2010年3月15日月曜日

今日かサマータイム。
そう思うと心なしか東京の空気もすっかり春めいて感じます。
いや、今日は実際暖かかったの。桜の開花が気になる頃となりました。
来週末には目黒川花見大会が企画されてますが、
さて東京の開花とばっちりタイミングが合うでしょうか。

NY株式取引時間は、
日本時間で22:30~翌5:00。
昨今注目の商品市場は若干異なります。
NY 金 21:20~2:30 
NY白金 21:20~2:05
NY原油 22:00~3:30

さて、今日明日のEUの財務省会合は注目ですね。
先月のYMTV[まる金のここがポイント」でも荻野金男さんが
3/15-16がギリシャ問題にとって重要だと指摘していました。
ギリシャ政府の公務員賃金法案、燃料税、年金改革などを含む
追加財政再建策の実施期限のデッドラインとされています。

これに先立ち、先週末に仏ル・モンド紙が「15日のEU財務相会合で、
ギリシャに200-250億ユーロの金融支援計画を打ち出す」との観測記事を、
オーストリアの現地紙にいたっては「EUから550億ユーロの支援を受ける可能性」との観測記事を報じています。
フランスのルモンド紙も250億ドルって予測してたかと思います。
各国がこれだけ具体的な観測記事が書けるということの裏側には
なんらかのリークでもあるんじゃないかと思ってしまいますよねぇ。

でも、ドイツの財務省は
「15日のEU財務相会合でギリシャへの財政支援に関して
何らかの決定がなされる理由はない」と述べていて。
期待に水を差しています。
ユーロが下げ止まっていることの理由にはやはり市場の期待の方が
勝っているということなのかなーと見ているのですが、
追加再建策というのが期待はずれの内容に
終わるようなら下落スタートのシナリオも拭えませんね。
EU財務相会合は、今日15日25:00~と16日(火)17:30に開催の予定。
見極めるまで無理に賭けに出る必要はなさそうです。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社