2012年1月26日木曜日

先ほどFOMC声明が出ました。
FF金利誘導目標は0.0%から0.25%の範囲に据え置き、これは予想通り。
声明でドルが急落中。
ドル円が78.20円にいたのが、77.76円2:46現在)まで急落
ユーロドルは1.2980ドルくらいだったのが、1.3039まで急伸してます。

というのは声明がサプライズ。
これまで2013年半ばまでの低金利政策継続というコンセンサスでしたが、
「少なくとも2014年遅くまでFF金利を異例の低水準にすることが正当化される可能性が高い」
「非常に緩和的な金融政策が維持されると予想」との見解が示されました。
2014年にずれ込むという見方は一部にありましたが、
しかし2014年遅くまでとは・・・・。
これまでの米経済の楽観が剥げ落ちる内容。
これでドルを売る動きが優勢となっています。
先物の下げ止まりも相場を支え、

火曜に作ったユーロドルロング、まだ持ってます。
1.3019ドル。
火曜の夜に急落、水曜朝にはコストまで戻って安心していたものの
水曜夜に再下落で1.2930までの安値をつけたりと乱高下しておりましたが
このFOMCで再上昇中、これで助かるかしら・・・?!

昨晩の円売りは
日本の31年ぶりの貿易赤字を囃してWSJが日本はだいじょうぶなのか?といった
記事を書いたとかで、それをネタに欧米ファンド勢が今度こその日本売り、円売りを
ドカドカ仕掛けてきたってことのようです。

これまでも日本の借金問題などをネタに円売りを仕掛けてはやられてきた歴史がある
欧米投機筋ですが、今回はいよいよドル円の大転換のタイミングで勝利を手にする可能性も?
なんて見方も出ていたようですが、このFOMCの声明を受けてはちょっと
形成がまた逆転するかもしれません。

こうして書いている間もどんどこドル売りが進んでいます。
これを見込んでユーロドルロングしていたわけですので、
今日は気持ちよく眠れそうです。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社