2014年4月18日金曜日

イースター休暇前だから今夜は静かだろうと、そして
どちらかというとポジション調整気味の動きになるだろうと
思ってみていますが、どちらかというとロンドン・NYと買い気が強いかな?

流石に日経平均は、水曜に420円も上げちゃったので続伸とはいかず、
反落ですが、その値幅わずか15銭。1円にも満たない値動きでしたので、
まあ、欧米の大きな祝日前は、トレードするだけ徒労に終わるってことなのね。

というわけで、どうもやる気が出ません。

ドル円は101~102.50円までの中でレンジですし、
今日の日経平均だって15銭安だしね。

そして今夜の欧米市場はほとんどお休みムードということで、
本格的に動き出すのは来週なんでしょう。

アストロロジーを追いかけている人にとっては
来週こそがメインイベントということがわかっているはず。。。

とっても重要なポイントとなります。

どちらかというと下にバイアスなんだけれども・・・

今週の値動きは先週までの大きな調整から立ち直って
じわじわ安心感を取り戻した週で、
普通に考えるなら、ここから思い切り売る局面ではないのですが、
かといって、買いたくもないというのが今の相場ね。

今夜はトレードンのアイディアもないです・・

あ、最近オージーキウイを買っては売り、買っては売りで短期で回しています。
こちらはなかなか大きく上昇にはならないですが、下がったら買うといいかも。
大底入れしたっぽくて、地味ながらも上昇のトレンドに乗り始めています。


ドル円に関しては101.20円近辺が鉄板ラインになって支えられていますが、
これも株が何とか14000円を支えているからだと見るならば
(ちょっと14000円割ったけれど(^-^;)

日経平均の14000円というのがとても重要なポイントであると思われます。
仮にここを割り込んで13500,13000円と落ちていくことがあれば
ドル円もやはり100円台へ落ちていくだろうと考えられます。

日経が16000円台から14000円台まで2000円も下げているのに
ドル円は105.50あたりから100.70くらいまでの
たった4円超しか下がらなかったという下値の強さは、
日経平均とドル円が必ずしも同じ割合で下げるものではないということで、
違った市場だからそれぞれの需給要因があるのもわかってはいるのですが。


今の相場での心理的節目として、です。14000円と101円台。大事です。

で。

今日発表された先週の投資主体別売買動向では、
個人投資家が4000億円あまり買っていることが解りました。。。

で、先週の相場がどんなだったかというと。。。。1000円下げたわけで。
5営業日ずっと陰線、ダダ下がり。
個人が落ちるナイフを掴みに行って損失が出ているものと思われます。

今週の420円高で、先週後半に買った人は、戻りを待って逃げることができた
チャートですが、週初の月曜火曜の買いはまだしこり玉になっているでしょう。

彼らが、ここから上がるとみて、株価が戻ったとしても、じっくり持ち続ければ問題
ないのですが、この先の相場を悲観して、やれやれの売り
(一度マイナスになった株の含み損がゼロになるところまで
戻ったところで、逃げる。つまり売る!)
が出ないとも限りません。

そのしこりが上値を抑えそうな気もしますね。

ということで、今夜米株が大きく戻るようならちょこっと売りたいかな~
なんてぼんやり思っていますが、
どうもドル円はやる気が起きないのです・・・
(枚数大きくもってレバレッジ上げればいいのかもしれませんが)

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







*********************************
さて、いよいよ来週末に迫りました。

4月26日土曜日 高松に行きます!!
四国にお伺いできる機会はなかなかないので、
是非、四国の皆さん、会いに来てください~♪


どうなる 株×為替×金 
株のスペシャリスト 岡崎良介さん
金のスペシャリスト 池水雄一さん
為替のスペシャリスト 大倉孝キャプテン!

そしてMC、モデレーターとして私も会場入りします。
http://goldfes.jp/2014/spinoff_vol2/ 

4月26日午後、香川・高松 かがわ国際会議場でお会いしましょう!
直接大倉キャプテン、岡崎さん、池水さんのお話を聞きに来てくださいね。

来場されました方にはもれなく
「金箔グッズ&株式手帳」プレゼントします。

ご来場お待ちしております。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社