2021年1月20日水曜日

 今日19日火曜のリスク選好相場は、これが材料でしょうか。

イエレン氏、追加経済対策で「大きな行動」と表明へ 指名公聴会
https://jp.reuters.com/article/usa-biden-treasury-idJPKBN29N1ZU

20日のバイデン大統領就任式までは動意薄かとおもったんですが、
なかなかの反発を見せました、日本市場。

日経平均は 391円高 28,633円。

イエレンさんが本日の上院財政委員会での公聴会で、
大規模な財政支出に言及するという期待が盛り上がっているようです。
イエレンさんはFRB議長時代もマーケットフレンドリーでしたので
期待する向きがあるのはわかりますが、日本市場にまで
資金が流れ込んできますか、、、、。

これがドル安円安をもたらしたと見え
ユーロドルが大きく反発したほか、クロス円も軒並み反発。
典型的リスクオン相場の動きとなっています。

このリスクオン相場が再びトレンドとなるか。
新大統領就任から100日はハネムーン期間といって
あまり細かいことを言わずお祝いしましょ、って相場になるのが
通例とされますが、今回もそうなるんでしょうか。

まずは明日20日の就任式ですね。
厳戒態勢が敷かれているようですから
なにもないとは思いますが、マーケットの節目となるかどうか。。。

そして、イエレン公聴会の思惑だけじゃなくて
今日はドイツの指標が良かったこともユーロの上昇要因に。

独1月 ZEW景況感指数 61.8 予想60.0 前回55.0

市場予想を上回り、前回より好結果。

※ZEW=民間調査会社
毎月1回発表されるドイツの景気予測指数。
約350人のアナリストや市場関係者などを対象にアンケート調査を実施、
今後6カ月のドイツの景気見通しについて
楽観的な回答の割合から悲観的な回答の割合を差し引いて算出。

ドイツは楽観的なんですね・・・

ただ、チャートはまだ下落が続くことを示唆しているので
ショートポジションは継続。
1.2137ドルで追加売り。

※ユーロドル4時間足


ダウショートはどうですかねぇ。。。。
今夜は高く寄り付いて、上げ幅を削る展開となっています。
高値を超えればカットしますが、もうちょっと様子を見ましょう・・・。

ポジションは持っていませんが、カナダ絡みでこんなニュースも。

バイデン大統領が就任日に
カナダと米国を結ぶキーストーンXLパイプライン建設中止を命じる、
と報道されたことで、カナダドルが売られる局面が。

このパイプライン建設はオバマ政権が反対していたのですが
トランプ政権ではこれを進める方向にスイッチ。
これが再び中止となる可能性があるということですね。

ドル/カナダのチャートを見ると、コロナショック後、
ドル安カナダドル高が随分進みました。
これもそろそろ巻き返しがあるかもしれませんね。

人気ブログランキングへ


2021年1月19日火曜日

キング牧師誕生日の祝日で米国市場は休場。
静かな夜です。

今朝、東京時間が始まる頃にこんなニュースが飛び込んできたため
ドル高が加速する局面が。

次期米財務長官候補イエレン氏、ドル安目指さないと明言へ=WSJ
https://jp.reuters.com/article/usa-biden-yellen-idJPKBN29M0Q4
・19日の上院指名承認公聴会で、為替政策に関して
ドル相場は市場が決めるとの方針を明言する


明日19日の公聴会での話ですので、まだ発言したわけではありませんし
ドル高にすると言ったわけでもありません。
通貨の価値は市場により決定されるべき、と至極当たり前のことを
発言する予定、というだけの報道でしたが
ちょっとドル高が加速しましたような気がします。

このドル高は、足元のそもそものトレンドです。

ただし、ドル円は動きませんね💦
貿易収支とか、米国と比べ財政支出が小さいなど
円高となる要因も多く、ドル高であり円高でもあるということでしょう。

今日は、日銀の金融政策の柱である長期金利操作の運用見直し案が
日銀内に浮上していることがわかったと時事通信、
そして日銀が3月の会合での政策点検で長期金利の変動幅を拡大する可能性がある、
というのがブルームバーグ(日高記者です・・・・)

※現状は、マイナス0.2%からプラス0.2%程度に長期金利を固定する
イールドカーブコントロール政策。

完全に観測記事ですので、今からこれで騒ぐこともありませんが。。

さて、ドル高円高となる中、ユーロが弱いのですが
ユーロ安には欧州の政情リスクなんてのもありませんかね。

■エストニア首相が辞意、与党の汚職疑惑で引責
~党首を務める中道左派与党・中道党の汚職疑惑の責任を取る形

■オランダ内閣総辞職 3月総選挙か
~税務当局が育児手当を約1万世帯に不当に返還させていたことが発覚し
責任を取る形

■イタリア2閣僚辞任
~イタリアの連立政権の一角を成す少数政党「イタリア・ビバ」の閣僚2人が辞任
連立政権の崩壊への懸念が出ている(なぜ辞任したのか??

汚職とか不正とか、それぞれに理由は異なるようですが
コロナ禍、欧州は何をやってるんでしょうか?

日本、米国とリーダーが変わりましたが、ドイツも秋に選挙があり
メルケル首相はおやめになりますね。

そして、イタリア、エストニア、オランダもひょっとすると・・・?
これは期せずして、ということですが
ユーロ売りの材料となるやもしれません。

テクニカル的に月足でのレジスタンス超えとなったことから
今年はユーロの上昇に期待していたんですが、
足元では買うような材料が出てこない・・・

ユーロドルショート、ダウショート継続です。
まだキウイは買っていません。

人気ブログランキングへ


EV車への切替えに世界が猛烈に舵を切った背景。

永濱さんはスキーのジャンプ競技で日本が世界を圧倒すると
欧米がルールを変えてくることと似ている…と。

日本の製造業、雇用の構造を考えて日本独自の計画が必要かと。
電力問題も課題ですね。

あの永濱氏のレポートを全員にプレゼント!!

先週【ひろこのスペシャリストに聞く】は
第一生命経済研究所 首席エコノミスト 永濱利廣氏にご出演いただきました。
https://youtu.be/WPBTDVUhPZw    動画を是非御覧ください。



番組の新春企画第1弾として
永濱さんの「特別レポート」を応募者全員にプレゼントします。
応募方法は~動画を是非御覧ください。

人気ブログランキングへ



そして【ウィークリーゴールド】は
貴金属スペシャリスト 池水雄一氏に

急落したゴールドの背景とビットコインについて解説いただいています。
https://youtu.be/xPafQadD3e4

人気ブログランキングへ

※本レポートにて豊トラスティ証券株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊トラスティ証券株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊トラスティ証券は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊トラスティ証券株式会社