2014年5月1日木曜日

日銀も、展望リポートも、FOMCもノーイベント?!

※ノーイベントとは、
相場を動意づかせるような材料にならなかったってこと。

まずはさっき出たFOMC

◆資産購入プログラムの長期国債とMBSの買い取りペースを
月額で50億ドルずつ減額することを決定。
昨年12月から4会合連続での量的緩和縮小で、
規模も長期債とMBSあわせて100億ドルとこれまでと同じ。
これでQE3は月額850億ドルから450億ドルにまで
縮小されることとなります。

予想通りで何の驚きもありません~


若干ナスダック総合指数が崩れた?ようにも見えましたが
微幅。ドル円はその前のGDPで下げていた分、FOMCでは
若干上昇する結果に。

◆今夜はFOMCよりも アメリカの1-3月期のGDPに驚いたわ。

1-3月期って寒波の影響が出るだろうと思われていたので、
予想も控え目。前回の2.6%から今回は1.2%程度まで落ち込むだろうと
いうのが大方の予想でした。

が!!

出てきた数字は0.1%。 予想1.2%に対して、0.1%ですよ?!

あちゃー、こりゃ崩れるか。。。と思ったのですが、
なんと、米株は崩れません。
ドル円もじりじり下げても102円台前半まで。

これもすべては寒波のせい。ということで片付いちゃうようです。

そのかわり、4-6月期は3.5%くらいまで反動増となるなんて見方も。
今後の期待が支えちゃってるのね。

要するにこの相場、下げない。何かが支えちゃってる…。
ということで、FOMCでナスダックがちょいと崩れたところを
軽めに拾ってロング。

日経平均ショートは今夜買戻しました。

皆がSellinMay警戒すればするほど、一度上がる相場かもしれません。
下がるのは5月下旬かもね・・・(笑)目先は買う目線で行きます。。。

◆振り返って日銀、現状維持。

2016年度までの物価見通しを盛り込んだ展望リポートは、
新たに発表された16年度の物価見通しが2.1%とやや強気。
日銀が設定している2%の物価安定目標をやや超えると
見込んでいることから、早期の追加緩和の思惑が後退すると
見られることで、ドル円相場はこれが出た後に弱含み。

これまでのメインシナリオは消費税率引き上げの影響が統計に
出てくる7~9月期に「景気に万全を期す」との名目で
追加緩和に踏み切るとの予想が多かったのですが、
現実の物価と展望リポートで示した見通しとの乖離(かいり)が
はっきりしてから追加緩和に踏み切る可能性もあり、
その場合は追加緩和は年明けにずれ込むのではないか、との見方も
出てきているようで、来年じゃないかとの見方も。。。


■そして、今日発表された 
2016年度までの物価見通しを盛り込んだ展望リポート

新たに発表された16年度の物価見通しは2.1%で、
2%の物価安定目標をやや超えると見込んでいることから、
早期の追加緩和の思惑が後退すると見られます。

これまでのメインシナリオは消費税率引き上げの影響が統計に
出てくる7~9月期に「景気に万全を期す」との名目で
追加緩和に踏み切るとの予想が多かったのですが、
現実の物価と展望リポートで示した見通しとの乖離(かいり)が
はっきりしてから追加緩和に踏み切る可能性もあり、
その場合は追加緩和は年明けにずれ込むのではないか、
との見方も出てきています。


◆昨日発表されたドイツ4月消費者物価指数HICPが
前年比+1.1%で 前月(+0.9%)からの反発が
市場予想(+1.3%)よりもかなり小さかったことから、
今日発表されるユーロ圏のHICPも予想を下振れるんじゃないの?!
ということで、昨日はユーロが売られていましたが。
今日はユーロが買い戻されています。
ユーロ圏のHICPは良くなかったのにも関わらず。

前年同月比0.7%上昇と予想の0.8%上昇を下回りました。
コアCPIが予想通りの結果となったことで
買い戻しを誘ったとの指摘もありますが、昨日のドイツの指標で
売り込みすぎたのかしらね。
ECB理事会は来週の木曜です。明日じゃないのね。
追加緩和への思惑と、ECBドラギ総裁など要人発言で方向感の
はっきりしない展開が続きそうですが、基本的には買い目線。

昨日作ったユーロ円ロングは継続保有。
今はユーロ円ロングとナスダック指数ロング。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社