2019年7月22日月曜日

先週金曜の日経平均の急反騰には驚きましたね。
何か特殊玉の買いがあったようにも感じます。
クジラでしょうか。

GPIFは日本株投資を強化か、比率低下で2兆円超の積み増し余地
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-17/PUPRZA6TTDS001

木曜の急落ではドイツ銀行の日本株エクスポージャーのキャッシュ化の噂が
まことしやかにささやかれましたが、
一方で日本株が弱いせいでGPIFのポートフォリオの日本株比率が低下しており
このリバランスに伴う日本株積み増し余地は2兆円を超えるとの記事。

日本株急落すれば、このクジラの買いが出る可能性もあることを考慮し
急落時にキタ――(゚∀゚)――!!ト喜び勇んで売り参戦すると
踏みあげられるリスクがある、ということに留意しておく必要があるでしょう。

金曜上昇の本当の理由はワカリマセンが。

※日経平均 

ただし、週末金曜はダウが軟調でした。

19日㈮ ▼68.77ドル 27154.20ドル

0.5%利下げ観測が後退したから、なんて後付けの解説がされていますが
そのほかにも
イランの革命防衛隊がホルムズ海峡で英国の石油タンカーを拿捕したことも
嫌気されたようです。

英、イランへの圧力強める-ホルムズ海峡でのタンカー拿捕
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-20/PUVCET6JTSEF01

紛争リスクの高まりという不確実性はリスク資産の手仕舞いを誘いますが
必ずしもこれが大暴落のトリガーになるわけではありません。
週末リスクを避ける動きがあっただけと思っていますので
ダウCFD26800ドルLは継続しています。

ロングをやめるのはこの2つのサポートラインを完全に割り込んだ時かな。

※ダウ週足 

現状では、これから利下げサイクル入りする米株が
暴落していくとも思えませんので、、、
利下げを十分に織り込んでしまって、今の高値がある、という見方もありますが。

************************************

先週18日、一時7月FOMCでの「0.5%」の利下げ確率が
70%にも急上昇していたんですね。
(今は20%程度に沈静化)

NY連銀総裁のお薦め、経済に効くワクチンとは
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47519370Z10C19A7000000/

簡単にまとめるとNY中央銀行リサーチ協会年次総会で
ウィリアムズNY連銀総裁が講演で
「景気刺激策が限定的ゆえ、経済の異変の兆候が見えたら、
直ちに利下げしたほうがよい」
「火薬が湿らないように普段から備えるという発想では手ぬるい。
金融緩和を急げ」
「潜行性の低インフレ病の悪化予防のためワクチンを投与せよ」

と、やや前のめりに利下げを煽るような発言を行ったことがその理由。

NY連銀総裁は、FOMCの副議長職で常任投票権を持っていますので
その発言は重いのです。

ただ市場の反応が過剰だったことでNY連銀は声明を発表し、
ウィリアムズ総裁の発言は過去20年間にわたる調査に基づく学術的なもので
次回FOMCでの政策措置に関するものではないと火消しを行ったことで
7月の0.5%利下げ織り込みは急低下し、現状では20%程度。

すでに金融政策に関する対外発言が禁じられる
ブラックアウト期間に入っていますが
(※会合の前々週の土曜日から開始される)
7/31のFOMCまでは、経済指標の結果を受けて、利下げ幅を巡る観測によって
市場金利、ドルが動くことになりそうです。。。。

現状では0.25%が優勢。

*****************

市場関係者の間では円高予想が増えています。
円高というより、ドル安予想ですね。

米ドル安誘導の予測、通貨切り下げ競争も排除できず
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/07/post-12565.php

大手外銀がこぞってレポートしているのが、何か知ってるのか??
と不気味ではありますが、今週はECB理事会が開催されます。
米国が動く前にECBがフォワードガイダンスの修正など
先手を打ってくる可能性もありますし、
英国では保守党の新党首が決定します。
多分、ボリスジョンソン氏が新首相となると思われますが
ポンドも不安定に動くと思われます。

通貨安競争の側面もあるということは、ドル安政策誘導しようとも
米国の思うようには行かない可能性もあるということですね。
といいますか、トランプ大統領はずっとこれを言っていて
これから本気を出す、ということなんでしょうけれど
これまではそれがなかなか実現できていなかった、ということでもあります。

為替誘導というのはそう簡単なことではないということよね。
プラザ合意のようなことがある、というなら話は別ですが、、、。

**********************************
そのECB理事会。

一部では追加利下げ(マイナス金利なので深堀り)に
踏み切るとの見方も浮上しています。
これはほんの一部の予想なので実現されればサプライズ。
ユーロ売りが加速すると思われます。

市場のメインイベントが米国の利下げ幅でしょうから
FOMC前に先手を打ったとしても効果が限定的となると思いますので
今回の利下げはないと思いますが、何らかのサインはある可能性は大きい。

現実的な線としては
■フォワードガイダンスの変更
~政策金利のフォワードガイダンスに利下げを示唆する“or lower”の文言を追加
■資産買い入れの再開スタンスを明確にする~市場予想では11月までに?!
■市中銀行の中銀預金手数料引き上げ(融資を加速させる目的)
■TLTRO3 のインセンティブの変更

ユーロに下落圧力がかかりやすい週となるのですが、
市場はすぐに31日のFOMCにテーマをシフトさせるため
結局はレンジになるのかなぁ、、、。
今週はあんまりユーロを取引したくはないですね。

******************************
現在、英国では保守党党首選の決選投票が行われています。
7月 23日に結果が判明し保守党党首が決定します。


7/23 保守党党首発表
7/24 新首相就任

ところが、英国議会はすぐに夏休みに入るんですよ。

7/25~9/2 議会休会
9月中旬~10月上旬 議会休会 
         各政党の党大会が行われるため、その間再び議会休会
         ※9/29~10/2保守党党大会

ちょっとちょっと、EUが認めたブレグジット延長期限は10/31ですよ。
合意なき離脱も辞さず、というボリス・ジョンソン氏が選出されれば
EUとの合意に向けた努力をせず、英国はバカンス入りしちゃって期限切れとなる
リスクが大きいんですよね。

ということで、先週英議会は先週
「北アイルランド法案」の修正案を可決しています。 
        
           
英下院、「合意なき離脱」阻止目指す修正案を可決
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PUU9DK6S972801?srnd=cojp-v2

北アイルランドの自治回復に向けた進展状況について
議会が特定の日に報告を受けることを定めているため、
休会中でも議会が開かれることになる、ということで
ボリス・ジョンソン氏が合意なき離脱を強行するために議会を休会する可能性が
あるとして親EU派の議員らはこれを阻止しようと取り組んでいる、
ということみたい。

18日この修正案が可決したことでポンドが買い戻されたようですが
それでも、ブレグジットを巡っては不確実性が大きく
モルガンスタンレーは改めてポンドドルパリティ予想をレポートしています。

ポンドは対ドル等価も視野、合意なき離脱は歴史的急落に-モルガンS
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-17/PUSDJCSYF01S01

※ポンドドルチャート 月足 パリティって赤いラインよ。

パリティまで下落する可能性があるなら
今からポンドショート参戦しても十分利益が見込めますがさて。

IMM通貨先物ポジションではポンドショートが積み上がっているのが気がかり。
ただ、個人投資家らはポンドロングポジションを積み上げているようですので
ポジションの偏りだけで先行きを見通すのは難しいかな。

*******************************

何故オセアニア通貨が強いのかはいまいちわからないのですが
キウイが強いのはポジション的に嬉しいですね。
チャートがいいから参戦した
72.19円NZドル/円
0.6719ドルNZドル/ドルロングは継続です。

※NZドル/ドル NZドル/円

 人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






*******************************

今週の予定

22日㈪:黒田日本銀行総裁、ワシントンIMFで講義
23日㈫:米6月中古住宅販売:予想532万件(5月534万件)
   :英国保守党党首選出(ボリス・ジョンソン氏が最有力候補)
24日㈬:米6月新規住宅販売:予想65.8万件(5月62.6万件)
25日㈭:欧州中央銀行(ECB)定例理事会、ドラギECB総裁の会見
   :米6月耐久財受注:予想前月比+0.7%(5月−1.3%)
   :米6月卸売り在庫:予想+0.4%(5月+0.4%)
   
26日㈮:米4−6月期国内総生産(GDP):予想+1.8%(1−3月期+3.1%)

2019年7月19日金曜日

リスクオン相場じゃなかった・・・?!みたいです😞
今日の日経平均の下落はひどかった…。

※18日㈭ 日経平均 ▼343.06円 21126.12円


確かに17日の米株は軟調でダウ平均は 
▼115.78ドル 27219.85ドルと下がっていましたけれど。。。
米株が弱かったことも一因かと思いますが
そもそも上がってもいなかったのに下げ幅が大きい。

本日空売り比率は 51.2%まで上昇、 過去最高ですって。
東証1部の売買代金も久しぶりに2兆円大台乗せ。
11営業日2兆円大台割れの閑散相場でしたが
今日は商いを伴ってボラティリティが上昇するいやなパターン。

何があったか。

ずるずる下げる日本株市場、一部には韓国の予想外の利下げのせいか?
なんて指摘もありましたが、

コラム:韓国中銀、利下げで文在寅政権に日韓問題の解決迫る
https://jp.reuters.com/article/korea-bank-breakingviews-idJPKCN1UD0S8

観測にすぎないのを前提に書きますが、市場関係者の間では
ドイツ銀行系のファンドの売りが観測されたとの噂が広がっていたようです。
確かにドイツ銀行はアジア、日本株のトレーディング部門を閉鎖するとの
報道がありましたので、日本株のエクスポージャーを
キャッシュ化するって可能性はあるんですが、
それがどの規模なのか、いつまで続くのかは不明。

また、このところ1日辺り10億ドルもの資金が
ドイツ銀行から引き出されている、
なんて話も報道されていたりして、
あながちその線はないこともない。。。

しかし、だとするならば特殊事情によって日本株は売られ過ぎている
ということになりますので、それほど心配することはないかと思います。
米株が崩落したら、その時は全てが巻き戻されるのでダメですけど、、、
今は米株が何とか利下げを支えに高値圏にいるので
特殊玉が出切ってしまえば、空売りの買い戻しによる上昇も大きくなると期待。

こんなニュースもありますし。。。

GPIFは日本株投資を強化か、比率低下で2兆円超の積み増し余地
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-17/PUPRZA6TTDS001

ただ、このクジラマネーもいつどのタイミングで出てくるかはワカリマセン。

あ、日経CFDロングは損切ました。。。
今日の下げには耐えられません(´;ω;`)
また安値を拾いたいと思います。
ダウCFDロングは継続・・・。

NZドル/円、NZドル/ドルロングは継続。

今日はバルニエEU主席交渉官が
「アイルランド国境について代替案の議論の準備ができている」との発言し
ポンド買いが優勢。

英・6月小売売上高が前月比+1.0%と予想:-0.3%を上回ったことも
支えに買い戻しが優勢です。

一方で「欧州中央銀行(ECB)スタッフはインフレ目標の見直しを検討」
との報道がユーロ売りを招いています。

傾向としては、ドル、ユーロ、円はレンジ内での動きなのですが
キウイが強く、豪ドルもそれに続きそうなムード。
なぜかオセアニア通貨が強いようです。
このトレンドに寄り添っていくしかないわね。

ドル6─12%過大評価、貿易摩擦に危機感=IMF年次報告
https://jp.reuters.com/article/imf-currencies-idJPKCN1UC210

こんなニュースがあって、米国の為替介入を予想する向きには
ドル安見通しを強める流れではありますが、、、。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年7月18日木曜日

米株が強いとトランプ大統領の外交も強気のディールになる
なんて言われていますが、史上最高値圏に株価が上昇してきたことで
また対中スタンスも強気になった?!
「自分が望めば中国製品に追加関税課すことは可能」と述べたことで
16日火曜は米株がちょっと下げましたね。

あるいは原油の大幅下落で石油株が軟調だったことも嫌気されたか。

ポンペオ米国務長官がホワイトハウスで行われた閣議で
「イランが初めてミサイル開発について交渉する用意があると話した」と発言。
トランプ大統領も「大きな進展がみられる」と述べ、
対話の実現に期待を寄せる発言をしたことで、
中東を巡る緊張が緩和するとの思惑から原油は3%を超す下落に。
エクソンモービルやシェブロンなど石油株の売りにつながりました。

7月FOMCでの予防的利下げが0.25%なのか0.5%なのか占う上で
ここからはインフレ指標にも注目が集まると思うのですが
16日発表された6月の米小売売上高は前月比0.4%増と、
4カ月連続の増加で、伸び率が市場予想を上回っています。
さすがに0.5%もの利下げはないだろうということで、ドルが若干強含み。

そして今夜17日は6月の住宅着工件数が予想を下回る結果となっていますが
思ったほどドル安は進んでいません。

米6月住宅着工件数:125.3万戸(予想:126.0万戸、5月:126.5万戸←126.9万戸)

っていうか、ドル円はすっかり膠着してしまって、方向感がないですね。
日経平均と同じです・・・。
東証1部の売買代金2兆円割れが11営業日も続いています。
こんな値動きが31日のFOMCまで続くのでしょうか。
米国利下げなので、米株は多少調整があっても
買い継続でイイと思っていますが。。。
ダウ、日経のCFDロングは継続中。

為替市場ではポンドの下落基調が続いているので、対ポンドではドル高です。
来週23日にはメイ首相の後任の新党首が決定しますが、
現状ではボリスジョンソン氏の人気が圧倒的のようです。
英国のTVが「ジョンソン氏のチームが10月の2週間休会で合意なき離脱画策か」
という内容の報道を行ったようで、ボリス・ジョンソン氏となれば
合意なき離脱リスクは急激に高まると思われます。

ただ、今日17日には英国のインフレ指標が発表になっていて

英6月生産者物価指数:前年比+1.6%(予想:+1.7%、5月:+1.9%←+1.8%)
英6月生産者物価コア指数:前年比+1.7%(予想:+1.7%、5月:+2.0%

英6月消費者物価指数:前年比+2.0%(予想:+2.0%、5月:+2.0%)
英6月消費者物価コア指数:前年比+1.8%(予想:+1.8%、5月:+1.7%)

CPIの前年同月比の上昇率が英中銀イングランド銀行の目標水準と同じだったことで
追加緩和の思惑が後退し、ポンドが買い戻される流れにあります。
ただし、戻りは売り直されるんだろうなぁと思っております。

それからなぜか強いキウイ。
今日はNZドル/ドルロングにも参戦しています。
コストは0.6719ドル。
200EMAをはっきりと超えてきたので強いんじゃないかな。
キウイ円ロングも継続です。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









2019年7月17日水曜日

米株が史上最高値を更新し上値追いの展開が期待できるというのに、、、、
日経平均は元気がありません。

※米主要3指標  そろそろ調整もありそうですが、、、


※日経平均 超絶揉みあいでパッとしません・・・


ドル円が弱いせいかと思いますが、上海総合指数や
韓国KOSPIも弱いので、米株独歩高ということね。

これは利下げという明らかな緩和カードをちらつかせているからだと思われ、
カードがないアジアと対照的。

中国GDP、再減速6・2% 4~6月、92年以降で最低
https://www.sankei.com/world/news/190715/wor1907150012-n1.html

92年以降で最低のGDPも米中貿易問題によるところが大きいと思いますが、
かといって大規模緩和政策は副作用が大きくなりすぎて、
緩和効果は限定的となってきています。

中国、社債の債務不履行3倍に 1~6月9500億円
不動産など民間企業、緩和効果は限定的
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47314630S9A710C1FFN000/

中国に留まらず債務膨張は今や世界のリスクですが
特に中国ではこれを「灰色のサイ」と呼んでいます。

焦点:中国に忍び寄る「灰色のサイ」、試される金融緩和効果
https://jp.reuters.com/article/china-economy-idJPKCN1QN0LX

リーマンショック時に流行ったのがブラックスワン。
そして今回のリスクは灰色のサイ。流行らないかもしれませんが。

そして日本。
米国が動く前に緩和カードを切るわけにはいきませんが、
ここにきて市場関係者の間でも
「9月の緩和」を予想する声が出てきました。

米の利下げ踏まえ、日銀が動くのは「9月」 QUICK外為月次調査
https://www.quick.co.jp/5/article/17599
※8~10日に実施し、金融機関や事業会社の外為関係者84人が回答

9月に開く決定会合で追加緩和に動くと予想する回答者が34%で最多
「追加緩和しない」と予想する回答は2割弱
緩和に動かなければ、1ドル=105円程度の円高予想

緩和政策とは何ぞや?ですが、
「フォワードガイダンス(将来指針)の修正」
「長期金利目標の変更」
「上場投資信託(ETF)買い入れ増額」

ってな予想が出ているようです。
もはやフォワードガイダンスの修正くらいで為替市場が反応するとは
思えませんが、世界が緩和に動く中で増税する日本、日銀への催促相場が
始まる可能性もあるってことなんでしょうか。

実際のところ、日銀が9月に動くかどうかなんて私にはわかりませんが、
外銀がこぞって「トランプ政権がいよいよドル安政策に着手」とかなんとか、
円高予想が急増している割に、ドル円相場それほど急激には落ちないなぁと
思っているところです。
だから、ドル円はショートしたくないのよね・・・。

ひねくれ者なので、円高論者が増えれば増えるほど
円ショートしたくなってきちゃうんです、
日銀を頼るわけではないのですが。

NZドル/円をチャートがいいから、という至極単純な理由でロングしましたが
これが今うまく行っていて、
あれこれファンダ分析しても、
金融政策を先読みしようとしても、
時にチャートにかなわない局面もあるよね、って、
改めて実感させられていたりします。

何でキウイが強いのか、
これと言って買い材料があるわけじゃありません。

16日NZQ2消費者物価指数(CPI)の伸びが加速した、
なんて小さい材料はありますが、これも8月の次回会合で
追加利下げに踏み切るとの市場の観測を変えるほどのインパクトではありません。
NZ中銀の現在の見通しは「追加利下げが必要になる」との判断です。

NZドルだけじゃなくて、豪ドルも底堅く上昇基調を強めつつありますが
オーストラリア準備銀行(RBA)も、16日公表の7月会合議事要旨で、
「必要であれば」再び利下げを行う用意があるとしており、
こちらも利下げスタンスなわけですが、
それよりも、米国の利上げから利下げへのスタンス変更のほうが
マーケットにはインパクトが大きいということなのでしょうか。。。。

ポジションは全て継続です。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年7月15日月曜日

先週7月14日金曜、米主要株インデックスはそろって史上最高値更新しました。

※米主要株価インデックス

ダウ平均は27332ドルで大引け、終値で27000ドル台を維持しました。
Nasdaq総合指数もS&P500指数も史上最高値更新ですが
気がかりはラッセル2000、米国の中小型株は横ばいが続き
決してトレンドは上向きではありません。

これは本当に米株が強いと言えるのか?!

利下げ期待による金融相場で売り方が踏まされて上がっているだけでは?
という見方もできますが、どんな相場でも初動はそうですね。
初動は下がるとみた向きがあきらめることによって上昇、
そして再度売りの好機を狙ってはいるも幾度も踏まされ、
やっぱりこの相場は強い、買うしかないと買いに転じたとたんに相場が終わる、、、
というのがセオリー。この強気はどのくらいの勢いがつくかにもよりますが
まだ始まったばかりでしょう。高値越えは素直に買っていいんじゃないかな。

ただ、昨今、テクニカル的にレンジブレイク、高値越えで買った途端に
叩き落されるという「騙し」が多いことも否定できず、
この相場がブルトラップ(強気相場入りのダマシの罠)となる可能性にも
注意しておきたい局面ですが、、、

今週、さらに高値を追う展開となるのか、再びレンジ内へと叩き落されるのか。

焦点は本格化する米企業決算でしょうか。

15日シティグループ
16日JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
17日アルコア/ネットフリックス
18日マイクロソフト

ブルームバーグの集計で米S&P500種株ベースの4-6月期利益は
前年同期比2.6%減と、3年ぶりの減益が予想されています。
つまり、そもそも減益予想の中で史上最高値を更新しているということです。

ハードル低めなので、思ったより悪くない決算であれば株高を演出するのでは?
と思っているのですが、どうでしょう・・・。

ダウと日経のCFDロングは継続です。

ただ、気になるのが為替市場。

ダウ史上最高値更新となれば、リスクオンです。
でも、週末金曜、ドル/円相場はずるずると下落。
と言いますか、全般ドル安が進行しました。。。

※ドル円、クロス円一覧

※ドル円、ドルストレート一覧

ドル安なので、他通貨が上昇、ドルストレートは上昇していますが
ドル円下落につられてクロス円は動かず、、、という展開。

債券市場は利回りの低下が底入れし反転上昇したように見えますが
何故ドル高売られるのか。。。

※長期債利回り一覧

市場関係者の間で話題なのが
米トランプ政権がいよいよ為替政策に本腰を入れる、
つまりドル安政策に着手するという米銀の見通しです。

「何でもあり」不安高まる米為替介入-ワイルドカードとゴールドマン
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-12/PUIC7R6JIJUP01
米国の為替介入の可能性、ウォール街のアナリストらは否定できず
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-09/PUCSFJ6TTDS801

米株が史上最高値圏なのに利下げって不思議な気がしますが、
それもトランプ大統領の圧力に屈したとの指摘もありますね。

市場では現在月のところのFOMCで
0.25%の利下げがほぼ100%織り込まれていますが、
根強く残る0.5%利下げの可能性は米国がドル安政策に
動く可能性をみているんでしょうか。


パウエルFRB議長は 10 日の議会証言にて、
利下げの必要性が高まっていると明言しましたが

FRB議長「日本を教訓、後手に回らぬ」 利下げ意欲
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47271410S9A710C1000000/

「2%の物価上昇率を大きく下回りたくない。
後手に回らないようにするのが、日本から得た教訓だ」


とデフレに先手を打つ姿勢を明確にしています。

インフレ率は7カ月連続で目標の2%を下回っており「後手には回りたくない」と主張。
物価上昇率が2%を下回り続けると名目金利も低下し、
政策金利も引き下げ余地が狭まるリスクを懸念した、
と記事にはありますが

株が高値でも、雇用が安定し労働市場に問題がなくても
FRBの使命のひとつであるインフレの安定において
デフレのリスクに先手を打ちたいという姿勢を示したということでしょう。

これが予防的利下げと言われる背景かと思いますが
ひょっとすると7月0.5%の先手を打つ利下げの可能性を
これから織り込み始めるのでは、、、という見方から
ドル売りが先行しているということのようです。

もし、米国がドル安政策に舵を切りどんどん利下げするならば
ドルは大きく売られますが、ゴールドや原油などコモディティは上昇します。

商品取引をする向きは買い。
為替取引をするならドルショート。
そして株取引は米株は買いですが、日本株は冴えず、、、
ということになりましょうか。

あ、先週ドル円を108.06円でロングしましたが
金曜の下落でコストで撤退を強いられました。
108.60円まで上昇したんだけどなぁ、、、。

NZドル/円ロングは継続ですが、今週からはドルストレートでのキウイロング、
豪ドルロングに妙味ありかな。
ドル安によって円高が進行するとクロス円はどっちつかずの動きになってしまいます。
素直にドル売り他通貨買いですね。
今週はストレート通貨でのドルショート目線でポジションを作ろうかと思います。
72.19円NZドル/円ロングは、週明けの動きをみてからどうするか考えます。

リスクオン相場なのにクロス円が上がらないってのも
違和感あるんだよねぇ、、、(;´・ω・)

そのほか、気にかけておくべきニュースは

トランプ大統領、イラン制裁「間もなく大幅強化」
https://www.afpbb.com/articles/-/3234641

トルコにロシア製ミサイル 地対空、NATO揺るがす恐れ
https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201907/CK2019071302000144.html

地政学上のリスクはあちこちにあります。
どこでそれがマーケットに大きく関与してくるかわかりません。

中国は穀物を買うと約束したはずなのに、買ってないようですし
米中貿易問題も交渉再開事態はグッドニュースですが
全く進展はみられないようですし。

トランプ氏「中国に失望」 農産物の購入“約束”守らず
https://www.sankei.com/west/news/190712/wst1907120009-n1.html
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







今週の注目イベント

7月15日(月):海の日で日本休場、中GDP(4-6月)、
        ニューヨーク連銀製造業景気指数
7月16日(火):トルコ失業率、英失業率、米小売売上高
7月17日(水):ユーロ圏CPI、米住宅着工件数
7月18日(木):日・貿易収支、豪失業率、米景気先行指数
7月19日(金):日・消費者物価コア指数、ミシガン大学消費者信頼感指数速報
7月21日(日):参院選投開票

2019年7月12日金曜日

11日木曜NY市場、ダウ平均27000ドル大台乗せ。
(まだ大引けをみていませんが)

そして、パウエル議長の議会証言が6月雇用統計の堅調を受けても
変わらずハト派的であったことから利下げ思惑が再拡大しているのに
今夜は米長期金利が上昇しています、つまり債券が売られている。

米長期金利だけではありません。
ドイツ、英国など主要国の金利が上昇を始めています。

FRBの利下げ意志が確固たるものでもある、ということが確認され、
トランプ大統領がドル安政策を側近に指示、なんてニュースが出てきたのに
米金利下げ止まって反転してきた。
さらに米金利だけじゃなくて、世界の金利が底打ち反転上昇傾向。
米株は史上最高値を更新しているということが何を示唆しているのか、、、

債券から株に資金がシフトするリスクオン相場の到来じゃないの?!
(かなりポジショントーク強めですけれど、、、)

ということで、今日ドル円を108.06円でロングしています。
それからシンプルにチャートがいいのでNZドル/円も72.19円でロング。

日経平均CFDとダウCFDもロング継続です。

この強気ポジションは短期目線。
7~8月にはトップアウトするとみています。

結局はこれだけ材料がそろっていてもドル安にならず
リスクオン気味になるなら、それでも現時点での金利に最も妙味のある
ドルに資金が集まって、ドル高傾向に回帰しちゃうんじゃないか。
って気がしています。
 
 人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】








2019年7月11日木曜日

10日水曜はパウエル議長の議会証言が最大の注目イベントでしたが
23時の議会証言前の21:30には原稿が公表されたことで、
この時点からマーケットは勢いよく、ドル安に動き出しました。

パウエル議長、利下げに前向き示唆-不確実性で見通し陰りと指摘
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-10/PUFFA26K50Y701

先週金曜に6月の雇用統計の数字が予想を上回る好結果だったことを受け
7月に予防的に0.5%もの利下げをするという過度な織り込みが後退する過程で
米長期金利が上昇、これにつれる形でドルが巻き返していました。
債券安、金利高、ドル高、株安、金安でしたね。

ところが今日のパウエル議長の議会証言があまりにハト派よりだったことから
再び7月のFOMCでの0.5%利上げ織り込みが27%程度まで上昇しています。
昨日7/9は3.3%まで低下していたんですけれど、、、。(CME FedWatch)

さすがに30%程度の織り込みでは7月0.5%の利下げはないと思いますが、
株が史上最高値圏に位置し、雇用が絶好調でも
0.25%の利下げは実施するだろうということは、ほぼ確実ということです。

ドル安は米株にプラスに働くでしょうから短期的にはリスク資産は買いでしょう。
ということで、ダウCFDを押してきたところの26800ドルで買ってみました。。。。
今夜の上昇がダマシになったら、、、と思うと怖いですね💦
だって史上最高値圏でのエントリーだもの((((;゚Д゚))

ということでダウCFD26800ドルL 
日経CFD21679円 21680円L。
日経は瞬間上昇にプラス圏浮上もドル円下落を嫌気して再下落、
再びアゲインスト状態です(´・ω:;.:...
米株がここから本格上昇しバブルの様相を呈するなら
日経平均もつれ高となると思います、多分。(願望)

それから、コモディティも強い。
ゴールド、原油も大きく上昇。

※主要コモディティチャート一覧

低迷していた銅まで上がってますね。
上昇トレンドを形成できるかどうかはわかりませんが。

さて為替市場はどう動くでしょうか。
さらに今日はこんなニュースも話題でした。

トランプ氏、ドル押し下げの方策検討指示と関係者-再選への影響懸念
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-10/PUF0CR6TTDS901


トランプ大統領が側近に命じたくらいですから、ここから本格的に
ドル安に持っていくのでしょうか。。。
パウエル議長もこれに抗えない状況に追い込まれているのではないかとも
推測できないでもないのですが。FRBの独立性はどーなのよ。

となれば、ユーロドルショート買い戻した方がいいということになりますね。

利食いのタイミングを間違えた感満載ですが。
1.1378ドルS のユーロ/ドルを 1.2492ドルで手仕舞いました。
もっとユーロは下がると思ったんだけど、ドイツ長期債利回りが反騰してきたので
一度利益を確保してからここからの戦略は考え直すことに。

※長期金利一覧


また、今夜トランプ米大統領がツイッターに
「イランは長い間、秘密裏に濃縮活動をしている。
間もなく大幅に制裁が強化される」と投稿しています。
金融要因ではリスクオン相場到来の予感がしますが、
世界の緊張はますます高まっていますので、慎重に。。。
人気ブログランキングへ



【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社