2020年8月2日日曜日

先週末、7月31日金曜は7月取引最終日ですが
日本株はなんであんなに売られたんだろう、、、と思わせる
米株の腰の強さに驚きました。財政政策第4弾の話し合いですが
先週にはまとまらず、7月で失効となる政策も出てきているというのに。

米コロナ法案「合意のめどつかず」、特別失業手当は失効へ
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-usa-congress-idJPKCN24W2RW

7/31、失業者に対する週600ドルの特別給付措置が失効。
家賃の支払いや学生ローンの返済を凍結する政策も期限切れとなりました。

8/1、追加経済対策を巡るトップレベル協議が行われるも
失業給付上乗せの延長に向けた合意には至らず、重要問題が未解決のままです。

追加経済対策の合意がないまま先週が終わったのに、米株は大きく崩れず
決算が注目されたGAFAM銘柄は決算を受けてむしろ急反発、
ナスダック総合指数が切り返す格好で先週の取引を終えています。

※GAFAとtesla


特にApple強い・・・

アップルが時価総額世界一、サウジアラムコ抜く-好決算で株価10%高
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-07-31/QECQWCT0AFB701

ということで、米主要株価インデックスは上値が重くなっていたのですが
俯瞰で見ればほとんど崩れておりません。
今週はナスダックが高値を更新しちゃうかも・・・?

※米主要株価インデックス

外部環境としては、前述した米追加経済対策が決まらないまま
夏休みに突入しそうということを始め、
再び世界で感染者数が増えていることなどを鑑みれば
決して楽観できる環境にはないのですが(^^;

【新型コロナ】メルボルン6週間夜間外出禁止、ロンドン首都圏封鎖も
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-08-02/QEEV91DWLU6E01

日本株は先週、チャート形状が著しく悪化しましたね。

※日本株主要インデックス

TOPIXなんて思いっ切り窓を開けてネックライン割れですよ。
東証2部もそうね。

日本株が米株より弱い背景には、ドル/円相場の円高があろうかと思いますが
先週NY時間に向けてはドル/円相場は急速に反発しています。

ドル円が104円を割らずに反発してくれたおかげで
ユーロ円やポンド円などクロス円も反発してくれました。

先週買ったユーロ円ポンド円が大成功!!

※クロス円一覧

このポジションは継続します。

なぜ週末急激にドルが巻き返したのか?
別段材料は見当たらず、おそらく月末要因かと思われます。
ポートフォリオのリバランスでのドル買いかな・・・

だからこのドルの巻き返しがトレンド転換のトリガーとなるわけでは
ないかと思いますが、それでもユーロドルロングはいったん手仕舞いました。
1.1334ドル・1.1453ドルユーロドル → 1.1827ドル

というのも、ユーロドル月足チャートから見ると
200SMAと上値抵抗のレジスタンスラインにちょうどぶつかる1.19ドル近辺まで
到達したためです。ここを抜けると本格的なユーロ高がスタートすると
思いますが、いったんは利食いが旺盛なるんじゃないかな。

※ユーロドル月足

また、ポンドドルはまだ継続しているのですが、
週明けも下落が続くようなら手仕舞おうと思います。

英国のジョンソン首相が新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、
経済活動再開の動きをいったん停止すると発表しています。
8月から営業再開予定だったカジノ、ボーリング場などの再開が延期されるとのこと。

また、市場ではイングランド銀行が11月にも
追加緩和を実施するとの見方も出てきている模様。

足元で随分ドル売りが加速したので、ちょっと緩戻しがあるかもしれませんね。

IMM通貨先物、ドル売り越しが9年ぶり高水準
https://jp.reuters.com/article/imm-idJPKBN24Y018

特にユーロドル。投機筋の買い越しポジションが積み上がってますね。
※ただし、個人投資家はユーロを売っていてユーロショートが積み上がっています。
ユーロは大底付けたと思うので、また好機を待って買うつもりです。

さて今週は、米追加経済対策が最大の焦点かと。
今週8月7日までに決められないと議会が休会しちゃうスケジュールです。。。

また、米国の主要な経済指標も目白押し。

3日米6月ISM製造業景気指数(4月:41.5 5月:43.1 6月:52.6)
 4月をボトムに急回復。7月分予想は53.6改善予想
 https://info.finance.yahoo.co.jp/fx/marketcalendar/detail/9011
 

5日6月ISM非製造業景気指数(4月:41.8 5月:45.4 6月:57.1)
  4月をボトムに急回復、7月予想は55.0鈍化予想

7日6月米雇用統計 NFP(4月:▼2050 5月:+250.9 6月:+480) 
         失業率(4月:14.7% 5月:13.3% 6月:11.1%)
  今回予想はNFP+163.5万 失業率10.5%への改善     

 

ポジションは

1.2817ドルのポンドドルL
ポンド円136.59円L
ユーロ円123.82円L
日経平均CFD22698円Sです。

今週の主な予定です。

3日(月)
日本4-6月期GDP改定値
中国7月財新製造業PMI
米7月自動車販売
米7月ISM製造業景況指数

4日(火)
豪中銀政策金利発表
米8月製造業新規受注

5日(水)
中国7月財新サービス業PMI
米7月ADP雇用者数
米6月貿易収支
米7月ISM非製造業景況指数
ブラジル中銀政策金利

6日(木)
英中銀政策金利発表
米新規失業保険申請件数(1日までの週)

7日(金)
日本6月景気動向指数
中国7月貿易収支
米7月雇用統計
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社