2013年1月29日火曜日


今週末は雇用統計だったんだっけ!!
今日何かのコメントで見て、えーもう2月か、と驚いた。
うーん、ついこの間正月明けたとこなのにな。

でも、今週はその前にFOMCがあるんですよね。
FOMC発表明けての雇用統計、どれほどの注目となるでしょうか。

FOMCでは政策の変更は無いと見られていますが
「政策声明の文言変更」に注目!(多分無いと思うけど)

雇用統計はやはり注目なんでしょうね。
FRBの政策の基軸となる物価安定と雇用安定の
雇用部分の指標ということで、為替市場には大きな影響があります。

今日のところのリサーチだと
ロイターまとめの予想が
NFP15・5万人増・失業率は7.8%で横ばい。

バークレイズ予想が
NFP横ばいの15万人増・失業率は0.1%低下の7.7%。

(12月の数字はNFP15.5万人増、失業率7.8%で横ばい)

あまり大きな変化がないという予想ですね。
分水嶺は15万人ってとこかな。
15万を大きく割り込んでいたらネガティブ。
15万超えていたらポジティブ。

ただし、現状の相場では数字が悪くても、
金融緩和が長期化するという思惑から買い直される可能性のほうが
高いと思われ、どっちにしろ買われるっていう結果になりそう。
数字が良ければ、景気回復はホンモノ、として買われるという反応で。
これはあくまで個人的な予想。
雇用統計前までにあまりに米株やドルが買われすぎて
上がってしまっていたら、違うだろうけれど。

FOMC受けての反応、そして雇用統計までどんな地合いが醸成されるかにも
よるのですけれどね。いや、今、凄くネガティブには寛容で
ポジティヴには積極的に反応する地合いのような気がして。

FOMC、雇用統計と米国からのBIG材料待ちということで
マーケットは一服感も漂っています。
先週のようなアゲアゲで上を攻める高揚感はないのですが、
それでも下値固い。今日も日経平均結局プラスだものね。
ドル円も調整らしい調整はなく、90円台で揉み合い。

再度力強い上昇となるか、米国からの材料で一端調整となるか、
まずはイベント見極めですね。

こういう神経質なトレンドの無い相場は様子見が吉。

あ、今日はこの甘利発言が、ドル円を下支えしたとか。
「ダボス会議で内閣の政策に有識者から歓迎と高い評価を得た」

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社