2013年1月16日水曜日


昨日の昼間は甘利大臣の発言でドル円相場が崩れ、(89.62⇒88.61円)
これに連れてクロス円も崩れ始めたのですが、
昨日夜になってドル円が一段安となりました。(88.28円まで)

なんでもゴールドマン・サックスグループの会長ジム・オニール氏が
「「円はやや売られすぎかもしれない。」
と発言したことがキッカケとなったようです。

同じ日に日米から冷水発言とは。

そろそろ押し目が欲しいというところではありましたので
せっかくだからちゃんとちゃんとの下落があってほしいものです。

しかしジム・オニール氏って
今後1~2年でで100~120円の円安がある、って発言して
ヘッジファンド勢を煽っていた方なんですけれどね。
この発言の裏が気になります・・・。
確かに2ヶ月で90円到達の勢いだと、日柄的には早すぎるってことだけかも
知れませんが、、、^^;

それと昨日はユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長が
ユーロ相場は「危険なほど高い」との認識を示した、ってことも話題。

ユーロが下がったのはこのせいかな。
IMMポジションのショートがキレイにはけたことで
ここからは上がる理由がないな、と感じていたところ。

ユーロ安じゃないとドイツ経済も堅調を保てないでしょうしね。
ユーロは結局ドイツ次第。ユーロ高よりユーロ安のほうがいいんじゃない?!

ということで、ゴールドマンの1.37ドル到達目標のユーロがい推奨に
牽制ってタイミングに感じるけれど、だからといってユーロがそれほど
積極的に動かないのは流動性が高いからだろうなぁ。
結局ユーロは大きく見ればレンジ相場が続いているだけなんだもの。

やはり今手がけるなら円ですね。円絡みの通貨ペア。

短期的には売りです。調整局面入りだと思っています。
144.11円で売ったポンド円はまだ保有中。
これでガッツリ取るわ!!

大局では円安大転換した大相場ですので、
どこかでドテン買いに回らないといけない相場ですが、、、、。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社