2018年7月17日火曜日

ドル円は112円台後半まで上昇、2015年6月以降の中長期レジスタンスも突破。

市場関係者らがみんなポジションひっくり返して強気一辺倒になった印象。
確かにテクニカル的には日足、週足と一目均衡表の雲抜けで強い形。
ドル高トレンド発生でしばらくは上昇するんでしょうけど、
ファンドのポジションにだけは気をつけておこうかと。

※IMM通貨先物ポジション

まだドル円は39832枚のネットショート。
10万枚を超えるネットショートになることもありますので
まだまだファンドポジションからはドル円上昇余地はあるかな。

ただ、先週あまりにドル円上昇が加速したので
押し目買いに徹します。

111.50円超えでロングしたドル円は112.42円で一度手仕舞いました。
再度111円台に落ちてきたらまた買います。

130.50円でロングしたユーロ円も一度手仕舞います。
131.47円。これも再び130円台で拾おうかと思います。

目先は円売りが旺盛になるかな、、と思っていますが、
あまりにも市場がその方向に加熱してしまうと嫌ですよね。

とうとう、この円安は、Sellジャパンじゃないか、という説まで。

[FT]安全資産・日本円の終わりの始まり?
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32974840T10C18A7000000/?df=2

それにはまだ早いんじゃないかと思いますが、
どういう理由にしろ、市場が偏ることには警戒しておきましょう。

足下の円安ドル高は、リスク警戒から円ロングだった投機筋が
ポジションをひっくり返してさらに円ショートに切り替えたことが
最大のトリガーだったかと思っていますが、
何故ポジションをひっくり返したか、というと、
先週のトムソンロイター記事、日本の上期のM&Aが13兆を超える規模だった、
これに反応したんじゃないか、と考えています。

M&Aによる外貨調達がドル円相場を上昇トレンドに押し上げることは
ありませんでしたが、あれほど貿易問題が懸念されるなかで
不思議と円高にならなかった背景には、M&Aに絡む外貨調達が
外為市場でのドル買いにつながっていたことが大きかったと思います。

日経平均が下げてもドル円が下がらなかったのは実需の買いが
支えていた、というわけですが、もう一つ。
GPIFの買いもあったんでしょうねぇ、6日に出ていた情報ですが
GPIFの2017年度の運用成績、これを見ると、外モノ投資がコンスタントに
出ていたことが確認できます。

市場のクジラ、おなかいっぱい GPIF「運用目安」超え
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32727950W8A700C1EA6000/

2017年度のPFは国内株比率が25.14%で2014年10月に発表された
基本ポートフォリオである国内株式25%±9%にほぼ到達。
この事実を日経はお腹いっぱいと書いていますね。

外国株式と外国債券については目標とされる基本ポートフォリオが
外国債券は15%±4%、外国株式は25%±8%。
2017年度、外国債券が14.8%、外国株が23.9%へと目標に
概ね近づきつつありますが、まだ買い余地があります。

外国債券は2015年度末13.47%、2016年末が13.03%でしたので、
2017年度にその比率が大きく伸びたことがわかります。

また外国株投資は2015年度末が22.09%、2016年度末が23.12%でしたので、
こちらも粛々と投資を増やしてきたこと確認できます。

GPIFは160兆円規模の運用資金を誇りますので、
1%動けば1.6兆円動くことになるのですから、
その影響力がいかに大きいかは改めて解説することもないでしょう。

GPIFの外債、外国株投資も為替市場での円売り、ドル買いをサポート
し続けていることが改めて確認できたわけですが、
2018年も継続的に外モノ投資が続けられるものと考えられます。

そうはいっても、ほぼほぼ目標に到達しているじゃないか、
特に日本株はもう買えないじゃないか、、、と見ることもできるのですが
GPIFに代わる買い手の存在も指摘されています。

日本株を支えた「クジラ」の代打を、あの銀行がつとめる可能性
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56547?page=2

ゆうちょ銀行の2017年度有価証券資産額は152.2兆円であり、そのうち国債は87.1%を占め、132.6兆円に達している。日本国債は低金利のため大きな運用益は期待できない。米国債を始め主要国の国債価格も下降基調である。

一方、同行の株式保有率は何と0%である。

ゆうちょが実際にGPIF型の積極運用に動けば、
そのインパクトは大きいですね。
まだ期待にすぎませんけれど。

ということで、基本はリスクテイク方向で押し目買いスタンス。

今週は7月17日にパウエルFRB議長が上院で議会証言を行いますが(18日下院)
パウエルさんって就任時から、喋るたびに株が下がるのよね。。。

パウエルさんのせいで下がる局面があれば、再度買いのチャンスかな。

18日にはベージュブック。

年内の米国利上げスタンスが改めて年内2回が固そうだ、と確認できる
内容になるならドル高でしょうけれど、ちょっとでも慎重になれば
ドル売りとなる可能性も。。。


***************************

7月12日、英政府はEUからの離脱方針をまとめた白書を公表。

EUと緊密な関係を維持するソフトブレグジット方針が示されましたが
金融分野では「緩い(looser)」連携に留まる内容となっていて
英国の金融機関はEU内での特別な待遇を受けられなくなる模様。

17日、EU各国の欧州担当相がブレグジット交渉の進捗を討議するとのことで
ポンドが動く可能性も。

金融政策的には8月2日のBOEでの利上げが織り込まれており、
意外とポンドが下げ渋っています。
クロス円ではドル円上昇もあって、ポンド円が強い。
テクニカル的にもポンド円に注目していましたが、ポジション持ってません💦

今週はブレグジット関連報道でポンド売りが出た局面では
ポンド円の買いも面白そうね。人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】










2018年7月13日金曜日

米中の通商問題は落としどころが見えず、株式市場は不安定ですが
ドル円相場は勢いよく上昇開始。何故、リスクオン時にみられるドル円上昇なのか。

この記事にヒント。

焦点:過去最大の対外M&A、「買収玉」が跳ね返す円高圧力
https://jp.reuters.com/article/japan-merger-yen-analysis-idJPKBN1K111S

 実需のドル買いがドル円を支えているということですが
トムソン・ロイターの集計によると、今上期の日本企業による
海外企業の合併・買収(M&A)は合計13兆0079億円。
これまで最大だったのは16年下期の8兆4701億円。80年以降で最大。

13兆円規模というと、政府・日銀が震災後の11年下期に断続的に実施した
為替介入13兆6045億円に匹敵する規模とのこと。


もちろん、M&Aの総計全てが外国為替市場での円売りになるわけじゃありません。
外貨の調達には様々な手段があるわけですが、、、
それでも、海外企業を買うわけですから外貨は調達しないといけないのは事実で
かりに実弾として外為市場でドル調達するとなると「買い切り」の玉ですので
これは介入しているようなものですよね。
13兆円のうち、半分出たとしても6~7兆円ですよ、これは大きい。

また、記事の最後の部分に
財務省によると、1月から最新の5月までに行われた対外直接投資は
合計で6兆6843億円。15年以降3年連続で更新し続けている
過去最高ペースに衰えはない。~との記述。

これは、純粋に6兆6843億円の円売りが出ていたということでしょう。
金利の無い国内債券で収益があげられなくなった機関投資家らが
外債、外国株などの投資を積極的に展開していたということ。

単純計算で19兆。こりゃなかなかドル円が下がらないわけです。
日本株とドル円の相関が薄れている背景にはこれがありそうね。

それから、今日は西原宏一氏と番組でご一緒したのですが
興味深いことを話されていました。

米中貿易摩擦などの影響で下落する人民元。これが中国当局による
ハンドリングなのかどうかはわかりませんが、人民元安、ドル高がトレンド化
していることは紛れもない事実。
これをヘッジしなくてはならない場合、どうします?!

人民元市場は流動性が低くヘッジなどがやりにくい。
ということで、同じアジアの通貨である円を売ることで
元下落をヘッジしようという向きがあるとかなんとか。。。。

元安が円売りでヘッジできるというのはにわかにはピンときませんが💦
だって、対外純資産世界一の円はクラッシュ時、リスクオフ時には
レパトリ警戒から猛烈に上昇するんですよ。これが元安というリスクヘッジに
売られるって、なんだか不思議なんですけれど、まあ、そういう指摘があるようです。

頭を柔らかくしないと今の相場見えてきませんね。
従来の教科書的相関は塗り変わっていくものです。。。

ということで、ドル円とユーロ円ロング、継続のままです。

それからこの記事も是非読んでおきたい。

コラム:貿易戦争でも世界経済が失速しない「3つの理由」=村上尚己氏
https://jp.reuters.com/article/column-forexforum-naoki-murakami-idJPKBN1K10FP



以下、簡易抜粋

①第1に、米国では減税政策などによる景気押し上げ効果が、関税引き上げによるネガティブインパクトをかなり相殺することが見込まれる。米議会予算局(CBO)の試算によれば、家計に対する減税政策だけで2019年までの2年間に年平均800億ドル、国内総生産(GDP)比0.5%相当の所得押し上げ効果がある。

対中輸入2000億ドル規模まで関税引き上げが広がった場合は、累積的な関税負担は約435億ドル。

米国経済全体でみれば、減税効果で家計部門の総需要が増え続けるため、潜在成長率を上回る経済成長が続く可能性が高い。

②第2にインフレ率を控除した実質政策金利はほぼゼロ。
景気が後退局面に入る前には、多くの場合、実質政策金利が3%以上まで上昇、金融環境が景気抑制的に作用し、景気後退が訪れるのが経験則。長期金利は今年緩やかな上昇が続いているとはいえ低水準のまま。

③第3~バブルの兆候がない

住宅投資のGDP比率について、1940年代後半からの長期推移をみると、平均は4.6%。多くの場合、景気後退が発生する前には、この水準を超える住宅市場の盛り上がりが起きていたが、2018年初でこの比率は3.9%と、平均からかなり低い数値。
自動車関連消費のGDP比率についても言える。家計の住宅・耐久財消費の状況から判断すれば、米国の景気後退入りはまだ遠い。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









2018年7月12日木曜日

ドル円相場がアセンディングトライアングルだ、
という指摘がちらほらと出ていましたが、
綺麗に上抜けました。112円台です。

※ドル円日足


やっぱりドル高か!!!

ユーロドルを1.1683ドルでロングしていましたが、1.1709ドルで逃げて、
ドル円を111.52円ロングにスイッチ。

ユーロ円ロングを継続とポジション組み替えました。

今週からドル高の修正が来るというイメージでいましたが、
全然そんなことはなくて、、、やっぱりドル独歩高です。

※通貨インデックス一覧


そして、円売りのトレンドが明確に出ています。
通貨インデックスでも円安が顕著。

つまり、ドル円ロングが最も良い組み合わせ。

そして、ドルストレートでのドル買いですね、
豪ドルドル、キウイドルショートなどがいいということです。

ユーロ円ロングはそのままにしています。

11日㈬の早朝、
トランプ大統領が中国に対して2000億ドル(22兆円)規模の製品に
10%の追加関税をかける追加措置案を9月にも発動することを明らかにし、
これを嫌気して、ドル円、クロス円が急落する局面がありましたが
(AM5:50くらいかな、起きてました)
このニュースって前からわかっていたことですし、朝の薄い時間帯に
アルゴが発動して落ちただけだろうと思って静観しておりましたところ、
日本株市場はそれなりに荒れましたね…。

今週金曜がSQですので、SQ前の水曜らしい動きであったといえばそれまでです。
ドル円、クロス円相場は朝の急落からじりじりと回復していましたので
どうも、市場はリスクテイクしたいような感じでした。
ということで、夜になってドル円ドカーンとレンジブレイクです。

今夜は原油が大きく下げています。
ゴールドも弱い、、、ということでコモディティも軒並み安。

※エネルギー貴金属銘柄などコモディティ一覧


今週は、ドル高の修正からのドル安でコモディティが回復するかと思っていましたが
さらなる下落でした、、、特にCopper,銅価格なんか一段安じゃん、あーあー。

つまり、ドル全面高でコモディティ全面安という相場ね。。。

タイミングはちょっとずれるんだけど、22:00発表の米PPIが強かったこと
などもドル買いの支援材料ではありますね。

・米・6月生産者物価指数:前月比+0.3%(予想:+0.2%、5月:+0.5%)
・米・6月生産者物価コア指数:前月比+0.3%(予想:+0.2%、5月:+0.3%)
・米・6月生産者物価指数:前年比+3.4%(予想:+3.1%、5月:+3.1%)
・米・6月生産者物価コア指数:前年比+2.8%(予想:+2.6%、5月:+2.4%)

PPIは前月から低下も予想を上回りました。
前年比では5月から予想外の上昇で、2011年11月イライ年半ぶり高水準。

明日はCPI消費者物価指数が出ます。

ドル円相場はレンジを上に抜けたことで、2017年の長いレンジ上限であった
114.80円前後までの上昇が見込めるのかと思います。
CPIが強ければ結構勢いがつくかも。
弱ければ押し目買いですね。

※ドル円週足

ユーロ円は、、、ユーロドルが下がっちゃうとあんまり動かないかも💦
一応130.50円のロングは継続して様子を見ようかと思います。

※カナダが利上げしました。0.25%引き上げて1.5%へ。

声明
「インフレ目標に近づくため利上げは正当化される」
「データに基づいて段階的なアプローチを取ると予想」

今後の追加利上げ期待も強まったようですが、カナダ買いというより
今夜はドル買いとなりました。。。

原油が急落していることもありますので、カナダはあんまり上がらず・・。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2018年7月11日水曜日

超長期的にはファンダメンタルズに沿った値動きになるんでしょうけれど、
目先の相場展開って、材料に素直に反応しないものよね。

イギリスはメイ政権の主要閣僚のデービス欧州連合(EU)離脱担当相と
ジョンソン外相の2人が相次いで辞任してことで売られていたポンドですが、
10日火曜は大きく買戻しが入っています。

さらに、主要メディアの報道はないのですが、
ロンドンのブリオンボールド社の
Twitter情報によると、たった今保守党の副議長二人も
メイ政権のEU離脱の方針へ異議を唱えて辞任したことが伝えられている、
とのこと。
https://twitter.com/BullionVaultjp

現時点で日本語訳になっていないようですが11日東京時間オープンまでには
日本語ニュースにもなるでしょう。

しかし、ポンドにはあまり影響がないようです。
というかむしろポンド円などは、強気トレンドが発生したかのような。。。

※ポンド円


まだ200EMAを下回っていますが、RCIの中期線、長期線が上向き転換しており
上昇トレンドの初期の形にも見えます。

もっと形がいいのがユーロ円。

※ユーロ円


こちらもRCIがよく似た形ですが、もっといいのは200EMAの上に顔を出したこと。
昨日130.50円超えでロングすると書きましたが、この注文が執行されました。

10日火曜はドイツとユーロ圏の7月のZEW景況感指数が悪化するなど悪材料がでて
欧州時間はユーロ売り優勢だったんですけど下値は意外と固く切り返してきましたね。

ドルストレートより、クロス円です。

クロス円の上昇、、、すなわち、リスクオンですね。

通貨インデックスを見ると、、、

※通貨インデックス一覧


明らかな円売りとなっています。

そうはいっても、どのインデックスもレンジの範囲内での動きですので
このレンジを突き抜けて、円安がトレンドとなるかどうかはまだわかりません。

夏場はサイクル的には円高圧力が強い時期ですしね・・・。

ポンドにしろ、ドイツに様々な不安を抱えるユーロにしろ、
買い材料はあまり見当たらないのですが、流れに逆らわないことです。
米中貿易摩擦で景気失速が懸念される中国と貿易関係が強い豪ドル然り。
豪ドル円もレンジ下限からレンジ上限を目指す上昇となっています。
豪ドル円を買ってもいいかな~とも思いますが、
手数を増やすといいことがないので。我慢。

材料に執着してトレードしても勝てないのよね。
かといって、テクニカルが万能ということでもないのですが・・・。

ということで、ユーロドルロングにユーロ円ロング追加です。

人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社