2015年6月23日火曜日

なんなんでしょ~日経平均やけに強いですね。
ああ~やっぱり20000円割れは買いだったか?!

根っこのポジションがあるので、まあ、、、、いいんですが、
買い増しできなかったことは反省と後悔。

今日23日の日経平均は 381・23円高 20809・42円。

この勢いだと明日にでもITバブル時の高値20830円レベルを
超えてしまいそうよ。現在先物では超えちゃってる20850円台。

理由は、リスクを警戒しすぎたということでしょうか。

ギリシャ問題を嫌気して、随分ショートが溜まっていたようです。

東証の空売り比率最高に、18日時点-リスクヘッジ需要の見方
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NQ4T5H6TTDS101.html

今日の上昇などは踏み上げに近いのではないでしょうか。

ギリシャ支援問題は昨晩22日は合意の報道があったわけではないのですが、
今週中、遅くtも24日には合意できそう、という話になっていて、

欧州委員長、ギリシャ支援「週内合意を確信」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM23H3U_T20C15A6MM0000/

非観にかけたポジションが巻き返されたという感じ。
面白いことに、ギリシャリスクが深刻だった先週まではユーロが
上がっていたのですが、昨晩から今日の楽観相場ではユーロが
売られているのね。そろそろ欧米の中間決算絡みのポジション調整、という
時期でもないでしょうし、結局は元のユーロのトレンドに戻ってしまう
のかもしれません。つまり、ユーロ安、欧州株高です。

となると、ドル高ですね。

昨日は楽観から米金利が上昇しドル高になった、という面もあるんだけど、
結局はリスク警戒が強まる前までのトレンド、ドル高に戻りつつあるようです。

ということでドル円相場も123・80円まで上昇してます。
問題は125円台の黒田ライン。ここを超えられるかどうかは
まだわかりません。

しかし、日経平均がITバブル時の高値を超えてもドル円が
高値越えしないという可能性もありますね。

黒田総裁やオバマ大統領のドル高牽制ポロリ演出が気がかりで
海外勢は日本株を買う際に買った円を、円売りヘッジせず
裸のまま株買いする可能性だってある。
そのくらいG7後の日米の連携したかのようなドル高牽制ポロリは
意識されると思うんだけど、どうかな、、、

だからあんまりここからドル円を買う気にはなれません。

むしろ、ユーロが再び下がりだすリスクにかけたいかな。

キウイの戻り売りを狙っているんだけど、
チャートを見るたびに下値に張り付いていて、
小さく戻ったところで売りそびれています。

一度ドーンと上がってくれると売りやすいのですが、
戻り待ちに戻りなし相場になっちゃってますね(^-^;

キウイ、ユーロの売り目線でポジションテイクのタイミング待ち。

ポンドは、、、どうしようかなぁ、、、
一度手じまおうかなぁ。現時点ではまだ保有中。

ここ数日の市場のテーマからは外れてしまっていますね。

そうそう、日本株の空売り比率ですが、Twitterで
マーケット番長さんが、つぶやいてくれています。

空売り比率

1/16 36.7 安
3/23 28.6 高
4/1 36.2  安
4/23 27.6 高
5/7 34.9  安
5/28 28.6 高
6/10 35.1 安
6/18 38.3 安※過去最高
6/19 35.8
6/22 34.2
本日 30.2

まだ30%台

まだ踏み上げ相場、続くかもしれません。

人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】









※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社