2013年11月22日金曜日

特に大きな材料があったわけではない、日経平均謎の上昇?!
と言う声も聞かれました。

日経平均は15365.60円で取引終えました。+289.52円。
強い。やはり半年近くのレンジブレイクは素直についていけ。だわ。

その背景には~・・・

野村証券や、クレディスイス、ゴールドマンサックスら外資系証券が
大量に日経平均先物を購入したと、ワールドビジネスサテライト。

この動きは日本時間だけでなく、その後も続いているようです。
グローベックスでは15500円を突破しています。

昨晩のNYダウはFOMC議事録を受けて下落。66ドル安でしたが、
日本株は関係なし!

対外及び対内証券売買契約状況で、11月10日~16日の
海外投資家による日本への株式投資が3週連続の買い越しで、
買越額が1兆2949億円と過去2番目という大規模となったことも
心理的に支援材料となったと思われます。

今、日本勢は売っているのよね・・・。
外国勢が買っているのよ、しかも、先物主導?!

しかし、先週からにわかに動意づいて先週のうちに日経平均は
1000円も上昇して今週も3日揉みあっただけで対して調整もせずに
再び上昇開始です。5月の今年の最高値がもうすぐそこです。

というわけで警戒の声もあります。

日経平均株価をTOPIXで割ったNT倍率が
国内株式市場が急落した5月以来の水準に達していること。
(つまり先物主導なので投機的だという指摘ね)

TOPIXのPBR(株価純資産倍率)も2013年10月末時点で1.25倍と、
過去5年間の平均値である1.03倍を超えて最高水準に達していて、
割安感は薄らぎつつある、とか?!

それから国内株式ファンドの純資金流出入動向。
2012年は3,864億円の純資金流出だったものが、
2013年は10月末までで1兆7,006億円の純資金流入へと転じています。
勿論、アベノミクスによる日本株への注目が高まったからですが、
これは2000年以降でみても最大の純資金流入額を記録する勢いですって。

また設定本数は2013年10月末時点で94本。過去15年間で最高。
記録的な設定本数は過熱感のサインだという指摘もあります。

まあ、いずれも今すぐに危険だということではないですね。

ただ、あまりにも世界は金余りの過剰流動性相場なので、
注目となると一気に資金がなだれ込むので、ついていくのも大変だし、
資金が一気に抜けるリスクもないわけではない。
海外勢の資金は気まぐれですし。。。

という警戒はどこかに残しつつも、この相場にはついていくしかありません。

日経平均ロングが良い感じ~!!
ドル/円ロングもいい感じ~!!
101円台にも乗せてきましたね。

昨日売り参戦したドル建てゴールドもいい感じ~!

そして、昨晩のECB関係筋のマイナス金利発言で急落し
ロスカットの憂き目にあったユーロ円ロングですが、
再度買いで入っています。

同じコスト134・50で買い直して、今135・80円!
こちらもいい感じ~!!

私が売りをやめてから急落した豪ドルがどんどこさげているのが
チョイと悔しいですが。

なんとIMFが豪ドルは10%オーバーバリュー(高すぎる)との見解を示しました。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MWK4QI6K50XU01.html

豪ドルドルって日足で綺麗なヘッド&ショルダー。
売っていたのに、途中で降りてしまったよ~~私の好きな形なのに。

今から追いかけて売るのは怖いので、上がったら戻り売りです。
豪ドルは中銀総裁もIMFも下げたがっているのですから
逆らっちゃダメ。


人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社