2014年9月26日金曜日


あれれ~やっぱりTriplewitching明けの米株は弱いってジンクス、
当たってるかもしんない。。。。

というような下落に見舞われております25日㈭のNY株式市場。
現在のところダウが238ドル安で思い切り17000ドル割り込んでいます。

週間の米新規失業保険申請件数は市場予想ほど増えなかったし、
8月の米耐久財受注額は大幅減となったものの、
航空機を除くベースでは増加しており、
これらの指標は景気見通しの変更を迫る内容ではないので
恐らく指標は関係ないです。

今のところ伝わってきているのがヤフーとアップルのせいみたいなニュース。

ヤフーはアリババの保有株を今後1年間は売却しないとSECに届け出た
ということで当面は含み益が実現化しないことを嫌気された、とか、
アップルはiPhone向けOSなどの不具合が嫌気されて売られているとか・・

まあ、こんなのは後付材料でしょう。
米株はいつ調整が入っても不思議はない高値局面での乱高下です。
やはりアリババIPOでの材料出尽くしやTripleウィッチング明けで
利益確定したい向きがあるということかもしれません。

10月決算のヘッジファンドの解約申し入れにともなう
換金売りも重石となってくるとか、
あるいは、昨今のドル高基調で10月から本格化する7-9月期の
業績相場への懸念が出始めていることなどからも
手仕舞いムードが強まっているということもあるかもね。

というわけで、米株が大き目の下落となっている今夜。

ドル円もスコーンと急落しちゃった。108.680円まで。

私、昨晩108.94円でドル円追加ロングしていたとこだったの。
今日の東京時間で日経平均も大幅高、ドル円も109円台回復で
にんまりしていたところだったのに・・・・
このポジションはコストで消えちゃったわ。

やっぱりポジションの追加は難しいですね。
私が思い立って買ったら下がるんだもん。。。

でも、このドル円の下落、米株市場のせいだけではないかもしれない、
というのが気がかりなんです。

というのも、今夜BSのテレビ番組に出演した塩崎厚生労働相が
9月末にも出てくると期待されていたGPIF改革案を拙速でなく
良いものをつくっていく観点にあるとの姿勢で、
必ずしも秋の臨時国会にこだわらない方針を示したらしいのです。

おまけに年金で株を買って株価を 上げようとは一切考えていない
とも発言したと伝えられており、まあ、この点は至極当たり前では
ありますが、年金がどっと入ってきて日本株が上がる可能性に
賭けていた筋が一度引いたって可能性はあるんじゃないかしら・・・。

ということで、買いたい向きにはチャンス到来の下落が来るやも
しれません。日経平均は今日+204円の16374円で再び6年10か月来の
高値更新していたのですが、明日は16000円に近いところまで
下げてくるかもしれません。16000割れなんかが示現されれば
買い増そうかな。

ドル円はすでに108.80くらいまでリバウンドしているので
もう一回買い直してもいいのかもしれませんが、
もうちょっと様子見しよう(^-^;

*******************************

今日はNZドルが大きく下げましたね。
ニュージーランド準備銀行(RBNZ)が
「為替レートの水準は正当化されず持続不能」
「持続不能は為替介入の可能性の1つの要因」との声明を出したんです。

なんだか唐突な気がしますけど、、、なんで今日そんなこと言ったんだろ?

まあ、今、円とかユーロとか豪ドルとかポンドとか、皆安いわけです。

通貨安競争に乗り遅れるな!みたいな感じでしょうか。
もっとNZドルが下がってほしいという想いは伝わってきます。

米国はルー財務長官がドルは強くてもいい発言していますので
ドルを買って、他の通貨売ってればいい、という
至極解りやすい相場ということでもあるわね。

ということで、キウイ、今日はすさまじい下落です。
特にキウイ円・・・
クロス円はどこかで拾ってもいいと思いますけれど。

*************************

今夜NasdaqをCFDで4015Pでショートしてみました。
プラチナを1308ドルでロング。

ドル円と日経はロング継続。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社