2007年11月5日月曜日

先週末2日発表された、アメリカの10月の雇用統計、ちょっと驚きの数字がでましたね。
非農業部門の雇用者数が16万6000人増加。失業率は4.7%と9月から横ばい。これは市場予想の8万人増を大きく上回っています。さらに、9月分は前回発表の11万人増から9万6000人増に下方修正、8月分は前回の8万9000人増から9万3000人増に上方修正されましたが、特に8月は最初に発表された-4000という数字はなんだったんだ?という疑問がぬぐえませんね。
発表直後こそ乱高下ありましたが、結局は元の水準に戻ったようですね、今はすっかり動意にかけた動きになっており、どうも仕掛けるにも躊躇してしまいます。動き出すのは欧州時間からでしょうか。

ちょっと気になる情報もあります。この1月に来日講演したあのジム・ロジャース氏が、この雇用統計の数字は正確だとは思わない、来月以降に大幅な下方修正があってもおかしくない、といった主旨の発言をしているようなのです。
さらに、第3四半期のGDPが予想を上回る3.9%、10月のNFPも強い結果であるのに10月31日のFOMCで利下げをする必要があったのだろうか?インフレ率を抑えたいのなら利下げはしないはずだ、バーナンキは正気ではない、この数字を信じる人なんていない、政府は信頼を落としている、とも言ったとか(笑)
さあ、来月以降、この雇用統計の数字に修正があるでしょうか?注目です。
ジムは円と、スイスフラン、元を買っていると公言しています。となると円高ドル安がやってきますが、どうでしょう?投資の最終判断はご自身で、、、ね。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社