2019年12月11日水曜日

今週の2大イベント、今年最後のヤマである英国総選挙と対中追加関税が
マーケットを神経質に動かしています。

15日発動予定の
パーデュー農務長官
「発動は見送られる可能性が高い」
「何らかの撤回があるだろう」

ナバロ米大統領補佐官
「対中関税が引き上げられないことを示す兆候はない」
「われわれが合意するかどうかは中国次第だ」

米国家経済会議(NEC)クドロー委員長
「まだ検討中だ」
「トランプ大統領まだ決断していない」

どっちやねん。
事前にマーケットに期待させない&相場を崩さないための
戦略でしょうか。

株価インデックスは上値が重くなってきましたが
(ビッグイベント控えて様子見でしょう)
ドル/円相場は108.50円に買いが控えているのか、底堅い印象。
米金利も足下底堅いため、これもドルを下支えしているようです。


そして今朝、英調査会社ユーガブが
制度の高いといわれる調査MRP方式での議席予想を発表

与党保守党が単独過半数を上回るペースを維持しているのですが
11月調査から20も予想議席を減らし手いたことを嫌気してポンドが急落。

11月調査 359 → 今回 339 (単独過半数は325)

ただし、今回の数字でも単独過半数を超えています。
ということで東京時間、急落したポンドは買戻しが優勢。

ポンドロングは継続しています。

またNZドルを手仕舞いました。

今朝のこのニュースをきっかけにNZドルが弱含んでいます。

NZ政府が半期の経済・財政報告を発表
2020年の経済成長率見通しを下方修正。

新たなインフラ投資に120億NZドルを費やす方針。
(過去20年余りで最大規模)

このインフラ投資に関しては11/30にロバートソン財務相が公表していることで
目新しさはないことで出尽くしの材料になったのか、
あるいは20年の成長率見通し引き下げが嫌気されたのか、
キウイドルが下落。

日足の5日移動平均線を下回ったら利益を確保するとしていた
NZドル/ドル0.6518ドルL 0.6532ドルで手仕舞い 随分利益を削っちゃった・・・・

ただ、押し目をまた拾います。0.6450ドルレベルまで落ちれば。

豪ドルドルも弱い、ロスカット。

豪ドルドル0.6845ドルL → 0.6817ドル
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社