2012年2月1日水曜日

昨晩はポルトガルの国債利回り急上昇で売られたユーロが
持ちなおして再び1.32ドル台まで上昇していたのですが、
今夜も仕事中にユーロが急落。どうも毎週火曜の22時過ぎに
ユーロが落ちるなぁ。。。。
(ユーロLでなので番組中に動揺してしまって困る)

1.32ドル台までの上昇の過程では
1月独雇用統計が予想より強い内容となったことなどを好感したようですが
その後、オーストリア中銀総裁が
「ギリシャがユーロ圏に残るかどうか確信できない」と発言したとかで
ユーロが売られたと報道されております。
そんなこと、もうほぼわかっているじゃない。何をいまさら・・・。
だったら昨日のポルトガルの国債利回り17%台のほうが
ギリシャから周縁国に波及ということでインパクトが大きい気がするわ。
それをこなして今日再上昇していたんだから基本は強いと思うんだけど、
ただ、ユーロドルは日足のチャートががっつり一目均衡表の雲に
頭を抑えこまれているのでこのあたりは簡単に上に行けないってことかしらね。
いや、ひょっとするとこのまま日足のボリンジャーの中心線、1.29ドル近辺まで
一度押すのかもしれない。んーー悩ましい展開。
102円台まで戻ったユーロ円も再び100円割れとなってます。
ユーロ円はボリンジャーの中心線20MAの99.16円を守れるかどうか。
ここを守れるなら再度反発の可能性も大いにあると思っています。

だいたい今夜の下落の理由がホントにオーストリアのノボトニーさんの発言
のせいかどうかもわからないしね。

ドル円は76.15円までの円高を示現。
今年の円最高値ですが、75円台に入ってくると
介入期待も高まるか。介入期待のロングも増えそうな局面ですが、
果たして介入が出来る状況なのかしら・・・。

それからユーロスイスが1.20に近づいてきた。じわじわスイスフランが
買われていますが、昨年SNBが表明した1.20を守るユーロペッグ発言を
材料にスイス売りを仕込み始めたという方も出てきました。
1.20を守れなかった時のスイス暴騰は怖いですが、
ヒルブラント総裁が奥様のインサイダースキャンダルで辞任したりと
お騒がせのスイス中銀、果たしてこのラインを守る行動に
再度出るのか否かに注目です。

ユーロドルLまだ耐えてますが、今夜、今日の下落分を取り返せず
下げたままで終わるようなら一度撤退します。
今昨日の安値を割り込んじゃった。ここを回復できないで
もっと下げるようだと調整は結構深めになりますねぇ。
再度買い参入の場所を練り直さないと行けないかも。

あ、でも大局はユーロ下落を見ています。
ただ、目先はドル安をテーマにしたユーロの戻りが
大きく入るというシナリオです・・・・。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社