2016年2月10日水曜日

2/9(火)日経平均は 16085.44 ▼918.86 5.4%下落です。

その後、日経平均CFDは22時台に15829円まで下げてます。
1/21の安値が15791円ですので、ほぼ面合わせ水準。
ここをサポートできなければ15000円の節目まで落ちるリスク大。


ドル円相場は 114.21円まで下落。

115円割っちゃったじゃないの・・・・(-_-;)
ドル円チャートの週足を見ると綺麗な三尊天井。
ネックラインとみられた115.80円を割り込んでいますので
これは110円ターゲットで下げる形。

今日はJGB,日本の長期国債利回りが初のマイナスに!
▼0.035%と過去最低に水没。
(水没マップというのがあるのよ http://diamond.jp/articles/-/65794

今夜イエレン議長の議会証言がありますが、
ここでマーケットにフレンドリーな発言が出なければ失望で一段安。

もし、利上げを当面見送るというような超ハト派発言が出れば
ひょっとしたら日経平均は今年の1/21安値とW底の形で反騰の芽が
残されていますが、市場はそんなに楽観的環境にはないようです。

昨晩、2/8の欧州市場からの世界同時株安の様相を呈した株急落は
ドイツ銀行のデフォルトリスクがクローズアップされていましたが、

NY市場では、天然ガス掘削会社チェサピーク・エナジーの株価が急落。
破綻の噂が広がっていたようです。

チェサピーク、上場来の大幅安-債務再編へ法律事務所起用と報道
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O28IJX6TTDTH01.html

米チェサピーク株、上場来の大幅安-資金枯渇との懸念強まる
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O294XJ6K50Y901.html

米チェサピーク、破綻申請を準備とのうわさ否定
http://jp.reuters.com/article/chesapeake-restructuring-idJPL3N15N3P5


この日のパニックは来月償還を迎える5億ドル(約580億円)相当の社債の下落で
同社が償還に応じられない可能性があるとの懸念が強まったことがきっかけ、
とされていますが、いよいよ社債、つまりハイイールド債市場での
デフォルトリスクが表面化し始めたようです。

チェサーピーク株は一時51%安と1993年の上場以来最大の下落率を記録。
S&P500種株価指数の構成銘柄で値下がり率トップ。
ということで、米国には「原油安」という火種がジワリ効いてきているとみえて、
ドイツ銀行のリスクとは全く別のネガティブ材料が存在していた、
ということになります。
[
原油や天然ガスの価格は2014年以来、70%も下落しており、
2015年には、およそ40社のエネルギー企業が破綻状態に陥っています。
しかし、このチェサピークは独立系のシェール・ガス企業としては最大級の存在。
(とMarketHackの広瀬さん)

「シェール大型倒産か!」の報でチェサピーク株が「ケイト・アプトンの無重力パイオツ状態」に 株式、ドル、ゴールド大荒れの一日
http://markethack.net/archives/51998307.html

そんなこんなで1月から続いているリスク回避相場は

人民元安/原油安→オイルマネー撤退→日銀マイナス金利不発
ドイツ銀行デフォルト危機→シェール関連企業デフォルト危機
(ギリシャ株安・・・)

とあちこちで地雷がさく裂していて、収拾がつきません。
ホント、アメリカが今年の利上げはない、と宣言し
利下げに踏み切る、というようなことでもしないと落ち着かないと思います。

だって、ECBも3月の追加緩和予告していて、日銀が先に緩和しても
なお波乱の鎮静化が見られないってことは、やっぱりアメリカが
動かないとダメってことです。

アメリカが金利を引き上げたことで、新興国のドル建て債務負担が増したことが
そもそものリスクのトリガーじゃないか、って指摘もありますね。
特に中国。そして利上げは原油などコモディティ価格の下落要因です。

今夜のイエレン議長の議会証言は非常に重要ですが、
かといって、現時点で利上げに否定的な発言をすれば、それはそれで
マーケットが荒れると思われます。それほど世界の状況は悪いのか?!と。。。

つまり、どちらにしても、まだ下方向に走るリスクが大きいと思われ、
日経平均のWボトムにかけたロングやドル円の週足の一目の雲がサポートする、
などの期待ロングはリスクが大きいんじゃないかと思っています。

私は今日は日経と豪ドルショートを東京時間ザラバで一度買戻し
(115円割ったのにあまり円高に走らなかったのでリバウンド期待で
一度ドル円と日経をロングしてみたのですが、上がらずすぐに撤退)
その後、すぐさまドテンショート。

これをNY時間の15900円台で買戻ししています。
流石に日経は今日900円も下げたので明日は買戻しがある可能性が…
と思うと寝ている間のリスクを避けておこうと。
イエレン議長の発言で潮目が変わる可能性もゼロではないですしね。

それと、ユーロドルを1.121ドル台でロングしています。
3月に追加緩和予告があるユーロを買うのは気が引けないでもないですが、
そして、ドイツ銀行などのリスクがあるというのに、なぜユーロ高なのか、
という話もありますが、ユーロはやはり、追加緩和予告のせいで
ショートに傾いていた可能性が高く、
また、日銀がマイナス金利を導入する前はユーロがマイナス金利であったために
キャリーコストが安かったためにユーロキャリートレードが相当膨らんでいたと
思われ、そのユーロキャリートレードの巻き返しが起こっていると見られます。

ユーロを借りて、投資していたものを処分して本国回帰させるってことね。
要するにレパトリによるユーロ高です。
これがかなり出ている印象。
去年8月の高値1.17を目指すかも・・・・です。

今夜も金高、原油安のトレンドは継続しています。
人気ブログランキングへ

【人気ブログランキングへ登録しています。応援ありがとうございます。】


※本レポートにて豊商事株式会社が提供する投資情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。したがって銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、弊社の重要事項説明を十分にお読みいただき投資家ご自身の判断でなさるようにお願いします。

※また、本ブログ内にて提供される情報は豊商事株式会社が信頼できると判断した情報源をもとに弊社が作成したものですが、その内容および情報の正確性、完全性または適時性について、豊商事は保証せず、また、いかなる責任を持つものではありません。

※ブログ内容についてその表現や記述、データその他に関しましては、著作権法などの法令により保護されており、個人の方の私的使用目的以外での使用や他人への譲渡、販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除きます。)。

以上の点をご了承の上、本ブログをご利用下さい。

運営:豊商事株式会社