2010年12月18日土曜日


今日のYMTV「大倉たかしの本音で言わせて」
会員限定コンテンツなので全ては語れませんが
大倉キャップが言いたいことはこうして並べてみると良く分かりますね。

まずこれは米国債10年物チャート

そしてこれがドル円チャート
今年のドル円は米国債金利動向とピッタリ息を合わせて動いていたと言えます。
少なくとも4月の高値から10月安値までの半年あまりの円高は米金利低下に歩調を
合わせていました。でも今は、、、、。

金利上昇がおかしいのか?
ドル円膠着がおかしいのか?

さてどちらに連れることになるでしょう・・・。
米債の売りは年末の特殊要因とも考えられますが、
しかし、どんな理由であれ米金利上昇ならドル円が
もっと上がってもいいように思いますけれどねぇ。
上げられないドル円、これには構造的問題もあるのかもしれませんが、
それ以外の材料も?!

ともかく、この足並み乱れた2つのチャートが示すこと。
これをじっくりと見極められれば春の相場が取れるということでしょう!

金曜の夜中になってユーロが売られてます。
やっぱユーロショートじっくり持っておくべきだったかな?
ECBがBOEとの間で100億ポンドの通貨スワップ協定合意を発表。
ECBはこの通貨スワップ協定で、
必要に応じてアイルランドへ融資するとかしないとか。
アイルランドの銀行システムに必要となる一時的なポンドの流動性を
カバーするためのものだと思われますが、これが材料となっているようですね。

これはユーロにとってもポンドにとってもネガティブ反応。
思わぬ動きに眠れぬ夜になりそう?!
やっぱりポンドもユーロも「戻ったら売り」でいいみたいね。
私は売り遅れて眺めているだけ・・・。
もう、悔しいから寝ちゃおう!
皆さん、良い週末を!
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社