2010年11月26日金曜日

今日のFOREXRADIOでは
ほとんどユーロの今後について話していたように思いますが、
そろそろ・・・(下げ止まるんじゃないか)とか、
一旦利食ったほうがいいんじゃないか、
なんてアドバイスも皆様から頂戴しております。

なぜこのレベルが「そろそろ」なのかは
オンデマンド放送を聴いていただくとして、
今回のトレンドで「1000Pips」抜きに挑戦するつもりでおりますので
1.35~1.36くらいまでの戻りの覚悟は出来てます。
一目の雲を下に突き抜けましたし、ユーロの大底から天井までの
0.382レベルも下抜けてきましたし・・・・。

なーんて余裕を見せているつもりでも、
実際戻り始めると気が気じゃないものね。
382レベルは支えられて反騰?!
深夜のユーロ買い、サンクスギビングなのに
一体何が起きたのでしょう。

どうやらドイツの連銀総裁、ウェーバー氏の発言が材料視されている模様。

ユーロに替わるものなどない
ユーロは世界でも安定した通貨の一つだ
ドイツマルクがそうであったように、ユーロも安定した通貨だ
欧州、特にユーロ圏が一致団結している限り、欧州は世界で重要な役割担う
問題の存在は否定出来ないが、ユーロにとって替わるものはない
ユーロは危険にさらされていない

などなど、、、、
何でしょう?こんなにユーロを肯定する発言を繰り返すなんて。
どうも不自然な発言のように思えてなりませんが、
素直に市場はユーロ買いで反応。
しかし、米国休場につきパワー不足は否めない。
1.3375レベルでストップ?!

何ゆえドイツ連銀総裁がユーロ支援発言をしているのかわかりませんが、
これが昨今の欧州不安を覆すようなものではないですね。
ひねくれ者の私としては、この発言はむしろユーロの惨状を
表しているものと受け止めてしまうのですが。裏読みしすぎでしょうか。


今日はどこかの格付け機関が今度はイタリアを格下げするなどという
噂が出ていたようです。根も葉もない噂のようですが、市場は
次のターゲットを探し始めているようですね。
昨日の独11月IFO景況指数が、109.3と過去最高の結果と
なっているにもかかわらずユーロが反騰できなかったことが
「ユーロを売る材料を探している」というのが
現在のマーケットだということを
改めて確認することとなりました。

モルガン・スタンレーがユーロは年末までにおそらく
1.40ドルまで反発する可能性がある、
等と言っているようですが、気にしない気にしない・・・・
え?!1.40ですか?
それはこのトレンドが終了したことを指摘しているようなものですね。
大きなレンジを形成するということなのでしょうか。

信念を曲げずにユーロドルSで粘る!!などと宣言しているのですが、
あらゆる可能性を排除せずに相場を眺めることも大事なんですよね。
かといってちょっとした動きにアタフタしてポジションをバタバタいじると
往復ビンタを喰らうことになります。
今は大きなトレンドが発生しているのだという
当初のシナリオを貫き通すつもりですが、、、、。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社