2008年4月10日木曜日

NY時間に入って怒涛のドル売り。クロス円もともに急落してきています。

数少ない情報を拾ってみたところ、FRBが今月のFOMCで大幅な利下げを行うとの見通しからドル売りが加速、、、ということらしいですが、これもまた何を今更、、、というネタです。利下げ打ち止め感も出ていたという話もありますが、今月は25bpから50bpの利下げは大方織り込まれているんじゃなかったの?明日朝にもなれば詳細わかるでしょうけれど、ダウ平均は12500ドル割れ、ユーロドルは最高値を狙う上昇、(現状1.5810)そしてなんと原油価格は111.99 ドル台へ、3月17日に付けた史上最高値111.80ドルを越えました。これについては在庫が予想を上回る大幅取り崩しとなったことが要因のようですが、ドル安も加わって価格を押し上げているのでしょう。金も935ドルと現状17ドルの大幅高です。
でも、冷静にダウ平均のチャートを見てみますと、12700ドル台で綺麗なトリプルトップを形勢、この形ですと、12000ドルくらいまで押してもおかしくないところまで、上げて来ていたわけです。テクニカルからも叩かれやすい水準にあったので、それほど動揺しなくてもいいのでは、、、とも思っているのですが、原油価格が再び史上最高値更新とは驚きです。

昨日、一昨日と書いたように、下落があるなら来週か?と、ちょっとばかりタカを括っていたのでこの下落はちょっと想定外。201.50ロングのポンド円ですが202.60くらいまでの上昇局面で利食えばいいものを、もっと利を伸ばそうと放っておいたらこれです、、、。しかしながら、夕刻にBOEは利下げをしないのではという噂がポンドが買われるという局面もあったことから、ここは辛抱、、、というかむしろチャンスか?ということで、200.99でナンピン。今のところ後悔はしていませんが、これは200円を割ったらあきらめましょう。切ります。

さて、来週の転換という噂のソースか?と思われる記事を発見しました。Financial News Online USによりますと、ストラクチャード・ファイナンス市場の悪化を受けて、住宅ローンなどの貸付債権や社債を担保にしたCDO専門のファンドマネージャーが、来週、最大で30億ドル(約3000億円)相当の証券化対象債権を売却する見通しと、ダウ・ジョーンズのファイナンシャルニュースが8日付で報じている、、そうです。売却される証券化対象債権は、価値が大幅に低下し格下げとなったCDOの商用不動産ローンや自動車ローン、クレジットカードの売掛金、学生ローンなど多岐にわたるとか。

でもこんな噂が出て、ソースが実際出てきて「はい。来週売りますよー、皆さん準備はよろしいですか?」なんてことが実際あるわけがないでしょう、、、。一個人投資家の耳に入るような噂となった時点で噂に終わるものだと思っていますが、ひょっとしたら少しばかり早くその事態が訪れているのかしら?とも思えるような今晩の動き、さて明日はどうなる?

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社