2011年6月21日火曜日

慎重にトレードすることを心がけたので今日は新規ポジションなし。
豪ドル円のショートポジションをじっと我慢して保有継続してます。

昨日のブログで心配していた「今日発表のRBAの議事録」
15日にスティーブンス総裁が利上げに言及していたので
ひょっとしたら先月のRBA理事会後の声明にこそなかったけど
議事録には利上げを示唆するような内容があるのでは・・・・?
などという市場の期待が豪ドルをジリジリ上昇させていましたので。

結果、利上げを示唆するような内容ではなかった!!
これで豪ドル急落。ホッとしましたー。

でも急落後はジリジリと上がってます。
むむむ・・・。

リスクオフなのかリスクオンなのか。
神経質な相場が続きますよね。

今日書店に立ち寄って見つけた週間エコノミスト。
(買わなかったけど)
http://mainichi.jp/enta/book/economist/

「ユーロ壊滅」ですよ、出ましたセンセーショナルな見出し!
去年もありましたね、ユーロ崩壊とか。
1.20ドル割れまではユーロは下がったのですが、その後1.50近くまで怒涛の上昇。
崩壊どころかユーロブル派が増えました。中国が買っているとか中東が買っているとか
なんとかいろいろに言われましたが、要するにそれよりヤバいドル。
理由はともあれ利上げに踏み切った欧州。この構図は素直にユーロ買いでした。

ここからのユーロ壊滅はギリシャのデフォルト前提の内容なのかしら。

タイトルチラ見で「ギリシャは第2のリーマンショック」的なのがありましたが、
デフォルト前提で言えば壊滅という言葉は間違いではないですけど、
じゃあ本当にデフォルトなんかさせるのか?って冷静に考えると
それはあり得ないように思うので、こんな風に騒がれ出したってことは
ユーロ安の局面もそんなに長いわけじゃないのかもしれないなぁ、、、と想像。

でも私の今年後半のシナリオは「ドル大底売って大転換」なので
やっぱりユーロは大きな下落トレンドに入ったということなのかなーと
自分の中での矛盾に悩んでいます(笑)
ま、株の天井、ドルの大転換、ならばユーロ大天井でしょうね。
ただ、そんなに簡単には行かない。
戻りを試しながらの解りにくい流れです。
中途半端にポジション持つべからず・・・・ですね。

ドル円80円割りそうだけど割ったからといって喜んで売るべからず。
大台割れの騙しが多いこの頃です。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社