2013年10月16日水曜日

う~ん、神経質な値動きです。

今日はもう15日。
17日デッドライン2日前。

ということで、積極的にリスクはとりたくないというセンチメント。
ただ、債務上限問題妥結は近いという観測が相場を支えて
連休明け火曜の日経平均は14441.54(+ 36.80)

ドル/円相場は98円台で確りした推移。

今日は昨日作ったユーロ円、ポンド/円ロングを手じまってしまいました。
安倍首相の所信表明演説はマーケットの支えになるほどの材料ではなく、
ドル/円クロス円が夕方にかけてだらだら下げて来たので
利益があるうちに仕切ってしまいました。
この地合いでは鉄板ロング!!というワケには行きません。
利食い千人力ね。

その後 軽めにユーロ円とポンド/円をショートするデイトレを少々。
ポンド/円ショートは思うようにいかず微損撤退ですが・・(笑)

※9月英消費者物価指数(CPI)発表
前月比0.4%上昇、前年同月比は2.7%上昇。
(予想は0.3%上昇、2.6%上昇をいずれも上回る)
指標発表後にポンド買いが^^;

ユーロ円はショートした後に謎の暴落がきて
ラッキーなトレードとなりました。

ニュースを探してもこれという報道がない中、
西原さんのメルマガでこんな情報。

「ECBは必要であれば中銀預金金利をマイナスにする用意がある」
 = ボニチ・マルタ中銀総裁

こんな話が出てたんだ。
これ、中央銀行に留まっている資金を貸し付けや投資など
景気にプラスになるようにどんどん使ってよ、というメッセージですので、
ユーロ圏にとってはポジティブな材料だと思うんだけれど、
マイナス金利ってことで。。。。心理的には売りになるのね。

その直前に出ていたZEW10月独景況感指数は
プラス52.8と9月のプラス49.6に比べて改善し(予想プラス49.6)

ということで、ユーロにポジティブな内容でしたし。
なんで下げたのかなぁと思っていました。

あるいは、今日はこんなニュースもあり、
「ドル高」って地合いだということもあるのかも。

ドル指数が1カ月ぶり高水準、米財政協議合意への期待で
http://jp.reuters.com/article/bizforex/idJPTJE99E00J20131015

ドル/円は確かに堅調で高値更新してきている。
ポンドドルも急落局面がありましたね。
つまり、ドル高が加速した瞬間があるということか・・・?!

VIX指数も急落してて、市場はそれほど米国リスクを懸念していないと。
それで、ドル買いになっているのかなぁ。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=VIX%3AIND


思考としては、やはり「ロングに勝算あり」に切り替えているのですが、
このところのマーケット続伸って地合いで上がっちゃってるから。。。
高いところを買っちゃダメよね。
下がったら買う。
しかし、こうなってくるともう下がらないのかもしれないという気も。

今夜は米株も方向感がなく神経質。

10月NY連銀製造業景気指数が凄まじく悪い結果でしたが、
あまりこれを意識していません。
結果は プラス1.52(予想プラス7.00)
地合いが悪けりゃこれ売られる材料だと思うんだけどね。

何をさておいても債務上限、予算と米国は財政問題がカウントダウン状態ですので
こちらが全ての関心を集めてしまっていますね。

今のところの最新情報は
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE99E01X20131015

なんだかよくわかんない(笑)

お休みなさい。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】




※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社