2016年1月8日金曜日

大発会から4日続落ですって(( ;゚Д゚)))

日経平均年明けからの下落95年の記録にならんじゃいました。
サウジとイランの国交断絶とか北朝鮮の核実験とか、
地政学上のリスクも、警戒要因として輪をかけ嫌気された側面も
あるでしょうけれど、決まって10時過ぎから荒れるってパターンだった事を
考えると、一番の原因は中国株と人民元安でしょう。

なにも大発会初日から導入しなくてもいいものを4日から導入した
サーキットブレーカー制度。それから人民銀行による元安誘導も
8月のチャイナショックの再来を想起させます。

中国人民銀行(中央銀行)は今日7日木曜の元の対ドル中心レートを
0.5%引き下げました。これは昨年8月13日以来の大きさで、
8営業日連続の引き下げとなります。

きっかけは米国の利上げとされているのですが、
輸出産業テコ入れのためとかなんとか、、、、、真意は測りかねますが
おかげで元安が加速、特にオフショアの元安が止まらず、
オンショアとの乖離が過去最大になってしまっています。

人民銀行は加速する元安を止めるために元買い介入を行っている?
という話もあるのですが、ちょっと何が目的なのか私の頭では理解ができません。

今日は人民銀行がスタンダード・チャータードなど3行に対し
外為業務の一部停止を命じた、というニュースもありました。

このオンショアとオフショアの裁定取引を抑制する狙いがある、
とされていますが、要するに、鞘縮小の裁定でなくて拡大方向に
ポジションを取っているってことかしら。

オフショア市場の方が元安が大きく止まらないというのは
外資が中国本土から流出している、ということかと思いますが、
それを見て、そういう裁定取引をしているんでしょう。多分。

こうした措置だけじゃなくて、明日に期限を迎えるとされている
大株主の保有株売却規制に制限をかけたり、
さらに、夜中に出てきたニュースは、サーキットブレーカー制度を
明日8日に止めるってよ!?

4日  サーキットブレーカー導入 初日発動
7日 サーキットブレーカー発動 

大株主が市場で保有株を売却する場合、3カ月内に売却できる株式を発行済み株式の1%以内に制限。また、売却の15営業日前までに、計画を開示するよう義務付け

8日 上海・深セン証券取引所はサーキットブレーカー規制停止を発表。
http://jp.reuters.com/article/china-suspend-circuit-breaker-idJPKBN0UL1SW20160107

人民元安が市場揺らす 中国不安再燃、世界で株急落
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07H7M_X00C16A1MM8000/

う~む。

相変わらず中国のやることはわからん。

しかし、こうしたなりふり構わぬ措置で、一度は相場は戻るでしょうか?
っていうのも、さすがに4日も下げた日経平均。
▼423.98円 17767.34円

ドル円相場も117.50円割れです。

はい、18000円ロングは17900円であっさりロスカット。
ドル円118円ロングはちょっと耐えたけど
117.50割れで撤退です。手痛い損切・・・・

初損切りです。

ポンド円ショートを継続しているのでなんとかなってますけど(-_-;)
豪ドル円などは中国絡みで過剰に売り込まれ
昨年8/24の安値に面合わせ。でも、その後長い下ひげとなりそうです。

綺麗にテクニカルリバウンド中。中国の株価下落措置に少し
ショートカバーが入っているのかしら。

ドル円も118円が割れたら112~3円という見方が多いのですが、
一度大きく戻るかも?って気がするのですが、
ただ、安心感からリスクオフのドル買いが収まって
ドル安が進むとなると以外にドル円は戻りが鈍いかも。

ということで、最も戻る可能性が高いのはドル安になるならユーロ、
だからユーロ高、ドル安でユーロ円。
それから中国絡みのリスク後退で豪ドル。

と考えてユーロ円を127.82円でロングしてみました。

ポンド円ショートは継続。
日経は様子見。
一度戻る相場とみて買い出動したのが1日早かった。。。と反省しております。

ユーロオージーなどを見ているとユーロはここから上昇、
豪ドルはやっぱりダメってムードです。

ランドは昨年急落した12/11の安値をさらに割り込む下落中。
新興国通貨はまだ下げ止まってはいないようです・・・・。

※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社