2014年11月5日水曜日


11月3日文化の日、114.21円という高値示現からじり安の展開。
11月4日火曜日、東京の連休明けの相場は、113円台でのレンジ相場となりました。

確か、、、今夜は米国の中間選挙。。。。

ところが、あまりに結果が見えすぎていてマーケットはこのイベントを無視。
まったく影響がありません。オバマ大統領のレイムダック化は想定内でしたが
こんなにマーケットに影響を及ぼすことなく
通過してしまうとは思ってなかった。。。


今夜はこのままレンジ推移となりそう。

日中の日本株は相応に上がりましたが、日経平均はほぼ寄り天。
寄付きが高値となり、日中はじり安の展開ね。

週末買い上げられた先物との鞘を埋めたら、
それ以上買い上げるパワーがなかったということですが、
まあ、ここからはのんびり行きましょう。

一部には「過熱感を警戒」する向きがあります。

日経平均の25日移動平均からの上方乖離率。
4日㈫前場終値時点で10.17%に達しています。

前回、終値時点で10%を超えたのは約1年半前の2013年5月22日(10.06%)。
いわゆるバーナンキショックと言われる「5.23ショック」の急落時と
並んでいるということが「リスク」という向きが出てきました。

その前はリーマン・ショック後の最安値からの戻り局面にあたる09年4月に
示現したきりで、それ以降25日移動平均線からこれほど乖離
したことはなかった、、、というくらいですから
かなり歴史的な元気な上昇相場となっています。


ところが、先週から今週の株価上昇で「過熱感」を指摘する向きがある一方で
まだまだ日本株には過熱感がないとする向きも存在しています。

日経平均は実に7年ぶりの高値圏まで上昇しているのですが、
ドル建て日経平均の4日前場終値は150.27ドルです。
1月8日に付けた年初来高値(153.58ドル)すら上回れない。。。。
という見方もるんです。

これは、完全に急速な円安・ドル高のせいなんですが(^-^;
為替水準を鑑みると「日本株はまだ割安で上値を追える」
と考える投資家がいてもおかしくないというのが、日本株高・円安の思惑に
繋がって居るため、なかなかドル円は下がりませんし、株価も落ちてこない。

私はこの相場「買うスタンス」でいるので、下がらないなら下がらないで
仕方がないと思っていますが、売りに回った向きにしてみれば
なかなか落ちない頑固な相場に映るのでしょう。

今日は帰りも遅かったし飲みすぎたので、ここまで~

あ、ドル円ロングは継続しています。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】







※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社