2008年5月29日木曜日


占星術からマーケットを占うといっても、その理屈を理解していないとどうもピンと来ないものかもしれません。朝テレビでやってるやつでしょ?星座占いで相場を読めるわけがないだろう。というようなことをおっしゃる方がいるのもわからないわけではないのですが、それは食わずキライというもの。それで当たるなら占いだろうがお告げだろうがなんだっていいわけです。しかし、占星術というのは決して星占いではないのです。願掛けの世界のものと一緒にしてしまっているなら考えをちょっと改めて、今日のYMTV「初めての金融占星術」をご覧下さい。アセンダントの山中康司さんに基礎の基礎からお話を伺いました。

まず基本的なこと。いわゆる星占いというのは太陽のみを使っている。太陽が今どの星座に入っているかを見るんですが、占星術は主要天体全体を使ってさらに、その位置関係などの複雑な仕組みを用います。似て非なる物、、、というかこれはもう全く別物ですよね。

天体のポジション、相関関係やその周期などからサイクルを知ることが可能なほか、水星と冥王星の相関関係からドル円相場を、水星と土星からユーロドル相場を見ることが出来ます。えーそんな事までわかっちゃうの?!占星術の奥の深さに驚かされます。

今日はアスペクトって何?コンジャンクションって?オポジションって?といった金融占星術によく出てくる用語の意味から丁寧に解説をいただいています。天体の相関性というのは角度からも占うことができるのです。さらに、天体の順行・逆行とは?そしてその時期にドル円相場はどう動くのか?などなど盛り沢山の内容です。

基礎編が終われば応用編などステップアップしたプログラムもお願いしておりますので(高野さん、やりますよね?!)今回の基礎編は是非チェックしておいて下さい。基礎編を飛ばすと応用編について行けなくなっちゃいますよー。だって、私も復習が必要だと思うもの、、、。あ、でも決して難しくはありません、今回は本当に易しく解説いただきました。でも、内容があまりに盛り沢山で(笑)次のポイントは6月19日ね、、、詳しくはオンデマンドでチェックしてくださいね。

YMTV「初めての金融占星術」を見る←クリック!!

さて為替も気になりますが、原油価格も気になります。130ドル台を割れたのでこのまま急落か?などと覚悟とも期待ともつかぬ思いで見守っている向きが多いかと思うのですが、126ドル割れまで下げた後、現在切り返してまた130ドル台回復を見せています。意外に粘りますねぇ。しかしこのままV字で最高値更新を目指せないのならしばらくは130ドル台を挟んでの攻防、、、いわゆる高値圏での乱高下となるのではないでしょうか。何故か金が大幅下落となっています。今8ドルも下げているのはどういうわなのでしょう、、、。

この原油価格の動向如何では為替市場も大きく動き出すように思うのですが、まだどちらとも判断ができません。しかし今日はドル円が欧州時間からスパークし105円台に乗せたんですね。一方ユーロが安い。この背景にはやはり原油の下落があるように思いますが、105円台乗せの駄目押しが耐久財受注の好結果、、、といったところか。

私の持っているドル円も大勝利?!、、、、じゃあないんですよ(笑)昨日寝る前に104.20円でクローズの注文を出して寝てしまったのです。朝起きたときにはポジションがなくっていました。103.50円で買ったポジションですから利益は利益ですけど幅を小さく手仕舞ってしまいました。結構長く持って102円台も耐えたんですけれどねぇ、、、このところのレンジで疲弊して楽になりたかった?手仕舞った途端に急上昇です。まったく、、、。

それにポンド円も207円?!こんなに上げるなんて。205円で間違えて買ったポジションも205.48円などというまた微妙な(半端)なところで手仕舞っています。207円かぁ、ちょっと早まったわ(笑)

唯一残してあった豪ドル円99.85円のロングがいい調子です。これはまだ持っています。今回100円で売らずロングにしたのは「豪ドル/米ドル」の動きを見て。パリティ達成まで豪ドルは買われるのよ!?なーんて思い込みは禁物ですが、豪ドル円のチャートでは長いこと持ち合っていましたのでレンジブレイクで当面強いと思っています。目標はどこに置こうかしら?これを考えるには今日は遅くなりすぎましたのでまた明日以降に。

明日はフォレックスラジオにYMTVキャスター高野やすのりさんがゲスト出演します。お楽しみに。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社