2015年10月28日水曜日

FOMC控えて、昨日のポジションややアゲインスト。

利上げはないにしても、年内利上げのヒントがあるか否かが焦点。
それにしてもFRB理事の間でも意見が分かれちゃってるって状況で
タカ派的なメッセージを発信できるかというと疑問。

昨日夜に出た9月の耐久財受注は前月比▲1.2%で
(予想▲1.5 前回▲2.0)よりマシですが、
8月分が▲0.8%から▲1.6%に下方修正。

8月分の数字の下方修正は、雇用統計や小売売上高も同様。
7-9月期の米国経済が急減速した可能性が大きいと
今朝の亀井幸一郎さんレポート。

すでに米経済は頭打ちで失速し始めているという見方も
出てきており、そんな中で利上げができるだろうか、
と市場も懐疑的なムードではあります。

一方で、30日の日銀への追加緩和期待は急激に高まっているようです。
ECB追加緩和示唆、中国利下げで日銀が動かなくても
円安株高となっているからいいじゃないか、という見方から、
緩和競争に乗り遅れるな!?的なムードも。

今日は豪州のCPIが悪くて、次回11月理事会では
豪州も利下げするんじゃないかとの思惑が広がっています。
欧州、中国、豪州と緩和競争激化で、日銀もやらないと
円高になっちゃう・・・・?

30日の日銀会合の追加緩和予測です。

「エコノミスト36人を対象に行った調査で、
16人(44.4%)が30日会合で追加緩和を予想」http://www.bloomberg.co.jp/bb/newsarchive/NWTKYG6N9EDR01.html

今回は展望Reportもでるわけで、これが悪いだろうことは
予想に難くないワケで、そうなればやらざるを得ない、という見方も。

日本の7-9月期GDPもマイナスになる予想が大きくなっていますものね。
4-6月期に続いて2四半期マイナスとなればリセッション。
景気後退です。。。GDP600兆円をぶち上げた安倍首相、これを
達成するためにも、日銀も動かざるを得ないということか。

今日柴山首相補佐官が
「明日からの日銀会合で追加緩和があっても不思議ではない」と
発言しており、今週のバズーカ期待を高めたようです。

ということで、FOMCは利上げがなくて、ハト派的な声明となっても
日銀がドル円の下値をサポートするんじゃないかな~と
ポジショントーク。

*********************************************
今日は豪ドルが比較的大きな下落となっています。

今日はオーストラリアの7-9月期消費者物価指数(CPI)が発表され
前期比0.5%上昇、前年同期比1.5%上昇と
市場予想の前期比0.7%上昇、1.7%上昇を
いずれも下回ったことを受け豪ドルが急落となりました。

中国景気後退リスクから大きく下落してきた豪ドルですが、
中国の株式市場が落ち着きを取り戻したことや
9月のアメリカの雇用統計の数字を受けて、早期利上げ観測が
大きく後退してことなどを受けて、豪ドルは
10月にはいってから10月半ばまで大きく戻りを入れて上昇して
いましたが、ここにきてCPIの数字が悪かったことで
オーストラリアの追加利下げの思惑が出てきたようです。

今日は「日本生命」が、オーストラリアにある
「ナショナルオーストラリア銀行」傘下の生命保険会社の
株式の80%を24億オーストラリアドル
(日本円にしておよそ2040億円)で取得し、
来年中に子会社とすることで合意したという報道がありました。

こうしたM&Aのニュースは基本的に豪ドル買いのニュースですが
今日発表のCPIがあまりに悪すぎたために
次回11月3日のRBAオーストラリアの金融政策会合では
利下げがあるのではないか、という思惑が急速に広がってきたことで
豪ドルが下落する展開となっています。

また、オーストラリアに利下げ観測が出てきたことで
明日のニュージーランドのRBNZで、先んじて利下げがあるんじゃ
ないか、なんて見方も出てきたようです。
えええーNZもそうそうに追加利下げの思惑?!

西原氏有料メール配信での西原さんのコメントに詳しいのですが、
FOMCがAM3:00 RBNZが5:00です、起きていられませんが(^^;
もしかすると、、、NZ利下げでキウイが
ドーンと下落するかもしれません。

0.6735でキウイドルをショートしてみました。

***************************************

昨日イギリスの7-9月期GDP速報値が発表されました。

前年比+2.3%と、予想と4-6月期の+2.4%をやや下振れたため
ポンド売りが優勢となっています。
前四半期から伸びが鈍化、
製造業が2期連続のマイナスとなっており、
これはポンド高が影響しているとの見方があるようです。

イギリスの金融政策 MPC委員会は来週
来週11/5には英中銀政策委員会(MPC)がありますが
同時に四半期インフレ報告も発表されることで注目されています。

********************

何はともあれ、今夜のFOMC
昨日早まって作ったドル円121・40円台ロングは
どうなるでしょうか。。。。(;´・ω・)

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社