2013年1月15日火曜日


甘利財務相の発言ですって?!
昨日もテレビ番組で発言していたことと同じようなことじゃない。
それでこんなに動いちゃうのね・・・。変なの。
まあ、昨日は成人の日で東京市場は休場となる中での
為替市場は流動性の低い中での発言だったのですけれどね。

今日また同じような内容のコメントが出たからといって
こんなに円高に触れるとはちょっと不思議な感じ。

※甘利明経済再生担当相は15日の閣議後の記者会見で、
1ドル=89円台後半まで進んだ外国為替市場の円安に関して
「過度の円安になれば今度は輸入物価に跳ね返ってくるし、
国民生活についてマイナスの影響が出る」と述べ、
円安が進み過ぎることに懸念を示した。

ロイターのコメントに
「関係者は「今まで信じてきた政府当局者がああいった発言をしたのが、
特に海外勢にはインパクトがあった。少しポジション調整の動きが続く
可能性がある」と述べた」という解説も。

大局が円安トレンドの初動だとは解っていても
こういう相場ではここから買いにくいということで調整大歓迎なムード。
ただ、皆が調整を待っていて短期的にはショートをふる向きも増えていることから
あまり下がってくれないのよね。
今日もこの甘利さんの発言直後の急落の安値を割らずに
レンジに終始しちゃってる・・・。

この安値は買いかなぁ?!
もう少し調整してくれるといいよね。
買い参入は見送ってます。
そして昨日作ったポンド円のショートまだ持ってます。
144.11円

ここからの注目は来週の日銀の金融政策決定会合でしょうか。
ロイターは
投機筋の間では、
2%のインフレは量的緩和など既存の措置の延長では達成できず、
ドラスティックな措置が必要との見方が広がっているため、
「為替を円安方向に操作すれば、輸入物価が上昇して、
手っ取り早く目標が達成できる」との考えが
ファンド勢の間で広がっているという
バークレイズ・キャピタルのストラテジストのコメントを紹介しています。

投機筋の現在の最大の関心は次期日銀総裁が誰になり、
その人物がどのような手法で物価目標を達成するのか、
という点に集中しているのだそうです。

大倉さんが昨年から指摘してきた円安大トレンドの第3ロケットがこれでしたね。
投機筋は今ココに注目している、ということで大倉さんの読み通りだわ~さすが。

ユーロもちょっと調整気味ですね。
一部メディアが「独政府、2013年のGDP成長率見通しを
従来見通しの1.0%から0.5%に下方修正へ」と
報じたってことがユーロの重しとなっている模様。
しかしこれば確定した見通しではなく
16日の閣議で協議するものだそうです。

ユーロドルのIMM投機筋ポジションが7月には22万枚も売り越しだったものが
12月31日に買い越しに転じ、全てなくなったことも、覚えておきたいですね。
ショートカバーという自律反発は終了したってことです。

ここからは積極的にユーロを買うのか売るのか、さてどっち?!
という相場に入っています。
私は売りたいかなぁ。
ゴールドマンは1.37まで上がるとかって顧客向けレポートで
ユーロ買い推奨したらしいけれど。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社