2010年11月30日火曜日

昨日28日にEU欧州連合は総額850億ユーロのアイルランド支援策を承認。
これを受けてアイルランド問題に端を発したユーロ売りは一旦落ち着きを
取り戻すものかと覚悟して見ていたのですが、とんでもなかったですね。
やはり今は「欧州を悪者にしてユーロを売りたい相場」
すぐさま矛先をポルトガルやスペインに向けてユーロを売り込んでいる向きが
あるようですね。先ほど1.3065ドルくらいまでユーロが下落しました。

お陰で私のユーロSで1000pips抜きも実現が目前に迫っています。
(コスト1.406ドル)
大倉さんは先週金曜のYMTVの為替デスマッチで
2000pips抜きに挑戦しろ!!なんて吠えてましたが、そこまで下げる過程では
大きな戻りもあるでしょうから精神的に持ちそうにありません(笑)
このトレンドの最終局面では1.20割れの瞬間もあるかもしれないとは
思っているのですが、ポジションを持ち続けるとなると話は別ですよ・・。

ユーロがテーマとされて売り込まれているってのもこの相場の柱では
ありますが、「ドル高」要因も加勢しての相場なんじゃないの?!
なんて気もしています。そう、これはだいまんさんがこの時期になると
毎年指摘する「年末のドル高要因」ってのが始まったんじゃないかと。

米国では日本と異なり12月を決算とする企業が多いため
ドルを買い戻す動きが活発化することからドル買い需要が増加、
結果ドル高円安となる傾向が強いとされています。
1990年からの12月のドル円のアノマリーを確認すると
13勝7敗でドル高。このユーロ安、ドル高の流れのまま
こうしたドルの買い戻しが入って来ればさらなるユーロ安に・・・?!
(ポジショントークですね)

いえ、それに加えて、どうもクリスマス商戦に向けて
アメリカの小売が好調なようで、これがドル買いに繋がるんじゃないか?
なんて見方もないことはない。(これもポジトークかも)

全米小売業協会発表の25~28日の4日間の小売売上高は
前年同期比 9.2%増の450億ドルだそうで、これって約3兆7800億円ですよ。
宝飾品や衣料品など景気動向に左右されやすい品目好調とか。
また、インターネット通販も好調。
そうそう、今日はサイバーマンデーなんですね。

※サイバーマンデー=感謝祭(11月の第4木曜日)の次の月曜日。
オンラインショップにおけるホリデーシーズンのセールの開始日と
考えられており、売上げが急増すると言われている。(ウィキ)

どうも、アメリカ人は節約疲れを起こしているみたいで
このクリスマスにパーッとお金を使うみたいなムードなんですよ。
これをペントアップデマンドと呼ぶらしいですね。
お金はあるけど、景気が悪いから財布の紐が固かった・・・ものが、
景気回復期に一気に緩んで消費が拡大する現象。
まだ景気回復していると呼ぶには疑問符がいくつも並ぶのですが、
とにかく節約に疲れて、この時期は浪費したいって感じに
なっている模様。。。。日本は一向にそういうムードになりませんねぇ。
☞ hhttp://j.mp/dKGbXN 

今週は11月の雇用統計やISM製造業・非製造業景況感指数など
重要指標の発表が相次ぎます。2日に米小売り大手が発表する
11月の既存店売上高も重要かな。

雇用統計では、非農業部門の雇用者数で前月比15万人前後の
大幅増加が見込まれていますし、週間の新規失業保険申請件数が
2008年7月以来の低水準で推移するなど、雇用の改善を示す
指標が意識されるようになって来ました。

QE2を囃してアレだけドルを売り込んだ動きは一体なんだったんだ・・・
というような話ですが、もし、景気回復の兆しが本物であることが
確認出来れば、FRBのとった対策は決して間違いじゃなかったってことが
実証されるわけで、「株高・ドル高」ってシナリオだってあるのかも。

今週はもう12月入り・・・・。
今回のユーロSの後に何か妙味ある相場はあるのか模索中ですが、
やっぱりオージードルの三尊天井に気がついたときに
売っておけば良かった。とタラレバトーク。もう遅いかなぁ・・・

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社