2022年1月20日木曜日

1・FOMC最初の利上げは0.5%になる可能性?
2・日経平均三角持ち合い下抜け~ナスダック200SMA割れ
3・ドイツ10年債利回りがプラスに~19年5月以来
4・英CPI、12月は30年ぶり上昇率 
----------------------------------------
1・3月の最初のFOMCで0.25%ではなく、0.5%のりあげがあるかも?

市場がよりタカ派に、3月の0.5%の利上げを織り込みに動いているのは
ヘッジファンドマネージャービルアックマン氏のツイートが発端のようです。

アックマン氏は、1月15日の一連のツイートの中で、
"最初に0.5%のサプライズで市場に衝撃と畏怖を与え、
インフレに対する決意を示すことで、信頼性の回復に努めることができる
”と提言。

https://twitter.com/BillAckman/status/1482449525595943045

このビル・アックマン氏って、次のウォーレンバフェットとも呼ばれる
有名な投資家なんですって。
@BillAckman

また、バンク・ポリシー・インスティチュート(BPI)のチーフエコノミスト
ウィリアム・ネルソン氏も18日のリポートで
「3月に0.5ポイント引き締めの可能性もあると、
一般の人々に準備させる必要がある」と指摘しています。

JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOも先週、
「FRBは今年7回もの利上げを行う可能性」と警告しているなどなど。。。
これまでの想定を上回る利上げの可能性を織り込む形で
市場金利の上昇はさらに加速しています。

※米債利回り一覧

この金利上昇を嫌気して、
そして日本ではまたまん延防止等充填措置が取られるということもあってか
日経平均は三角持ち合いを下抜けました。

2・※日経平均株価 下げ幅は一時900円を超え

前日18日のNY市場ではナスダック総合が200日移動平均線を
コロナショック後の上昇相場で初めて割り込みました。
大型株に個別に悪材料もあったのですが・・・
▼トヨタ自動車
 今年度の世界生産が従来計画の900万台を下回る見込みと発表で幅安
▼ソニー
 マイクロソフトが人気ゲームソフト開発アクティビジョン・ブリザード買収
 ソニーのプレステでアクティビジョン社の人気ゲームが使えなくなる逆風
 今日1日でソニーの時価総額2兆円もの損失となる株の下落となりました
 
それと、、、岸田首相がダボス会議で新しい資本主義演説(-_-)

■首相、経済社会変革へ国際協調 ダボス会合で演説
https://www.sankei.com/article/20220118-TCML6EDXTBKFBNG5IJIB46WIOI/
原稿 ⇒ https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100291106.pdf

■賃上げ実現に「株主利益を人的資本へ投入」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-19/R5XVJIT1UM0W01

今日の日本株売りの一因になったのではなかろうか・・・・
株主利益が株主に還元されなくなれば誰が株を買うのか。
企業の賃上げのあり方になぜ政府が介入しようとするのか。
これが新しい資本主義?(;´д`)トホホ…・・・
※日経平均株価

※ナスダック総合指数



3・ドイツ10年債利回りがプラスに、2019年5月以来-世界的な債券売りで
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-19/R5Y4G0T0AFB601
・10年債利回り、0.02%へ上昇
・市場は9月のECB10bp利上げを想定、10月予想から前倒し

日銀は昨日の会合で、2%インフレ達成前の利上げの観測報道を一蹴しましたが
欧州のインフレは日本より加速していますので、ECBの利上げ観測が強まるのは
自然の摂理。さすがにドイツ債にも売り圧力が強まっているようですね。

これはユーロ高要因ですが、ドル金利を取り巻くニュースのほうが
為替市場には影響が大きいので、これがトレンドになるかというとまだ微妙。
ECB9月の0.1%の利上げより、FRBの3月0.5%利上げの可能性が出てきたことの
インパクトのほうが大きいかと思いますが、
今日はこのニュースでドル高が一服している側面もあるのかもしれません。

これは主要国の10年債利回り一覧 ドイツ債0%ラインを超えてきた?

↑ここで気になるのが中国の長期債利回りの低下です。
中国国債は売られていない、ということです。
金利低下しているのでむしろ中国国債は買われている。

利回りが魅力という側面もあろうかと思いますが、
ダレが中国国債に資金を振り分けているんでしょうね・・・・

これが足元での人民元の強さの背景だと思います。
人民元/ドル日足 人民元は強い。


4・英国インフレ
英CPI、12月は30年ぶり上昇率 英中銀は来月利上げとの見方も
https://jp.reuters.com/article/gb-cpi-idJPKBN2JT0PD
・12月の消費者物価指数(CPI)は前年比5.4%上昇で約30年ぶりの大幅上昇
・金融市場は、英中銀が2月3日に追加利上げすることを予想
・BOE保有国債、償還分の再投資はせず徐々に減らしていく方針を発表する可能性


■ポジション

キウイ円77.82円S 77.90円S
ドル円114.84円S
ポンド円156.20円S 継続

今週のひろこのウィークリーGOLDは
マーケットエッジ小菅努氏による22年GOLD展望:応用編

『経済正常化で安全資産を買う論理』
https://youtu.be/CgzeUy20fJQ
米国の累積債務、マネーの膨張。
エネルギーや食料価格の高騰。
これらはGOLD市場にどのような影響を
もたらすでしょうか?
今年は米国中間選挙、中国も秋に共産党党大会と
政治リスクも激化しそうです。

今週のひろこのスペシャリストに聞く、は
経済ジャーナリスト 和島英樹氏をお迎えし
22年日本株市場徹底予想、
特にEV関連の注目銘柄をご紹介いただいています。

株式投資のご参考にぜひ!
youtu.be/DB-HvJbAzDQ
日中のつぶやきはこちらで
ひろこのTwitter


いつもご覧いただきありがとうございます。
人気ブログランキングへ

2022年1月19日水曜日

 1・日銀黒田総裁、2%目標達成前の利上げを否定
2・東京など13都県にまん延防止措置
3・NY市場、債券、株が売られるリスクオフへ
4・UAE石油施設ドローン攻撃、原油一段高
----------------------------------------------
1・黒田総裁、2%目標達成前の利上げを否定「議論していない」
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-18/R5W1BIT1UM0W01
展望リポート:物価見通し+1.1%に(従来0.9%)上方修正

まあ、そりゃそうよね、って話ですが、
英語版ロイターが日銀が利上げに向け議論を始めるかのような
観測記事を上げるものだから、一部に警戒が強まっていただけに
当たり前の結論にも、ドル円、クロス円が急上昇する局面が見られました。

しかし、その後株式市場が急に崩れ始めてリスクオフの様相に。
それに伴ってドル円、クロス円も再下落。
昨日のブログで想定していた動きでしたので
ドル円、クロス円を売り参戦しています。

物価見通しは引き上げられましたが、政策は緩和の継続で変わらず。
特に今回の日銀が現状の為替の方向性を占う材料にはなりません。
となると、そもそもの「今」の値動きが重要。
昨日も書きましたが、金利上昇でもドル円が上がらないのは
債券の投げが出ているため、ということならリスクオフ気味ということです。
となるとドル円、クロス円売りということになりますね。

2・東京など13都県にまん延防止措置へ、21日から2月13日
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-18/R5WHPMT1UM0W01

これも株の売り要因。
これを皆が遵守するかどうかは置いておいて。
日本はまた行動制限するのか、消費、内需はまた縮小するな、
ということで結果がどうあれ、まずは株売の材料です。

今日の後場から日本株が崩れたのは、米金利上昇を嫌気した
などの指摘もありますが、再びまん防による行動自粛要請のニュースが
日本株市場を冷やした可能性もありますね。

3・今夜連休明けの米株市場、全面安です。
 
ゴールドマン、10-12月は予想外のトレーディング減収-人件費は急増
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-18/R5WOMVT1UM0Y01
ゴールドマン・サックスの決算、1株当たりの利益市場予想を下回る

ゴールドマン・サックスの決算を嫌気したなどの指摘がありますが
マインドの悪化も売り要因。先週のミシガン消費者信頼感指数も悪かったですが
今夜はNY連銀製造業景気指数が悪かった。

NY連銀製造業景況指数、1月は急低下
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-01-18/R5WQUKDWRGG401
・1月 ▼0.7に低下
 ~受注と出荷の指数がいずれも急激に落ち込む
 ~調査期間は1月3-10日で、新型コロナ感染が増えていた時期
・インフレが今年も根強く高止まりする可能性を示唆
 ~6カ月先の仕入れ、販売価格の見通しを示す指数は統計開始以来の最高水準に上昇

マイナスへ、、、落ち込みすぎじゃない?!💦 
 
オミクロン拡大期のリサーチだったこともありますが
米景気の減速の兆候がチラホラ見え始めているというのに
FRBは3月利上げを始めるんです。

利上げ、バランスシートの縮小は景気が悪いならやるべきではないんです。
今回は景気云々よりインフレ退治が目的の利上げですね、明らかに。
このタイミングの悪さ、、、。

※米主要株価インデックス

まだ大崩れというわけではありませんが、米株は確実に上値は重くなっています。

※米国債券利回り一覧 すべての年限で金利上昇止まりません~💦

債券価格下落で、投げ売りの様相となってきているという話もありますが
インフレを織り込む動きが加速しているのかも・・・。

4・原油価格一段高

原油先物価格 7年2か月ぶり高値 UAEの施設爆発受け懸念広がる
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220118/k10013436531000.html

OPEC第3の産油国であるアラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビの
国営石油会社の施設でドローンによる攻撃で3人が死亡。
UAEが軍事介入するイエメンの反政府勢力、武装組織フーシ派が
攻撃を行ったと犯行声明を出しました。
これを受けWTI原油先物は一時1.6%上昇し、85.19ドルまで上昇。
TOCOM原油先物市場でも中心限月が
約7年2カ月ぶりの高値まで上昇しています。

OPECプラスは毎月日量40万バレルづつ増産をしていますが
実は生産枠の生産が未達となる国もあるのが現状。

過去5年間にわたる石油開発部門の深刻な投資不足に起因しており、
14年に約8000億ドルだった投資は昨年約3400億ドルにまで落ち込みました。
昨年の原油の新規埋蔵量は75年ぶりの低水準に沈んでおり、
原油価格は100ドル、200ドルへ上昇するとの予想も出てきました。

現在OPEC生産国で現在増産余力がある国は
サウジ、UAE、クェートの3カ国程度との指摘もあり、
そのうちの最も治安がいいとされるUAEが攻撃されたのです。
そもそもの供給不安に加えて地政学リスクが重なって原油は一段高。

米金利がこれだけ急上昇していいるにもかかわらず
原油が下がらない、インフレは止まりません。
バイデン政権、中間選挙やっぱり負けるな、このままじゃ。

ポジション
キウイ円77.82円S継続、77.90円で追随売り
ドル円114.84円売り参戦
ポンド円156.20円売り参戦


今週のひろこのスペシャリストに聞く、は
経済ジャーナリスト 和島英樹氏をお迎えし
22年日本株市場徹底予想、
特にEV関連の注目銘柄をご紹介いただいています。

株式投資のご参考にぜひ!
youtu.be/DB-HvJbAzDQ
日中のつぶやきはこちらで
ひろこのTwitter


いつもご覧いただきありがとうございます。
人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊トラスティ証券株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊トラスティ証券株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊トラスティ証券は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊トラスティ証券株式会社