2021年6月25日金曜日

 米政権、1兆ドルのインフラ投資案 超党派議員らと合意
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN24F6G0U1A620C2000000/
・全体の規模は8年間で1兆2090億ドル
1道路や橋、鉄道、空港など伝統的なインフラ
2地球温暖化対策:EV充電拠点拡充、バスの電動化など運輸部門3120億ドル
3高速通信網の整備 650億ドル
4クリーンな電力網 730億ドル
・財源:徴税強化、失業保険などの基金で未使用分回収
・法人税増税は盛り込まれず(共和党が増税反対)

昨日24日木曜の米株市場ではこのニュースが好感されたようです。
当初2兆ドルと風呂敷広げていましたがその半分ですね。
全体の計画から合意できる部分だけを切り出して合意にこぎつけるもので
残された部分の合意が難しいということでもありますが
マーケットは単純でFOMC後の緩和縮小時期を模索する不安を
払拭したようでダウが大きく切り替えしたほか、
SOX指数(半導体)も持ち直しており米株は立ち直りが鮮明です。
ナスダック、、S&P500は史上最高値更新ですしね。

成立には上下院で可決し、同氏が署名する必要がありますが
ともかく、合意が近いというニュースを朗報と受け止めたわけです。

というわけで日本も閉塞感が強いんですが、
米株上昇の恩恵を受けて今日25日週末金曜の日本株市場は
ほぼ全面高の様相となっています。
やはり、TOPIX・ジャスダック・東証2部指数に出現した
アイランドリバーサルボトムが効いているかな。
マザーズ指数まで上昇していますので地合いは悪くありません。

日経ロング、継続です。

昨日はポンドが急落する局面が。

BOE英国中央銀行のMPC金融政策会合

[金融政策]
・政策金利を0.10%に据え置きとすることを決定
・債券購入プログラム規模 8950億ポンド(国債8750/社債200)据え置き

[要人発言]
「8対1で資産買い入れプログラムの維持を決定」
「短期的なインフレ圧力は予想よりも大きくなる可能性」
「インフレ率は一時的に3%を超える見通し」
「拙速な引き締めで景気回復を損ねるのは誤り」

英国BOEも「インフレは一時的」のスタンス協調。
FRBも基本的にはそのスタンスですが
金利見通しやテーパリング議論の開始などから
市場はそれを懐疑的にみているためドル高気味になっているのですが
そこへきて英国はめっちゃハト派なスタンス協調。
ってことでポンドが急落しています。

ポンド円ロングですが
買値はまだまだ下に位置していますので継続しています。

日経平均CFD28447円ロング
ポンド円152.79円ロング
ユーロ円130.97円Lロング 継続。

110.62円でかったドル円のみ 110.84円で手仕舞いました。
111円再度テストするも短期的にはWトップになって落ちてきそう。

クロス円も落ちてくるかもしれませんが
ユーロ円ポンド円はもう少し粘ります。
ポンド円、昨日の衝撃でも下落トレンドが続かないようなら
まだ買われるかの末井も、、、(期待)

ドルカナダ1.2312ドルでショート。
つまりドル売りカナダ買いですね。

カナダはひと足先にテーパリングを開始していることと
マーケットがFOMC後の動揺から正常運転にもどり
リスク選好ムードが強まれば再び
ドル売り、円売りとなると思うのですが、どうでしょうか。
まだ早いかな??

◆今週のひろこのWeeklyGOLDは
エモリファンドマネジメント代表の江守哲氏に解説いただいています。

リーマン・ショック後の金融緩和相場、
出口を模索するフェーズで
GOLDはどう動いたか覚えていますか?

テーパリングから利上げまでの金の値動き検証。
<貴金属急落まだ下げるのか?>
テーパリング後の金価格検証
https://youtu.be/aJVulnDsCU8
人気ブログランキングへ

2021年6月24日木曜日

 注目されたパウエルFRB議長の証言は
インフレが一時的である可能性を改めて強調。
早期利上げを惹起させる発言はなかったことで市場には安心感。
まあ、そりゃそうよね、って話でしたので驚きはないのですが
米株が確り引けたわりには、23日水曜の日本株市場は日経平均が9円安、
TOPIXが10円安とさえない値動きでしたが・・・

昨日火曜の上昇がショートカバーに過ぎず、
まだ本格的にリスクテイクしていいのかどうか気迷いムードです。

今夜アトランタ地区連銀のボスティック総裁が
高インフレが9カ月にわたって続く可能性もあるが、
失われた750万人の雇用を取り戻すため、性急に勝利宣言を
するべきではないという考えを示すなどハト派発言もあって
今夜、水曜の米株市場はナスダック、S&P500などが上昇しています。
ダウは小動きですが・・・。

今夜は6月の米製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値。
62.6と、2009年10月以降で最高の数字。
製造業者は依然として原材料と人材の確保に苦戦しており、
企業や消費者物価の上昇をもたらしているようです。
サービス業PMIは64.8と、5月の70.4から低下。
とはいえ統計を開始した09年10月以来2番目の高い水準。

明日はBOE、英国の金融政策会合ですが
6月の英国の総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は61.7と、
98年以降で有数の高水準となった。過去最高は5月の62.9

インフレ圧力は過去最高を記録しています。
投入価格の上昇ペースは、過去最高だった08年6月と同水準。
産出価格の上昇ペースは、99年の統計開始以降で最高となっています。
明日のMPC会合で、FRBに次ぐサプライズがあるか?
感染再拡大とあってタカ派にはならないとの見方もあるようですが
ポンド円ロング中です。。

通貨インデックス一覧を眺めていると
円安のトレンドだけは美しいんですよね。

今回のFOMC豹変ショックなどなかったかのような美しさ。
ドル高で他通貨が軒並み暴落しましたが
円インデックスは、秩序だった動きです。

要するに「円売りトレンドは強い」

ユーロ円も継続です。

日経平均CFD28447円ロング
ポンド円152.79円ロング
ユーロ円130.97円Lロング 継続。
そしてドル円を110.62円で買い参戦。

今日はドル円相場が111.10円まで上昇。
今年の最高値を更新しました。
その後崩れたところでエントリーしています。
 

https://jp.tradingview.com/chart/USDJPY/2GEZufSB/

今週のひろこのWeeklyGOLDは
エモリファンドマネジメント代表の江守哲氏に解説いただいています。

リーマン・ショック後の金融緩和相場、
出口を模索するフェーズで
GOLDはどう動いたか覚えていますか?

テーパリングから利上げまでの金の値動き検証。
<貴金属急落まだ下げるのか?>
テーパリング後の金価格検証
https://youtu.be/aJVulnDsCU8
人気ブログランキングへ



2021年6月22日火曜日

週明け月曜の米株市場は急反発、それを受けて火曜の日本株市場も急反発。
日本株市場は不当に売られすぎたように感じますが、
TOPIXのチャートは、週明け月曜の急落の陰線が捨て子線に。
かなり強い買いサインです。

ジャスダックも東証2部もマザーズもこの形になっていますね。
日経平均だけただの窓埋めの形状ですが、
アストロロジーの観点から今日22日までが水星の逆行で
明日23日から逆行が順行となるため、幾分トレンドが出やすくなるかと。


今夜パウエル議長の議会証言で再び荒れなければ・・・。

昨日21日月曜は複数の金融当局者や要人らがタカ派的発言を
行っていたようですがそれでも米株は上昇し、
金利も反発していましたのでマーケットの地合いは
それほど脆くはなくなっていると思うのですが、、、

米金融当局はインフレリスクに対応を-カプラン、ブラード両連銀総裁
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-21/QV21Y2DWLU7801?srnd=cojp-v2

一時的に金利低下、ドル高となったのはヘッジファンド勢のポジションの
巻き返しがおきたためと見られますが、それほど大きかったとも思えません。

ヘッジファンド、ドルショートとスティープナーは最悪のタイミング
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-22/QV35PCDWX2PS01

今週は英中銀金融政策委員会(MPC)。
市場の一部からは、英中銀もFRBに追随して、
将来の利上げと資産購入縮小の可能性を示唆するのでは?との予想があるようですが
BOEはすでに前回のMPCで週間の債券購入額を減額しており
テーパリングを開始しています。
買い入れ目標金額を変えていないため
買い入れのペースを変えただけであり、テーパリングではないと言っていますが。
早期利上げの可能性が示唆されるなど金利面でサプライズがあれば
ポンドが上昇する可能性がありますが、債券購入に関しては
ちょっと買い入れ金額が減るようなことがあっても正直驚きではないんですが、
相場の流れが再びドル売りに傾いて来る中でBOEがタカ派的となれば
ポンド買いが強まる可能性もあるかな??

ユーロ、ECBに関してはこんな観測記事が。

ECBはインフレ目標で意見分かれる、2%超を容認も-報道
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-22/QV3L0PDWLU6C01
新たな目標を2%とし、これを上回るインフレ率を容認することに全体同意?

これはオーバーシュート型コミットメントといって
日銀が2016年9月にイールドカーブ・コントロールと一緒に導入した政策ですね。
FRBも2020年8月にアベレージ・インフレ・ターゲットとして
期間平均で2%のインフレを目指すと似たような政策を導入しています。

名前が違うけど、同じことを目指しています。

ECBも次の会合あたりでこれを導入するのかな?

これは安定的にインフレが2%を超えるまで継続する政策なので
ハト派的政策なのでユーロにとってはネガティブ要因です。
まぁ、まだリーク記事の段階ですが、、、

日経平均CFD28447円ロング
ポンド円152.79円ロング
ユーロ円130.97円Lロング 継続。

ドル円も上昇してきましたので、円キャリー再開期待。

※ドル円


Bitcoin 


 週明け月曜NY市場オープン。
ダウは窓埋め、ナスダックはほとんど下げていない。

※ダウ

※ナスダック


過剰に反応したのは日本市場だけ・・・?

※日経平均


日経平均は953.15円安の28010.93円。
下げ幅は今年2番目の大きさとなりました。
下落チャネルの中にありますが200SMAがサポートになるんじゃないかな。
今日の米株市場が上昇でリスクオフムードが払拭されれば
この点線のラインで下げ止まって持ち直す可能性もありそう。
流石に今日は日銀がETFを買ってきました。
下がれば日銀が買う、ということが改めて確認できたことで
日本株市場をこれ以上売り込む流れも少なくなるのでは?

米債券市場では短期金利が上昇し、長期金利が低下する
イールドカーブのフラットニングが起こっていたのですが
今夜は長期金利も反発しています。
※30年20年10年金利が反発!
もっと短い2~5年が上昇しています。


元来、景気回復を見込む場合イールドがスティープ化するはずですが
(~短期金利が低く長期金利が上昇するカーブ)
先週のFOMC後は長短金利差が縮小=フラット化しており
景気後退を見込むような動きになりつつあったので
FOMCは市場との対話に失敗したか?と思わせる動きとなっていましたが
再び長期金利が上昇していくようならその心配も薄れます。

今週はFRB要人らの講演などで発言機会が多く
彼らの思い思いの発言がマーケットのボラティリティを上昇させそうですが
流石にドル高も一服するのでは・・・ということで
先週作った日経CFDショートとポンド円ショートを買い戻し
ちょっと買ってみました。。。

ポンド円154.40円S⇒152.75円買い戻し 152.79円ロング
日経平均CFD28908円S⇒28403円買い戻し 28447円ロング
ユーロ円も買っちゃいました、コスト130.97円L

戻り売り圧力も強そうですので、粘らずコストに逆指値を起きます。
というのも まだまだ市場は
債券市場のイールドフラット化が進むとみているようです。

米国債市場のフラット化はさらに進行か-FOMCタカ派の余波続く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-21/QV12ZZDWX2PT01?srnd=cojp-v2

つまり、私のとったポジションはまだ早すぎるということになりますが
これ、これまでの流行りのトレードの巻き返しが終わってないかも?
って話で、このまま市場が落ち着くようなら巻き戻す必要もないわけで。
(それを期待してるんですが)

※通貨インデックス一覧 ドル高も一服?

GOLDもここからちょとづつ買ってもいいかな。
大阪金6287円で買ってみました。
人気ブログランキングへ



※本レポートにて豊トラスティ証券株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊トラスティ証券株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊トラスティ証券は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊トラスティ証券株式会社