2015年1月20日火曜日


ん?週明けはユーロドルが上昇してきてる…。

先週ショートしたユーロドル、強制決済されちゃって良かったのかも~
(と前向き発言してみる)

ユーロは再ショートしようと思っているのだけれど、
SNBショックの後、私のようにユーロドルショートした向きは
たーーくさん居たみたいで、ユーロ売りポジションがさらに膨らんでる、
と西原さん有料メール情報。

ということで、ECBに向けてさらに下がるかというと、
むしろ買戻しでじわじわ上がっちゃう可能性もあるとか・・?!

週明け、19日月曜日。
ひとまずSNBスイスフラン急騰ショックも
ひとまず、、、落ち着きを取り戻したようです。

16日㈮の東京時間にはに115.85円まで円高となりましたが、
その日のNY時間にはすでに117.75円まで2円も戻っていたんですよね。

つまり、SNBショックでリスクオフになったのはほぼ丸1日だけ。

15日㈭の欧州時間のSNBユーロスイスの1.200フロアー維持に白旗発言。
下落は翌日16日㈮の欧州時間まで一巡したのでしょうか。。。

まだ確信はないですが、
19日月曜は日本株は大きく反発。今日の日経平均は150円高。17014円。

その流れを引き継いでNY時間に入ってもグローベックス市場では
日経平均17130円まで上昇中。
今夜はキング牧師誕生日でNY市場は休場ですが。

今日は中国市場が急落し、日経平均も上げ幅を
大きく削る局面もあったんです。

中国株急落、2008年以来の大幅安-信用取引で大手証券処分
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIEHY16K50XT01.html

7.7%安って凄いわね(^-^;
それなのに、日経平均、連れ安しなかったのよ~
ドル円もこのニュースで下げる瞬間もありましたが
(一瞬116円台に入るも持ち直して117円台回復)
やはり、しっかり安値は拾われました。

ひところ、中国が下がれば日本も下がるというように
中国に振り回されたこともありましたが、
今は中国の指標とか、マーケットにあまり振り回されませんね。
昨今の市場は、欧州の材料の方が気になるようで。

で、リスク回避相場は終わったといっていいのでしょうか?!

22日㈮のECB理事会、25日のギリシャ総選挙のビッグイベント控えて
まだ安心はできませんが、市場はすでにECB理事会の大規模緩和への
期待でリスクを取り始めたように見えます。

フランスのオランド大統領は、
欧州中央銀行が22日の理事会で量的金融緩和の導入を決めると明言
したというニュースも入ってきています。
http://www.47news.jp/smp/FN/201501/FN2015011901002517.html
100%緩和あり、と見た向きが買い始めているということか。

ECBがQE22日発表と9割予想、74.5兆円規模か-BN調査
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NIEE6M6JIJUV01.html

74.5兆円規模のバズーカ発動予想みたいですね。

それなのに今日はユーロが上がっている…・

ということで、今、為替は難しい。

ユーロスイス市場では、スイスが介入してスイス高止めてるみたいよ。
1.20のフロアー維持は撤廃したものの、
介入を辞めたわけではないようですね。
ただ黙って見ているということではないでしょう。

介入すれば、瞬間スイス安ユーロ高にもなりますものね。

ということで、まだスイスフラン相場やユーロ相場の混乱が
落ち着いたとはいえず、為替には手が出しにくいです。

今日は日経平均を16963円でちょこっと拾った程度。
ドル円117円前後まで下げた時にも拾っておけば良かったのかな?

日経平均は75日移動平均線がサポート。
25日移動平均線が頭を抑える、というところでのもみ合い予想です。
17300円到達前には頭が重くなるはず、、ということで
大きく狙ったポジションではありません。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】






※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社