2014年11月11日火曜日


あら~週が明けてみたら、ホントに解散総選挙の思惑強まってますね。

これ、増税見送りならアベノミクス失敗、って叩かれるから
じゃあ、解散して国民に問いましょうか。って流れでやるんじゃないか、
って言う思惑みたい。

増税見送りなら、票が集まるとの読み。
増税を決めたら、支持率は落ちるかもしれませんが、
見送れば支持率は上がるかもしれませんよね。
株価はそもそも高いしですし、

そこで、野党が騒ごうものなら、国民に問うというカードを切って
選挙に持ち込む。という、なるほど~なシナリオですが。
野党には全く精彩がない中で自民党が勝てば、この先4年は自民党政権で
盤石の体制で政策運営が出きる、、、ということよね?

となるなら、増税見送りの可能性も十分にあるとみての騒ぎなんですねぇ。

読売新聞は
「12月2日公示・14日投開票」、
「9日公示・21日投開票」という具体的日程にまで言及してます。

キャプテンは、増税見送りなら全てのポジションを手仕舞って
売りに転じる、とおっしゃってましたが、
解散総選挙がセットである場合はどうなのかしら?
今度聞いてみます。

首相はこの噂、否定しています。

それと、APECで日中首脳会談が実現しましたが、
(安倍さんも習近平さんもムッツリ(^-^;)
マーケットはあまりこれを囃すでもなく。。。
バズーカ2の威力が強すぎて日中首脳が握手したくらいじゃ
まったく動きませんね。需給が壊れちゃった相場です。

*****************************************************

さて。今日も日銀はETFを380億円購入しました。
(バズーカ2の後の初回5日に買った金額と同じ)

それでも上がらない時は上がらない。
今日の日経平均は

16780.53(- 99.85)

下げ幅167円までありましたので、下げ幅縮小で引けたともいえますか。

ドル円の安値は113.85円まで下落する局面がありましたが
急落するという相場ではなく、じりじり下げる展開。
弱いという印象はなく、次の上昇に向けて時間が必要って感じね。
日銀のサプライズ緩和から1週間上昇しましたので、
今週は一呼吸でしょう。

それでも、今夜のNY時間、米株は方向感なく横ばい推移なんですが、
米労働市場情勢指数(LMCI)が発表され
9月が2.5から4.0に上方修正されたほか、
10月が上方修正された9月と同じ4.0だったことで全般ドル高に。
あ、このLMCIって、FEDから今回から発表されることになった指標でしたね。

詳しくはこの時のブログに書いています。
http://hiroko.yutaka-shoji.co.jp/2014/10/fedlmci.html

推移はこんな感じ

10月:4.0
9月:4.0
8月:2.0 
7月:2.7 
6月:5.1 
5月:6.3 
4月:7.1 
3月:4.9 
2月:3.0 
1月:3.0



ドル円、買い戻されています。現在114.74円まで上昇してますね。

先ほど114.40円でちょっと買ってみました。
もっと深押しするのを待っていたのですが、
見ているうちにテクニカルが陽転してきたために、飛び乗った形。

一方でユーロドルが下げていますね。
こちらもほぼ同じタイミングで1.2458ドルでショートしてみました。

つまり、どちらもドル買いです。

直近の高値、(安値)を超える力があるかどうかは疑問ですので、
粘らず短期で利食ってしまうつもり。

ドル円もっと深押ししないと買い方も買えないよねぇ。。。
だからこそ、上がってしまうのか。。。。
買えずに上がるから高いところでも買わなきゃならなくなる、
という実需筋もあるようで。

今週は、大きなイベントはなく、各国の景気指標を良く見極めて、
という動きになるかと思いますが、
来週週明けに日本の7-9月期のGDP速報値が出てきますので、
これが出るまでは、小動きに、どちらかというと利食いに押される
1週間となるのかもしれません。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社