2014年3月5日水曜日

いやー戻りましたね。変化日は買いのシグナルだったのか?

4日火曜の日経平均は、朝方は売りが先行していました。
3日月曜のNYダウがウクライナリスクで153ドル安となったことを受け、
寄付き直後には下げ幅が105円まであったのですが、その後切り替えし。
海外勢の買いも見られたようです。

東京時間の日経平均は69円高の14721円、この程度だったのですが、
引け後にはロシアのプーチン大統領が軍事演習中の部隊に
帰還を命じたとの報道があって、ウクライナ情勢を巡る緊張が
和らぐとの期待が一気に広がる格好で今、5日午前3時30分には
14980円まで日経平均先物が買われています。15000円回復目前。

昨日夜に、日経平均とポンド円ロングして損切りしたのですが、
ちょっとばかり早すぎたわ。。。(´・ω・`)

おまけにユーロ円とDAXをショートにしちゃってて。
これも今日慌てて買戻して、ドテンロング。
今は日経平均とポンド円ロングポジション持ってます。
ポンド円169.28円
日経平均14620円

その後、米国:ケリー国務長官がウクライナ訪問し
事態打開を模索といったニュースもあって、相場が勢いづいています。
http://mainichi.jp/select/news/20140305k0000m030122000c.html

今夜のダウ平均、凄い上昇よ、16400ドル目前まで上がってる!
ナスダックもSP500も新高値を獲ってくるんじゃないかしら。

昨日夜のロングは腰を据えて持っていればよかったなー。(タラれば)

大きく戻る予感があったのだけれど、ポジション持った瞬間から
下げだしたので自信がなくて(笑)
ずいぶんと買い遅れた。

おそらく、明日も高い。

ただし、本格上昇かどうかはまだ確信がないです。

まだこの問題が完全に沈静化したとは思えませんし、
ヘッドラインリスクが大きい地合いであることには変わりがないと
思うのですが、、、

西原さんのメルマガではロンドンFXさんこと松崎さんが

DJ U.S. Sanctions on Russia Likely Days Away - Officials
アメリカのロシアに対する制裁発動は、数日以内 (政府高官)

というようなニュースがあることも伝えています。

WBSではコメンテーターの方が、チャイナリスクとして、
理財商品のデフォルト問題で、中国が外貨準備を切り崩す可能性を
指摘しており、その時には米国債が売られるかも?と。
理財商品総額は660兆円もあるとおっしゃっていました。

この中国の問題は今スグにどうということではないけれど・・・。

そうそう、5日から全人代が開幕します。
3千人の代議員を擁する全人代は中国の一院制議会。
全人代常務委員会や国務院などが提出した議案や予算を
ほぼ自動的に承認する機関ですので、それほど波乱があるわけでは
ないのですが、昨年の全人代で発足した習近平・李克強体制としては、
発足後初めて政府活動の報告の場となるのだそうです。
やはり、理財商品問題やこのところの景気減速についてなど
どのような指針が示されるのか、という点においては世界が注目
しているイベントです。
そして、週末は雇用統計・・・。

あ、その前にECB理事会。
緩和策が発表されるというのがもっぱらのコンセンサス。
今夜はユーロが急落する局面がありましたが、
西原さんメールで松崎さんが
メドレーレポートがECB緩和策について伝えたことを
書いていらっしゃいます。

ということで、ユーロはECB理事会前には売られやすい可能性が
大きいのですが、でもトレンドは買いだと思います。
どこかでユーロも拾いたい・・・。

ECB理事会、雇用統計、全人代、ウクライナ情勢と
まだまだボラティリティの高い相場が続きそう。
絶対安心なんてポジションはないと思って、デイトレスタンスで行きます~

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






*********************************


4月26日土曜日 高松に行きます!!


どうなる 株×為替×金 ということで


株のスペシャリスト 岡崎良介さん


金のスペシャリスト 池水雄一さん


為替のスペシャリスト 大倉孝キャプテン!


そしてMC、モデレーターとして私も会場入りします。

http://goldfes.jp/2014/spinoff_vol2/ 



4月26日午後、香川・高松 かがわ国際会議場でお会いしましょう!


直接大倉キャプテン、岡崎さん、池水さんのお話を聞きに来てくださいね。


来場されました方にはもれなく「金箔グッズ&株式手帳
(定価1,800円、2014.4~15.3版、監修:福永博之)」をプレゼントします。

ご来場お待ちしております。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社