2020年10月30日金曜日

 今夜は下げ止まっているようですが、米株がここから切り返すのか、
あるいはこのまま下落してしまうのか、選挙結果に大きく影響しそう。

トランプ大統領再選の理由、1つ減る-株式市場がシグナル
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-29/QIXVG7T1UM0Z01

大統領選挙前の3ヶ月間のS&P500の動きが重要なようです。
この3ヶ月で株価が上昇できれば現職勝利の確率が高い。
下がっていると・・・・
現状ではトランプ大統領勝利の可能性がだだ下がりってことになります。

足元の株価下落は、やはり欧米のコロナ感染再拡大による
経済への影響懸念が噴出したことが大きいと思われますが
だとするならば、これが急速に沈静化する可能性は極めて低く、
この下落はまだ始まったばかり、、、なのかもしれません。

年末高の経験則から下げたところを買いたいという向きも多いと
思いますが、まだ買い参戦は早いかな。。。

今夜、株が下げ止まっているのは、⑦-9月期GDP~速報を好感した、
との解説がありますが、年率換算ではたしかに急回復に見えますが
(4-6月期は▼31.4% これが +33.1%!!)

◆米7-9月期 実質GDP(速報値)年率 33.1%(予想 32.0% 前回▼31.4%)

▽GDPのおよそ7割を占める個人消費はプラス40.7%、
▽企業の設備投資はプラス20.3%、
▽輸出はプラス59.7%と、
経済活動の再開を反映して、いずれも大幅に改善


「前年同月比」で見れば ▼2.9%です。
コロナ前の世界に戻ったわけではないですね。

これは田中泰輔氏のツイート
https://twitter.com/tanaka_taisuke/status/1321807309270441985


追加経済対策を政争の具にしている場合ではないのです・・・。

今夜はVIX恐怖指数指数も急反落している他
米長期祭利回りも急反騰。

リスクオフムードは落ち着いたかに見えますが、
ドル円相場が104円台を割らせまい、と猛烈反発。
104.72円ドル円ショートは104.38円で買い戻し・・・

※ドル円 水色の横線、このあたりには巨大な買い手でもいるのか

そして為替市場ではユーロが大きく下落しました。

今日は、日銀の金融政策決定会合とECB理事会があったのですが
日銀は無風、そもそも注目度も低かったですが

物価2%への道筋、コロナの影響和らげば明確に-黒田日銀総裁
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-29/QIY3ULT0G1KY01

ECB理事会も、政策の変更はなく、これもほぼ予想どおりだったのですが
ラガルド総裁の発言がユーロ安を誘引したようです。

ユーロドル下落 想定通りもラガルド総裁の発言にはさすがに驚きも=NY為替
https://s.minkabu.jp/news/2797200
・「ECBが12月に行動することにほぼ疑いない」

欧州はドイツやフランスが新たなロックダウン措置を発表、
新型コロナ感染再拡大による経済停滞やむなし、という状況で
市場の一部にはラガルドさんの発言が緩和的になるだろうという
予想はあったのですが、随分素直にユーロ売りで反応しましたね。。。

※通貨インデックス一覧

円高は一服しましたが、ユーロ安でドル高はますます進行しちゃった。

これは12月のECBめがけてユーロの下落が続くかもしれません。
ここからはユーロの戻り売りを考えようかと思います。

となると相対的にドル高になろうかと思いますので、
ドル円は意外と下げ渋るかもしれませんね。

ドル円ショートを買い戻したので、
為替、株価インデックスはノーポジとなりました。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

今週のひろこのウィークリーゴールドは~
【ゴールドマン・サックスの強気予想を検証】
インフレのテールリスクを読む
https://www.youtube.com/watch?v=mH8ZlP2aeck&feature=youtu.be
マーケットエッジ代表 小菅努氏に解説いただいています。

2020年10月29日木曜日

 大統領選挙まで後1週間だというのに、株下落が止まらない💦

今日28日日経平均は3日続落▼67.29円 23418.51円
これでも欧米に比べれば日本株は下げ幅は小さいですね。

今日は欧州発で下落が加速した印象。

※主要国株価インデックス 


DAX(ドイツ)FTSE(英国)の下落が大きくなり
米国株市場もこの流れを継いで下落が止まらなくなったって感じ・・・。

ドイツ、ビルド紙は11月2日から都市封鎖開始と報じたことがトリガー、
メルケル首相は1カ月間の部分的都市封鎖(ロックダウン)の
実施で合意したとの報道が。

ドイツでは28日朝までの24時間の新規感染者数が7890人に達し
過去1週間の平均では、今春の感染拡大第1波で最多の数字を上回ったとか。

イタリアも新規感染者数が2万1994人と過去最多を更新。
フランスでも新たな死者数が4月以来の高水準となっており、
新たな措置が今夜にも発表されると報じられています。

コロナウイルスの第2派が本格的に到来したということ?

株価インデックスのポジションは保有していなかったので
この下落もみているだけ・・💦

今夜はゴールドも下落していて(レンジの範疇ですが)
どうも換金売りの様相を呈しているようです。
資産は全て売れ、キャシュ化しておこうという動きに近い。

※ドル建て金


VIX恐怖指数は上昇していますし、、、

※VIX


大統領選前にリスクを取ろうという向きは多くないと思いますので
買い支えは入りにくい1週間となるのかなぁ、という気がします。

大統領選、すぐに結果が出ればいいですが、
2000年のときのようになかなか決着がつかないと
株価はダラダラ下落が続くことになります。

そうなる可能性は決して低くないと思われ、
だったら株価が高いうちに利確してしまおう、というのが
今の流れかと思いますので、下げ止まりを見ずに買い参戦はちょっと怖い。

大統領選で決着が付けば買いだと思いますが
コロナ感染状況がさらに悪化し米国でも各所でロックダウン措置が
とられるようだと、2番底を探る相場展開になるかもしれません…。
人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

**************

為替市場では典型的なリスクオフの動き、ドル高円高となりました。

※通貨インデックス一覧


堅調に上昇していたキウイも巻き込まれ急落(T_T)

キウイドル0.6684ドルロングはコストで消滅。
キウイ円70.13円ロングは69.80円においておいたストップがヒット。

昨日作ったドル円104.72円ショートは利が乗ってきました。

ドル円は104.30円台が過去跳ね返されてきた水準で
今回もここで止まってますね・・・。

このレベルをした抜けると下落チャンネルの下値支持線まで
ズルっと行きそうですが、さて。

ドル円ショートのみになりました・・・(*_*)
ブログランキングに参加しています。
https://blog.with2.net/rank1532-0.html

今週のひろこのウィークリーゴールドは~
【ゴールドマン・サックスの強気予想を検証】
インフレのテールリスクを読む
https://www.youtube.com/watch?v=mH8ZlP2aeck&feature=youtu.be
マーケットエッジ代表 小菅努氏に解説いただいています。



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社