2020年8月6日木曜日

今夜も米株はしっかり。

今夜発表された7月の米ISM非製造業総合景況指数は 58.1
予想が 55 、前月が 57.1 ということで好結果。

今、追加財政政策第4弾が話し合われていますが、

米財務長官、経済対策で週末までの合意目指す-民主党との協議後
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-04/QEK7AIT1UM0Z01?srnd=cojp-v2

米株は、追加財政政策協議が合意できると
楽観しているってことでいいのかな…

※米株価インデックス


このところのマーケットの相関として、株高、リスクオン相場となると
「ドル安」が顕著になっています。

また、こんな現象もドル安を加速させているでしょう。

焦点:米イールドカーブ、1%割れは時間の問題か
https://jp.reuters.com/article/usa-bonds-yields-idJPKCN2500GM
・イールドカーブ全体が1%を下回れば「時代を象徴」する出来事
・20年債利回りは、先月30日に1%を割り込む
・10年債利回りは、史上最低水準
・30年債利回りが1%を下回ったのはコロナ禍3月9日のみ。
 この時はイールドカーブ全体が一時的に1%を下回った。
 
※米国債利回り一覧 赤の30年債も1%割れが迫っています


米国債から金利が消失・・・・

これ別に米国だけの状況ではないのですが
世界一安全な資産で、もっとも流動性の高い米国債から金利が消えるとなると
本当に運用難の時代到来ですねぇ。どこで何を運用すればいいのか。

というわけで、ゴールドは連日の史上最高値更新中。

そして貧者の金と呼ばれるシルバーも猛烈に上昇しました。

今週のWeeklyGOLDは月に一度の銀、プラチナ、パラジウム特集。
貴金属スペシャリスト 池水雄一氏に伺っています。
<ゴールドは史上最高値を更新> 『シルバー高騰 出遅れるプラチナ』
株堅調、ドル安再開ってことで
今日はユーロドルと豪ドルドルのロングを作りました。

ユーロドル1.1805ドルロング
豪ドルドル0.7185ドルロング

それと
123.82円のユーロ円ロング
136.59円のポンド円ロングは継続していますが
特にユーロ円が今日新値更新してくれました。

※ユーロ円

ドル安が強烈なので、ドル円は下落傾向なのですが、、、
クロス円はしっかり。ドルストが強いということですね。

※ドル円 


今夜はADP雇用指数が急鈍化、週末の雇用統計が波乱となるか。
この点が気がかりですが、市場は楽観ムードに支配されています。
トランプ大統領が前日に『大きな数字が出る』と発言していたためか?!
…そんなこと言っちゃダメでしょ。

また、さすがに金は200日移動平均線からの乖離が大きくなりすぎており
短期調整には注意が必要。

※円建てゴールド 下段200SMAとの乖離率

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








 

2020年8月5日水曜日

為替市場で久しぶりに発生したトレンド、「ドル安」ですが
先週末からの巻き返し後、揉みあいに入っちゃったかな・・・・

ドル円でみればドルの書き返し、かなり大きかったのですが
(セブン&アイの米コンビニ買収に絡む思惑説)
ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドルなどドルストレートで見ると
それほど大きくドル高になっておらず、小休止にすぎないのかも…

ただ、ポンドドルは前日3日(週明け月曜)の安値を割り込んだため
ポジションクローズとなっています・・・。

1.2817ドルロング →1.3000ドルで手仕舞い

123.82円のユーロ円ロング
136.59円のポンド円ロングは継続ですが
これも3日の安値を下回ればカットします。

ドル円が方向感なく推移した1日でしたが、
このままレンジ入りしちゃうの??💦
レンジは苦手なのですよ・・・・

ただドル円は2015年の高値からのレジスタンスラインを引いてみると
緩やかに上値を切り下げていますし、
日足で見ても移動平均線大循環分析においては
綺麗に下落のステージに入っており、戻り高値を付けて
再下落しそうにも見えます。

出来れば、戻り高値を売る方向でトレードしたいチャートですので
となると、クロス円も上値が重くなって当然かな、という気もしてきますね。

ユーロ円、ポンド円はドルストでユーロドル、ポンドドルが強くなければ
上昇は難しいということになりそうです。
そのドルストのロングを切ってしまっているワケで、
早晩、ユーロ円、ポンド円ロングもカットする羽目になりそうですが、、、

ポンドやユーロにはこんな材料が。

◆英国・ユーロ圏国債市場で利回りがマイナスの取引が全体の半分以上に。

・7月末時点のマイナス利回りの英国債は合計で約1兆3300億ポンド
 (市場総額約2兆5000億ポンドのうち53%強)

・7月末の英10年債の利回りは過去最低の0.07%%残存8年まではマイナス化。

・BOE(英中央銀行)もマイナス金利を検討せざるを得なくなる可能性?

・ユーロ圏利回りがマイナス国債は計5兆6800億ユーロ(6兆6700億ドル)
 (全体の国債8兆7000億ユーロの約65%)
 
~米国債の実質利回りがマイナス化したことがドル下落に寄与、
 この状況が投資家らの欧州国債購入を促し利回りの低下圧力を強めた。

市場金利が政策金利より低下していることで
英国の「マイナス金利導入」の思惑が広がりつつあるということか。
これはポンド安要因と考えられますが、、、

※主要国長期債利回り一覧

 
このところ、世界的に債券利回りは急低下していますね。

利回りマイナスってことは、購入した瞬間に満期まで持てば
損をすることが確定している債券ってことですが
それでも、そんなマイナス利回りの債券を
保有しているところがあるって事態が異常ですよね。
この事象だけを見ると、リスクなんか取れません。

新型コロナウイルス問題の感染拡大を嫌気しているのか、
それとも米ポンぺオ国務長官の演説で米中分断が確定的となったことへの
警戒なのか、債券市場に資金が集まっているということですね。

それでも株にも、資金は入っています。
これ、ロビンフッダーと呼ばれる給付金で始めた初心者の
マネーが米株を押し上げているのだとすれば、
こんなに危ないことはないと思うのでうが・・・。

こうして俯瞰するとまさに為替市場は「通貨安競争」状態。
ゼロ金利近傍に肩を並べた主要国通貨、
どの通貨がさらに弱いかを見極めるミクロの戦いです・・・
ホントやりにくいわね。

そんなわけで金が下がらないんですよ。
通貨価値は低下するばかりです。
直ぐにインフレになるとは思いませんが、
モノ、資産に換えておかねばと考えるマネーの
流入が続いているということです。

新型コロナの影響で需要が戻るワケでもなく
8月からOPECプラスの減産幅が縮小されている原油でさえ下がりません。
これ、コモディティとしてというより金融要因も大きいのでは?!

しかし株は強いですねぇ・・・。
今夜もSOX指数(半導体指数)が新高値更新してます。
米中対立によって、ハイテク分野の覇権争いが激化するという観点から
さらに大きな資金が動くという見方があって、むしろ米中の対立が
テック系企業株の買い要因であると考えることもできます。

目下話題はTikTok。

トランプ氏、MicrosoftのTikTok買収容認 破談なら禁止 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62258130U0A800C2000000/
・トランプ大統領、米企業による買収を条件付きで容認
・9月15日までに実現しなければ利用を禁じる

名前が挙がっているのがMicrosoft

中国が潤沢な資金を使って世界に広めたTikTok利用者のデータ-は
旨味が大きいでしょうね、米国ユーザーは6500万人にも上るとか。
その他、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの事業を引き継ぐ方向
となっていますが、日本はどうなるんでしょうね・・・。

ただし、マイクロソフトは中国事業を手放すことが条件となりそうです。

また、Appleは中国のアプリを大量に削除。

アップルが中国で3万以上のアプリ削除、ゲームが大半-調査会社
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-03/QEFGPIT0AFB401

分断が進められています。

次世代経済のエンジンとなるABCD
AI ブロックチェーン クラウド データーセンターを結ぶのが5G
ということで、現代版ABCD包囲網が敷かれつつあるようです。

※レバノン、ベイルートで大規模爆発がありました。
 2005年のラフィク・ハリリ元首相殺害をめぐる
 裁判の判決を控えているとかでBBCがテロの可能性を報じている模様。
 https://twitter.com/borzou/status/1290675854767513600
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




2020年8月4日火曜日

ドル、巻き返し中。

※通貨インデックス一覧

先週末7/31からドルだけが強いという動きに転換。
ただの調整なのか、トレンド転換なのかはまだわかりません。
これと言って材料があってひっくり返っているワケじゃないし‥。

ただし、ドル円相場に限定すると
日本企業による米企業の買収M&Aのニュースが出てきました。

7&iHDが過去最大の買収、米コンビニを2.2兆円でー株価急落
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-02/QEGHYFDWRGG201

米企業を買うわけですから、どこかで2.2兆円分の
ドル資金調達があるという思惑だけでドル買いになった可能性が。

2021年第1四半期の取得を目指すとしていますが
実弾がいつ出るのかわかりません。

為替市場ではこのニュースはドル買いが起きるとの思惑で
ドル円上昇となりますが、株式市場ではセブン&アイ売られたのね。
このM&Aは評価できないということのようです。

しかし、これだけで、為替市場全体のドル下落を止める材料には
なり得ません。あくまでドル円の材料。

ユーロドル、ポンドドル、豪ドルドルなど軒並み下落し
ドル高基調が強まっているのは、何故なのか…。

ドル/円相場は今日も続伸で106.50円近辺まで上昇しました。
先週の東京時間には104.19円まで下落していたのに猛烈な買戻しですね。
これが継続するのか、それとも戻りいっぱいなのか、これもわかりません。

ただ、ユーロ円とポンド円のロングはじっと我慢で継続しています。
※クロス円一覧


先週1.19ドルタッチからの反落となっているユーロドル。
急激な上昇に慎重になる向きも出てきました。

※ドルストレート一覧


アングル:ユーロ急伸で副作用に警戒感、買い持ち拡大に躊躇も
https://jp.reuters.com/article/euro-dollar-idJPKBN24Z034

こうしてみんなが強気から弱気転換してくれれば
また買いたいのですね。

ただ、まだ十分な押し目を形成したとは思えないので
ユーロドルは様子見のままです。
ポンドドルロングは今日の安値を明日割り込むようなら手仕舞います。

そして株式市場、日本株市場ではTOPIXのチャートなどは
トップアウトしたように見えるんですが
マザーズは三尊天井を否定するような上昇を見せています。
先週は警戒されていた米国のAppleやFacebookなどテック企業の
決算を受けてもこの一角が上昇したことで、ナスダック総合が強い
ということもあって、日本でもハイテクはしっかりした推移。

※日本主要株価インデックス

日経平均のショートは22084円で買い戻しています。

今夜の米株もしっかり推移でナスダック総合、S&P500は
新値を取ってきました。米株は強い・・・・。

※米主要株価インデックス

夏枯れではなくサマーラリーの夏になるのか。

一旦株の弱気(ショート再構築)は様子見とします。

先ほど発表された米ISM製造業景気指数が予想より良かった
事も好感されているでしょうか。

ISM製造業景気指数(7月)54.2(予想53.6 前回52.6)

〇景気指数 54.2(52.6)
〇新規受注 61.5(56.4)
〇生 産   62.1(57.3)
〇雇 用   44.3(42.1)
〇輸 出   50.4(47.6)

受注、生産が大幅に上昇しています。
ん~米株の弱気は禁物かも・・・・💦
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




2020年8月2日日曜日

先週末、7月31日金曜は7月取引最終日ですが
日本株はなんであんなに売られたんだろう、、、と思わせる
米株の腰の強さに驚きました。財政政策第4弾の話し合いですが
先週にはまとまらず、7月で失効となる政策も出てきているというのに。

米コロナ法案「合意のめどつかず」、特別失業手当は失効へ
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-congress-idJPKCN24W2RW

7/31、失業者に対する週600ドルの特別給付措置が失効。
家賃の支払いや学生ローンの返済を凍結する政策も期限切れとなりました。

8/1、追加経済対策を巡るトップレベル協議が行われるも
失業給付上乗せの延長に向けた合意には至らず、重要問題が未解決のままです。

追加経済対策の合意がないまま先週が終わったのに、米株は大きく崩れず
決算が注目されたGAFAM銘柄は決算を受けてむしろ急反発、
ナスダック総合指数が切り返す格好で先週の取引を終えています。

※GAFAとtesla


特にApple強い・・・

アップルが時価総額世界一、サウジアラムコ抜く-好決算で株価10%高
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-31/QECQWCT0AFB701

ということで、米主要株価インデックスは上値が重くなっていたのですが
俯瞰で見ればほとんど崩れておりません。
今週はナスダックが高値を更新しちゃうかも・・・?

※米主要株価インデックス

外部環境としては、前述した米追加経済対策が決まらないまま
夏休みに突入しそうということを始め、
再び世界で感染者数が増えていることなどを鑑みれば
決して楽観できる環境にはないのですが(^^;

【新型コロナ】メルボルン6週間夜間外出禁止、ロンドン首都圏封鎖も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-02/QEEV91DWLU6E01

日本株は先週、チャート形状が著しく悪化しましたね。

※日本株主要インデックス

TOPIXなんて思いっ切り窓を開けてネックライン割れですよ。
東証2部もそうね。

日本株が米株より弱い背景には、ドル/円相場の円高があろうかと思いますが
先週NY時間に向けてはドル/円相場は急速に反発しています。

ドル円が104円を割らずに反発してくれたおかげで
ユーロ円やポンド円などクロス円も反発してくれました。

先週買ったユーロ円ポンド円が大成功!!

※クロス円一覧

このポジションは継続します。

なぜ週末急激にドルが巻き返したのか?
別段材料は見当たらず、おそらく月末要因かと思われます。
ポートフォリオのリバランスでのドル買いかな・・・

だからこのドルの巻き返しがトレンド転換のトリガーとなるわけでは
ないかと思いますが、それでもユーロドルロングはいったん手仕舞いました。
1.1334ドル・1.1453ドルユーロドル → 1.1827ドル

というのも、ユーロドル月足チャートから見ると
200SMAと上値抵抗のレジスタンスラインにちょうどぶつかる1.19ドル近辺まで
到達したためです。ここを抜けると本格的なユーロ高がスタートすると
思いますが、いったんは利食いが旺盛なるんじゃないかな。

※ユーロドル月足

また、ポンドドルはまだ継続しているのですが、
週明けも下落が続くようなら手仕舞おうと思います。

英国のジョンソン首相が新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、
経済活動再開の動きをいったん停止すると発表しています。
8月から営業再開予定だったカジノ、ボーリング場などの再開が延期されるとのこと。

また、市場ではイングランド銀行が11月にも
追加緩和を実施するとの見方も出てきている模様。

足元で随分ドル売りが加速したので、ちょっと緩戻しがあるかもしれませんね。

IMM通貨先物、ドル売り越しが9年ぶり高水準
https://jp.reuters.com/article/imm-idJPKBN24Y018

特にユーロドル。投機筋の買い越しポジションが積み上がってますね。
※ただし、個人投資家はユーロを売っていてユーロショートが積み上がっています。
ユーロは大底付けたと思うので、また好機を待って買うつもりです。

さて今週は、米追加経済対策が最大の焦点かと。
今週8月7日までに決められないと議会が休会しちゃうスケジュールです。。。

また、米国の主要な経済指標も目白押し。

3日米6月ISM製造業景気指数(4月:41.5 5月:43.1 6月:52.6)
 4月をボトムに急回復。7月分予想は53.6改善予想
 https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/9011
 

5日6月ISM非製造業景気指数(4月:41.8 5月:45.4 6月:57.1)
  4月をボトムに急回復、7月予想は55.0鈍化予想

7日6月米雇用統計 NFP(4月:▼2050 5月:+250.9 6月:+480) 
         失業率(4月:14.7% 5月:13.3% 6月:11.1%)
  今回予想はNFP+163.5万 失業率10.5%への改善     

 

ポジションは

1.2817ドルのポンドドルL
ポンド円136.59円L
ユーロ円123.82円L
日経平均CFD22698円Sです。

今週の主な予定です。

3日(月)
日本4-6月期GDP改定値
中国7月財新製造業PMI
米7月自動車販売
米7月ISM製造業景況指数

4日(火)
豪中銀政策金利発表
米8月製造業新規受注

5日(水)
中国7月財新サービス業PMI
米7月ADP雇用者数
米6月貿易収支
米7月ISM非製造業景況指数
ブラジル中銀政策金利

6日(木)
英中銀政策金利発表
米新規失業保険申請件数(1日までの週)

7日(金)
日本6月景気動向指数
中国7月貿易収支
米7月雇用統計
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




2020年7月30日木曜日

今夜市場をざわつかせたニュースは2つ。

①米国4-6月期GDP速報値が前期比年率▼32.9%
過去最大の落込みを記録(予想より良好)

ヘッドラインにマイナス32%が躍り、
NHKも速報で伝えたようですが、これは年率換算。

この4-6月期の減少率が1年続いた場合の変化率の計算ですので、
あまり驚くべからず。

前年同期比では▲9.5%です。

同じく今日発表されたドイツのGDPは
前期比で▼10.1%ですので、同じようなものです。
米国だけ突出して悪いようなヘッドラインにはご注意を。

もちろん、ドイツも米国も
統計開始以降最悪の数字ですが(^^;

②トランプ大統領、大統領選挙の延期を提案?!


郵便投票に不正選挙の疑義があるとかなんとか。

今夜の株安はトランプ大統領のTweetのせいじゃないかという指摘も。
まさか本気で延期するつもりがあるんでしょうか。
そんな権限はあるの?!🤔

ただし、株安は米国だけではないですね。
今日は欧州株もひどい下落です。

下段の中央が英国FTSE、右側がドイツDAXです。

※主要国株価インデックス一覧


ということで、くりっく株365でショートしていた
日経平均がようやく利が大きくなってきました。
株ショートポジションは継続です。

GDPが悪いことくらいは予想できていたことですので、
今夜の下落はカレンダー的な事情もあるかもしれません。
月末のリバランスとか・・・?

まあ、バルチック海運指数が急反落していましたし企業業績、
決算だって悪いわけですし
緩和マネーだけでは、ここからの一段高は
難しい局面だったかと思います。

そうそう、議会の夏休み休会前には
追加の財政支出を決めなければ株式市場は
失望売りとなる可能性も強いとしていた中で、
合意しなくてはならないタイムリミットが迫ってきていますしね。
出来れば7月中には、、、最悪でも8月第1週まででしょうか。

利益の出ているものは手仕舞おうという動きが
出ても全く不思議はない地合いなのです。。。

さて、為替市場。
ドル円105円割れからは、円高が加速しませんね。

ということで、欧州通貨クロス円・ユーロ円とポンド円の
巻き返しが始まりました。

※クロス円一覧


ドルストでもユーロの勢いは衰えていませんが
ポンドがめっちゃ強い。

※ドルストレート一覧


ユーロドルとポンドドルはすでにロングしているのですが
ドル円が戻る過程ではユーロ円、ポンド円の上昇が面白そう、、、
ということで、値動きが鈍いキウイドルを切って
ユーロ円、ポンド円ロングを作りました。

ポンド円136.59円
ユーロ円はちょっと悩んで出遅れて123.82円。
高値掴みとなるやもしれませんが、これ124.50を超えたら
吹き上がりそうな形に見えます。

ポンド円は200SMAを超えてきたので期待したいところ。

キウイドル0.6594ドルLは0.6626ドルで手仕舞いました。
1.2817ドルのポンドドルロング継続。
1.1334ドル・1.1453ドルユーロドルロング継続。
123.82円のユーロ円ロング
136.59円のポンド円ロングです。
日経平均CFD22698円Sも継続です。

ひろこのスペシャリストに聞く!
今回はBコミの愛称でも知られています
元証券ディーラー・ファンドマネージャー坂本慎太郎氏に

【個人投資家のための運用術】カネ余り時代の投資戦略
をテーマにお話しを伺いました。
企業業績から現在の株価位置って・・・?!



人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




ドル安の流れが止まりません。

※通貨インデックス一覧


特にユーロ、円、ポンド、スイスに対して、ですね。
豪ドル、キウイ、カナダはどうも動きが鈍い。
これは資源関連通貨と括ることができそうですが、
昨日のブログに書いたように、バルチック海運指数がトップアウト
しているようですし、景気回復期待だけでは株も資源銘柄も
上げ続けるのが難しいレベルに到達してしまったのかもしれません。

今夜はFOMCですが、市場関係者らの関心は
米議会、反トラスト公聴会でしょうか。

GAFAの全CEOが出席する米議会の反トラスト公聴会は東海岸時間7月29日に開催
https://jp.techcrunch.com/2020/07/28/2020-07-27-tech-hearing-apple-google-amazon-facebook-antitrust-house-judiciary/

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの4社のCEOが
揃って証言するのは初めてのことです。

幹部の電子メールなどを含む130万点の書類が収集されており
各議員は競争妨害の行為がないか「直接対決」で追及し
独占禁止法上の問題がないか調査するとされています。

そして翌日30日は
 グーグル・アマゾン・アップル・フェイスブックの決算。
ハイテク銘柄上値が重くなっていますので、これらの個別銘柄が
波乱のトリガーとなる可能性にも留意。

ポジションは全て継続しています。

ゴールドが史上最高値を更新していますが
マネタリーベースから見るにまだまだ金は上がっていない?!

今週のヒロコのWeeklyGOLD
7/22発売の新著「金を買え GOLD SHIFT」が話題の
エモリキャピタルマネジメント代表江守哲氏が登場です。


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社