2015年12月16日水曜日

15日火曜日、FOMC前日とあってリスクテイクムードはなく
日経平均は ▼317.52円 18565.90円

あれ~昨晩14日のダウが高かったのにな…

積極的な買いは控えたほうがいいタイミングでしょうね。
あるいは、リスク警戒で、利食いが旺盛だったということか。

ところが、欧州時間から、リスクテイク気味の相場になってます^_^;

12月独ZEW景況感指数が+16.1(前月+10.4 予想+15.0)
12月ユーロ圏景況感指数は+33.9(前月+28.3)

ということで、欧州の指標が良かったからかなぁ。。。
ドイツ、フランス、イタリア、、、イギリスなど欧州株が軒並み高。

この流れを受けてか、今夜の米株も堅調です、現在2:34時点で200ドル高
ドル円相場は120円割れもあるか?ってムードだったのが
現在は121.70円台まで上昇しています。

今夜は原油が戻ってるんです。
昨日14日月曜にWTI原油は34ドル台に突っ込んでニュースになりましたが、
その後、実は2ドルも急反発して終わっていたんですよね。
ショートカバーが入ったとみられますが、その流れを継続しています。
今夜は原油,37台まで上昇しています。
やはりFOMC前に史上最高レベルのショートポジションが偏っているって
リスクだということで、買戻しが入っているということなんでしょう。
原油が戻っていることもあって、リスクテイクってことなんでしょうか。
今夜は株高、ドル高ですね。
まだ、これが本物かどうかはわかりません。
原油はちょっと拾いましたが、ドル円は触らず。

◆ランドロングはすでに利食ってしまってポジションないです^_^;
その後もランドは上昇継続。やっぱりセリングクライマックスをみたか。
2番底取りに行くような動きが出ないとも限らないので
FOMC前ですから、利食えるものは利食ってしまってポジション軽めに
しておこうと思って手じまっちゃいました。。

◆豪ドルは豪準備銀行が9時半に発表した1日の理事会の議事要旨を
受けて弱含み・・・
「豪経済は通貨安から恩恵を受けている」
「為替レートのさらなる調整の可能性がある」
「必要なら政策をさらに緩和する余地がある」
豪ドル安のメリットや金融緩和余地などに言及したことで売られたのかな?
今夜は原油が高いにもかかわらず豪ドルは安いのよね。

◆今夜は乳製品価格オークション。NZ乳業大手フォンテラのGDT価格指数は
前回比1.9%上昇。このところ、豪ドルより明らかにキウイがつよいですね。
最近は乳製品価格に反応するというより、先週の利下げで利下げサイクル
打ち止めとなった、ということがキウイの強さにつながっているようです。
ここからオセアニアロングするなら、キウイですね。
乳製品価格もTPP絡みで底堅くなってくるんじゃないかしら。

◆今夜はポンドが安い。英中銀四半期報告書が発表されているんだけどそのせい?
内容詳細はまだ報道がないのですが、ポンドが結構な下落になっているのって
この影響としか思えないのよね。
だって、今夜発表されたインフレ指標は上昇だったんですもの。
英11月消費者物価指数(CPI)は前年同月比0.1%上昇(10月0.1%低下)
食料品やエネルギーなどを除いたコアインフレ率は1.2%(10月1.1%)
このインフレ指標だけ見れば、今夜のポンド安は疑問符。
ただインフレターゲットは2%ですから、、、、まだまだですね。
市場関係者の中にはイギリスの利上げは遠いという見方が
広がりつつあり、利上げ期待はほとんど聞こえなくなってきた印象。
ポンド売りってのも妙味ありなのかな?

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社