2009年8月25日火曜日

相変わらず地味な動き・・・トレンドレス相場が続きますね。
ドル円相場は今年に入って
1/21に87.06の安値をつけ
4/6に101.43の高値をつけました。
「ドル円の天底は1月から3月までの間につける事が多い」
とのアノマリーもありますし、こうしたポイントを超えるような
ドラスティックな動きは年後半には考えにくいのかもしれません。

今は93~98円くらいの至極狭いレンジで落ち着いているようですが
安定したマーケットというのはトレーダーにとってはやりにくいことこの上なく
細かくデイトレする以外に稼ぐ方法がないのが実情。
皆さん、今どんな手法でトレードされてるのかしら?

私はすっかり1歩引いたところから静観を決めこんでいる状態です。
ただ、8月には円高になるというアノマリーが今年も踏襲されるなら
ここから円高にならないと月足が陰線になりません。
8月の始値は94.74円
現水準もまさにこの水準、ピッタリ94.75くらい。
このままだと見事な十字線。
ということでここからは円高になるはず。。。。
と思っているのですがどうかしらん。

ポンド円は結構広いレンジで動いているので
(154~156.50円といったところかな)
この中で逆張りしてれば良さそうだけど・・・。

ところで、今日のだいまんさんのレポートにちょっと面白いネタが。

「1分のメディアが総選挙後に政権交代があった場合、民主党の新政権は、
為替介入に踏み切る可能性があるのではないか?
 そんな観測が外為市場で広まっている。」

介入ですかー。
2004年以降行われていませんね。
調べてみるとロイターの記事もありますね。

・・・・1月に付けた14年ぶり高値の87.10円を勢いよく割り込むような
円高局面となれば、介入の現実味が増すとの観測が浮上している。

というものです。

民主党が介入に積極的ではないか、との思惑が浮上したのは今年6月。
「次の内閣」財務相・中川正春氏が6月10日のロイターとのインタビューで、
ドルが100円を割る為替水準を「円高過ぎる」と発言、市場の耳目を集めた。

その後も民主党幹部から「異常でない限り、為替介入をしてはいけない」
(藤井裕久最高顧問)など、市場にとって「事実上の火消し」(都銀の為替関係者)
と映る発言が相次いだこともあり、民主党が介入に前向きとの
観測はいったん沈静化した。(ロイターより)

こうした報道に対しだいまんさんはレポートの中で

特にゴールドマン・サックスが、こういった面を睨んでかどうか、
1ドル=105円の水準をターゲットに、顧客にドル円のロングを推奨するという話も
思惑をかっているようで、日本の事情に詳しくない海外勢の間では、
民主との勝利で、なにか新しい政策の切り口が出る可能性に、
国内勢以上に関心が強かったという。
ただ、こういった期待感は全く、根拠のない推論であり、注意しておきたい。
~中略~民主党は全く外交面での実績がなく、
金融面でも政策実行を司るオピニオン・リーダーが薄いことから、
こういった話は、単に膠着感を強める為替市場で、「ドル・ロング派」が
期待感を込めて、吹聴しているだけの「たわごと」にしか感じられない。

とバッサリ!!
こうして何かを期待したり煽ったりする向きがあるものの
その可能性は限りなくゼロに近いと思われるということですね?!
 
な~んだ、ってな話ですけれども
今週末の選挙の結果次第ではいろんな思惑で相場が動き出すと
いうような事はあるかもしれません。

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社