2008年3月11日火曜日

日経平均は昨年来安値更新。ドル円は再び101円台へ。原油はなんと107ドル史上最高値を示現。サブプライムに端を発した異常事態がいつどの水準で終わりを迎えるのかサッパリわからなくなってきました。先週の雇用統計の衝撃からさらなる利下げはもちろんの事、私は何かのテレビでアメリカはマイナス金利に持って行くしかないんだ!と机を叩いて力説するコメンテーターを見かけ、マイナス金利?そんな話が出ているのか、、、と驚愕した次第ですが、皆さんはマイナス金利なんてことが実際にあると思いますか?マイナスはないにしても、コレまでの2%までという見方からもっと下げなきゃならないね、というムードになっていることは否めません。そりゃ、これからまだまだ金利が下がりますよーというのですから、ドル売りが止まるわけがなく、おのずと商品市場への資金流入が止まらないという結果となっておりますが、100円割れに皆が意見が揃ってきたことが気がかりです。こんな風にドル反発を見込んでいた向きが揃ってドル安にスタンスを転向する頃に相場が転換するというのを何度も目にしてきているため、それに近いようなムードになってきていないだろうか、周りの声に耳を傾けていますが、、、。

円キャリーから、ドルキャリーへ。

こんな言葉が盛んに聞かれるようになりました。これを私なんかが実際に手がけるようになったら、そこでこの流れが収束するんじゃないかな(笑)

さて先週は押し目を拾わんと果敢にロングポジションに挑み撃沈しまくりましたので、今はショート戦略に転換しています。自分がショートするくらいだから、この相場、もう終わりじゃないかとも思ったりもするのですが(笑)セリングクライマックスというような尋常じゃないボラでの下落を経験するまでは、この流れに乗るのが得策であろうと考えを改めました。、、、といいますか、金曜夜、知人と食事に出る前に102円80銭という割りに高めの所に注文を置いていたのですが、コレが雇用統計後の乱高下でヒット。そのまま持ち続けているというわけです。出かける前には101円台にあったのですから、まさかこの注文が約定されることはないだろうと思っていたのですが、そのまさかが起こるボラタイルな昨今の為替市場。さてこのポジション、しばらく温めて100円割れを待ちましょうか?それともやはりこの辺りで利食いをいれた方がいいでしょうか?今晩はこのまま継続。との結論にいたりましたので、このまま休む事にします。おやすみなさい。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社