2010年10月27日水曜日

今日はポン様が大フィーバー。

■第3四半期GDP、
前期比予想が+0.4%のところ+0.8%と予想の倍となったこと、
前年比でみても予想が+2.4%のところ+2.8%と
どちらも予想を上回る結果だったことでポンドが買われました。

■事前の噂でも「0.8%」って数字が出ていたようですが、
ホントに0.8%って…
なんか情報漏れちゃってたりするんでしょうかねぇ。
事実売りとなるわけでもなく、本当に倍の結果となったこと更に買われました。
今まで売られすぎていたってことでしょうか。

■さらに格付け機関のS&Pが、英国の格付け見通しを
「ネガティブ」から「安定的」へ変更、これはサプライズ。
これも材料になっているんだろうな。
ポンドドルは1.5720レベル☞ 1.5890レベル
ポンド円は126.90レベル☞129レベルまでの久しぶりの快進撃。

でも・・・・。

■前回第2四半期のGDPって前期比+1.2% 前年比+1.7%だったのよ。
予想より良かったってだけで上がり続けると思う?!
どう考えても景気減速してるでしょ。

■それに、イギリスは今後4年間で10兆円の歳出削減に挑むんです。
各省庁に20%前後の予算カットを求め、
福祉支出を総額180億ポンド削減するほか、
年金支給開始年齢を2020年までに65歳から66歳に引き上げられたりと
ドえらいことになってます。
これで49万人もの公務員らが職を失うと試算されているとか。

■ある意味、羨ましいなー。若返った新政権、キャメロンさんやるわよね。
日本はこんな大胆に公務員削減できないものね。
特別会計にはメスを入れられないし。

■イギリスはこの歳出削減策に抵抗して反発が強まっているという
ニュースが一般メディアでも報道されていますよね。
一説には民間部門でも50万人規模の失業者が出るとされており、
官民で100万人の失業者があふれるとの話も。

これが成功すれば・・・
ということで格付け引き上げの評価を得ているのでしょうけれど、
そんなに簡単な話じゃないでしょ・・・。

■と思ったら、今日買われたところは売りじゃない?!
ということでポンド円Sしてみました。
コスト128.84円。

■Twitterにポン様売り!!って書き込んだら
GDP良かったのに大丈夫か?とか、
逆指標でここは買いだとか、
S&Pが見通しをSTABLEとしたのはポジティブサプライズだよね、とか
いろいろと自信を喪失させられるようなリツイートを頂戴して
ちょっとビビり始めています(笑)

■やっぱ売るならユーロだったかなぁ。
ダイバージェンスとなっているから売りたいとは思っていたのですが。
なんだか売りそびれちゃって下がり出しちゃったから
追随売りが出来ず、指を咥えてみていたところでの
ポン様急騰で、売るならこういう逆バリ的参入がやりやすいって理由から
衝動的にSしちゃったのよね。実は(笑)

■ユーロドル日足はミニhead&shoulderチックだし、ちょっと大きめの調整来そう。
ところがポン様は私が売ってから下がんないの(泣)
ユーロポンドが急落中で、売るならユーロが正解だったみたい。
ケーブルにせずにクロス円にしたのは、ドル円がこのまま理由なき上昇を
継続出来るわけがないから、ドル円の下落に連れてポンド円も下げるだろう
なんて期待もあったりする。さて、ポンドはこれまで売られた分のショートカバーが
入って更に上昇してしまうのか?!
勝負は明日へ持ち越しとなりそうです。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社