2010年12月3日金曜日

ユーロの買い戻しがどこまであるか。

今日はスペインの国債入札の需要が旺盛だったり、夜に控えたECB理事会で
ECBのユーロ国債購入拡大が発表されるのでは?との観測も手伝ったりして
1.32ドル台くらいまでユーロが買われました。

しかし、ECB理事会で様相は一変します。
特になんにもなかったわけで・・・。
勿論、ついこの間まで欧州が出口戦略を模索しているなどという
超楽観が支配していたことを考えれば、
既存の臨時流動性提供プログラムを当分の間継続することが
発表されたってだけでも大きな転換だとは思いますが、
それはすでに今週のマーケットには織り込まれちゃっていましたね。
国債購入拡大などのサプライズは何もなかったってことで
ユーロはスコーンと売られます。
1.305ドルくらいまで30分くらいで下げたんですけれど、
その後ユーロはV字で切り返し、再度1.32ドル台へ。
激しいですねぇ。
売り気が強く、大きく戻せずに再下落するのかも・・・
なんて気持ちにもなりましたが、この切り返しを見ると、
やはり相応の買い戻し、戻り高値を示現するまでは売り参入は
危険なのかもしれません。

今日は日中の揉み合いでダレてきたときに、また下げるかもっ、と
気が急いちゃって軽く売ってみたりしたのですが、失敗。
見事に踏まれて撤退させられました・・・・。
売るならもっと戻ってからかしらねぇ。
ボリンジャーバンドの中心線にぶつかるあたりかも。
となると1.33~.1.34くらいまでは引きつけないと。。。

アメリカの指標としては
10月中古住宅販売成約がな・な・なんと+10.4%
前回:- 1.8% 予想:- 1.0%ですよ。
統計開始以来最大の伸び率だそうで。
他にも11月の米自動車販売が前年同月比16.9%増加、
中国でもGMの新車販売が過去最高を記録ですってよ。

これでドル買いとなるかと思えばそうでもなくて
ユーロの買い戻しは激しいですし、ドル円も84円ローまで
崩れてきています。

というのも弱材料もあって、米週間新規失業保険申請件数、
前回:40.7万件、予想:42.4万件、今回:43.6万件と
悪化してますね。

というよりドルがテーマじゃなくてどう見ても
ユーロが主役の相場なんだな、、、と言う感じですね。

明日は今週のヤマ場雇用統計。
今からあれこれシナリオを描くのも面白いのですが、
今日のFOREXRADIOでいろいろと話てますので
オンデマンド放送を見てくださいね。

人気ブログランキングへ【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社