2019年9月20日金曜日

9月FOMC 0.25%利下げ → FF金利は 1.75-2% へ

■FOMCメンバー 賛成 7 反対 3

カンザスシティー連銀ジョージ総裁
ボストン連銀ローゼングレン総裁が金利据え置きを主張
セントルイス連銀ブラード総裁は0.5%利下げを主張で反対

■19年末までの金利について
年内あと1回の利下げが適切とするメンバーが17人中7人。

年内利下げについて意見が分かれていることが問題。
17人の平均値を取ると年内利下げはゼロ。

マーケットは、年内の利下げは今回で打ち止めの可能性が示唆されたことで
株安、ドル高となりました。
                
■パウエルFRB議長 会見■

■利下げについて
~利下げは保険をかけるため
~経済が減速すれば、利下げの継続が適切な行動になり得る。
 ただ現時点では我々の想定には入っていない。

■短期レポ金利急上昇について
~金融市場の情勢を注視し続け、金利が誘導目標の範囲内に納まるよう必要に応じて金融調節を実施していく。FRBへの準備預金は十分にあり、頻繁に金融調節は必要とならない

■QE再開について
~資産を事前に考えていたよりも早く、再拡大する可能性はあり得る。問題はいつ再開させるべきかということだが、これについては次のFOMCでも討議するだろう

■逆イールドについて
~注意深くみているが、不況の兆候とは考えていない。


ドットチャートから年内利上げ打ち止め感観測が強まったことで
ダウ平均は一時200ドルを超える下落となりましたが
パウエル議長の記者会見で「成長維持のために適切に行動する」などと
発言したことで買い戻されたのか、大引けでダウ平均36ドル高。

つまり、一方向にトレンドができるような内容でなかったということ。

会見ではQE再開についても言及していましたが
年内の金融政策は経済指標、環境によって柔軟に、ということなのでしょう。
利下げの安心感から株を積極的に買うフェーズは終了。
ここからの経済指標の重要性がましたということではないでしょうか。

こうなると難しい。

指標が悪ければ、年内さらなる利下げの可能性を織り込み株は下がらず、
指標が良ければ、利下げはないということで株は下がる、
なんて逆の値動きとなるリスクもあるってことよね。。。

0・25%の利下げはすでに織り込まれていたのでノーサプライズ。
思い切った緩和とはなりませんでした。

トランプ大統領は早速ツイッターに
「FRBは根性も判断力もビジョンもない! ひどいコミュニケーターだ!」
と非難していますが、パウエル議長からすれば
米中貿易摩擦での報復関税の応酬などがなければ
もっとマーケットは落ち着いているはずだ、という気持ちじゃないかな・・・。

為替市場では、予想通りの利下げで材料出尽くし、
むしろドル高となってしまったために、
ドル円相場は108.50円近くまでドル高円安が進行。

これが功を奏したのか、19日の日本株市場は堅調

日経平均は一時22255.56円まで上昇、
4月24日に付けた年初来高値(22362.92円)にあと100円程度にまで迫る
局面もありました。
ここを抜ければ強いですが、、ってとこに日銀。

日銀、緩和カード温存 ECBを反面教師に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49967440Z10C19A9I00000/

予想通りのノーイベント。

そもそもドル円相場108円台では輸出企業のドル売りが旺盛だったようすが
日銀の現行政策維持に伴う失望でドル/円相場が108円を割り込み、
日経平均も上げ幅を削る展開となりました。

そしてロンドン時間には英国の金融政策。こちらもノーイベント。

BOE
・政策金利を0.75%に据え置きとすることを決定
・資産購入枠を4350億ポンドに据え置き決定

ということで、米FOMC、日BOJ、英BOEとをこなして
マーケットには波乱は生じていません。

ということでトレンドも発生しませんでした。

週明け、サウジの石油施設攻撃で原油市場に波乱が生じれば
リスクオフ相場になるか、と懸念されましたが
現在のところ、リスクオフ相場に発展するほどの材料になっていません。

原油は高止まりの様相を呈するものとみていますが
それはそれで産油国オイルマネーにとっては悪い話じゃない。
日本のようなエネルギー輸入国にとっては大変な話ですけどね。

ということで次のイベントは米中貿易交渉でしょうか。

10月1日が中国建国70周年記念イベントですので
それまではトランプ大統領のTwitterrリスクもないはず。
ということで株は堅調。
VIX指数も低下傾向。

日経平均CFD21974円のショートは、
9/13の高値22120円でストップアウト。

為替市場では108.50円レベルが
今年の安値104.84円と今年の高値112.40円のちょうど半値。
半値戻りで上値重くなってきた、、、ということで
円高方向にバイアス。

う~ん、方向感ないよねぇ。。。
しばらくもみもみかなぁ。

今年のドル円のレンジわずか8円程度ってボラ低すぎません?!
FOMC経過もノーアイディア。

1.2320ドルのポンドドルロングは継続。
ユーロドル1.10152ドルLも継続。
68.75円のNZドル/円ショートは継続です。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】





2019年9月19日木曜日

CME Fed Watchの急激な利下げ織り込みの低下はこれに起因しているようね。
このニュース見落としていました。

米短期金融市場で金利急上昇、FRBは臨時で資金を供給
https://jp.reuters.com/article/usa-fed-repo-idJPKBN1W22TH

~銀行や企業が資金調達する際に支払う翌日物レポ金利が前日に続き上昇し、一時10%を付けた。四半期の法人税納付や国債入札の決済が立て込むなか、今週に入って短期市場に混乱がみられており~


米国内で銀行間で短期資金を調達する主要な市場である
レポ市場で金利が急騰しているのです。
レポ金利は通常、FF金利に近い水準で推移します。
FF金利は現在2.0~2.25%ですね。
これがいきなり10%に上昇したわけですから尋常じゃありません。
つまり、ドル需要が旺盛であるため調達コストが上昇しているということ。
ドル不足ってわけね。

これを受けてNY連銀は17日、銀行の持つ国債などを担保とするレポ取引を通じ
531億5000万ドルを市場に供給。18日も最大750億ドルを供給すると表明、
混乱の収拾をはかりましたが、この米国短期市場の混乱は世界のドル調達コストをも
引き上げてしまいました。当局がレポオペを実施するのは10年ぶりだとか。
リーマンショックの時以来、ということになります。
ちょっとちょっと、大丈夫?!(;'∀')

何故、急にドル不足が生じているのか。

レポ金利の急上昇やまず、世界的なドル調達コストに波及
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-17/PXZ8QZ6TTDS001

①16日は企業が四半期の法人税を支払う期限、短期市場から資金を引き出した
②16日米財務省は入札国債の受け渡しを予定、780億ドル(8兆4300億円) 
 この入札の決済に資金が必要となった

この2つが重なったため、と解説されています。
米国の大手金融機関は、米国債入札に伴う市場の資金需要に
見合うだけの十分な手元現金が潤沢ではないってこと?!

まあ、今回のように当局が市場に資金供給を行えば問題はないのだけれど。

これがフェドウォッチの利下げ織り込み確率に影響を及ぼしたものとみられます。

ロイターもフェドウォッチの利下げ確率の低下に言及していますが、

市場が織り込む米利下げ確率、ほぼ五分五分まで低下
https://jp.reuters.com/article/%E5%B8%82%E5%A0%B4%E3%81%8C%E7%B9%94%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%82%80%E7%B1%B3%E5%88%A9%E4%B8%8B%E3%81%92%E7%A2%BA%E7%8E%87-%E3%81%BB%E3%81%BC%E4%BA%94%E5%88%86%E4%BA%94%E5%88%86%E3%81%BE%E3%81%A7%E4%BD%8E%E4%B8%8B-idJPL3N2684VZ

「ごく限定的な取引の影響があったためで、市場心理の本格的な変化を示してはいないかもしれない。」と締めくくっていますね。
ですから、FOMCの金融政策における利下げを予想する上での
参考にはならないものと考えています。

こうした一連の騒動が、サウジの石油施設爆撃と重なる時期であったため
利下げ織り込みの低下は原油急騰と関係があるのでは。。。
などと考えたりもしたのですが、
たまたまドル資金需要が高まる要因が重なっただけです。

ただし、米国内の金融機関には潤沢なドルがない
ということが明らかになったわけで。
何か大きな事件があって一斉にドル需要が高まったら大変ですね。
米国内でも不足するわけですから、海外金融機関はもっと大変よ。

あと1時間半ほどでFOMCですが、それを受けてはまた明日。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




2019年9月18日水曜日

サウジの石油施設の爆撃による原油急騰の影響は東京株式市場では限定的でした。
9月17日火曜、日経平均は +13.03円 22001.32円となんと10日連続高。
(2017年10月2日~24日の16連騰以来の記録)
10日間の上げ幅は1381円。

寄り付き直後110円安まで売り込まれたのですが、拾う向きも多かった。
22000円台回復しましたので、5月6日GW最終日のトランプ大統領による
米中貿易交渉決裂tweetによる下落をすべて吸収して上昇したことになります。

昨晩16日月曜ののダウ平均はサウジの件を受けて ▼142.70ドル 27026.82ドルと
下落していたので、日経平均の強さは意外ですが、
為替市場ではドル円相場がしっかりしていたことが支援材料となったのでしょうか。

為替市場ではリスク回避による有事のドル高、、、なのかと思っていたんですが、
なぜか、金利先物市場で今週9月18日の利下げ織り込みが
急激に低下しているんです。


1か月前までは0.5%利下げを予想する向きも多く、それも加えて考えると
9月の利下げ確率は100%でした。
ところが、今日CME Fed Watchを見てみたらなんと、0.25%利下げ織り込みが
56.5%にまで低下している、、、なぜなぜ??!!

ひとつは米株が過去最高値圏まで上昇していることで利下げは必要ない?!と
考える向きが増えている可能性。

あるいは、サウジ石油施設攻撃による原油急騰が世界経済に及ぼすリスクを
考えたときに、利下げすれば原油高はさらに進行するとの連想からの
利下げはできないんじゃないかと推測できないこともない。

それにしても、、、
ここにきて50%台にまで市場の利下げ織り込みが低下するとは。

これが足下でドル高を呼び込んでいる可能性もありますね。

しかし、実際に明日のFOMCで利下げが見送りとなれば
米株、、だけじゃなくて、世界の株価は急落すると思います。
これまで利下げを期待して上昇して来た側面も強かったと思われますので、、、。
昨日の米株下落もサウジが理由じゃなくてこれが嫌気されたのかもしれません。

利下げ織り込みの低下は気になりますが、
現在までのところ世界の株式市場は、原油価格急騰をそれほどリスクと
とらえていないということです。

中東のオイルマネーにとっては原油高は歓迎でしょう。
そして、それは米国も同じことです。

サウジの生産障害があれば、米国シェールの輸出が増えます。
実は米国にとっても原油高歓迎なのです。

トランプ大統領は今日
「米国はエネルギーの純輸出国で世界最大のエネルギー生産国だ!」
と述べています。これで今日はドルが買われたとの指摘も。
原油高が困るのは原油が生産できない国。輸入に頼っている国です。

ですから、トランプ大統領は原油高を背景に利下げ圧力を弱めることは
ないでしょう。

ただし、金融政策をつかさどっているのはFOMC、トランプ大統領ではないですけど。

そして今夜、原油は結構大きな反落となっています。

サウジ原油生産、向こう3週間で完全に回復=関係筋
https://jp.reuters.com/article/saudi-oil-output-idJPKBN1W21PG?feedType=RSS&feedName=special20

※WTI原油先物日足

三角持ち合いを上抜けしましたが、、、今日の反落で持ち合い回帰となるか
それとも初押しは買い、となるチャートなのか。
ぎりぎりこれまでのレジスタンスラインを割り込まずにいるようですが、、、。

というわけで、100%利下げが織り込まれていた時と比較すると
明日のFOMCは波乱の様相が強まったように思われますが、
ここにきて気になるのが、上海市場。

株安、債券安、人民元安だそうで、、、、

中国金融市場、トリプル安-人民銀がMLF金利を引き下げず
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-09-17/PXYTF5T0G1KX01?srnd=cojp-v2

※上海総合指数

2018年までの相場では下値抵抗線だった水準が
今年は上値抵抗線となっているようです。

中国株が本格的に崩れてくるようだと、米株、日本株も、、、
明日以降の値動き注視ですね。

***************************

今夕、ユーロを買い直しました。
ユーロドル、コストは1.10152ドル。

ロンドン時間に下方向に攻める動きがあってからのV字反騰。
こういうダマシのような動きの後って上がるんです。

※ユーロドル15分足


そもそも9月の先週のECB理事会でやれることは全て
やっちゃったような気がしていたので、あとはチャート。

これは功を奏して今、上昇してきています。

ユーロ円の日足チャートも伸びそうなのですが
クロス円は調整が入るんじゃないの、、、って思っているので
売る勇気がなかった。
昨日作った68.75円のNZドル/円ショートは、69円を上回れば撤退。

ユーロ円は押し目買いでもいいかもしれません。
ポンド円もチャートはきれいよね。

※ドル円、クロス円チャート


1.2320ドルのポンドドルロングは継続。
日経平均CFD21974円のショートは、現在アゲインスト(;´・ω・)
現在21999円。9/13の高値22120円を超えたら撤退。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







2019年9月17日火曜日

この週末(9/14)、サウジアラビアの世界最大規模の石油施設が攻撃され、
石油生産障害への懸念が浮上、週明けは原油価格が急騰しています。

攻撃されたのはサウジ東部ダーランから約60キロ離れたアブカイクにある
世界最大規模の石油施設と、首都リヤド東方のクライス油田。
サウジアラビアの8月の原油生産量は日量985万バレル、世界の10%に相当します。
世界最大の輸出国でもあり、日量700万バレルあまりの石油を各国に輸出、
今回の攻撃で570万バレルもの生産が停止したと報じられています。
世界供給分の5%に該当するとも報じられ、週明けのマーケットへの
影響が懸念されていましたが、、、

週明け、WTI原油は15%、北海ブレントは19%もの急騰となりました。

※上段WTI原油、下段ブレント原油

WTI原油は三角持ち合いを上方ブレイクしたように見えますが
ブレント原油は、、、
ひげとなって持ち合いを抜けることが出来ないようにも見えます。
持ち合いを抜ければ原油高が加速、
これが他市場に影響を及ぼす可能性もありますが、
さて、原油の本格上昇となるでしょうか。

米国へシェール生産企業も多く、これらの企業は社債を発行して
資金調達していることから、原油高は米株高という相関性が
強かったりするんですが、足下では、米中貿易摩擦はじめ
世界の景気後退懸念が石油需要の鈍化懸念につながり
原油価格は上値が重い中、米株は低金利をバックに自社株買いが旺盛で
上昇するという逆相関関係になっていたりします。

需要が旺盛なあまり、供給が不足するという需給構想による原油高は
景気がいいのですから株高につながりますが、
今回のような有事による生産障害による供給不足での原油高は
株式市場にとって良いワケがありません。

ということで、今夜のダウは100ドルほど下落しています。
とはいえ、8営業日も続伸した後ですので、100ドル程度の下落は
単なる調整に見えますね。。。
先週金曜までの8日続伸で過去最高値(7/15 27359ドル)まで
わずか140ドルに迫っておりました。
ここを抜ければ強い相場ですが、抵抗にあうレベルでもあります。

※ダウ平均

株価の様子を見る限り、サウジのニュースでマクロマーケットが
激しく動揺しているようには見えません。

恐怖指数もほら・・・。上がってない。

※VIX指数

複数の欧米メディアは、生産能力が完全に復旧するには数週間程度かかる
可能性があるとの報じていますが、サウジにも備蓄がありますし、
米国トランプ大統領もすかさずSPR戦略石油備蓄の放出の用意があることを
表明しており、(SPR=米国の1ヵ月の石油消費分相当、6億4500万バレル備蓄)
すぐさまオイルショックのような供給難に陥ることはありませんので…。

ただ米中貿易摩擦の緩和、英国合意なき離脱の可能性の後退への
期待のが高まりから、先週までに世界の株価は相当に戻りを入れましたし、
ドル/円相場も円高論が台頭していたわりには108円台までドル高円安が進行、
短期的には過熱感もあったため、
このサウジのニュースきっかけで、調整入りとなる可能性が大きいと思われます。
日経平均なんか9/13金曜まで9日続伸です。2年ぶりの記録ですよ。

ということで、日経平均CFDを21974円でショートしてみた。。。
短期目線です。

※くりっく株365CFD日足


為替ではドル高になっているようなのでドル円を売るのは止めて
NZドル/円を68.75円でショートしています。
先週までのリスクオンでクロス円が上昇しましたよね。
だから、クロス円が調整局面入りすると思うんだけど、
豪ドル円は、、、株価がもし大きく崩れだすと
トランプ大統領が米中関係で前向きなTweetをするかもしれない、、、
と考えると中国のプロキシー通貨である豪ドルショートは
ちょっと避けておこうかな、ということでNZドル/円。

※クロス円日足チャート一覧


そして先週のECB理事会後に買い直した
ユーロ円とユーロドルですが…

119.02円で再エントリーしたユーロ円
先週末金曜は119.72円で引けたのに、
サウジのニュースで118.98円くらいまで窓を開けて急落😞

コストにストップ置いてあるので、まさかの週明け損切HIT
それほど大きな損じゃないけど、なんかショック・・・・。

1.1041ドルで買ったユーロ/ドルは
1.1074ドルでカット。ちょっとだけ利食い。
これでユーロ円の損はカバーできていますが、
なんだか残念な結果・・・。

9月ECB理事会は利下げ+QE再開、しかもオープンエンド(無制限)と
満額回答、それなのに、反発上昇していたので
ユーロ下落は材料出尽くしで終了かと思ったのですが、
有事はドルが選択されるということか、週明けはドル独歩高です。

※通貨インデックス一覧

今日上がってるのはドルだけですね。

今日今のところの資金の動きは株から債券へ。
米債が選択されて、先週まで急反発してきた米長期債利回りも
今日は低下傾向にあります。何か世界に異変が起きたら
もっとも流動性が高い米債が安全資産なわけですよ。
これも、サウジのニュースがあったから、というには地味な動きですので
それをきっかけに多少利食いが出ているという程度に見えますが・・・。

というわけでポンドドル1.2320ドルロングは
先週1.2504ドルまで上昇したのですが
今日1.2399ドルまで下落してきています。まだ利が乗ってます。

全般有事のドル買いのようになっていますが
ポンドドルのチャートはまだまだ上がりそうですし、
ブレグジット関連のニュースはポンドに及ぼす影響が大きいので
合意なき離脱を封じ込められた現状においてはポンドはまだ上がるかも、、、
ということで、ポンドロングは継続です。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




***********************************

サウジですが、このタイミングでの石油施設攻撃って
いろいろと都合がいいよね、って指摘も多いです。

9月3日
サウジアラビアはファリハ・エネルギー相を国営石油会社サウジアラムコの会長職から外しました。

アラムコのIPOを巡っては、東証が選ばれる?!なんてニュースもありましたが
それは海外上場の話で、まずサウジ国内でプライマリー上場を行います。
アラムコのIPOは、調達金額1000億ドルとも言われていますが
年内(おそらく11月)にサウジ国内で1%の株式、
来年にさらに1%を上場予定。

アラムコ上場に際していえば、原油価格は高ければ高いほどいい。
サウジアラビアの国有石油会社で保有原油埋蔵量、原油生産量、
原油輸出量は世界最大。原油価格が安いと価値が下がります。

なぜ9/3にファリハ氏をアラムコ会長職から外したのでしょう?!

9月7日
サウジアラビアのサルマン国王は、ファリハ・エネルギー産業鉱物資源相を解任。
アラムコ会長職だけでなく、エネルギー相も解任しちゃった。
後任にムハンマド皇太子の異母兄であるアブドゥルアジズ・ビン・サルマン王子を任命。

ファリハ氏はこの3年間、OPECの外交の顔の役割を果たしてきましたが。


9月10日
トランプ大統領、ボルトン大統領補佐官解任。

~トランプ大統領が対イラン制裁緩和検討

→ 原油急落

トランプ大統領はイランのハッサン・ロウハニ大統領との会談を望んでいる模様。


9月14日
サウジアラムコの石油施設2カ所が攻撃受ける。

・フーシ派から犯行声明出される。
フーシ派=イラン革命防衛隊の支援を受けるイエメンのイスラム教シーア派武装組織

・米ポンペオ国務長官
「イエメンからの攻撃だという証拠はない」
「イランが世界のエネルギー供給に大規模な攻撃を仕掛けた」

米国はイランの関与だと断定?!

・トランプ大統領
「われわれは犯人を知っている。そう信じる理由がある。検証次第では臨戦態勢だが、サウジ側が誰の犯行とみているかの見解を待っている」

トランプ大統領はイランとは断定していませんが、臨戦態勢と発言。
ただし、以前ロウハニ大統領との会談を望んでいると報じられています。

9月16日
イラン大統領、トランプ氏との会談予定なしと外務省報道

原油高を演出したいサウジの自演説もあるようですが
たしかにアラムコ会長でありエネルギー相であったファリハ氏を解任し
後任に、身内を据えた直後の出来事。

米国側もボルトン大統領補佐官を解任した直後です。
なんか、、、、タイミングが、、、
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社