2011年5月28日土曜日

キウイドルが高値更新して昇竜状態!!
ここのところドルとユーロと円ばかり追いかけていたので
何故NZドルがこんなに強いのかリサーチ不足でしたが、
昨日のフォレックスラジオで取り上げたところ、リスナーの皆さんから
いろいろと情報をもらいました。U-st・Twitterと、便利な時代になったものです。
昨日の急激な上昇の裏には中国のSWF(ソブリン・ウェルス・ファンド)が
ニュージーランドの資産を購入するとの報道があったのですが、このところ
中国がEU債を買うといえばユーロが上がるし、金需要が増加傾向と報道されれば
金が上がるし、ともかく中国が何を買うかって世界の注目ですよねぇ。

それがなくてもニュージーランドのイングリッシュ財務相が(紛らわしい名前ね)
アジアの農産品需要増大と今後2年間は堅調と予想される商品輸出価格が
国内の景気回復に寄与しているとの認識を示しています。これは25日に。

なんと粉ミルクとチーズの価格が中国からの需要に支えられているそうで、
鉱山ブームに沸くオーストラリアへの輸出も伸びているのだそうです。
なんと今後4年間で中国向け輸出を倍増させる計画なんだとか。
輸出倍増計画ってアメリカもオバマさんがやってますね。
しかしながらNZドルはここ1年間で米ドルに対し約18%上昇しており、
同相は政府の想定よりNZドル高だとも指摘しています。
こんな発言があっても下がりませんね。
NZドルは実態より過大評価気味に買われる傾向があり、
NZドル要人は結構自国通貨安誘導発言を定期的に行っていますが、
もうショック安も起こりません・・・市場は慣れちゃったのかも。

NZ中央銀行が公表した四半期調査の結果も良好で、
回答した企業経営者75人の予想平均では2年後のイ ンフレ率は3%と答えており、
2月公表の前回調査2.6%から上昇、
2008年7-9月(第3四半期)以来の高水準ととなっています。
でも、流動性の低いマーケット、何かあれば下落率は大きいでしょう。
私は6月に何かが起こると思っているので(妄想ですが)
今調子のいいNZドルのボラは売り妙味が大きいのではないかと注目しています。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社