2016年1月6日水曜日

5日火曜の日経平均は▼78.98 18374.00円。
今夜のダウ平均は現在(am1.40)▼40 17100ドル台。

センチメントは弱いままですが、パニック的な売りに発展したか、というとそうでもない。

日経平均は大発会は500円超の下落となりましたが今日は78円安程度。。。
ただ、日足では一目の雲の下限をサポートできず下に抜けたような形なので、
決してよくはないのですが^_^;
今日、再び雲の中に戻るような力強い買いがあればまた違ったわよねぇ・・・。

ダウ平均はこのところ(昨年10月以降)のレンジ下限を
ちょっと下抜けてはいるものの、日足チャートでは一目の雲の
下限に綺麗にサポートされて下げ止まっているようにも見えます。

パニック売りとはなっていないものの、地合いが良くないのは事実で、
日経平均は18000円大台を割り込んでも不思議はないでしょうか。
ドル円相場は大発会の4日の118.70円を安値に下げ止まっています。。。

大発会波乱のトリガーとなったとされる中国市場ですが、
今日5日も弱い地合いではあったものの、

上海総合 ▼8.55 3287.71

中国人民銀行が5日の定例オペ(原則として火曜と木曜)で
巨額の資金供給を実施(1300億人民元)したことや、
大株主や経営陣などによる保有株の売却禁止措置が8日に解除されることに関しては、
証券監督管理委員会が5日午前「保有株の売却を規範化するような新規定を
打ち出す方針」を発表しており、パニックは沈静化しています。

中国リスクはいつ何時再燃するかわからないにしても、
年初から崩落するという失態は阻止したということでしょう。
引き続きリスク要因ではありますが、目先は売りから入るべからず。。。
というような気がします。

となると。
ここからの相場、短期的には週末の雇用統計睨みってとこでしょうか。

今週末8日に発表される12月の米雇用統計では、
NFP予想中央値が限月日+20万人となっており、
前月の21.1万人を小幅に下回る見通しですが、
大幅に下回るリスクもあるとして、警戒も強まりつつあります。

というのも12月の米ISM製造業景気雇用指数が48.1と
前月の51.3から大きく低下しており、これまで全体をけん引してきた
雇用インデックスまで50を下回る弱さを見せていることが、衝撃。

実は米株の下落は4日に発表されたISMの数字のせいじゃないか、という指摘もあります。

ということで、今週末発表される12月のNFPも
一部では10万割れとなるのではないか、という慎重論があるようです。

米国は、利上げに踏み切るところまで景気が回復したはずですが、
こうした指標の悪化で「利上げは果たして正しかったのだろうか」という
議論が出てくるのが2016年、今年のリスク要因の一つですね。

ISMが50割れの状態では、利上げどころか追加緩和が必要だ、と主張する
ハト派も存在します。

ただ、非製造業の数字は常に50を上回っており悪くないとして
製造業の数字だけを見ていては全体が見えないと指摘する向きも。
ISM非製造業景気指数は6日水曜日。明日発表になります。

50以上であればノープロブレム。

製造業からサービス産業へと、収益モデルがシフトしているのね。
時代の進展ともに形骸化するイベントも出てきそうです。
ここからの注目は米雇用統計(利上げペース見るうえでも重要)
中国市場、原油市場、、、ってとこかと思いますが。

ポンド円、日経CFDはショートしたまま。
そうそう、大発会のNY時間、原油が下落するのに相関したのかしら
ユーロも大きく下げましたね。

今年はユーロの見通しも二極化していますが、
私はユーロについては難しすぎて結論がで図、手掛けられずにいます_^;
まあ、今のところはポンドショートをそのままに様子を見ることにします。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社