2013年8月26日月曜日

週末、西原さんとお話する機会がありまして、先週買った日経平均ロング、
しばらく保有することに決めました!

アストロロジーの観点から、、ということで日経平均を13380円で買っていますが、
当初は短期トレードのつもりでした。

ところが、西原さんに話を聞いてなるほどそれもそうだな~と
短期から中期スイング方針に路線変更。

ともかく9月は材料が多いでしょ。

6日(金)雇用統計
7日(土)オリンピック開催地決定
9日(月)4~6月GDP改定値発表(消費税増税の判断材料)
17~18日 FOMC(テーパリング開始となるか)

他にもFRB後任人事が10月くらいまでに決まるとか、
10月上旬までに安倍首相が消費税増税を判断するとか、
要人発言や有識者発言で思惑が交錯して振り回されそう。

しかし9月からの相場、やはり海外勢が注目しているのは
アベノミクス第2幕。注目は消費税増税です。

速報値のGDPは予想3.6%、
増税判断の分水嶺と予想されている3%を下回り
実際出てきた数字はなんと2.6%でした・・・

おいおい、このまま消費税増税できるわけ?!

という一抹の不安は、8月の株価、ドル/円の神経質な値動きに
現れていたんだと思います。
勿論、8月は夏休みで流動性も低く、休まずに残っていた一部の
海外勢が日経平均のインデックス市場で大暴れ、この影響も
甚大でしたが、、、。

となると、安倍首相が増税する判断を下すまで、
あるいはGDPの数字が悪くても増税を決めるられるというところまで
国民の反対を免れる空気を醸成させないとなりませんよね。

ということでGPIFなどの年金マネーを使って株価を支えてくるのでは…。

あれ?!この考え方って一貫してぶれずに日経平均とドル/円ロングしている
大倉キャプテンの考え方と同じだわ。

ということで、キャプテンはやっぱり少し早すぎた?!かもしれない、
結局キャプテンの言うように、増税ありきで市場は動かさせていく、
そういう官制相場に近い大型の上昇が今週あたりからあるのではないか、
というところに考えがいたりました。
ヘッジファンドなどと繋がっている西原さんの教えと合致です!!

ただ、一筋縄ではいかないでしょうね。
しばらく上がっても雇用統計やオリンピックが日本出なかった場合の
失望や、テーパリングが注目されるFOMCなどもあって
乱高下は必至。

その乱高下でドル/円は安値で拾いたいな。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社