2013年3月7日木曜日


やはりドル円も上がってきました。
株が強いのに為替が膠着している、、、、という状況に入っていたので
どちらかに寄せていくのだとするならば、為替が株に追いついて
円安になる、という力のほうが強い印象ですよね、今の相場環境だと。

だったらドル円買って置けって話もありますが(笑)
そうはいっても、まだレンジの域を出ないんじゃないかなぁ、、
なんて思うところもあって、なんだかドル円には手が出ません。

しかし、これと言って材料がない中での昨晩のドル円の急騰には
ちょっと驚きました。何かあって動くとしても、
ECB理事会とか雇用統計とかそういうイベント待ちかなあ、、、と
思っていたので、不意を突かれた感が強いのですが、
しかし、94.55円の今回の高値超えにはいたらず。

昨晩は「ADP雇用統計」
非農業部門雇用者数は前月比19万8000人増。
市場予想平均の17万人程度増を上回ったことでドル買いってことでしょう。
さらにベージュブックの総括判断も
「経済活動は控えめもしくは穏やかなペースで拡大した」というもので
経済活動の改善が示されたこともドルの支援材料だったのだと思われます。


ダウも強いし「強い米国」「ドルの復権」が今年を象徴するトレンドに
なるのかもしれません。勿論「アベノミクス」「日本再浮上」も同じく。

変わって今年冴えないだろうと思われるのが、
欧州、ユーロ、中国とか豪ドルかな。
このセクターを戻り売り。

そして米国、日本は押し目買い。

今夜のECBとBOEですが、大勢では利下げ予想は少ないものの
昨晩ポーランド中銀が予想外の利下げに踏み切ったことから
一部に英国や欧州も利下げがあるかもって思惑が広がって
ポンドとユーロが売られたようです。

ドル円の上昇のせいでユーロ円のショートのコストが悪化した反面、
昨日売ったユーロドルはいい感じに。

ユーロ円は121.98円で手仕舞いました・・・。
再下落もあると思うのですが、利食いできなくなるのはいやだしね。。。
50PIPS弱の利益で終わっちゃいました。

ユーロドルショートを温めることにしましょう。

人気ブログランキングへ
【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】



※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社