2010年9月24日金曜日

先程、24日午後13時過ぎにドル円相場が
84.50円アラウンドから85.36円程度まで1円近く急騰しました。
1分足で70pips位動きましたので、誰もが介入を連想。

Twitterでは
「介入か?」「まだ何も出ていない」「高官が介入知らない発言」などの
呟きが急増、関係者が色めき立ちウチにいても市場の臨場感がみたいなものが
味わえちゃったりします。情報早いしね。

今のところの報道では
市場筋の話として為替介入実施を共同通信社が伝えているのですが、
玉木林太郎財務官は「為替介入についてコメントしない」そうで。

五十嵐財務副大臣にいたっては「介入については何も聞いていない」ですって。

聞いてないって・・・・ノーコメントなら分かるけど、知らないって
言わない方がいいんじゃないのーなんて思ってみてますが、何か
介入実施のコメントを意図的にしない戦略なんでしょうか?


ある方が、日銀介入じゃなくて今回は銀行が勝手にやったことで・・
とかなんとか欧米に言い訳するつもりなんじゃないの。
なんて冗談?めいた呟きをされてましたが。

いやーでも今日の介入も、評価できるんじゃないでしょうか。


このまま介入がなく、今夜週末の欧米市場で83円台に沈むなんてところまで
円高が進んだら、本当に野田さんの失言と言われる『82円台」が防衛ラインだと
市場が確信してしまうではありませんか。
介入防衛ラインが見えてしまうとスイスの二の舞になってしまうのではないか、
と懸念しておりました。84円台で介入実施は、評価できるものと思うのですが、
さて、この後市場はこれをどうこなしていくんでしょうか。

(って介入と決めつけては行けないかも。
 介入じゃないという噂もでてきました。~追記)

それから金価格は1290ドル台まで上昇しており、1300ドル大台目前です。
年内の1300ドル大台予想は出ていましたが、まさかこんなに早くこの水準に
到達するとは。さて今晩1300ドルの攻防が見られるでしょうか、
それとも届かず崩れてしまうでしょうか。
為替とともに金価格にも注目です。
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社