2015年10月30日金曜日

10月FOMCは無風通過予想が多かったのですが、意外とインパクトあり。

12月15日FOMCでの利上げがありそうなタカ派的声明に
更にドル高が加速しました。それでも米株が強かったことは
利上げがすでに市場のリスクではないということを
表しているとみていいんでしょうか。

ダウ工業株 17779.52(+198.09)△1.13%

7月22日以来およそ3カ月ぶりの水準を回復

ドル円相場は発表直後120.19まで急落し121.24まで急騰。

その後は、この安値と高値の間でのレンジです。
つまり、118~122円レンジの中での乱高下となっただけで
大局でみればこの夏8/24の急落相場以降のレンジ相場かっら
脱却していません。お疲れサマ・・・フゥ。

それでも、下値が120円台でサポートされた事実は大きい。

120円の大台を割ることなく下げ止まり
新たなレンジ帯を形成する可能性はあります。

120~122円。期待を込めるなら120~125円レンジに
切りあがったんじゃないかと思います。
どうかな~

FOMC振り返っておきます。

◆10月FOMC 金利引き上げなし

声明文のポイント

①海外動向について「米経済を抑制」との前回の文言を削除。

②次回会合(12月)での利上げが適切か進展を
見極めるとの表現を初めて盛り込む。

③市場関係者の間での話題は声明文にみられた「solid」という言葉。
2004年6月にFOMCが利上げを決定する前の4月FOMCで出てきた言葉
ということもあって、これは利上げのサインとみる向きも。

④家計の支出と企業の設備投資について
「緩やかな拡大)expanding at moderate pace」」から、
「堅調に増加(increasing at solid paceへ上方修正。

⑤労働市場に関して、雇用増加のペースが鈍化し、
失業率が横這いになったとの説明を加え、下方修正。

⑥金融市場のインフレ期待が低下した点について、
「若干(slightly)」を加えわずかに上方修正。

市場が予想したよりもタカ派的(利上げに前向き)な内容となった
ことで、まずは株が売られたんですけれど、買い戻されて
結局は高値で引けたことは、も売り上げはリスクではないということか?

ただし、昨日はスウェーデンの中央銀行が
債権買い入れプログラムの規模を650億クローナ拡大する
量的緩和策拡大を発表しています。
(政策金利はマイナス0.35%に据え置く)

先週からECB,中国、スウェーデンと緩和策を発表しており、
(ECBは12月にやるよ、発言だけですが)
明日30日の日銀、CPIが悪かった豪州も来週には利下げじゃないか、
とか、そうなればニュージーランドも利下げするだろう、とか
世界中が緩和競争にある中で果たしてドル一強になるって
警戒はないのかしら??
と心配にはなりますが・・・

海外のことはどうでもいいとしても、
ドル高が過度に進むと米国経済にとってマイナスよね。

ただ火曜夜に出たアップルの決算がなんとか平穏に乗り切れた
ことで、米国の業績相場はひとまず山を越えて安心感が
出ているという見方もありますので、
このドル高でもそれほど懸念はないというのが
現状の相場のセンチメントのようです。

****************************

12月利上げ示唆にもダウが上昇していたわけで
今日の日経平均にも期待していたんですが
(実は昨晩18960円台で日経CFDロングしちゃったの)
日経平均、ひどかったですね(( ;゚Д゚)))ぇ

日経平均  18935.71(+ 32.69)△0.17%

なんとかプラス圏では引けたものの場注はマイナスに沈んだりしてましたね。

私は利上げ示唆があって下がったとしても
次のイベントである30日の日銀の緩和期待が相場を支え
下がったところは買いだと信じておりましたのに
何とも情けない値動きでした・・・

日経が上がらなかった背景のひとつには
9月の鉱工業生産が予想を上回る結果だったために
日銀の追加緩和観測が後退地ちゃった、って解説が・・・

数字がいいのに売られるって変な話ですが、
リーマンショック以降は緩和催促相場的になっており
数字が悪ければ、緩和策がでるだろうということで上昇するという
妙なセンチメントが常態化していますね。。。
それでも、日経ロング、そしてドル円ロングはまだ継続です。
明日の日銀前に手じまうか、その後買い増しするかのどちらかです。

**************************
そして今朝29日5;00、注目されたニュージーランド準備銀行の
金融政策では、政策金利を現行の2.75%のまま据え置き・・・。

昨晩キウイドルをショートしていたけど、
据え置きで若干キウイが買い戻されちゃったわね。

ただ、今回金利据え置きでも次回会合では利下げをするのでは
ないか、という思惑が残りますのでショートは継続でいいと思います。

声明文「若干の追加利下げの可能性がありそうだ」と指摘。
0.6735レベルのキウイショートは継続。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社