参加しないと合意なき離脱決定です。

結論先延ばしでドラスティックな相場展開は避けられましたが
それでよかったのか・・・・?!

何をどう取引していいのかわかりません(笑)
この結果を受けてポンドもほとんど動いていません。。。。

イギリスに進出する日本企業の数が3年前より6%近く減ったそうです。
状況から見ればポンドは買いたくないですが、
こういうニュースで為替が動くわけじゃないですからね。

英進出の日本企業 5.9%減 EU離脱めぐる混乱影響か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190411/k10011879831000.html

---------------------------

今夜はなぜかドル高でコモディティ全面安の展開。
米金利は若干上がっていますが、何故ドル円がこんなに上がるのか謎。

※ドル円 11日NY市場で急反発

110.80円台まで緩んでいたのですが、再び111円台後半へ。

とはいえレンジの中での値動きなので、ポジション作ってません💦

今夜は米株は軟調。
ドル円上昇は教科書的に言えばリスクオンですが
株とコモディティが下がっているので、そうとも言えません。

なんとなく不気味。。。
まだ様子見です。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】










2019年4月11日木曜日

今日10日はEU首脳会議。

12日期限の英国ブレグジット案合意に向けて、、、、ですが
英国議会が何も決められないまま、EUに離脱期限の延期を求めており
(6月30日までの短期延期を要請。EUつぅすく大統領は1年の長期延期案も示している)
EU加盟国がどのような答えを出すのかが注目されているのですが、
現時点(11日AM4:30)では結論が出ていないようです。

EU首脳、英離脱再延期を議論 仏大統領「何も決まってない」2019/4/11 4:32
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43600330R10C19A4000000/

マーケットを眺めていると、誰も合意なき離脱は想定していないようです。
炭鉱のカナリアと呼ばれるあらゆる指標も警戒の様子はありません。

※上段 ラッセル2000 SOX指数 ハイイールド債 VIX指数
 下段 CRB商品指数 金 原油 銅
 
合意なき離脱でもなんでもいいから
ドラスティックに売り込まれる相場展開が欲しい、、、
というトレーダーの声もちらほら。
米株もずいぶん上がってきましたので、
これから始まるQ1の決算シーズンを前に
(下方修正予想が出ている中で)ここから買いにくい状況。

ということで、為替市場は膠着が続いていますが、
今夜はECB理事会でユーロが売り込まれる局面も。

ECBは4月10日、予想通り主要政策金利を据え置くとともに、
金利ガイダンスを維持。
ドラギ総裁会見では「政策手段はいくらでもある」と述べ、
域内経済の減速が継続した場合でも追加策を講じることは可能
との認識を示したことで追加緩和の思惑広がりユーロ安。

ECB、金利据え置き ドラギ総裁「政策手段いくらでもある」
https://jp.reuters.com/article/ecb-policy-meeting-idJPKCN1RM1YW?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPBusinessNews+%28News+%2F+JP+%2F+Business+News%29

だけど、あっという間に買い戻されて行って来いです💦

※ユーロ/ドル相場 15分足


これじゃあ、デイトレというかスキャルピング相場と割り切って
チョコチョコ小さな幅を取るしかありません。
でも、この時間に仕事がある私は何もできないわね<`~´>

そして今夜は3月のFOMC議事録公表となりましたが、
どちらかというとドルしっかり。

3月、FRBは利上げを見送り、景気判断・見通し、インフレ、金利見通しを
それぞれ引き下げ年内の利上げを見送る方針を示していましたが、
議事録の中で、リスクの上昇で、大半のメンバーが
年内の金利据え置きが正当化されると見ていることが再確認されたのですが、
一部のメンバーが、経済の成長が長期の潜在的水準を上回った場合は、
「年後半の利上げが適切」と主張していたことが分かったことが、
若干のドル買戻しに繋がったようです。
あ~でも誤差の範囲とてもディールできるレベルの値動きではないですね💦

カナダロングポジションは撤退して現在ノーポジです。

どの市場も煮詰まってきて、ボラが低下しているので
そろそろ大きな動きが出るんじゃないかと思うのですが
その場合は、現在の逆方向ということであればリスクオフ。
でも、現時点でリスクオフのトリガーを引くイベントが見当たらないので
(ブレグジットネタには食傷気味で反応しなくなってきた・・・)
いつ、どのような形で動き出すのかわかりません・・・・

わからない時はむやみにポジション作るべからずでしょうか。

※今個人的に注目しているのはコモディティ。プラチナです。
 大相場発展の可能性があるんじゃないかとみてロングしてます。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








NOTE

世界金融システムリスク増大、規制後退回避すべき=IMF報告
https://jp.reuters.com/article/imf-worldbank-financial-stability-idJPKCN1RM2D9?feedType=RSS&feedName=businessNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPBusinessNews+%28News+%2F+JP+%2F+Business+News%29

2019年4月10日水曜日

う~ん。手が合いませんねぇ。
というかレンジから抜け出せない中で無理にポジション作るべからず、なのかも。

カナダロングは継続ですが、通貨インデックス一覧を眺めていると
結局レンジ上限でレンジ内に戻される動きに終わるかも・・・

円インデックス見てると円高になりそうな気配を感じるんだけど
そろそろGWも近づいているし、リスクオン方向のポジションは減らすべきかな。

※通貨インデックス一覧


8日月曜のNY市場では、ボーイングの下げでダウ平均が下落する中、
フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は7日連続上昇、
4日連続で史上最高値を更新ということで、米株はハイテク系に
再び資金流入がみられるのですが
日本株には勢いがなく、9日火曜の東京株式市場の後場、
日経平均はわずか50円幅での膠着状態。
盛り上がりに欠けるまま4月上旬が過ぎ去ろうとしています…。😞

今夜8日火曜のNY市場は軟調。

軟調な理由はそれなりにあります。

①米大統領、110億ドルのEU製品への関税導入を表明
https://jp.reuters.com/article/us-eu-tariff-11b-idJPKCN1RL22T?utm_campaign=trueAnthem:+Trending+Content&utm_content=5cacf79500e48b00017e8455&utm_medium=trueAnthem&utm_source=twitter

トランプ大統領はツイッターに「世界貿易機関(WTO)は、EUによる航空機大手エアバス(AIR.PA)への補助金が米国にマイナスの影響を及ぼしていると判断した。110億ドルのEU製品に関税をかける!EUは長年にわたり米国との貿易に乗じてきた。こうしたことは近く終わる!」と投稿した。


②米2月JOLT求人件数 前月から53.8万件減の708.7万件(予想755万件)
 減少幅は2015年以降で最大。昨年4月以降で最低。
 
③国際通貨基金(IMF)が2019年の世界成長見通しを3.3%へ引き下げ。
(従来3.5%)金融危機以降で最低。

ブレグジット、米中貿易協議関連ではイベントリスクを警戒する動きは
小さいようですが、マーケットはどちらかというと手仕舞い優勢の機運が
高まりつつあるのかもしれません。

◆ブレグジット関連
今週10日のEU首脳会議を前に英メイ首相はベルリンを訪問。
英保守党離脱強硬派がメイ英首相に対する不信任案を
非公式な示唆的投票で画策との不穏な動きも。

ただ、EU側の反応として
「メルケル独首相はアイルランド国境をめぐる安全策に
5年の期限を設けることに前向き」との一部報道が警戒を薄めているようです。

また、一部通信社がEU首脳声明草案として
「EUは一定の条件下で英国のEU離脱期限を再延期することで合意する方針」
と伝えています。条件には欧州議会選挙への参加などが含まれ、
こうした条件が遵守されなかった場合、6月1日付で離脱となる公算。
5月いっぱいまでゴールポストが動いたようですね・・・。

◆米中通商協議
トランプ米大統領は「4週間のうちに」といった見解を示しました。
つまり4月中の合意の可能性は低下したとうことです。
こちらもダラダラしてきました。
当初3月中とされていた米中首脳会談も、いつになるのか不透明。

米中通商協議、全問題ではまだ満足せず=ホワイトハウス顧問
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-eu-idJPKCN1RK2IW?feedType=RSS&feedName=special20

なかなか決まらない政治イベントが2つあることで
様子見機運が強まり、マーケットもダイナミズムに欠けてしまっているのかもね。

リスクオフ全開、という展開が来ないことには、小動きでちまちまリスク資産が上がる
というようなつまらない相場が続きそうでげんなりします・・・。

カナダも上がらないようなら適当に手仕舞います・・・。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年4月9日火曜日

4月8日月曜、東京時間仲値に向けてなぜかこの円高。

※ドル円、クロス円15分足


ちょうど仲値の時間帯だったので、特殊玉でも出たのかと
楽観していたのですが、戻りが鈍いので
ドル円ロングを111.48円で手仕舞い。

ひょっとして、今週の英国ブレグジット関連イベントや
来週15~16日に初会合が予定されている日米物品協定TAGに向けて
リスク資産を落とす動きが出始めたか?!と思って、
ユーロ円を125.09円でショートしてみたんですが
欧州時間からユーロ円はこの上昇(゚Д゚;)ナニコレ~

※ドル円、クロス円15分足のその後、、、


急落前の水準を抜けて倍返しの上昇。
特にユーロ、カナダ、豪ドルが強いですね。

売るならドル円を途転するのが正解だったか?!

というわけで、ドル円ロングは111.04円Lの111.48円手仕舞いなので
何とか利食いだったのですが、
ユーロ円125.09円Sは125.30円で損切したので
デイトレであっという間にやられたわ。

とはいえ、取るのもわずか40銭、やられるのも20銭とか、
なんてみみっちい・・・・・。

と言いますか、ホント今、為替市場ボラがないんです💦

ブレグジットで暴力的に動いたポンドでさえ小動きに終始する昨今。

先週の雇用統計でもドル円はわずか30銭のレンジを乱高下しただけで終わり、
これじゃ、まともに裁量トレードしていても
なかなか利益が積み重ねられませんね。。。

レンジの上下限で逆張りを繰り返すか、、、
私の最も苦手とするところです💦

それもこれも、ブレグジットがどうなるか不透明なことが一因
との指摘もありますが。
これ、今週10日のEU首脳会合でも延長が認められて、
今週も小動きに終わる展開だと、ゴールポストがずるずる動いていく中で、
結局身動きが取れない状況が続くだけ、、、
って可能性もないわけじゃない。

やりにくい相場です。。。。

ただ、こういう低ボラ相場だと取るのも難しいですが
やられも小さいので、臆せず、チャンスがあれば飛び込んでくしかないわね。

何故か今日ユーロが強いのは
4月のユーロ圏センティックス投資家信頼感が▼0.3で事前予想▼2.0および▼2.2を
大幅に上回ったため、と解説されていますが、
だからと言ってトレンドができるほどの上昇ではないでしょう。

ドルストレートのチャート一覧を見るとどの通貨ペアも結局レンジ。
ユーロ/ドル相場はレンジ下限から反発したに過ぎません。

※ドルストレート日足一覧

----------------------------------

そんなわけで、ドル円ロングは消え、
ユーロ円ショートは損切の憂き目にあってしまいましたが
カナダロングも作りました。

きっかけはシティグループの高島修氏のレポートです。

抜粋して簡単にその内容をご紹介すると。。。


先週末5日、カナダの雇用統計が発表されましたが
雇用者数は7.2千人の減少で事前予想を下回る結果。

しかしながら、今回の雇用統計の悪化は
前月が55.9千人増、前々月が66.8千人増となったことの反動だったとみられる。

カナダの雇用者数は、米経済や世界経済の減速懸念が強まった昨秋以降、
増加ペースを強めており、過去半年間の新規雇用の平均は35.5千人に達している。

カナダの人口が米国の10分の1ほどであることを考慮すると、
米国で月々300千人を超える雇用増が続いてきたことに相当する驚異的な数字。

これはカナダ自体の景気や雇用の底堅さはもちろん、
潜在的には米国を含む北米経済圏の景気や雇用の強さを暗示するものである

という内容。

だからといって高島氏がカナダドル買いを推奨しているレポートではないのですが、
私はこのレポートをみて、カナダの雇用者増の勢いを改めて知ったわけです。
これは素直にカナダ買いでいいんじゃないか、、、と思うのですが
カナダって産油国でもありますから、原油高もプラス要因ですね。

原油はほら、この通り。

※WTI原油


米国による対イラン制裁の期限延期は5月上限まで、ということで、
期日が迫っていることで、イラン産原油の供給が断たれるとの不安や
リビア暫定政府が7日、ハフタル将軍に忠誠を誓う武装勢力
「リビア国民軍」掃討のための軍事作戦を開始すると明らかにしたことで、
リビア産原油の供給への不安が価格を押し上げています。

ということで先ほどのクロス円チャートとドルストレートチャートで
カナダ/円、カナダドルを確認すると、カナダは今日強いんですよ。

そして通貨インデックス一覧。

ドルが弱含み始めたのとカナダが強含みが見て取れます。

とはいえ、まだレンジの範囲内ですが💦
今日の動きとしてはカナダ買いが目立ちました。

今夜はカナダの住宅指標があまりよくなかったにもかかわらず強い。

カナダ【(3月) 住宅着工件数】
結果 19.25万件
予想 19.30万件
前回 16.63万件(17.32万件から修正)

カナダ【(2月) 住宅建設許可件数】(前月比)
結果 -5.7%
予想 2.0%
前回 -6.0%(-5.5%から修正)

ということで、カナダの住宅指標は決して良くないのですが
それでもカナダドル値を飛ばしています!!

ドルカナダを1.3329ドルでショート(カナダロング)
カナダ円を83.63円でロングしてます。

ドル円を手掛けるよりは、ボラが出るんじゃないかと期待。

あ、英国ですが英BBCによると、
英保守党離脱強硬派議員らが非公式な示唆的投票で
メイ首相不信任案の要請を画策している
というニュースもあるようですが、、、。ポンドは触らずに置きます。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年4月7日日曜日

すっかり値動きが小さくなってしまっている為替市場。
今や雇用統計もトレンドメイクイベントではなくなっていますが
3月分の結果が先週末に発表されましたので振り返っておきましょう。

米雇用統計:3月雇用者数19.6万人増、予想上回る-時給伸び鈍化
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-05/PPHMYX6JTSE801

・3月 NFP :+19.6万人(予想:+17.7万人、2月:+3.3万人←+2.0万人)

  平均時給:前年比+3.2%(予想:+3.4%、2月:+3.4%)
  失 業 率:3.8%(予想:3.8%、2月:3.8%)

①NFP/非農業部門雇用者数の伸びが市場予想を上回る。
②2月の雇用者数も速報値から上方修正。
③平均時給は鈍化
④失業率は3.8%/ほぼ50年ぶり低水準付近で推移

サプライズはないですね。

発表を受け米10年債利回りは2.5%まで低下しましたので
この結果を受けての利上げ気運の高まりはゼロということかな。

ドル円相場は111.50円~111.80円の30銭幅を乱高下してお終い。
方向感ゼロ。

金利は雇用統計の結果よりも、
トランプ大統領の発言を嫌気した可能性も。

トランプ大統領:米金融当局は利下げすべきだ-資産縮小は中止を
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-05/PPHSWJ6K50XU01

米金利は現状でもすでに年内利上げ停止どころか
利下げを織り込むまでになっているのですが、
欧州もオセアニアも日本も再び緩和スタンスを強めているので
結局最も高金利通貨である、という事実から、ドル高傾向が続いています。

トランプ大統領は、株式市場も意識していると思われますが、
米国が本当に利下げでもしない限り、ドル安にはならないでしょう。

ということで、最弱通貨競争の様相を呈してきた為替市場。
膠着相場は今年も続くのかもしれません💦

※ドル円、クロス円チャート ほとんどレンジ、、、


でも、世界が緩和競争なら過剰流動性相場が続くわけで
Moneyは行き場を探してはどこかへと流入します。

世界の金利が低下傾向なら、株式の益回りの妙味が際立ってきますので
結局株が上昇するというのが今年の相場のような気がします。

上がりにくくなったら、何かをきっかけに一斉に利食いと手仕舞いが
入って急落する局面はあろうかと思いますが、
そうした急落時に拾っておけばその後の反発を取れる気が。。。

GW前後、そしてセルインメイで売られるような相場があれば
株を買いたいと思っています、現時点では。

現時点では、どこにもリスクオフ的要素は見られません。
米株高、上海高、低金利、VIX定位置、原油高。。。

※主要インデックス 定点観測




さて、GWも近いのですが、

面白いニュースがありました。

JTBによると、GW中の海外旅行の消費額は前年比8.6%増の1774億円。
比較可能な1993年以降で最高です。そりゃ10連休ですものね。

日本から海外に出る旅行者は、外貨を買いますね。
これこそ実需です。円を売って外貨に換える、それを使ってくるわけで、
この円売りに反対売買は起こりません(基本的に)

この1774億円というのは
財務省が毎月発表する国際収支統計の
旅行収支の1カ月分の支払いほぼ匹敵する規模だそうです。

18年12月1976億円、
11月1934億円、
10月1885億円ということで、わずか10日間のために
この規模の支払いが生じるってことですから、無視できないって話。

単純に円安要因ですが、さて旅行に出かける皆さんが
一斉に外貨に換えるのはどのタイミングでしょうね。
もう出てるかな?
という期待もちょっぴりあってドル円ロングは継続です。
しかしレンジ辛い・・・。


それからこのニュースも興味深い。

ノルウェー年金基金、新興国市場債を放出へ-保有見直しで政府了承
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-05/PPHH2F6KLVR801
ノルウェーの年金基金はSWFとしては世界最大です。
2018年末時点で運用残高は8兆2560億クローネ(約107兆円)
SWFとは政府系ファンドのことね。

韓国やメキシコ、ロシア、マレーシアなど、インデックスから除外
円やオーストラリア・ドル、カナダ・ドル建ては継続
株式の比率をポートフォリオの70%に引き上げることを提言。


提言は議会の同意が必要で、6月に可決する見通し。
債券指数の構成通貨を従来の23から減らし、
ドルとユーロ、英ポンドの3通貨に限定するよう

世界の国債相場の連動性が高まっており
株式保有を通じて多様な通貨へのエクスポージャーが得られるため、
世界のさまざまな国の国債を保有することの意義は薄れた、
というのが理由。

つまり株式のポートフォリオで
すでに為替リスクを取っている、ということね。

これは2017年に提案されたものの公式公表ということですので
インパクトはそれほど大きくなるとは思いませんが、
その2017年の提言では債券指数の構成通貨を従来の23から減らし、
ドルとユーロ、英ポンドの3通貨に限定するよう求めていたため
(ここに円が含まれていない)今回の発表で円債も外されるとの警戒も
あったようなんです。ところが円債は外されなかった・・・
何故でしょう、わかりません。
日本の金利はずっとずっと上がらないとみているということかな。

それと、ここから新興国投資は止めておいた方がいいかな。

主要国が緩和政策に逆戻りってことは、金余りではありますが
景気の先行き不安があるということです。

緩和マネーがバブルを形成した暁には盛大に弾けるでしょうから、
その際にはリスクの高い投資先からは真っ先に
資金が抜けていくものと思っています。
多分その時にはとても逃げられないスピードで破裂はやってきます。

巨大ファンドだと、身動きが取れなくなる可能性が大きく、
今からそのリスクを避けておこうと考えるのは自然なことですね。
あ、株式を通じてはリスクを取っているということではありますが。。。

----------------------

英首相、6月30日まで離脱延期要請-EU大統領は1年猶予支持か
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-05/PPHBKM6KLVR801

メイ英首相は6日深夜、ブレグジットについて
野党・労働党の支持を取り付ける以外に事態打開の道はない
とする声明を出しています。

10日に開かれるEU首脳会議で、延期要請する見通し。
EUがこれに同意しなければ、ノーディールブレグジットとなります。

今週は、これ重要です。

EUが応じないわけがない、とは思いますが、
何が起きるかわかりませんので、10日以降はリスクは小さめに。。。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年4月5日金曜日


う~んドル円のボラ低すぎ。
日経平均も膠着、上値が重いわよね。

上海総合は4日の取引でも上値追い、
今夜も米株は堅調。
なぜ日本株市場だけが重いのか・・・(;´Д`)

進展から合意近しと思惑広がる米中貿易協議ですが
日本時間の5日午前5時半に、
トランプ米大統領と中国の劉鶴副首相の会談が予定されています。
あと3時間くらいか・・・・。

習近平氏ではなく、あくまで副首相とトランプ大統領が会うってこと
なんだけど、閣僚級協議に何故トランプ氏が出てくるのか。
その意味するところがくみ取れませんが
トランプ大統領のちゃぶ台返しのリスクもあるかもしれません。

オセアニア時間の為替動向には注意しておかないとね。
ドル円ロング継続ですが、110.80円レベルにはストップ置いておきます。

--------------------------------

欧州はダメですね、、、特にドイツ。

今日は2月の製造業受注が発表されましたが
前月比+0.3%予想に反し4.2%のマイナス!!( ゚д゚ )

外需の不足が主因。
独経済省は「製造業の勢いは今後数カ月も弱い状態が続くだろう。」
としており、ドイツ経済は深刻な減速が明らかになっています。

一部報道によると独主要経済研究所が
「19年の独成長率予想を1.9%から0.8%に引き下げ」たようです。

じゃあ、ユーロが下がるか、、、というと確かに売り優勢ですが
レンジの範囲内というか、、、大崩れしないのよね。

これは英国のブレグジットがはっきりしないせいでは?
という見方もあるようです。
ユーロポンドという通貨ペアで考えると
どちらにメリットデメリットがあるのかよくわかりませんが、
一部に再国民投票でブレグジットをやめるのでは、という観測も
あるようですから、合意なき離脱の最悪シナリオなのか
これまでの3年間をなかったことにするブレグジット否定となるのかで
マーケットの反応は全然違ってきますよね。

現状ではあらゆる投資、投機が鈍っている、ということで
ユーロも動きにくいのかもしれません。

ブレグジット動向のニュースとしては
メイ首相が一部妥協して、野党労働党と超党派離脱協定案に
取り組む姿勢を見せていますが、これに対して
離脱強硬派が反対姿勢を強めている、とかなんとか。
この状況を受けて、今夜はポンドが軟調ですね。


来週12日が最初の関門。
このデッドラインまでに英議会はブレグジット案を
取り纏めなければなりませんが、これが守れず
EU側から突き放されると合意なき離脱となるリスク。

英議会としては、昨日合意なき離脱のシナリオは否決しているのですが、、、
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



2019年4月4日木曜日

ドル円相場、動かなくなってきた、、、、。
米株や上海総合指数に比べると日経平均はなんて上値が重いの…😞
特に後場はホント動かなくて眠くなるわ、ホント。

外部環境は悪くありません。
中国が知的財産権保護、強制的な技術移転、ハッキングなどについて
初めて認めたということで、米NECクドロー委員長が交渉は進展していると発言。

米中貿易協議、合意も近いという思惑が広がっています。
これを信じていいのかはわかりませんが。

ということで、上海総合指数は上昇を続けていますし
米株市場では半導体セクターが大きく上昇、
SOX指数は史上最高値更新です。

※上海総合指数


中国は景気の持ち直しが指摘されていますね。
PMI製造業、非製造業ともに予想を上回る結果となったことも
好感されています。


※SOX


米株はダウ、Nasdaq、S&P500の3指数は、
直近高値更新、史上最高値目指す上昇を見せています。

※米主要株価指数

じゃあ、日本株も、、、?!


※日経平均

ということで、謎の重さが気になる日本市場。
ドル円ロングもなかなか利が伸びていきません。

※ドル円


ポンドロングが最も妙味あるディールだったようですが
今ポンドは触りたくないのよねぇ。。。

昨晩3日、英下院は「合意なき離脱」を阻止する法案を可決しました。
離脱強行派抑え込みノーディールブレグジット回避できるとみられますが
4月12日リミットまでにEU側を納得させる離脱案をまとめられるのか。
何が何だかわからないものには、触らないでおきます。

ドル円ロングは継続です。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】











2019年4月3日水曜日

 ボラが小さくなってきました、、、
2日火曜の日経平均は ▼3.72円 21505.31円。 3円、、、、。
米株も今夜は小幅安です。

今夜注目されたのは耐久財受注

米2月耐久財受注速報値:前月比▼1.6%(予想:▼1.8%、1月:+0.1%←+0.3%)
      輸送用機除:前月比+0.1%(予想:+0.1%、1月:▼0.1%←-0.2%)

昨年10月来のマイナスに落ち込んだものの予想▼1.8%は上回ったほか、
輸送用機を除いた耐久財受注速報値は、予想通りプラスに改善。

悪くはないものの決していい数字でもないですね。
ということで米金利上昇ペースは鈍く、ドル買いも勢いがありません。

ドル円ロングは継続ですが、なかなか利が伸びないわね・・・・。

いよいよ日米貿易交渉が始まるというニュースも気がかり。
今月15日と16日に閣僚級交渉の初会合で調整とのニュースが入ってきました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190403/k10011871141000.html

15日に向けて投機的なドルロングは警戒から手仕舞われる可能性もありますが、
それまでに売り込まれ過ぎた米金利の反発が大きければ、
交渉前にはドル一段高もあるかなと期待しているのですが、どうかな。。。


英議会は1日、メイ首相のEU離脱協定案に代わる4つの案を採決にかけ、
これを全て否決しており、4月12日までに英議会の過半数の支持を得る案が
合意できるかどうか、未だ不透明なまま。

ですが。

NY時間にポンドが急上昇しています。

メイ首相が首相官邸で緊急の演説をし、超党派の協議を提案。
さらなる短期の離脱延期をEUに要請する方針を示したようです。

EUがこれを容認するかどうかはワカリマセン。

ポンド上昇のセンチメントとなることは好材料ですが、
今夜の米株は小安い値動き。

目立つのは原油の上昇。WTI原油は62ドル台半ばまで値を飛ばしています。
原油上昇はインフレ期待を強めるでしょうから金利高にもつながると
思うんだけど、今夜は金利の上値は重意のが気になります。

ドル円ロング、原油も高いことだし、もうちょっと粘ります。。。

-----------------------

それから今日はオーストラリアの金融政策会合。
豪準備銀行は政策金利を1.50%に据え置くことを発表。
これは予想通り。

RBAは声明で最後部分を変更しました。

前回
「政策スタンスを変更しないことが経済の持続可能な成長と、時間をかけてインフレ目標を達成することに一致すると判断」


今回
「政策スタンスを変更しないことが適切だったと判断」

「経済の持続可能な成長と、時間をかけてインフレ目標を達成することを支援するために、進展を監視して金融政策を設定する」


と2つの文に分けました。

2つの文に分けて記載することにどんな意味があるのか難解ですが、
市場は、声明に変更があったことで、
早期の金融政策変更を市場が意識し豪ドル売りが加速した、と解説されています。
実際豪ドルは売られましたので、そうなんでしょう。。。
早期の金融政策変更とは利下げ思惑ということね。

豪ドル、キウイなどオセアニア通貨は売り優勢ですが
日足で見るとレンジ内、どうも手掛けにくいですねぇ。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社