2010年2月12日金曜日

昨晩開催されたEUの緊急首脳会議では
「ユーロ加盟国はユーロ域内の安定を保護する必要が生じた場合には
一丸となって協調的に断固たる行動を取る」という声明を発表して終了。
つまりギリシャに対しても断固保護するという見方でいいとは思うのですけれど、
なんだ、ギリシャ支援の具体的な措置については、
来週16日のEU財務相会合で決めるみたいですね。
またまたちょっと拍子抜け。拍子抜けのユーロ売りもあったんじゃないかしら?
思うようにユーロ反転とはなかなかいかないものですね。

いろいろと発言を追ってみますと
欧州委員会のバローズ委員長は
「ギリシャからの金融支援の要請はなかった。
ギリシャが金融支援を必要としていないと考えていることを意味する」
と述べているのですが
一方でギリシャのパパコンスタンティヌ財務相は
「ギリシャが外部支援を要請すれば、
それは最悪のシグナルを送ることになるだろう」と述べていて、
コチラから見ているとどうもまとまりがない印象。

ギリシャが救済要請を出してしまうと、国債の売り浴びせはじめ、
EU全般へ波及する事態となるだろうからその影響を考えて
支援要請しないんだって言いたいのでしょう。
それをバローズさんは支援を必要としていないんでしょ。
と言ってしまうとは。

拍子抜けというよりなんとなく残念な感じ・・・・。
でも16日には支援具体策が話し合われるということですから、
失望の叩き売りはそれを見るまで待ってやろう。
というようなムードなんじゃないかしらって
勝手に予想してます。あ、でも16日ちゃんとしたものが出れば
やればできるじゃないか、の好感の買いも期待できると思います。

今のところ予想されている救済策は
ギリシャへの融資、あるいはドイツが国債の買い入れを検討なんて話もあって
ドイツ単独での支援策も出てくるかも、、、?!
これって好感してもいいのかしら。。。

ということで、結局ユーロ売りの波から逃れられずに週末を迎えそうですが、
明日からバンクーバーオリンピック、中国春節、
アメリカの3連休入りということを考えると、
お休み前の手仕舞いの動きも予想され、
ヘッジファンドの売り越しが史上最大に膨らんでいるユーロには
買戻しがはいるのではないか、なんて予感もしています。
実際ユーロショートをどの向きが抱えているかにも寄るのですが、、、、。
欧州時間、NY時間に向けてのユーロ買いも一興?!
もちろん超短期ディールでね。

今晩はYMTV大倉孝の本音で言わせて生放送です。
19時からどなたでも参加できますので
19時になりましたら、
こちらをクリックしてください。
大倉キャプテン、今回の下落の波は大きいって
先月のデスマッチ番組で警鐘を鳴らしておりました。
キャプテンの言うとおりになっちゃってますが、この先は?!
今夜お会いしましょう


【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社