2013年8月1日木曜日

今夜水曜21:15に出たADP雇用統計は 予想18万人に対し結果が20万人の好結果。
その後にでた21:30にでた米国G4~6月期のGDP伸び率速報値は予想1%に対し1・7%と
これまたとんでもない好結果となり、ドル/円相場はドっカーンと上昇しました。
今日夕刻には97・58円まで下げていたドル/円が98・51円まで1円の上昇。

FOMC前に派手に動きますなぁ。

先週木曜の、WSJ記者ヒルゼンラス氏の
今夜のFOMCでのフォワードガイダンス修正観測記事からマーケットが
ドル売りに傾いていた分、その巻き戻しが大きく入った格好ですね。

おまけにダウ平均も堅調推移で、、、損切りか?!と思うぎりぎりのところまで
ダウ平均が上昇しましたが、まだ切れずに保有中。
ろうそく足実体が明確に15600㌦を終値で抜いてきたらロスカット。
今のところまだ上髭に終わりそうなので忍耐!!

ドル/円も98・50より上は重いようですね。
ここから先はFOMCの結果待ちでしょうか。
フォワードガイダンス修正があるかないかです。

今日はGIの和田さんにお話しを伺ったのですが、
なんとなんと○○省がドル/円の一目均衡表を意識している?!という話。

97.50円レベルって一目均衡表の雲の下限ライン。
ここを下抜けると三役逆転といって、強烈な売りサインが点灯します。
そうなると、ドル/円はなし崩しに崩れるだろうとされていましたが、
なんと95・50近辺には物凄い巨大な買い注文があるという噂。
それが、GPIF年金マネーだという話が
今日のインターバンク市場ではもっぱらの話題だったのだそうです。

GPIFって9月くらいから動いてくるんじゃないか、って思われていましたが、
どうやら先週23~24日あたりにもGPIFマネーがドル買い出動(円売り)しており、
動き出しているのだそうです。

そして、その年金マネーを使って、97・50円を守ろうとしている?!
という大変興味深いお話しでしたが、
まあ、為替市場に絶対はありませんので、守ろうとすれば守ろうとするほど
切れた時の衝撃がでかいんじゃないか、っていう懸念もあります・・・。

今日あたりはこの話題から97・50円台近辺に下げてきたときには皆ドル買いに
傾いているらしく、その向きのストップロスが皆97・50だというんだから、
それがつけられた時はアブナイってことになりますよね。

しかし、97円にはこれまた巨大なオプションバリアがあるという話で、
そこではまた一度、下げ止まるんだろうなぁ、という話。

何はともあれ、今夜のFOMC待ちです。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社