2015年3月29日日曜日


期末です。。。

30日㈪31日㈫で3月が終わり、新年度入りしますので
まあ~難しい相場です。
27日㈮の日経平均、何よあれ、わけのわからない動きでしたね。
権利落ち後、配当分の再投資の資金流入期待で前場は堅調も
後場先物にすさまじい売りがさく裂( ゚Д゚)


そもそも26日の権利取り最終取引日の26日㈭に
TOPIX先物で、ドイツ証券のよる8315枚の大幅な売り越しが
確認されたことに動揺したマーケット、ビビり売り?が追随して
19030円まで日経平均先物が売りこまれたりしていたのですが、
権利落ち日の金曜の前場に意外に買い直されたので、
安心していたところの、、、すさまじい売りでした。

いろいろ憶測を呼んでいますが、まあ、期末ですな。
ポジション調整の動きもあるんだと思います。
だから、これが本質的なトレンドを形成するようなものではないですから、
こんな時はチャートを眺めて、どちらにエッジがあるか見極めなくては
なりません。

日経平均は酒田五法の首吊り線を示現してから下げているようにも
見えますので、どちらかというといったん下げる局面に入ったのかなぁ、、、
とも思うんですが、どちらにしろ、
こんな値動きには巻き込まれたくありません。

大きくポジションを取るのは様子見です。

月曜、火曜の3月期末をどうこなして新年度入りするのか
ちょっと様子を見たいと思います。

***********************

ドル円相場は、日経平均とのカップリングが切れて久しいですので
日経平均の乱高下にはあまり影響がないのですが、
レンジ相場入りしちゃったみたいですね。

122.04円の3/10の高値を超えられればドル買いトレンド再開という
わかりやすいテクニカルポイントを皆が意識しているかと思いますが、
FOMC受けて121円台から急落して以降、随分122円台が遠くなった印象。

115円くらいまで下がってもいいというような気持ちで
下がったところを買うスタンスかなぁ。
というのも、意外に下げないので、下がるのを期待してショートすると
これもまたツライ相場なんですよ。
売って耐えるより、買うのを待つほうがいいでしょ。
だって、基本は日本がQQE相場、アメリカが利上げ時期模索なんだもの。

ドルインデックス100達成から、、、というかFOMC以降
ドル高修正が入っていますが、
このドル高修正が期末に向けたポジション調整にすぎないのか、
それとも、いよいよ米国もドル高を容認できないレベルに入って
来ているということなのか、まだ見極めが難しく、
トレンド大転換かどうかを見定める年度末から新年度入り相場。

IMM通貨先物ポジションを見ると
FOMC後のユーロ反発基調が続く中でユーロショートが急拡大。
ドル円はショートが減少傾向。
ユーロドル相場ではユーロが反騰してきているのに
戻りを売る向きが増えているということね。

これが踏まされてさらにユーロが上がるのか。
それとも、やはりマイナス金利のユーロは再び下がってしまうのか。
ユーロ再下落、再びドル高となるようなら
ドル円も上昇するかもしれませんしね。

今のところノーアイディアです。

週末はイースター休暇で海外勢の参加者も少なくなると思われます。
雇用統計があるのに、、、です(^^;

ボラが高い1週間となりそうね。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


【TOKYO GOLD FESTIVAL 2015お知らせ】

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのイベント
「TOKYO GOLD FESTIVAL2015」が、
5月30日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、
限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。

"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さん・池水雄一さんの講演のほか、
落語家・柳家花緑さんによる金にまつわる新作落語の披露など、内容盛りだくさん!
豪華グッズが当たる抽選会もあります。友人・ご家族連れでぜひお越しください!

私、大橋ひろこもイベントを盛り上げに参加します!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリック!!




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社