2013年4月26日金曜日

今日も100円到達は成らず。

今日動いたのはポンドとユーロ、明暗分けています。

ポンドは1-3月期のGDP速報値受けて急伸。
前期比0.3%増、前年同期比0.6%増。
市場予想平均の前期比0.1%増、前年同期比0.4%増をいずれも上回りました。

今回のGDP、割に注目度が高かったみたいです。
前期マイナス成長だったことから、今回もマイナスならリセッション入り。
5年間で3度目となるリセッションでトリプルリセッション入りと
なるかも。。。って懸念があったのが、回避されたってことですね。

イギリスは今、緊縮策のお蔭で景気後退が懸念されているのですが、
先週、格付け会社フィッチ・レーティングスが格付けを引き下げたりしてました。
IMFからは英政府に対し景気促進に向け緊縮を緩めるよう呼び掛けられていたり。

でもこの数字を見て、市場には一気に安心感が広がって
ポンドが大きく買い戻されたってことね。

これを受けて昨日作ったポンド円ロングが美味しい展開に。
151.68円でロングしていたのですが、153.15円で利食いに成功。
今もまだ崩れておらず、新高値更新の可能性もありますが、
ドル円100円トライ失敗となれば、一度ダレそうなので早めにやめときます。

今日はドル円も軽く買ってみたんだけれど、
買った直後に下げてすぐさまロスカット・・・・
もっとドンと下げたとこで買参入しないとキツイですね。

それからユーロ。こちらは急落です。

来週のECB理事会で利下げの予想が膨らんできました。

ドイツのメルケル首相は
ドイツのことだけを考えれば利上げが必要だとしていますが、
ユーロ圏経済はリセッション局面にあり、
インフレはECBの目標を大きく下回って推移している状態、
IMFのラガルドさんからは利下げ余地があるのはECBだけだ、と
利下げ催促されてたりします。

ノムラ・インターナショナルやUBS、RBS 、コメルツ銀行、
ゴールドマンにメドレーレポートまでもが
来週5月2日の利下げを予想しており、
こうした予想からユーロが崩れた模様。

ユーロは来週のECBが大注目です。

来週って、FOMCもあるんだねー。そして雇用統計。
GW谷間にイベント多し。

明日は日銀金融政策決定会合ですが、
4日にバズーカ砲発射されているので
特段注目はされていません。

今夜はノーポジで寝ます。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社