2008年3月12日水曜日

FRBが各国中銀と協調して、追加流動性対策を発表!!

コレを受け、ダウ平均高、ドル高、原油高、金高に反応しています。
今回の資金供給対策に参加するのはFRB、ECBのほか英国、スイス、カナダの中央銀行。各国の短期金融市場で資金供給を拡大するとの緊急声明を発表しました。FRBが最大2000億ドル(約20兆円)の資金を市場に供給するとともに、ECBとスイス中央銀行へのドル資金融通枠を拡大。住宅ローンを担保として受け入れる他、ECB、SNBとのスワップ枠拡大などの新たな措置がとられます。日銀は今回の対策には直接参加しませんがこれを歓迎する声明を公表、記者会見を開いています。

えーと、こんなころは前にもありましたね。確か年末、年越資金が無いとかなんとかで、5カ国中央銀行が強調しての資金供給を行いました。12月のことでしたから、たった3ヵ月前なのですが、もう資金が回らなくなっているということですか。。。。やはり先週の米雇用統計の数字が衝撃であったこと、バーナンキ氏の中小金融機関の破綻の懸念ありといった失言?などが景気後退観測を強めてしまったのでしょう。ただ、緊急利下げとか、公的資金注入とか、そういうレベルの材料と比較すると如何せんパンチ不足ですか?だってそもそもこれ、2回目でしょ。

これを受けドル円は103.40くらいまで急騰しました。1・40くらい動いたのかな。しかし買いは続かず、その後102円台後半までダレてきて揉み合いが続いています。ちょうど私がドル円ショートしたあたりが下値ライン?細かく利益を確定して置くべきだったのでしょうか(笑)103.40まであったわけですが、104円台に乗せ足場固めをするようだと、101円台に突っ込んだ2回の局面がW底だった、ということでドル買いに転じるのでしょうけれど、今はまだこのまま104円台に乗せるほどの強さがあるかというと疑問ですね。今回の追加流動性対策も、それだけ現状が酷い事態だということを認識させられただけです。これで根本的な問題を解決するようなものではないので、やはり買いの力は続かないと見ています。ということでドル円のポジションは、まだ大きな損失とはなっていませんので、もう少し様子見と行きましょう。

ただ、今日は珍しくデイトレがヒットしたので嬉しいご報告を。
朝、仕事に出かける前、8:30頃にドル円は101円台、ポンド円は203円台まで売られており、短期テクニカルから東京時間から買い戻される予感がしましたので、ポンド円を203.95で買いました。1時間足で見ると解りやすいのですが、今ポンド円204円~207円どころの見事なレンジ相場を形成しています。利益確定の注文を206.50に置いて外出。コレが帰宅したら見事にヒットしていて、2円50銭程度の利益を獲得する事が出来ましたーー!!最近曲がりまくっていたので嬉しいです、、、。まさか、こんなに早く戻るとは思っていなかったのですが。1日ずっとマーケットを眺めているより、こうして注文を置いたまま放っておくほうがいいのかも?

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社